全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第十一章

わたしはあなたの神なのか。わたしはあなたの王なのか。あなたはわたしを本当に王としてあなたの中で支配させたことがあるか。あなたは自分自身を充分に省みるべきである。よく吟味することなく新たな光を拒絶し、新たな光が来たときに従うことを止めるほどになったのではないか。このために、あなたは裁きを受け、破滅の運命に落ちなければならない。あなたは裁かれ、鉄の杖で打ち叩かれ、あなたは聖霊の働きを感じることはないだろう。あなたはすぐさま泣きだし、嘆きながらひざまずいて礼拝するだろう。わたしはいつもあなたがたに語り、いつもあなたがたに言い、すべてをあなたがたに語った。慎重に思い返してみなさい。わたしがあなたがたに何かを言い損なったことがあるだろうか。それにもかかわらず、頑固にも間違ったやり方で物事を行っている人々がいる。彼らは疑いの霧の中に迷い、それは太陽の光を遮断し、彼らは決して光を見ない。それは彼らの「自己」の意志が強すぎるから、もしくは彼らの観念があまりにも大きいからではないのか。どうしてあなたの目でわたしを見ることができようか。どうしてあなたの心の中にわたしの居場所を持つことができようか。あなたがしくじり、無力になり、為すべき術がなくなったとき、初めてあなたはわたしに祈る。それでは、今からは自分ひとりで事を為せばよいではないか。あなたという人たちは!あなたを滅ぼしたのはあなたの古い自己なのだ。

ある人々は道を見つけることができず、新たな光について行くことができない。彼らは前に見たことについてのみ交わり、彼らにとって新しいものは何もない。それは何故か。あなたは自分の内側に住み、わたしに扉を閉ざしてしまったからだ。あなたは聖霊の働きの手段が変化するのを見ているが、過ちを犯すことについていつも慎重すぎる。どうしてあなたが真に神を崇拝することができようか。あなたは神の前に静まってそれを求めたことがあるのか。あなたはただこう考える。「聖霊が本当にそのように働くだろうか。」ある人々は、それが聖霊の働きであることを目撃したにもかかわらず、それについてまだ何か言いたいことがある。ある人々は、それが神の言葉であることを認めるが、それを受け入れない。ことなる観念が彼ら一人ひとりを取り囲んでいる。そして彼らは聖霊の働きを理解せず、怠慢で不注意で、進んで代価を払うことがなく、わたしの前で真剣になろうともしない。聖霊は彼らに啓示を与えたが、彼らはわたしのもとに来てわたしと交わることも、わたしを捜し求めることもない。代わりに、彼らは自分の欲望に従い、何でもやりたい放題である。彼らの意図はいったい何であるのか。

前へ:第十章

次へ:第十二章

他のお気に入り

  • 神の国の時代に神に選ばれた人々が従わなければならない行政命令十項目

    1.人は自分を大きく見せてはならないし、崇めてもいけない。人は神を崇め、賛美するべきである。 2.あなたは神の働きのためになることは何でもするべきであり、神の働きに有害なことは一切してはならない。神の名、神の証し、神の働きを守るべきである。 3.金銭、物質、神の家のすべての財産は、人が提供すべき捧げ…

  • 神を知る者だけが神に証しを立てることができる

    神を信じ、神を知ることは、天の法則であり地上の原則である。そして、今日、つまり受肉した神がその働きを自ら行なっている時代は、神を知るのに特に良い時である。神を満足させることは、神の心についての理解という基盤の上に築くことにより達成されるものである。そして、神の心を理解するためには、神についての何らか…

  • 信者はどんな見解を持つべきか

    人が初めて神を信じてから、受け取った物は何だろうか。あなたは神について何を知っただろうか。神を信じて、あなたはどれほど変わっただろうか。今、あなたがたは皆、人が神を信ずることは、ただ単に魂の救いや、肉の幸福のためでもなく、神の愛を通してその人の人生が豊かになることなどでもないと分かっている。そのよう…

  • 働きと入ること(7)

    人間は、自らに欠落している物事が霊的いのちの供与と神を知る経験だけでなく、それ以上に重要な事として、自らの性質の変化であることを、現在になってようやく認識した。歴史や古代における人間の文化に関する人間の完全な無知さ故に、人間は神の業に関して少しも認識が無い。人間は、心の奥深くにおいて、人間が神を慕う…