言葉は肉において現れる

目次

道 (5)

嘗ては、聖霊を知る者は居らず、また人間は、特に聖霊の道とは何かを知らなかった。嘗ての人間が神の御前で常に当惑していたのは、このためである。神を信じる者のうち、ほぼ全員が御霊を知らず、そうした者の信仰は、ある種当惑したものである。このことから、人々が神を理解していないことが明らかとなり、人々は神を信じると言うものの、そうした人々の行動に基づけば、本質的には神ではなく自分自身を信じている。私自身の個人的経験からすると、神が肉にあられる神を証しされ、外観上は、全員が神の証しを認めるよう強制される。またそうした人々は神の御霊には全く誤りが無いと信じていると、辛うじて言う事が出来る。しかし、人々が信じているのは、その人間ではなく、特に神の御霊ではなく、自分自身の感情を信じている。それは、単に自分自身を信じているということではなかろうか。私が述べた事は全て真実である。これは人々に対する先入観ではなく、人間は、明瞭な理解があるか当惑しているかを問わず、今日まで生き長らえてきたが、それは全て聖霊により行われたことであり、人間が支配できるものではない、という事を明確にする必要がある。これは、聖霊が人間の信仰を強制している件について、私が従前述べた事の例である。聖霊はこのようにして御業を行われ、これは、聖霊が採られる唯一の方法である。人々が本質的に何を信じているかを問わず、聖霊は、人間に対し、ある種の感情を強制的に与えられるので、人間は自らの心で神を信じる。あなたの信仰は、こうした信仰ではなかろうか。神に対する自分の信仰は奇妙なものだと感じないであろうか。自分がこの流れから逃れられないというのは、奇妙だと思わないだろうか。このことを考えようと努力したことがあるだろうか。これは、大いなるしるしであり、前ぶれではないだろうか。あなたがたは何度も逃げ出したい衝動に駆られたが、常に大いなるいのちの力が自分を惹き付け、それにより逃げ出すのが憚られる。そしてこうした衝動に直面すると、毎回嗚咽し、どうして良いか分からなくなる。その一方、逃げようとする者もいる。しかし、逃げようとすると、それが心に対する刃のようになり、幽霊に魂が抜かれたようになり、心が不安で落ち着かない。その後、決意して神の御許へ戻らざるを得なくなる。こうした経験があるのではなかろうか。心を開くことの出来る若い兄弟姉妹は「その通りだ。何度もそうした経験をした。思い出すと恥ずかしい。」と言うであろう。私の日常生活において、自分の親友として若い兄弟姉妹に会うのは、常に嬉しいことである。なぜなら、若い兄弟姉妹は純真さに溢れ、純粋で愛しいからである。若い兄弟姉妹は、あたかも私の朋友のようである。自分の親友全員が集い、理想や計画について話し合う機会を私が楽しみにしているのは、このためである。私達が肉と血であるかのように、障壁や距離無く、神の御旨が私達の中で行われますように。私達全員が神に祈りますように。「神よ、私達全員が自分の心の望みを叶えられるよう、私達に適切な環境を授けることがあなたの御旨であれば、私達はその御旨を願います。私達が自分の心の強さを少しも余すことなく発揮できるように、私達のうち若く理知の欠けている者に恵みを与えてください。」と神に祈りますように。私は、これが神の御旨であると考えている。何故なら、昔、私は神の御前で「父よ、私達地上の者は、常にあなたを呼び求め、あなたの御旨が地の上で間もなく完了することを願っています。私はあなたの御旨を追求することを望みます。あなたの望まれるところを行われ、あなたが私に託された事を出来るだけ早く完了されますように。あなたの御旨が出来るだけ早く実現可能である限り、私は、あなたが私達のために新たな道を開かれることさえも望みます。私の唯一の望みは、あなたの御業が程なくして完了し得ることのみです。いかなる規則も、あなたの御業を止めることは出来ないと信じています。」と懇願したからである。神が現在行われている御業は、これである。あなたがたは、聖霊が進んでいる道を見た事があるだろうか。私が比較的年輩の兄弟姉妹に対する時、私が触れることを許さない圧力があるのを常に感じる。そうした者が社会の臭気を放っていることや、そうした者の宗教的観念、物事に対処した経験、話し方、言葉使いなどが腹立たしいと私が感じるのは、比較的年輩の兄弟姉妹と共に居る時だけである。それは、そうした者が知恵に満ちているようであり、私は自分の人生哲学が極めて不足しているので、常にそうした者と距離を置くようにしている。私がそうした者と共にあるとき、私は常に疲労し、無理しているように感じ、そうした問題が深刻かつ圧倒的になりすぎて、遺棄が出来ないこともある。こうした危機的な時、神は私に最適な回避策を授けられる。おそらくこれは私の誤解かもしれない。私は神に有利な事のみを気遣っており、私にとって神の御旨を行うことが最も重要である。私は比較的年輩の兄弟姉妹と距離を置き、私がそうした者に対応することを神が求められる時、私はそれに従う。それは、そうした者が忌み嫌うべき者であるということでは、決して無いが、そうした者の「知恵」や観念、人生哲学は、極めて不快である。私は、そうした者の経験や物事の対処経験から学ぶためではなく、神が私に託された事を完遂するために存在する。嘗て神は、私に対して「地上では父の御旨を求め、あなたが父に託された事を完遂しなさい。それ以外のことは、あなたと無関係である。」と言われたのを覚えている。このことを考えると、私は少し安心する。なぜなら、私は常に、この世の事は複雑過ぎて理解できず、どうして良いか分からないからである。そうしたわけで、私はこうした事に今まで何度激しく心を乱され、人類を嫌ったか数え切れない。人間がそれほど複雑なのは、何故だろうか。少し簡明であることに、何か問題があるだろうか。わざわざ利口になろうとするのは何故だろうか。私が人々に対応する時、その大部分は神の私に対する委託に基づき、そうでない事も多少あるが、誰が私の心の底に隠されている物事を知ることが出来ようか。

私と共にある兄弟姉妹に対し、自分自身の心で神を信じるべきであり、自分の利益を守るべきではない、神の御旨に配慮すべきである、と何度も忠告してきた。私は、なぜ人々が神の御旨に配慮しないのであろう、と、何度も神の御前で号泣した。何の訳もなく神の御業が跡形もなく消え去るであろうか。私には理由が分からず、それは私の心の中の問答となっているようである。人々が聖霊の道を全く認識出来ず、常に不適切な人間関係を続けるのは何故だろうか。そうした人々に会うと、私は吐き気を催す。そうした人々は聖霊の道を理解せず、他人の行動だけに注意する。そうすることで、神の御心にご満足いただくことが出来るであろうか。それが原因で、私は頻繁に悲しい思いをする。それは私が負うべき負担となったように思われる。聖霊もまた、それに懸念されている。あなたがたの心は咎を感じないだろうか。神が私達の霊的な目を開かれますように。霊に対する真摯な取り組みを行うよう導く身として、私は神の御前で「父よ、私があなたの御旨を核心に据え、あなたの御旨を追求できますように。この人々をあなたが得ることが出来るよう、私に託された物事に忠実であることが出来ますように。私達全員が、自分の心であなたと接することができるよう、あなたが私達を自由な世界へと導かれますように。あなたが私達の心の霊的感覚を目覚めさせますように。」と何度も祈った。私は神の御旨が完了することを願うので、私は、神の御霊が私達を継続して啓かれ、私達が聖霊により導かれる道を進むことが出来るよう、神に間断なく祈る。なぜなら、私の歩む道は、聖霊の道だからである。私以外に、誰がその道を行くことが出来ようか。そのため、私の負担は一層大きくなる。私は倒れそうだと感じるが、神の御業が遅れることは、確実に無いであろう。神が私に託された事が完了した時、おそらく私は離別するであろう。ゆえに、私が常に他人と違うと感じてきたのは、おそらく神の御霊の効果であろう。それはまるで、神が御業を行うことを望まれているが、私は未だにそれを把握していないようである。しかし、地上には私の親友よりも優れた者は居らず、親友は神の御前で私のために祈るであろうと思う。そうであるならば、私はそれに限りなく感謝する。私は、私の兄弟姉妹が、私と共に「神よ、私達が聖霊のいのちに恵まれ、神の御霊による御業と、神の素顔を見ることができるよう、あなたの御旨が最後の時代の者の中に完全に現れますように。」と述べることを願っている。私達がこの段階に達したならば、私達は真に御霊の導きの下で生活し、その時私達は神の素顔を見ることが出来るであろう。つまり、人々はあらゆる真理の真意を理解できるであろう。それは人間の観念では理解することが出来ないが、啓示は神の御霊の御旨に基づいて発生する。その全てが、人間の考えが一切含まれていない御業を行われている神ご自身である。それは、神が地上で明示することを望まれる行動に関する神の御業の計画であり、神の地上における御業の最終部分である。あなたがたは、その御業への参加を望むであろうか。あなたがたは、その御業の一部となることを望むであろうか。あなたがたは、聖霊により完全にされて、霊的いのちを享受する意志があるだろうか。

現時点で重要な業は、私達の元来の基盤を更に深化させることである。私達は真理や見通し、そして私達のいのちの様々な側面を深化させる必要がある。しかし、まずは私の兄弟姉妹に対し、この御業に対する真摯な取り組みを行うには、従来の自分自身の観念を捨てる必要がある、と注意を促す必要がある。つまり、自分の従来の生活様式を変え、新たな計画を立てて、新たなページをめくる必要がある。あなたがたが、従前自分にとって大切であった物事に固執するならば、聖霊はあなたがたに入ることが出来ず、神は辛うじてあなたがたのいのちを維持できるのみであろう。ある者が求めず、真摯な取り組みを行わず、計画も立てないのであれば、聖霊はその者を完全に見捨てられるであろう。それは、時代から拒絶された者と呼ばれる。私は、私の兄弟姉妹が、全員私の心を理解できること、そして「新参者」が立ち上がり、神と連携してこの御業を共に完了出来ることを願っている。私は、神は私達を祝福され、また私が地の果てから反対側の果てを訪れ、また私達の間に一層大きな愛を抱くことが出来るよう、私に一層多くの親友を授けられるであろうと思う。私は、神の御国を神が拡張されるであろうと一層強く確信し、また神が一層多くの若者達を得られるよう、私達の懸命な努力が過去最高に達することを願っている。私達が神の御前で生活し、神と懇意となるよう、私達全員がそのために祈り、間断なく神を求めることが出来ますように。私達の間に障壁がなく、私達全員が「団結して業を行います。最後まで献身します。立ち去ることなく、常に共にあります。」と誓いを立てますように。私達の心が道を逸れず、私達の意志が揺るがないよう、私の兄弟姉妹が神の御前でそのように決意しますように。神の御旨を実現するため、私はもう一度繰り返すが、懸命に努力しよう。そのために全力を尽くそう。神は絶対的に私達を祝福されるであろう。