全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第十章

あなたは、あれやこれやと恐れてはならない。どれだけ多くの困難や危険に直面しようと、あなたはわたしの前に固く立ち続けなければならない。わたしの旨が遂行されるためには、何によっても妨害されてはならない。これをあなたの本分としなければならない。さもないと、あなたはわたしの怒りに直面し、わたしの手が……。そして、あなたは終わりの無い精神的苦痛に耐えなければならないだろう。あなたはすべてに耐えなければならない。わたしに従いわたしのために全ての代価を払うために、あなたが持っているすべてを放棄し、できることすべてを行わなければならない。これはわたしがあなたを試す時である。あなたはわたしへの忠誠を尽くすか。忠誠心を持って道の終わりまでわたしに従うのか。恐れるな。わたしの支えがあれば、誰にその道を塞ぐことができようか。このことを覚えよ。覚えよ。起こることのすべてはわたしの善意によるものであり、すべてはわたしの観察下にある。あなたの一つひとつの言動がわたしの言葉に従えるか。火の試練があなたに臨むとき、あなたはひざまずいて叫ぶだろうか。それとも臆病になって前進できなくなるだろうか。

あなたは自分の内にわたしの勇気を持たなければならない。そして、未信者の親戚に直面するときは、原則を持たなければならない。しかしわたしのために、あなたはどんな暗闇の勢力にも屈してはならない。完全な道を歩むためにわたしの知恵に頼りなさい。サタンの陰謀に支配させてはならない。わたしの前にあなたの心を置くことに全力を尽くしなさい。そうすればわたしはあなたを慰め、あなたの心の中に平安と幸福を与える。あなたは人間の承認を求めてはならない。わたしを満足させることの方が、より価値があり重要ではないか。わたしを満足させることに、より多くの永遠かつ生涯続く平安と幸福があるのではないか。現在の苦しみは、あなたの将来の祝福がどんなに大きいかを示している。それは言葉では言い表せない。どれほど大いなる祝福を受けるのか、あなたは知らない。あなたはそれを夢見ることさえできない。今日、それは現実となる。ほんとうに現実となるのだ。それはもう遠くない。あなたにはそれが見えるか。すべてはわたしの中にあり、前途は何と明るいことか。あなたの涙を拭い去り、痛みも悲しみも感じるな。すべてはわたしの手の中に握られており、わたしの目標はあなたがたをすぐに勝利者にし、あなたがたを導き、わたしと共に栄光の中に入ることである。あなたはあなたに降りかかるすべてに感謝し、讃美しなければならない。そうすればわたしの心は満足する。

すべてを超越するキリストのいのちがすでに現れた。あなたが恐れることは何もない。サタンはわたしたちの足の下にあり、彼らの時間はもう限られている。目を覚ませ。放縦の世界を捨て去り、死の淵から自分を解き放ちなさい。何よりもわたしに忠誠を尽くし、勇敢に前進しなさい。わたしはあなたの強固な岩である。わたしに拠り頼みなさい。

前へ:第九章

次へ:第十一章

他のお気に入り

  • 神を信じているなら神に従うべきだ

    どうして神を信じるのか。ほとんどの人はこの質問に戸惑う。彼らは常に実際の神と天の神について2つのまったく異なる観点を持っている。そのことから分かるのは、彼らが神を信じるのは神に従うためではなく、何か恩恵を被るため、あるいは災難の苦しみから逃れるためなのである。その時だけ彼らは多少従順になるが、その従…

  • 信者はどんな見解を持つべきか

    人が初めて神を信じてから、受け取った物は何だろうか。あなたは神について何を知っただろうか。神を信じて、あなたはどれほど変わっただろうか。今、あなたがたは皆、人が神を信ずることは、ただ単に魂の救いや、肉の幸福のためでもなく、神の愛を通してその人の人生が豊かになることなどでもないと分かっている。そのよう…

  • 道……(3)

    私自身の生活において、私は常に自分自身を身も心も全て神に捧げることをいとわない。そうすれば私の良心の呵責はなく、多少安心できる。いのちを求める者は、まず自分の心を全て神に捧げなくてはならない。これは前提条件である。私は兄弟姉妹が私と共に「神よ、私の心が全てあなたに向かい、私の霊があなたに動かされ…

  • あなたは神を信じているので真理のために生きるべきである

    すべての人間に共通して存在する問題は、真理は分かっているが、実践に移せないことである。一つの要因は人が代価を払いたがらないことで、もう一つは人の洞察力があまりにも不十分であることである。人は実生活に存在する多くの困難の先を見ることができず、的確に実践する方法も知らない。人はあまりにも経験が少なく、才…