神の羊は神の御声を聞く(新信者必読)

目次

第4章 あなたは世の終わりの神の働きの真理を知らねばならない

1.神の言葉の働きの意義

神の国の時代、神は言葉を用いて新たな時代を開き、働きの手段を変え、その時代全体の働きを行う。これが神が言葉の時代に働く原則である。神は異なる観点から語るために受肉し、言葉が肉において現れた神、その知恵と不思議とを人間が本当に見ることができるようにしてきた。そうした働きは、人間を征服し、人間を完全にし、人間を淘汰するという目的をよりよく成し遂げるために行われる。これが、言葉の時代に言葉を用いて働くということの真の意味である。言葉によって、人間は神の働き、神の性質、人間の本質、人間がいかにして入るべきなのかを知るようになり、言葉によって、言葉の時代に神が成し遂げようと望む働きがみな成し遂げられる。言葉によって人間は露わにされ、淘汰され、試される。人間は言葉を見、言葉を聞き、言葉の存在を知った。その結果、人間は神の存在を信じる。人間は神の全能と知恵、また、神の人間を愛する心と人間を救おうという願いとを知る。「言葉」という語は単純でありふれたのものだが、肉となった神の口から出る言葉は、天と地とを揺るがす。神の言葉は人間の心、その観念や古い性質、全世界の古い姿を変える。はるか昔から、現在の神だけがそうした働きを行っている。そして、現在の神だけがそのようにして人間に語り、救ってくれる。これより後、人間は言葉に導かれて生き、言葉により養われ、与えられる。人間は言葉の世界に生き、神の言葉の呪いと祝福の内に生き、さらに言葉の裁きと刑罰との下に生きる。これらの言葉と、この働きはみな、人間の救いのため、神の意志の実現、そして古い創造の世界における元々の姿を変えるためのものである。神は言葉により世界を創り、全宇宙の人間を言葉により導かれ、言葉により征服し、救う。ついには、言葉により、古い世界全体を終わらせるだろう。そのときはじめて、全体の経営(救いの)計画が完了する。神の国の時代を通じて神は言葉を用いて働き、仕事を成し遂げる。神は不思議を行ったり奇跡を演じたりはしない。神はただ言葉によって業を行う。言葉のおかげで人間は養われ、与えられる。言葉により、人間は知識と真の経験を得る。言葉の時代の人間は、まことに格別の祝福を受けている。人間は肉の痛みに苦しむことなく神の言葉を豊かに享受している。探し求めたり、旅する必要はない。ゆったりと神の現れるのを見、神が自分に語りかけるのを聞き、神の与えるものを受け、神がその働きを行うさまを見る。人間は過去の時代、そうしたことを享受できなかった。そのような祝福は、けっして受けることができなかったのだ。

『言葉は肉において現れる』の「神の国の時代は言葉の時代」より

世の終わりに神は言葉を発することを主な目的として来る。神は聖霊の観点から、人間の観点から、第三者の観点から話す。神は異なった話し方をする。ある期間は一つの話し方をし、人間の見方を変え、漠然の神の姿を人間の心から除くために、様々な話し方をする。これが神のする主要な働きである。人間は神が癒やし、悪霊を追い払い、奇跡を行い、人間に物質的な幸いをもたらしに来たと考えているため、神はこの段階の働きをする──刑罰と裁きの働きを──そうした観念を人間の思考から除くために。人間が神の現実性、神の正常を知るように。そして、イエスの姿が人間の心から消え、新たな姿に置き換えられるように。

『言葉は肉において現れる』の「今日の神の働きを知るということ」より

神がこの時代に実行した働きは、主に、人間のいのちのための言葉を与えること、人間の性質の実体と、人間の堕落した性質を明らかにし、人間の知識と文化とともに、宗教的概念、封建的な考え方、時代遅れの考えを除くことであった。これはすべて神の言葉によって露わにし、清めなければならなかった。世の終わりに、神はしるしや不思議ではなく、言葉を用いて人間を完全にする。神は言葉によって人間を露わにし、裁き、罰し、人間を完全にし、言葉の中に神の知恵と素晴らしさを見、神の性質を知り、言葉によって人間が神の働きを知るようにする。

『言葉は肉において現れる』の「今日の神の働きを知るということ」より

言葉の働きで最も需要なのは、人々が真実を理解した後、真実を実践し、自分自身および神の御働きについての知識を獲得するようにさせることである。話すことを通して働く手段のみが神と人の関係を明らかにすることができ、言葉のみが真実を説明することができる。このような方法で働くことは、人を征服する最善の手段である。言葉を発することは別として、その他の手段では真実や神の御働きをより明確に人に理解させることはできない。そこで神は御働きの最終段階で人に話しかけ、人が理解しないすべての真実や神秘を人に隠さず話して、彼らが神から本当の方法と人生を得て、神の御心を満足させることができるようにする……

『言葉は肉において現れる』の「あなたたちは地位の恩恵は脇に置き、人を救済する神の御心を理解するべきである」より

この時代に、神はほんとうにあなたたちの間で、すべての人が言葉を生かし出すようにする。真理を実践することができるようにし、心から神を愛する。すべての人が言葉を基礎、事実として、神に対して敬虔な心を持つであること。そして、神の言葉を実践することによって、人間は神と共に統治できる。神が成し遂げるのは、この働きだ。あなたは、神の言葉を読まずにやっていけるだろうか。神の言葉を読まずには、今日ほんの一日や二日でもやっていけないと感じている人が大勢いる。人々は毎日言葉を読まずにはいられない。そして、もし時間が許さねば、言葉を聞くことで満足する。これが聖霊の与える感覚であり、聖霊はこのようにして人を動かし始める。つまり、神は言葉によって人をコントロールして、人間が神の言葉の真理へと入れるようにするのだ。もしあなたが神の言葉を飲み食いすることなく、ほんの一日を過ごしただけで闇と渇きとを感じ、それが耐え難く思われるのなら、それは、聖霊によって動かされており、聖霊があなたから離れていないことを示している。それならば、あなたは、この流れの中にいる。しかしながら、一日、二日、言葉を飲み食いしないで過ごして、全く認識せず、渇きを覚えないのなら、そして何も変化を感じないのなら、それは聖霊があなたから離れたことを意味している。すると、これは、あなたの心の内が正しい状態ではないということだ。あなたは言葉の時代に入っておらず、脱落したものである。神は言葉を用いて人をコントロールする。神の言葉を飲み食いすると、よい心持ちになる。もしそうしなければ、従う道がない。神の言葉は人間の食物になり、人を突き動かす力となる。聖書には、「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである」とある。これが、今日神が成し遂げるであろう神の行う業である。神はこの事実をあなたたちの内に実現してくれる。昔の人間が何日も神の言葉を読まずにいて、食べ、働くことができたのは、どういうわけだろう。また、それがどうして今は違っているのだろう。この時代、神は主に言葉を使ってすべてをコントロールしていた。言葉を通して人間は裁かれ、完全にされる。それから、神の国に連れて行かれる。神の言葉だけが人間にいのちを与える。とりわけ神の国の時代には、神の言葉だけが光と実践の道を与える。あなたが日々に言葉を飲み食いして、神の言葉の真理から離れないでいる限り、神はあなたを完全にすることができるだろう。

『言葉は肉において現れる』の「神の国の時代は言葉の時代」より