全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

神の働きのビジョン(2)

恵みの時代は悔い改めの福音を宣べ伝え、信じれば人は救われると説いた。現在は、救いの代わりに征服と完成だけが語られる。誰かが信じればその人の家族全体に恵みがあるとか、永遠の救いがあるとかいったことは決して言われない。今日では誰もこのような言葉を語らず、このようなことは時代遅れになっている。当時、イエスの働きは人類すべての贖いであった。イエスを信じるすべての人の罪は赦された。イエスを信じているならば、イエスはあなたを贖う。イエスを信じたなら、もはや罪人ではなく、罪から解放されたのである。これが救われるということで、信仰によって義とされるということである。しかし、信じている人たちの中には反抗的で、神に逆うものが残っており、それはやはりゆっくり取り除かれなければならなかった。救われることは人が完全にイエスのものとなったことを意味したのではなく、その人はもう罪の中にはおらず、罪が赦されたことを意味した。信じるならば、もう罪の中にはいないということである。当時、イエスは使徒たちにとっては不可解な働きをたくさん行い、人々には理解できないことを多く言った。これは当時イエスが説明しなかったからである。そのため、イエスが去ってから数年後にマタイがイエスの系図を作り、他の者も人間の意志による働きをたくさん行なった。イエスは人を完全にし、自分のものとするために来たのではなく、働きの一段階をするために来たのである。それは天の国の福音をもたらし、十字架の働きを完成させることであり、イエスが十字架につけられた時点でその働きは完了している。しかし、現在の段階、征服の働きの段階では、もっと多くの言葉が語られ、もっと多くの働きがなされ、そして多くの過程を踏まなければならない。イエスとヤーウェの働きの奥義も明らかにされ、すべての人が信仰において理解と明瞭を得られるようにされなければならない。というのは、これは終わりの日の働きで、終わりの日は神の働きの終わりであり、この働きが完了する時だからである。働きのこの段階はあなたのためにヤーウェの律法とイエスの贖いを明確にするであろう。この働きは主にあなたが神の六千年の経営(救いの)計画の全体像を理解し、六千年の経営計画のすべての意義と実体を理解し、イエスによってなされたすべての働きとイエスが語った言葉の目的、そしてあなたの聖書に対する盲目的信用と崇拝さえも理解するためである。この段階の働きはこれら全てをあなたがたに理解させるであろう。あなたはイエスによってなされた働きと今日の神の働きの両方を理解するようになるであろう。真理、いのち、そして道をすべて理解し見上げるであろう。イエスによってなされた働きの段階で、イエスはなぜ神の働きを終えることなく去ったのだろうか。それはイエスの働きの段階は、完了の働きではなかったからである。イエスが十字架に釘付けにされたとき、イエスが語った言葉もまた終わりを迎えた。十字架刑の後、イエスの働きは完全に終わりとなった。現段階は違っている。言葉が最後まで語られ、神の働きの全体が完了したあとではじめて、神の働きは終わる。イエスの働きの段階の期間、多くの言葉が語られずに終わったか、あるいは明確に語られなかった。しかしイエスの職分は言葉による職分ではなかったため、イエスは自分が何を語って何を語らなかったかは気にかけず、そのため、十字架につけられた後に去って行った。その段階の働きは主に十字架刑のためであり、今日の働きの段階とは異なる。この段階の働きは基本的には完了すること、明確化すること、そしてすべての働きを終結することである。もし言葉が最後の最後まで語られないなら、この働きを終える方法はないであろう。この段階の働きで、すべての働きは、言葉を用いて終わり達成されるからである。当時イエスは人には理解できない多くの働きをした。イエスは静かに去り、今日依然としてイエスの言葉が理解できない人たちが多くいる。彼らの理解は間違っているが、それでも彼らは正しいと信じており、間違っていることを知らない。最後には、この現段階は神の働きを完全に終わらせ、その結論を提供するであろう。すべての人たちが神の経営計画を理解し知るようになるであろう。人の中にある観念、意図、間違った理解、ヤーウェとイエスの働きに関する人の観念、異邦人についての見解、そして人のすべての逸脱と間違いは正されるであろう。そして人は人生の正しい道、神によってなされたすべての働き、そしてすべての真理を理解するであろう。そうなった時、この段階の働きは終わりとなるであろう。ヤーウェの働きは世界の創造で、始まりであった。この段階の働きは働きの終わりで、終結である。最初に、神の働きはイスラエルの選民のあいだで実行され、最も聖なる地における新しい時代の夜明けであった。最後の段階の働きは、世界を裁き、時代を終わらせるために最も汚れた国で実行される。最初の段階では、神の働きは最も明るい地で行われ、最後の段階は最も暗い場所で実行され、この暗やみは追い払われ、光がもたらされ、すべての人々は征服されるであろう。この最も汚れた、最も暗い場所にいる人々が征服され、すべての人々が神の存在と誰が真の神であるかを認め、すべての人々がすっかり確信したとき、この事実は全宇宙におよんで征服の働きを行なうのに用いられるであろう。この段階の働きは象徴的である。一旦この時代の働きが終わると、六千年の経営の働きは完全に終わりを迎えるであろう。一旦最も暗いこの場所にいる人々が征服されると、他の場所も同じようになることは言うまでもない。そのように、中国での征服の働きのみが、象徴としての意味を持つ。中国は暗闇のすべての勢力を具現化しており、中国の人々は肉なる者、サタンのもの、そして血肉による者を表している。赤い大きな竜によって最も堕落させられ、神に最も反抗して、人間性が最も卑しく汚れているのは中国人である。だから彼らはすべての堕落した人間性の典型なのである。これは、他の国々にはまったく問題がないということではない。人間の考えることはどれも同じである。他国の人々は優秀であるかもしれないが、神を知らなければその人々は神に逆らっていることになる。なぜユダヤ人は神に逆らい、神を拒んだのか。なぜファリサイ派の人々も神に逆らったのか。なぜユダはイエスを裏切ったのか。当時、弟子の多くはイエスのことを知らなかった。なぜ人々は、イエスが十字架にかけられ、そして復活した後でさえもイエスを信じなかったのか。人間の不服従はどれも同じではないのか。中国の人々は単にひとつの例にされたというだけである。征服されたときには中国人は模範、見本となり、他国の人々の規準の役目を果たすであろう。なぜわたしはあなたがたはわたしの経営計画の補助であるといつも言ってきたのか。それは堕落、汚れ、不義、敵対、そして反抗が最も完全にあらゆる形で現れているのは中国の人たちの中においてだからである。一方で中国人の能力は乏しく、他方で中国人の生活と考え方は遅れており、習慣、社会環境、家族――すべてが劣っており、最も遅れている。地位もまた低い。この場所での働きは象徴的で、この試験的な働きが全て実行された後、神の次の働きはもっと順調に進むだろう。もしこの段階の働きが完成され得るなら、次の働きも勿論完成される。この段階の働きが達成されたなら、大いなる成功がおさめられ、全宇宙におよぶ征服は完全に終わりとなるであろう。実際、あなたがたのあいだで働きが成功したなら、これは全宇宙におよんで成功したと同じことである。これがわたしがあなたがたを模範、見本とする意義である。反抗、敵対、汚れ、不義…、すべてがこの人たちに見られ、彼らの中には人類の反抗心がすべて表されている。まったく大した人たちである。このように、彼らは征服の縮図として掲げられ、一旦彼らが征服されると、彼らは自然に他の人たちの見本となり模範となるであろう。イスラエルで実行された最初の段階ほど象徴的なものはない。イスラエルの人々は諸国民の中で最も聖く、最も堕落していない人たちであり、この地の新しい時代の夜明けは最大の意義を持っていた。人類の祖先はイスラエルから来て、イスラエルは神の働きの発祥地であったということができる。はじめのころ、この人たちは最も聖く、そしてみなヤーウェを礼拝し、彼らの中の神の働きは偉大な成果をもたらすことができた。聖書の全体が二つの時代の働きを記録している。ひとつは律法の時代の働きであり、もうひとつは恵みの時代の働きである。旧約聖書はイスラエルの人々に向けられたヤーウェの言葉と、イスラエルにおけるヤーウェの働きを記録している。新約聖書はユダヤの地におけるイエスの働きを記録している。ではなぜ聖書には中国人の名前が記載されていないのであろうか。それは神の働きの最初の二つの部分がイスラエルで行なわれたからであり、イスラエルの人々は選民だったからである――つまり、彼らはヤーウェの働きを最初に受け容れた民族であったということである。彼らは全人類の中で最も堕落しておらず、はじめのころ彼らは神を見上げ、崇敬する意向であった。彼らはヤーウェの言葉に従い、常に神殿で奉仕をし、祭司の衣や冠をつけた。彼らは神を礼拝した最初の民族で、神の働きの最初の対象であった。人類すべての見本であり模範であった。聖と義の見本であり模範であった。ヨブ、アブラハム、ロト、ペテロ 、テモテのような人たち――彼らはみなイスラエル人で、最も聖なる見本であり模範であった。イスラエルは人類の中で神を礼拝した最初の国で、他のどこよりも義なる人々が出た。神は将来全地で人類をより良く管理できるようにイスラエル人の中で働いた。彼らが成就したことと、ヤーウェへの崇拝の義は記録され、その結果彼らは恵みの時代にイスラエルを越えて人々の見本、模範となることができた。そして彼らの行動は今日に至るまで、数千年の働きを支えた。

世界が造られた後、神の働きの最初の段階はイスラエルで行なわれた。したがって、イスラエルは地上における神の働きの発祥地であり、拠点であった。イエスの働きの範囲はユダヤの地全体に及んだ。イエスの働きのあいだ、ユダヤの地の外側にいた人々でそのことを知っていた人はほとんどいなかった。イエスはユダヤの地を越えて働かなかったからである。今日、神の働きは中国にもたらされ、厳密にこの範囲内で行なわれている。この段階においては、中国の外側では働きは着手されない。中国を越えての伸展は、もっとあとに来る働きである。この働きの段階はイエスの働きの段階に続くものである。イエスは贖いの働きを行なったが、この段階ではその続きの働きが行なわれる。贖いは完了したので、この段階では聖霊による受胎の必要はない。この働きの段階は前段階とは違い、さらに中国はイスラエルとは違うからである。イエスによる働きの段階は贖いの働きであった。人間はイエスを見た。その後しばらくしてイエスの働きは異邦人へと広まりだした。現在、神を信じる人々がアメリカ、英国、そしてロシアに大勢いる。ではなぜ中国には少ないのであろうか。それは中国が最も閉ざされた国だからである。そのため中国は神の道を受け容れた最後の国であり、そのときから現在まで、まだ百年も経っていない――アメリカや英国よりずっと遅れているのである。神の働きの最終段階が中国の地で行なわれるのは、神の働きを完結させるためであり、その全体が達成されるようにするためである。イスラエルの人々は皆ヤーウェを主と呼んだ。当時イスラエルの人々は神を家長とみなし、イスラエル全体がひとつの大きな家族となり、家族全員が主であるヤーウェを崇拝した。ヤーウェの霊はしばしばイスラエル人に現れ、彼らに声を出して話しかけ、雲の柱と音をもって彼らの生活を導いた。当時、神の霊は直接イスラエルで導きを与え、人々に声をもって話しかけた。そして人々も雲を見、雷が鳴り響くのを聞いた。神はこのようにして何千年ものあいだイスラエルの人々の生活を導いた。そのため、イスラエルの人々だけが常にヤーウェを崇拝してきた。彼らはヤーウェは自分たちの神であり、異邦人の神ではないと信じている。これは驚くべきことではない。何と言っても、ヤーウェは四千年近くのあいだイスラエルの人々の間で働いたのだから。中国の地において、何千年間も無為に過ごした後、ようやく今になって堕落者たちが天と地、そして諸々のものは自然に形成されたのではなく創造主によりつくられたことを知るようになった。この福音が国外から来たために、封建的で反動的な思考をする者たちは、福音を受け容れる者はすべて恐ろしい犯罪を犯している、先祖である仏陀を裏切る卑怯者であると信じている。さらに、これらの封建的な者の多くは、どうして中国人が外国人の神を信じることができるのか、先祖を裏切ることにならないのか、邪悪な行いをしているのではないか、と問い質している。今日、人々はヤーウェが自分たちの神であることをずいぶん前から忘れてしまっている。創造主のことをずいぶん前から頭の奥に押し込むと、その代わりに人類はサルから進化し、自然界は常に存在していたという進化論を信じている。人類が享受する良き食べ物のすべては自然が与えるもので、人間の生と死には秩序があり、すべてをつかさどる唯一の神など存在しない。さらに、神によるあらゆるものの支配を信じることは迷信であると主張する無神論者が多くいる。しかし科学が神の働きに取って代わることができるであろうか。科学が人類を支配することができるであろうか。このような国で福音を説くことは容易な仕事ではなく、大変な障害が伴う。今日、このように神に逆らう人が大勢いるのではないか。

多くの人々がイエスの働きをヤーウェの働きに引き合わせて比べ、矛盾点を発見するとイエスを十字架に釘付けにした。しかしなぜイエスの働きとヤーウェの働きには矛盾点があったのであろうか。それは、ひとつにはイエスは新しい働きを行なったからであり、またイエスが働きを開始する前に誰もイエスの系図を書かなかったからである。もしも誰かがこれをしていたならば、悩む必要はなかったはずであり、誰がなおもイエスを十字架にかけようとしたであろうか。もしもマタイが数十年早くイエスの系図を書いていたならば、イエスはあのような激しい迫害を受けていなかったであろう。そうではないか。人々がイエスの系図を読み、イエスがアブラハムの子でありダビデの子孫であることを知ったならば、イエスへの迫害を直ちに止めていたであろう。イエスの系図が書かれるのが遅すぎたことは残念なことではないであろうか。そして、聖書が神の働きの二段階――律法の時代の働きの段階と恵みの時代の働きの段階、ヤーウェの働きの段階とイエスの働きの段階――これだけしか記録していないことは何と残念なことであろうか。偉大な預言者が今日の働きを予告していたなら、どれほど良かったであろうか。聖書に「終わりの日の働き」という題名の付録部分があったならば――この方がずっと良かったのではないであろうか。なぜ人間が今日これほどの苦労に耐えなければならないのであろうか。あなたがたは極めて困難な時期を経験してきた。もしも憎まれるに足る人がいるとすれば、それは終わりの日の働きを予告しなかったイザヤとダニエルである。そして責められるべき人がいるとすれば、それは神の二度目の受肉までの系図を書いておかなかった新約聖書の頃の伝道者たちである。これは何と困ったことであろうか。あなたがたは証拠を求めてそこらじゅう探し回らなければならない。たとえ小さな言葉の断片をいくつか見つけたとしても、それが本当に証拠なのかはあなたがたには分からない。なんと恥ずかしいことであろうか。神はなぜその働きにおいてこれほど秘密主義なのであろうか。今日、多くの人々がいまだに決定的な証拠を見つけておらず、それでも否定することもできずにいる。彼らはどうするべきであろうか。彼らは強い決意をもって神に従うことができないし、疑いを抱えたままでは前進することもできない。そのため多くの「賢く才のある教養人たち」は、神に従うにしても「様子を見ながら試す」という態度をとる。これはあまりにも面倒である。もしもマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネが未来を予告できていたなら、物事はもっと容易だったのではないであろうか。ヨハネが神の国の生活の内なる真理を見ていたなら良かったのだが――幻を得ただけで地上での現実的で物理的な働きを見なかったのは、何と残念なことであろうか。これは大変困ったことである。神は一体どうなっているのか。イスラエルでの働きがあれほど順調に運んだ後に、神はなぜ今、中国に来たのであろうか。そしてなぜ神は肉となり人々の間で人として働き暮らさなければならないのであろうか。神は人間に対して配慮がなさすぎる。神は人々に前もって告げなかっただけでなく、刑罰と裁きを突然もたらした。本当に訳が分からない。初めて神が肉となったとき、内なる真理のすべてを前もって人間に告げなかったためにイエスは大変な苦労をした。まさか神がそのことを忘れたはずはないであろうに。それなのになぜ神は今回も人間に告げないのであろうか。現在、聖書には六十六書しかないのはなんと不運なことであろうか。終わりの日の働きを予告するあともう一書があるべきである。そう思わないか。ヤーウェ、イザヤ、ダビデでさえ今日の働きに言及しなかった。彼らは現在からはさらに大きく引き離されており、時間の隔たりは四千年以上である。イエスも今日の働きを十分には予告せず、これについて少し話しただけであった。それでも人間には不十分な証拠しか見つからない。これまでの働きと現在の働きを比較しても、どうしてこれらが互いに一致することがありえるのか。ヤーウェの働きの段階はイスラエルに向けられていたので、これと現在の働きを比較すると不一致はさらに大きくなるであろう。この二つは断じて比較などできないのである。あなたはイスラエルの出身でも、ユダヤ人でもない。優秀性や、あらゆることが欠けている――どうしてあなたをイスラエルの人々と比較することができるのか。そんなことが可能なのか。現在は神の国の時代であることを知りなさい。これは律法の時代とも恵みの時代とも異なるのである。とにかく、何らかの型どおりの文言の適用を試みるのはやめなさい。そのようなものに神を見つけることはできないのである。

イエスは生まれてからの二十九年間をどのように過ごしたのであろうか。聖書はイエスの子供時代と青年時代について何も記録していない。どのような子供時代、青年時代だったのかをあなたは知っているのか。イエスには子供時代も青年時代もなく、生まれたときにはすでに三十歳だったということはあり得るであろうか。あなたは知らなさ過ぎる。そのように不注意に自分の意見を広めてはいけない。そんなことはあなたのためにならない。聖書が記しているのは、三十歳の誕生日の前にイエスは洗礼を受け、聖霊に導かれて荒野に行き、悪魔の誘惑を受けたことだけである。四福音書はイエスの三年半のあいだの働きを記録している。子供時代と青年時代の記録はない。しかしこれはイエスには子供時代も青年時代もなかったという証拠にはならない。これはただ、イエスは初めは働きを行なわず普通の人であったということである。では、普通の人であったならば、イエスは青年時代なしに三十三年間生きることができたであろうか。子供時代をもたなかったのであろうか。十一歳、十二歳、十七歳、十八歳という時期を過ごすことなく、突然三十三歳半になることができたのであろうか。人間がイエスに関して考える事は、すべて超自然的である。人間は真理をもっていない。受肉した神が普通の正常な人間性を備えていることに疑いはない。しかし神がその働きを行なうときは、それはまさに神の神性と不完全な人間性をもって行なわれるのである。このために人々は今日の働きについて、そしてイエスの働きについてさえも疑っているのである。神が肉となった二回のそれぞれにおける神の働きは異なるが、神の本質は変わらない。もちろん、四福音書の記録を読めば、違いは大きい。いかにしてイエスの子供時代と青年時代の生活に戻ることができるのか。いかにしてイエスの正常な人間性を理解することができるのか。あなたは今日の神の人間性については確固とした理解を得ているかもしれないが、イエスの人間性について何も把握していないし、ましてや理解してもいない。マタイが記録していなかったならば、イエスの人間性についてぼんやりと感じることもなかったであろう。もしかすると、わたしがイエスの生涯における逸話を語り、イエスの子供時代と青年時代の内なる真理を告げるようなことをすれば、あなたは首を横に振ることであろう。違う。イエスがそんなだったはずがない。イエスには弱点なんかないし、ましてや人間性など一切もちあわせるはずがない、と叫んで悲鳴をあげることであろう。あなたはイエスを理解していないからこそ、わたしについてあれこれと観念をもっているのである。あなたはイエスは神聖なあまり肉体的なものは一切もっていないと信じている。しかし事実はそれでも事実である。事実にある真理を大胆に無視して話したい人はいない。わたしが話すときは、それは真実に関することだからである。憶測でも預言でもない。神は大いなる高みに達することができるが、また大いなる深みに隠れることもできることを知りなさい。神はあなたの知性による想像を絶するのである。神はすべての被造物の神であり、人がひとりで心に描く個人的な神ではない。これは正しくないであろうか。

前へ:神の働きのビジョン(1)

次へ:神の働きのビジョン(3)

他のお気に入り