全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第三章

勝利を収めた王は栄光の玉座に着く。王は贖いを完成させ、その全ての民を栄光の中に現れるように導く。王はその手に万物を握り、その神聖な知恵と力によりシオンを堅く建て上げた。その威厳をもって、邪悪な世界を裁き、全ての国々と諸国民を裁き、地と海とそこに住むあらゆる生き物を裁き、淫乱の葡萄酒に酔った者たちをも裁く。神は必ず彼らを裁き、怒り、その中に神の威厳が現われる。裁きは瞬時に遅れることなく下される。神の怒りの炎は彼らの凶悪な犯罪を焼き尽くし、災いは彼らに必ず降り注ぐであろう。そのとき彼らは、逃げる場所も隠れる場所もないことを知り、歯ぎしりして泣き、自らに破滅をもたらす。

神に愛される勝ち誇った子ども達は確かにシオンに留まり、そこを離れることはない。群衆は神の声にじっと耳を傾け、神の行いを注意深く見守り、神への讃美の声は絶えることがない。唯一の真の神が現れたのだ!私たちは霊において神について確信し、一心に従い、ためらうことなく全力で進む。世界の終わりが私たちの目前で明らかになりつつある。正しい教会のありかた、そして私たちを取り囲む人々や諸々の出来事やものが、私たちの訓練を強化してくれる。深くこの世を愛してしまった心を取り戻せ。ひどく曇ってしまった視覚を取り戻せ。境界線を越えないようにこれ以上行き過ぎてはならない。神の言葉によって生きるために言葉を慎まなければならない。自分の損得を言い争うことをやめるのだ。世俗の世界と富への愛を捨てよ。夫や息子、娘達への愛情から自分を解放せよ。独自の見解や偏見を捨てよ。目覚めよ。時間がないのだから。霊を天に向け、神を見上げて神に支配をゆだねよ。ロトの妻のようになってはいけない。見捨てられることは哀れなこと、それは余りに哀れだ!目覚めよ!

前へ:第二章

次へ:第四章

他のお気に入り

  • 唯一の神自身 9

    神は万物のいのちの源である (3) この期間、神を知ることに関する様々な事項について話をしているが、最近はそれに関して極めて重要な事項を話した。その主題は何か。(神は万物のいのちの源である。)わたしが語った内容と主題は、皆さんにはっきりした印象を与えたようだ。前回は神が人間のために造った生存環境と…

  • キリストの本質は父なる神の心への従順

    受肉した神をキリストと呼ぶ。キリストは神の霊が肉をまとった姿である。この肉はいかなる肉ある人間とも異なる。キリストは肉と血でできているのではなく、神の霊が受肉したものだからである。キリストは普通の人間性と完全なる神性の両方を持っている。キリストの神性はいかなる人も持っていないものである。キリストの普…

  • 道……(5)

    かつては聖霊を知る者はおらず、人々は特に聖霊の道とは何かを知らなかった。人々が神の前で常に愚かにふるまっていたのはこのためである。神を信じる人々のうちほぼ全員が霊を知らず、ただある種の当惑した信仰をもっていると言うことが出来る。このことから、人々が神を理解していないことは明らかであり、人々は神を信じ…

  • 働きと入ること(10)

    人類がここまで発展してきたことは、前例のない状況である。神の働きと人がいのちに入ることは肩を並べて進むのであるから、神の働きもまた比類の無い程の大いなる好機である。現在まで人間がいのちに入ることは、人間がかつて想像し得なかった不思議である。神の働きは絶頂を迎え、それに続いて人間の「入ること」[1]…