真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神の働きのビジョン(3)

神が初めて肉となったときは、聖霊による受胎によってであり、それは神が行なうつもりの働きに関係していた。イエスの名は恵みの時代の始まりを印した。イエスがその職分を始めたとき、聖霊がイエスの名に証しはじめ、ヤーウェの名はもはや語られなかった。その代わり、聖霊がおもにイエスの名のもとに新しい働きを始めた。神を信じる人たちの証はイエス・キリストのためになされ、彼らが行なった働きもまたイエス・キリストのためであった。旧約聖書の律法の時代の終わりは、ヤーウェの名の下でおもに行われた働きが終局を迎えたことを意味した。この後、神の名はもはやヤーウェではなくなった。神はイエスと呼ばれ、ここから聖霊がおもにイエスの名の下で働きを開始することになった。今日、人々はいまだにヤーウェの言葉を食べたり飲んだりし、いまだに律法の時代の働きを使っている。規則に従っていないのか。過去から抜け出せないでいるのではないのか。今日、あなたは終わりの日が来たことを知っている。イエスが来るとき、やはりイエスと呼ばれるのであろうか。ヤーウェはイスラエルの人々にメシアが来ると言ったが、メシアが現れたとき、メシアとは呼ばれずイエスと呼ばれた。イエスは自分は再び来ると、去ったときと同じように来ると言った。これらはイエスの言葉であったが、あなたはイエスがどのように去って行ったのかを目撃したのか。イエスは白い雲に乗って去って行った。しかしイエスは白い雲に乗って自ら人間のもとに戻ってくるであろうか。もしそうであったとしても、もはやイエスと呼ばれないのではないのか。イエスが再び来るとき、時代はすでに変わっているが、それでも依然としてイエスと呼ぶことができるか。神はイエスという名でしか知られていないのであろうか。新しい時代にイエスは新しい名前で呼ばれることはできないのであろうか。ひとりの人の姿とある特定の名前が神全体を表すことができるのであろうか。それぞれの時代で、神は新しい働きを行い、新しい名前で呼ばれる。どうして神が異なった時代に同じ働きをすることができるのか。どうして神が古いものにしがみついていることがありえようか。イエスの名は贖いの働きのために使われたが、それならば終わりの日にイエスが再臨するとき依然として同じ名前で呼ばれるであろうか。イエスはまだ贖いの働きをするのであろうか。なぜヤーウェとイエスはひとつであるのに、違う時代には異なる名前で呼ばれるのか。それは働きの時代が違うからではないのか。ひとつの名前で神全体を現わすことができるのだろうか。この様に、神は違う時代には異なる名前で呼ばれなければならない。そして時代を変え時代を現わす名前を用いなければならない。なぜなら、ひとつの名前だけで神を完全に表すことはできないからである。そしてそれぞれの名前はある時代の神の性質を表すだけで、神の働きを表すためだけに必要である。よって、神は時代全体を表すために、どんな名前であれ神の性質に合う名前を選ぶことができる。ヤーウェの時代であれ、イエスの時代であれ、それぞれの時代は名前によって表されている。恵みの時代の後、最後の時代が来て、イエスはすでに到来した。それなのになぜ神はまだイエスと呼ばれることができるのであろうか。どうして神は人々のあいだでイエスの外観を取ることができるのであろうか。イエスはただナザレ人の姿であったことを忘れたのか。イエスはただ人類の贖い主であったということを忘れたのか。どうしてイエスが終わりの日に人を征服し完全にする働きを行なうことができるのであろうか。イエスは白い雲に乗って去って行った。これは真実である。しかし、イエスが白い雲に乗って人間のもとに帰ってきて、またイエスと呼ばれるなどということがどうしてありえようか。イエスが本当に雲に乗って来たなら、人間に見分けられるのではないであろうか。世界中の人々がイエスを見分けるのではないであろうか。その場合、イエスだけが神ということになるのではないのか。その場合、神の姿とはひとりのユダヤ人の外見であり、永遠に同じということになる。イエスは自分が去ったのと同じように来ると言ったが、これらの言葉の本当の意味をあなたは知っているのか。本当にイエスはあなたに伝えられたであろうか。あなたが知っているのは、イエスは雲に乗って去って行ったようにやって来るということだけである。しかし、神自身がその働きをいかに行なうのかをあなたは正確に知っているのか。あなたが本当に見ることができるとすれば、ではイエスの言葉はいかに説明されるべきであろうか。「人の子が終わりの日に来るとき、人の子自身それを知らず、天使たちも知らず、天の御使たちも知らず、すべての民も知らない。ただ父だけが知っている。つまり、霊だけが知っている」とイエスは言った。あなたが知り、見ることができるのであれば、これらは空虚な言葉ということにならないであろうか。人の子自身でさえ知らないというのに、あなたは知り、見ることができるのか。あなたが自分の目で見たのであれば、これらの言葉はみだりに語られたことにならないであろうか。そして、そのときイエスは何と言ったのか。「その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。人の子の現れるのも、ちょうどノアの時のようであろう。…だから、あなたがたも用意をしていなさい。思いがけない時に人の子が来るからである。」その日がいつ来るのか、人の子は知らないであろう。人の子とは神の受肉した肉体のことであり、それはごく普通で平凡な人である。イエス自身でさえ知らないのに、どうしてあなたが知り得るのか。イエスは去って行ったとおりにやって来ると言った。いつ来るのかは、イエス自身も知らないのである。それではイエスがあなたに前もって知らせることができたであろうか。あなたは彼の到来を見ることができるのか。これは冗談ではないのか。神が地上に来るたびに、神はその名前、性別、姿、働きを変えることになる。神はその働きを繰り返すことはなく、常に新しく決して古くない。神が以前来た時、イエスと呼ばれた。神が今度再び来るとき、やはりイエスと呼ばれることがあるであろうか。以前イエスが来た時は、男性であった。今回も男性でありえるであろうか。神が恵みの時代に来たとき、その働きは十字架に釘づけにされることであった。神が再び来るとき、依然として人類を罪から贖うのであろうか。やはり十字架につけられるのであろうか。それは働きの繰り返にならないであろうか。神は常に新しく決して古くないことを知らないのか。神は不変であるという人たちがいる。それは正しいが、それは神の性質と本質の不変性に言及している。神の名前と働きの変化は、神の本質が変わったことを証明しているのではない。言い換えるなら、神は常に神であり、これは決して変わることはない。神の働きは常に同じだと言うのなら、神はその六千年の経営(救いの)計画を終えることはできるであろうか。あなたは神は永久に不変であることだけ知っているが、神は常に新しく決して古くないことを知っているのか。もし神の働きが決して変わらないなら、神は人類を現代まで連れてくることができたであろうか。もし神が不変なら、神がすでに二つの時代の働きをしたのはなぜであろうか。神の働きは常に前進している。だから神の性質は人間に次第に現わされる。そして現わされるのは神の本来の性質である。初めには、神の性質は人には隠されていて、神は決して自身の性質を人に公然と現したことはなく、人は神について認識がなかった。だから神は働きを用いて自身の性質を徐々に人に現わした。しかし、これは神の性質がそれぞれの時代に変化するという意味ではない。神の心が常に変わるので、神の性質が絶えず変わるということではない。むしろ、神の働きが異なった時代で実行されるため、神の本来の性質のすべてが徐々に人に現わされ、人は神を知ることができるのである。しかし、これは神がもともと特有の性質は持たず、時代と共に徐々に変わっていったという証明などではない――そのような理解は間違いである。時代の移り変わりに応じて、神は人にその本来の特有な性質、神であることを現わす。ひとつの時代の働きで神の性質の全体を表現することはできない。だから「神は常に新しく決して古くない」という言葉は神の働きに関してであり、「神は不変である」という言葉は神が本来持っているもの、そして神の在り方に関してである。いずれにせよ、六千年の働きを一点で定義することはできないし、単なる静的な言葉で描くこともできない。そのようなことは人間の愚かさである。神は人が想像するように単純ではないし、神の働きは一時代には立ち止まってはいられない。たとえば、ヤーウェは神の名前を常に表すわけではない。神はイエスの名によっても働くことができ、これはいかに神の働きが常に前進しているかという象徴である。

神は常に神であり、決してサタンになることはない。サタンは常にサタンであり、決して神になることはない。神の知恵、神の素晴らしさ、神の義、そして神の威厳は決して変わることはない。神の本質、神がもつものと神であるものは決して変わることはない。しかし神の働きは常に前進しており、常に深くなっている。神は常に新しく決して古くないからである。それぞれの時代に、神は新しい名前を名乗り、それぞれの時代に神は新しい働きを行い、それぞれ時代に神は被造物に神の新しい心と新しい性質を見せる。もし人々が新しい時代に、神の新しい性質の表れを見ないならば、人々は永遠に神を十字架に釘付けにするのではないであろうか。そうすることで神を定義するのではないであろうか。もしも神が男性としてだけ受肉したならば、人々は神を男性として、男たちの神として見定め、神を女たちの神だとは決して信じないであろう。それで男たちは神は自分たちと同じ性別であり、神は男たちの長であると信じるであろう。では女たちにとっては何になるのか。これは不公平である。これはえこひいきではないであろうか。もしそうであれば、神が救ったあらゆる人々は神と同じ男ということになり、女たちには救いがないということになる。神が人類を創造したとき、神はアダムを造り、そしてエバを造った。神はアダムだけを創造したのではなく、自分にかたどって男と女の両方を造った。神は男たちだけの神ではない。神はまた女たちの神でもあるのだ。神は終わりの日における新しい働きを行なっている。神はその性質をさらに明らかにするが、それはイエスの時代の憐れみと愛ではない。神は新しい働きを担っているので、それは新しい性質を伴う。もしもこの働きが霊により行なわれたならば、つまり神は受肉せず、代わりに霊が雷鳴を通して直接語りかけ、人間には神と直接接触する方法がないようにしたならば、人間は神の性質を知ることができたであろうか。もしも霊のみがこの働きを行なったならば、人間には神の性質を知る方法がなかったであろう。人々が神の性質を自らの目で見ることができるのは、神が肉となるとき、言が肉に現れるとき、神がその全性質を肉体をもって表現するときだけである。神は本当に人間のもとで暮らしている。神は触れることができる。人間は本当に神の性質、神のもつもの、神であるものと関わりをもつことができる。この方法においてのみ、人間は本当に神を知ることができるのである。神はまた同時に、男たちと女たち両方の神である神としての働きを完了し、肉体における神の働きをすべてを達成した。神はそれぞれの時代で、その働きを繰りかえさない。終わりの日が到来したので、神は終わりの日の働きを行い、終わりの日にその全ての性質を現わす。終わりの日は別の時代で、イエスがあなたがたは災害を被り、地震、飢饉、疫病などに遭遇しなければならないと言った時代である。それは新しい時代であり、そしてもはや古くなった恵みの時代ではないことを示す。もし人々が言うように、神が永久に不変で、神の性質は常に憐れみ深くいつくしみに満ち、人間を自身のように愛し、すべての人に救いを提供し、決して人を憎むことがないのなら、神は果たしてその働きを完成することができるであろうか。イエスが来た時、十字架につけられ、祭壇に自身を捧げることによってすべての罪人のために犠牲となった。神はすでに贖いの働きを完成し、すでに恵みの時代を終わらせた。それなら終わりの日にその時代の働きを繰り返す意味は何か。同じことをするのはイエスの働きを否定することではないだろうか。もし神がこの段階に来て、十字架刑の働きをせず、いつくしみに満ち憐れみ深いままなら、神は時代を終わらせることができるであろうか。いつくしみに満ち憐れみ深い神はその時代を終わらせることができるであろうか。時代を終わらせる神の最後の働きでは、神の性質は刑罰と裁きであり、それが不義なるもの全てを現わし、すべての人々を公に裁き、神を真に愛する人たちを完全にする。このような性質のみが時代を終わらせることができる。最後の日はすでに来ている。あらゆるものは種類によって区分され、本性に従って種類分けされる。この時に神は人の最後と終着点を明かにする。もし人が刑罰と裁きを受けなければ、人の不従順と不義を明かす方法はないであろう。刑罰と裁きを通してのみ、あらゆるものの終局を明かすことができる。人は罰せられ裁かれて初めて本当の姿を示す。悪は悪に戻り、善は善に戻り、人は種類によって区分される。刑罰と裁きを通して、すべてのものの最後が明かされ、悪人は罰せられ、善人は褒美を得るであろう。そして、すべての人たちは神の支配の下に従属することになるであろう。すべての働きは義なる刑罰と裁きを通して達成されなければならない。人の堕落は頂点に達し、人の不従順はあまりにも深刻になってしまったので、おもに刑罰と裁きであり、終わりの日に明らかにされる神の義なる性質のみが人を完全に変えて全き者とすることができる。この性質のみが悪を暴露し、よってすべての不義なる人々を厳しく罰することができる。よって、この様な性質は時代の意義を持ち、神の性質の顕示と表示はそれぞれの新しい時代の働きのためである。神はその性質を気まぐれに意味もなく顕すことはない。もし、人の終末が終わりの日に明らかにされるときに神が依然として人に無尽蔵の憐れみと愛を与えるなら、もし神が依然として人を愛情深く、人を義なる裁きにさらさずに寛容、忍耐、赦しを示すなら、人がどんなに深刻な罪を犯しても、義なる裁きなしに依然として人を赦すなら、神の経営のすべてに一体終わりはあるのだろうか。このような性質がいつ人類を正しい終着点に導くことができるのだろうか。たとえばいつもいつくしみ深く、優しい、柔和な裁判官を例に取ってみよう。この裁判官は犯した罪に関係なく人々を愛し、誰であっても、いつくしみ深く寛容である。それでいつ正しい判決にたどり着くことができるのか。終わりの日には、義なる裁きのみが人を分類し、新しい領域に連れて行くことができる。この様に、時代全体に神の裁きと刑罰の義なる性質を通して終わりがもたらされるのである。

神の経営のすべてにおよぶ神の働きはきわめて明白である。恵みの時代は恵みの時代で、終わりの日は終わりの日である。それぞれの時代に神はその時代を表す働きをするため、時代には明確な違いがある。終わりの日の働きがなされるためには、その時代を終わらせる燃焼、裁き、刑罰、怒り、破壊がなければならない。終わりの日は最後の時代を意味する。最後の時代に、神は時代を終わらせないのであろうか。時代を終わらせるためには、神は自ら刑罰と裁きをもたらさなければならない。このようにしてのみ神は時代を終わらせることができる。イエスの目的は存在し続け、生き、そしてより良い方法で存在することであった。イエスは人が絶え間ない悪行をやめ、ハデスと地獄の中で生きることをやめるように人間を罪から救い、ハデスと地獄から救い出して、生き続けられるようにした。今や終わりの日は来ている。神は人を絶滅させ、人を完全に滅ぼすであろう。つまり、神は人の不従順さを逆転させるという意味である。こういうことなので、かつての神の憐れみ深く愛に満ちた性質は時代を終わらせることはできず、神の六千年の経営計画を完成することも不可能である。すべての時代は神の性質の特別な表われを特徴とし、すべての時代は神によってなされるべき働きを含んでいる。だから、それぞれの時代で神自身によってなされる働きは神の真の性質の表現を含んでおり、神の名前と神の行なう働きは時代とともに変わり、それらはすべて新しい。律法の時代に、人類を導く働きはヤーウェの名によってなされた。そして第一段階の働きは地上で実行された。この段階の働きは神殿と祭壇を建てることで、律法を用いてイスラエルの人々を導き、彼らの間で働くことであった。イエスラエルの人々を導くことによって、神は地上での働きの拠点を築いた。この拠点から、神はその働きをイスラエルを越えて拡張した。すなわち、イスラエルから開始して、神はその働きを外に向けて拡張した。それにより、後の世代が、次第にヤーウェが神であること、ヤーウェが天と地とすべてのものを創造し、すべての被造物を造ったことを知るようになった。神はイエスラエルの人々を通してその働きを広めた。イスラエルの地は地上におけるヤーウェの働きの最初の聖なる地で、地上における神の最も初期の働きは、イスラエル全土でなされた。それが律法の時代の働きであった。恵みの時代の働きでは、イエスが人を救う神であった。神がもつもの、神であるものは恵み、愛、憐れみ、慎み、忍耐、謙遜、思いやり、寛容であり、イエスが行った働きの多くは人の贖いであった。神の性質に関して言えば、それは憐れみと愛であった。そして神は憐れみ深くいつくしみ深かったので、人間のために十字架に釘づけにされなければならなかった。そうすることで神は自身の全てを犠牲にするほど人類を自身のように愛していることを示した。サタンは「人間を愛しているのだから、極限まで人間を愛さなければならない。人間を十字架から、罪から解放するためにあなたは十字架に釘打たれなければならない。人類すべての代わりにあなた自身を捧げてもらおう」と言った。サタンは以下のようにもちかけた。「あなたは愛にあふれ憐れみ深い神なのだから、極限まで人間を愛さなければならない。十字架にあなた自身を捧げなければならない。」イエスは「人間のためである限り、わたしのすべてを喜んで犠牲にしよう」と言った。その後イエスは躊躇することなく十字架にかけられ、人類全体を贖った。恵みの時代には、神の名はイエスであり、それは神が人類を救う神であり、神は憐れみ深く、いつくしみ深いという意味である。神は人と共にいた。神の愛、神の憐れみ、そして神の救いはひとりひとりに伴っていた。もし人がイエスの名を受け入れ、神の存在を受け入れるなら、人は平安と喜びを得ることができ、神の祝福、いくつもの大いなる恵みを受け、救いを受け取ることができる。イエスの十字架刑を通して、イエスに従うすべての人たちは救いを受け、その罪が赦された。恵みの時代には、神の名はイエスであった。すなわち、恵みの時代の働きはおもにイエスの名の下でなされた。恵みの時代には、神はイエスと呼ばれた。イエスは旧約聖書を越えて新しい働きを行い、イエスの働きは十字架刑で終わり、それがイエスの働きのすべてであった。したがって、律法の時代ではヤーウェが神の名であり、恵みの時代ではイエスの名が神を表した。終わりの日には、神の名は全能なる神――全能なるものであり、神はその力で人を導き、人を征服し、人を自分のものとし、最終的にはその時代を終わらせる。どの時代でも、神の働きのどの段階でも、神の性質は明らかである。

最初、旧約聖書の律法の時代に人間を導くのは、子どもの生活を導くようであった。原初の人類はヤーウェから生まれたばかりのイスラエルの民であった。彼らはいかに神を崇めるべきかも、いかに地上で生きるべきかも分からなかった。言うなれば、ヤーウェは人類を創造したが、つまりアダムとエバを造ったが、ヤーウェをいかに崇めるかや、地上でのヤーウェの掟をいかに守るかを理解するための能力を人類に与えなかったのである。ヤーウェからの直接の導きなしには、誰もこのようなことを直接に知ることはできなかった。初めのうち人間はそのような能力をもっていなかったからである。人間はヤーウェが神であるということだけを知っており、いかに神を崇めるべきか、神を崇めるために何をするべきか、どのような心で神を崇めるべきか、神への畏敬のしるしとして何を捧げるべきかをまったく知らなかった。人間は、ヤーウェが創造した万物のなかで楽しめるものをいかに楽しむかということしか知らなかった。どのような地上での生活が神の被造物の生活としてふさわしいかということについて、人間は少しも知らなかった。指導なしには、直接導いてくれる誰かなしには、このような人間は決してちゃんとした生活をおくることはできず、密かにサタンの虜になることしかできなかった。ヤーウェは人類を創造したが、つまり人類の祖先であるエバとアダムを造ったが、それ以上に彼らに知性や知恵を与えなかった。彼らはすでに地上で暮らしていたが、ほとんど何も理解していなかった。そのためヤーウェの人類創造の働きは半分完了しただけで、決して完了していなかった。ヤーウェは土で人間の雛形を形作り、それに息を吹き入れただけで、人間に神を崇めようという十分な意欲を与えなかった。初めのうち、人間は神を崇めたり畏れたりする心をもたなかった。人間は神の言葉に耳を傾けることを知っていただけで、地上における生活についての基本的知識や適切な生活の規則に関しては無知であった。このようなわけで、ヤーウェは男と女を造り七日間の作業を終えたものの、人間をすっかり完成させなかった。人間は殻でしかなく、本当にひとりの人ではなかったからである。人は人類を創造したのはヤーウェだということだけを知っていたが、ヤーウェの言葉と律法にいかに従うべきかについては何も知らなかった。だから人類創造の後も、ヤーウェの働きは決して完成といえるようなものではなかった。ヤーウェはまた、人々が地上で共に暮らしヤーウェを崇めることができるように、ヤーウェに導かれた後、人々が地上における適切な人間としての生活をおくるための正しい道程に入れるように、ヤーウェの面前にて人間をしっかりと導かなければならなかった。これがなされて初めて、主にヤーウェの名の下で行なわれた働きはすっかり完成された。つまり、そうなって初めてヤーウェの世界創造の働きが完全に完了したのである。このように、ヤーウェが人類を創造して以来、人類がヤーウェの命令と律法に従い、地上における人間として適切な生活のあらゆる活動に携わることができるように、ヤーウェは人類の地上における生活を何千年間も導かねばならなかった。これで初めてヤーウェの働きはすっかり完成した。ヤーウェはこの働きを人類を創造した後に開始し、この働きはヤコブの時代まで、ヤコブの十二人の息子たちがイスラエルの十二部族になるまで続いた。それ以降は、イスラエルのすべての人が地上で正式にヤーウェに導かれる民となり、イスラエルは神がその働きを行なう地上における特別な場所となった。ヤーウェはこれらの人々を地上での正式な働きをそのあいだで行なった最初の集団とし、イスラエルの全土をヤーウェの働きの起点とした。ヤーウェはイスラエルの人々をさらに偉大な働きの先駆けとして用いたのは、ヤーウェから生まれた地上のすべての人々がいかにヤーウェを崇め、いかに地上で生きるべきかを知るようになるためであった。このように、イスラエルの人々の行いは、異邦人が後に続くべき模範となり、イスラエルの人々のあいだで語られたことは、異邦人に聞かれるべき言葉となった。イスラエルの人々はヤーウェの律法と掟を受け取った最初の民であり、ヤーウェのさまざまなあり方をいかに崇めるべきかを最初に知った民であったからである。イスラエルの人々はヤーウェのあり方を知っていた人類の祖先であり、ヤーウェに選ばれた人間の代表であった。恵みの時代が到来したとき、ヤーウェはもはやこのようには人間を導かなかった。人間は罪を犯し、自らを罪にゆだねてしまっていたので、神は人間を罪から救済し始めた。このように、人間が罪から完全に救い出されるまで、神は人間をとがめた。今日、人間がこのように堕落してしまったので、この段階の働きは裁きと刑罰を通してでなければ行なうことができない。この方法によってのみ、働きは達成され得る。これは幾つかの時代を経た働きであった。このような働きには、時代を区切り、時代を移すために、神の名前と神の働き、そして異なる神の表象を使うことが必要になる。神の名前と神の働きは、神の時代と各時代における神の働きを表現する。もしどの段階においても神の働きが常に同じで、神がいつも同じ名前で呼ばれるなら、人はどのように神を知るのだろうか。神はヤーウェと呼ばれなければならず、ヤーウェと呼ばれる神以外に、他の名前で呼ばれるものは神ではない。あるいは神はイエスとだけ呼ばれ、神がイエス以外の他の名で呼ばれることはない。イエス以外では、ヤーウェは神ではなく、全能神も神ではない。人は神が全能であると信じているが、神は人とともにいる神である。神は人とともにいるから、イエスと呼ばれなければならない。こうすることは教義に従い、神をある範囲に束縛することである。神がそれぞれの時代に行なう働き、神が呼ばれる名前、神が持つ姿、今日までの神の働きのそれぞれの段階などは、ひとつの規律に従うことはないし、いかなる束縛にさらされることもない。神はヤーウェであり、しかしイエスでもあり、メシヤ、全能神でもある。神の働きは徐々に変わることができ、それにあわせて神の名にも変化がある。どのひとつの名も神を完全に表すことはできず、神が呼ばれるすべての名が神を表すことができ、神がそれぞれの時代に行なう働きが神の性質を表している。終わりの日が訪れるとき、あなたが見上げる神は依然としてイエスであり、神は白い雲にのって来て、依然としてイエスの姿をしており、その話す言葉はイエスの言葉のままで、次のように言ったとしよう。「隣人をあなたがた自身のように愛すべきであり、断食して祈るべきであり、自分のいのちを大事にするように敵をも愛し、他の人に寛容であり、忍耐強く、謙虚であるべきである。これらすべてを実行しなければならない。そうしてはじめて、あなたがたはわたしの弟子となることができる。」もしあなたがたがこれらすべてを実行するなら、あなたがたはわたしの国に入ることができる。これは恵みの時代の働きではないのであろうか。恵みの時代にはこのように語られたのではないのか。これらの言葉を聞いてどう感じるのであろうか。これはまだイエスの働きだと思わないであろうか。それはイエスの働きの重複ではないであろうか。それは人を喜ばせるであろうか。神の働きは今のままで留まり、これ以上進歩しないと感じているかもしれない。神にはそれほどの偉大な力しかなく、すべき新しい働きはなく、神は限界に達した、と。二千年前は恵みの時代であり、二千年後、神は依然として恵みの時代の道を説き、依然として人々に悔い改めさせている。人々は「神様、あなたはそれほどの偉大な力しかお持ちでありません。私は神様がとても知恵のあるお方であることを信じていました。でもあなたは寛容と忍耐しかご存知でなく、敵を愛す方法しかご存知でなく、他には何もありません」と言うかもしれない。人の心の中では、神は永遠に恵みの時代の神のままで、神はいつくしみ深く憐れみ深いと人はいつまでも信じている。あなたは神の働きは常に同じ古い場所で足踏みしていると思っているのか。神の働きのこの段階では、神は十字架につけられることはなく、あなたが見るもの触るもののすべてがあなたが想像し聞いてきたことと全く異なるであろう。今日、神はパリサイ派と関わり合いになることはなく、世界を無知のうちに留めている。神に従うあなたがただけが神を知っている。神は再び十字架にかけられることはないからである。恵みの時代にイエスは、その福音の働きのために全土で公に教えを説いた。イエスは十字架にかけられるためにパリサイ派と関わり合った。もしもイエスがパリサイ派と関わり合いにならず、権力者たちがイエスのことを知らなかったならば、どうしてイエスが有罪宣告を受け、そして裏切られ十字架に釘付けにされるということがありえたであろうか。だから、イエスは十字架にかけられるためにパリサイ派と関わり合ったのである。今日、神は誘惑を避けるために秘密裏に働きを行なう。二度の神の受肉の働き、意義、設定はすべて異なっていたのだから、どうして神が行なった働きがまったく同じでありえたであろうか。

「神は私たちと共におられる」というイエスの名は神の性質の全体を表すことができるであろうか。それは神をはっきりと表現することができるであろうか。もし人が神はイエスとだけ呼ばれ、神はその性質を変えることができないので、他の名前を持つことはないと言うなら、そのような言葉は神への冒涜である。あなたがたは、「神は共におられる」というイエスの名が神の全体を表すことができると信じてるのだろうか。神は多くの名前で呼ばれることができるが、それらの多くの名前の中に、神がもっているすべてを要約できる名前はひとつとしてなく、神を完全に表すことができる名前はひとつもない。そして神は多くの名前を持っているが、これらの多くの名が神の性質を余すところ無く明確に表現することはできない。というのは神の性質はあまりにも豊かで、人の認識をはるかに越えているからである。人間の言語は、神を余すところ無く要約することができない。神の性質について人間が知っていることすべてを要約するには、人間には限られた語彙しかない。偉大な、りっぱな、驚くべき、計り知れない、至高の、聖なる、義なる、知恵に満ちたなど、言葉が多すぎる。このように限られた語彙では、人間が神の性質に関して目の当たりにしたことのほんの少しでも記述することは不可能である。もっと最近になって、多くの人々が心の中の熱情をもっと上手に記述しようと、さらに言葉を追加した。神は偉大すぎる。神は神聖すぎる。神は美しすぎる。今日、このように言うことはその頂点に達しているが、それでも人間は神を明確に表現できずにいる。だから、人間にとって神には多くの名前があるが、神には名前がない。これは神の存在はあまりに豊富で、人間の言語は不十分すぎるからである。ひとつの特定の言葉あるいは名前では神のすべてを表すにはあまりにも不十分である。では神はひとつの決まった名前を持つことができるだろうか。神はあまりにも偉大で聖であるのに、なぜ神がそれぞれの新しい時代に名前を変えてはいけないのか。それだから、神が自ら働きを行なうそれぞれの時代に、神が行なう働きを要約するその時代に合った名前を用いるのである。神はその時代における神の性質を表すために、その時代の意義を反映する特定の名前を用いる。神は自身の性質を表現するために人間の言葉を用いる。それでも、霊的な体験をし神をじかに見たことのある多くの人々が、ひとつの特定の名前が神のすべてを表現することはできないといまだに感じている。これはなんと残念なことであろうか。それで人間は神を名前で呼ぶことはなく、ただ「神」と呼ぶのである。人間の心は愛であふれているようでありながら、それはまた矛盾に悩まされているようでもある。人間は神をいかに説明するべきかが分からないからである。神であるものは豊かすぎて、それを表現する方法などどうしても存在しないのである。神の性質を要約できるひとつの名前はなく、神がもつもの、神であるもののすべてを表現できるひとつの名前もないのである。もしも誰かがわたしに「正確には何という名前を使いますか」と尋ねるならば、こう言うであろう。「神は神である。」これこそが神にとって最良の名前ではないのか。神の性質の最高の要約ではないのか。神の名を求めてなぜそんなに骨をおるのか。名前のことで寝食を忘れて、なぜそこまで熱心に考えるのか。神がヤーウェ、イエス、メシヤと呼ばれない日がやって来るだろう――神はただ創造主と呼ばれるであろう。その時、神が地上で呼ばれたすべての名前は終わりを迎える。というのは神の地上での働きは終わり、その後神は名前を持たなくなるからである。すべての物が創造主の支配下に入るときに、何故神を適切ではあるが不完全な名前で呼ぶのか。今も神の名を求めているのか。未だに神はヤーウェとしか呼ばれないと敢えて言うのであろうか。未だに神はイエスとしか呼ばれないと敢えて言うのであろうか。神を冒涜する罪を負うことができるのか。神は本来どんな名前も持たなかったということを知るべきである。神にはするべき働きがあり、人類を経営しなければならなかったので、一、二の、あるいは多くの名前を持っただけであった。どのような名で呼ばれるにしても、それは神自身が自由に選んだのではないだろうか。神はそれを決めるのに被造物を必要とするだろうか。神が呼ばれる名前は人が理解できること、人の言葉にそったものであるが、その名前は人によって要約されることはできない。ただ天には神がいて、それは神と呼ばれ、それは偉大な力を持った神であり、あまりにも知恵があり、あまりにも崇められ、あまりにも素晴らしく、あまりにも神秘的で、あまりにも全能で、そしてそれ以上言うことはない。それがあなたが知っていることのすべてである。このように、イエスの名だけで神を表すことができるだろうか。終わりの日が来ると、神の働きは依然として神が行なうが、時代が異なるので神の名は変わらなければならない。

神は全宇宙において最も偉大である。では、神がひとつの肉体の姿を用いて神自身を完全に説明するなどということができるであろうか。神が肉となるのは、その働きの一段階を行なうためである。その肉体の姿には何の重要性もなければ、時代の推移にも無関係であり、神の性質に何の関わりもない。なぜイエスは自分の姿が残るようにしなかったのであろうか。なぜイエスは自分の姿を人に描かせ、それが後々の世代に伝えられるようにしなかったのであろうか。なぜイエスは自分の姿が神の姿であると人々が認めることを許さなかったのであろうか。人の姿は神のかたちに創造されたが、どうして人間の外見が神の崇高なる表象を表現するなどということができるであろうか。神が肉となるとき、神はただ天からある特定の肉体に下るのである。神の霊がある肉体に下り、その肉体を通して神が霊の働きを行なうのである。神の霊はその肉体に表され、霊がその働きを肉体において行なうのである。肉体において行なわれる働きは、余すところ無く霊を表しており、その肉体は働きのためにある。しかし、だからといってその肉体の姿が神そのものの真の表象の代理となることはない。これは神が肉となる目的でも意義でもない。神が肉となるのは、ただ霊が働きを行なうときに住まいとする適切な場所を得られるようにであり、神がその働きを肉において完了するため、そして人々がその働きを見、神の性質と接触をもち、神の言葉を聞き、神の働きの不思議を知るためである。神の名前は神の性質を表現し、神の働きは神の身分を表現するが、受肉した神の外見が神の姿を表現すると神が言ったことがない。これは単に人間の観念である。だから、神の受肉についての重要点は名前、働き、性質、そして性別である。神はこれらをこの時代における経営を表現するために用いる。受肉した神の外見は神の経営とは無関係であり、それはただそのときの神の働きのためなのである。しかし、受肉した神が特定の外見をもたないということは不可能なので、神はその外見を決定するために相応しい家族を選ぶ。もしも神の外見に具象的な意義があるのならば、神と同じような顔立ちをしている人々もすべて神を表していることになる。これはあまりにひどい間違いではないであろうか。人が賛美できるようにとイエスの肖像画は人によって描かれた。そのとき、聖霊による特別な指導は与えられなかったので、人はその肖像画を今日まで伝えた。実は、神の意図に従うと、人間はこうするべきではなかった。イエスの肖像画が今日まで残るようになったのは、ひたすら人間の熱意のせいである。神は霊であり、神の姿であるものを正確にまとめることは人間には決してできない。神の姿はただその性質によって表現できるだけである。神の鼻、口、目、頭髪の外見を要約することはできない。ヨハネは啓示を受けたとき、人の子の姿を見た。その口からは鋭いもろ刃のつるぎが突き出ており、その目は燃える炎のようであり、その頭と髪の毛は羊毛のように白く、その足は光り輝く真鍮のようで、その胸には金の帯をしめていた。ヨハネの言葉はとても鮮明だが、彼が描写した神の姿は、何らかの被造物の姿ではなかった。ヨハネが見たのは単に幻想であり、物質世界の人の姿ではなかった。ヨハネは幻を見たが、神の本当の姿を目にしなかった。神が受肉した肉体の姿は、ひとつの創造物の姿であり、神の性質の全体を表すことはできない。ヤーウェが人類を創造したとき、神のかたちにかたどって人を造り、男と女を造ったと言った。そのとき、神はそのかたちに男と女を創造したと言った。人間の姿が神の姿に似ているものの、だからといって人間の外見が神の姿であるというわけではない。神はあまりに崇高で、あまりに偉大で、あまりに驚くべきで計り知れないので、人間の言語を用いて神の姿を完全に特徴づけることはできないのである。

イエスがその働きをするために来たとき、それは聖霊の指示によるものであった。イエスは聖霊が望むことを行い、それは旧約聖書の律法の時代でも、ヤーウェの働きに従うものでもなかった。イエスが来て行なう働きはヤーウェの律法やヤーウェの戒めに従うことではなかったが、それらの源泉は同じであった。イエスが行った働きはイエスの名を表し、恵みの時代を代表した。ヤーウェによってなされた働きはヤーウェを表し、律法の時代を代表した。それらの働きはひとつの霊による二つの異なる時代における働きであった。イエスが行った働きは恵みの時代だけを代表することができ、ヤーウェが行った働きは旧約聖書の律法の時代だけを代表することができた。ヤーウェはイスラエルとエジプトの民を導き、そしてイスラエルを越えるあらゆる国々を導いただけであった。新約聖書の恵みの時代のイエスの働きは、イエスがその時代を導く中でのイエスの名による神の働きであった。もしもあなたがイエスの働きはヤーウェの働きに基づいていて、何も新しい働きは行なわれず、イエスがしたことは全てヤーウェの言葉に従い、ヤーウェの働きとイザヤの預言に従っていたと言うのならば、イエスは肉となった神ではなかったことになる。もしイエスがこのようにその働きをしていたなら、イエスは使徒のひとりかあるいは律法の時代の働き手であったのである。もしもあなたの言う通りなら、イエスは新しい時代を開くことも、他の働きをすることもできなかったであろう。同じように、聖霊はおもにヤーウェを通してその働きをしなければならず、ヤーウェを通してでなければ、聖霊はどのような新しい働きもできなかったであろう。人がイエスの働きをこのように見ることは間違っている。もし人が、イエスの働きがヤーウェの言葉とイザヤの預言に従ってなされたと信じるなら、イエスは受肉した神であったであろうか、それとも預言者だったのであろうか。この見方によれば、恵みの時代はなく、イエスは神の受肉ではないということである。というのはイエスが行った働きは恵みの時代を表すことができず、旧約聖書の律法の時代だけを表すことができるからである。イエスが来て新しい働きをし、新しい時代をもたらし、イスラエルにおける以前の働きを打ち破り、もはやイスラエルにおけるヤーウェの業によって働くことも、ヤーウェの古い原則に従うこともなく、いかなる規則にも従わず、自身のすべき新しい働きをする――そうして初めて、新しい時代となる。神自身が時代を始めるために来て、神自身が時代を終えるために来る。人は時代を始めたり、時代を終えたりする働きをすることはできない。もしイエスがヤーウェの働きの終局をもたらさなかったなら、それはイエスはただの人であり、神を表していなかったということを証明する。イエスは来てヤーウェの働きを終え、自身の働きを始めることによりヤーウェの働きからイエスの働き、つまり新しい働きに継続したからこそ、それは新しい時代で、イエスは神自身であったことが証明される。イエスとヤーウェははっきり異なった二つの段階の働きをしたのである。一つの段階は神殿内でなされ、もうひとつは神殿外でなされた。一つの段階は律法に従って人の生活を先導することで、もうひとつは罪のためのいけにえを捧げることであった。これら二つの段階の働きは間違いなく異なっていた。これは新しい時代と古い時代の分かれ目であり、それらは二つの時代であると言うことに間違いはない。それらの働きの場所は異なり、それらの働きの内容も異なり、働きの目的も異なっていた。そのため、それらは二つの時代に区分することができる。新約聖書と旧約聖書で、すなわち、新しい時代と古い時代である。イエスが来たとき、神殿には入らなかった。これはヤーウェの時代が終わったことを証明する。イエスが神殿に入らなかったのは、神殿におけるヤーウェの働きは終了し、再度行なわれる必要がなく、それを再度行なうことは繰り返すことになったであろうからである。神殿を離れ、新しい働きを開始し、神殿の外で新しい道を開くことによってのみ、働きを絶頂に至らせることができた。神がその働きを行なうために神殿の外に出ていなかったならば、神の働きは神殿を超えて進展することはなく、なんら新しい変化は起きなかったであろう。だからイエスが来たとき、神殿には入らず、神殿の中で働きを行なわなかった。イエスは神殿の外でその働きを行ない、弟子に付き添われて自由に働きに取り組んだ。働きを行なうために神殿を去ったことは、神には新しい計画があったことを意味した。神の働きは神殿の外で行なわれることになっており、それはその実行の形態において拘束されない新しい働きとなることが決まっていた。イエスの到来は旧約聖書の時代のヤーウェの働きを終了させたのである。それらは二つの違った名前で呼ばれたが、二つの段階の働きはひとつの霊によって行なわれ、第二の働きは第一の働きの続きであった。名前が違い、働きの内容も違っていたように、時代も違った。ヤーウェが来たときは、それはヤーウェの時代で、イエスが来たときは、それはイエスの時代であった。だから神が来るときはそのたびに神はひとつの名で呼ばれ、神はひとつの時代を表しし、新しい道を開く。それぞれの新しい道で神は新しい名前を持ち、それは神は常に新しく、決して古くないということと、神の働きは常に前進していることを示すのである。歴史は常に前進しており、神の働きは常に前進している。神の六千年の経営計画が終わりに達するためには、前進し続けなければならない。毎日、神は新しい働きを行なわなければならず、毎年、神は新しい働きを行なわなければならない。神は新しい道を開き、新しい時代を始め、新しくさらに偉大な働きを始め、そして新しい名前と新しい働きをもたらさなければならない。神の霊はつねに新しい働きを行なっており、古いやり方や規則に固執することはない。神の霊の働きはまた決して止まることなく、絶えず起こっている。聖霊の働きは不変であると言うならば、ではなぜヤーウェは祭司には神殿の中でヤーウェに仕えさせたのに、イエスが来たとき人々は彼は大祭司だとか、ダビデの家系で大祭司でもあり、偉大な王であると言ったにもかかわらず、イエスは神殿に入らなかったのであろうか。そしてなぜイエスはいけにえを捧げなかったのであろうか。神殿に入ろうが入るまいが、これはすべて神自身の働きではないのか。もし、人が想像するように、イエスがまだイエスと呼ばれて終わりの日に依然として白い雲に乗ってイエスの姿のままで人のもとに降りて来るなら、それはイエスの働きの反復ではないであろうか。聖霊は古いものにしがみつくであろうか。人が信じているものはすべて観念であって、人が受け入れているものは全て文字通りの意味や、また人の想像力に沿ったものである。それは聖霊の働きの原則とは一致せず、神の意図に沿っていない。神はそうはしないであろう。神はそれほどばかでも愚かでもなく、神の働きはあなたが想像するほど簡単ではない。人が行い想像すること全てによると、イエスは雲に乗ってあなたがたのもとに降りて来られることになっている。あなたがたはイエスを見上げ、雲に乗ったイエスは、自分がイエスであることを告げる。あなたがたはイエスの手にある釘の跡を見て、その人がイエスであることが分かる。そして、イエスは再びあなたがたを救い、あなたがたの偉大なる神となる。イエスはあなたがたを救い、あなたがたに新しい名前を授け、あなたがたひとりひとりに白い石を与える。その後、あなたがたは天の国に入ることを許され、パラダイスに受け入れられる。このような考えは人の観念ではないのか。神は人の観念に沿って働くのか、それとも神は人の観念に逆らって働くのか。人の観念はすべてサタンから来ているのではないのか。すべての人間はサタンによって堕落させられたのではなかったのか。もし神が人の観念に沿ってその働きをしたのなら、神はサタンになるのではないだろうか。神は被造物と同じということではないだろうか。被造物はサタンによってあまりに酷く堕落させられ、人はサタンの化身になったので、もし神がサタンのもつものに沿って働いたなら、神はサタンと仲間ということになるのではないであろうか。人はどのように神の働きを理解するのであろうか。だから、神は人の観念に沿っては働かず、人が想像するようにも働かない。神自身が雲に乗って来ると言ったという人たちがいる。神自身がそう言ったのは本当であるが、神の奥義は人間には理解できないことをあなたがたは知っているのだろうか。神の言葉は人間には説明できないということをあなたがたは知っているのだろうか。あなたは聖霊の啓示を受け、聖霊の光に照らされたとでも確信しているのか。聖霊があなたにそのように直接的に示したのであろうか。これらは聖霊の指示であるのか、それともあなた自身の観念なのか。彼らは「これは神自身によって言われた」と言った。しかし私たちは神の言葉を測るために、自分たちの観念や思考を用いることはできない。イザヤの言葉に関しては、あなたには自信満々にイザヤの言葉を説明することができるのか。敢えてイザヤの言葉を説明しようというのか。イザヤの言葉を敢えて説明しようとしないのに、何故イエスの言葉を敢えて説明しようとするのか。イエスかイザヤか、どちらがより崇められているのか。答えがイエスであるのに、なぜイエスの語った言葉を説明するのか。神はその働きを前もってあなたに告げるであろうか。被造物の誰も、天の使者たちさえも、人の子でさえも知らないのに、あなたがいかに知ることができるのか。人はあまりにも欠けが多い。あなたがたにとって今最も重要なのは、三段階の働きを知ることである。ヤーウェの働きからイエスの働きまで、イエスの働きからこの現在の段階の働きまで、これら三段階は神の経営の全幅を覆うもので、そしてすべてひとつの霊による働きである。神が世界を創造した時から、神は常に人類を経営して来た。神は初めであり終わりであり、最初であり最後であり、時代を始められる存在で、また時代を終わらせられる存在である。違った時代、違った場所における三段階の働きは確かにひとつの霊によって行なわれる。これら三段階を切り離す者たちはすべて神に反抗している。今、第一段階から今日に至るまでのすべての働きはひとつの神の働きであり、ひとつの霊の働きであり、それに関して疑いの余地はないということを理解しなければならない。

前へ:神の働きのビジョン(2)

次へ:聖書について(1)

他のお気に入り