真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の声を聞き、神の出現を見る

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

質問1.終わりの日に裁きの働きをするために神が受肉して人の子となったと証しなさっていますが、多くの宗教的な牧師や教会の長老は、主がお戻りになるときは雲に乗って降臨されると言い切っています。これはおもに次の聖句に基づいています。「あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」。(使徒行伝1章11節)「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目……彼を仰ぎ見るであろう。」(黙示録1章7節)さらに、宗教的な牧師や教会の長老は、雲に乗って降臨しない主イエスは偽者であり、拒絶しなければならないと私たちに教えました。この考えが聖書と一致しているのかいないのか分かりません。これは実際に正しい理解でしょうか。

回答

主の再臨と終わりの日の人の子の受肉については、聖書には明確な預言があるだけでなく、そのような預言が数多くあります。例えば、「あなたがたも用意していなさい。思いがけない時に人の子が来るからである」。(ルカによる福音書12章40節)「いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようであるだろう。しかし、彼はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の人々に捨てられねばならない。」(ルカによる福音書17章24~25節)これらの預言は人の子、あるいはその日の人の子が来ることを述べています。人の子とはそれが人間から生まれたこと、普通の人間性をもつ人のことです。霊ならば、人の子と呼ぶことはできません。ちょうどヤーウェ神は霊であり、人の子と呼ぶことができないようにです。天使を見た人がいますが、天使は霊であり、人の子と呼ぶことはできません。人の姿をしていても霊と分類されるものはどれも人の子と呼ぶことはできません。受肉した主イエスは人の子、キリストと呼ばれますが、これはイエスは神の霊が受肉した人であり、ごく普通の一般的な人になり、人々のもとで生きたからです。ですから主イエスが述べた人の子あるいはその日の人の子の再来は、終わりの日に神の受肉が再来することを指しているのです。

『神の国の福音に関する典型的な質問と答え(選集)』より

「わたしは人の子として戻って来る」と、主イエスは何度も預言されました。「人の子」とは、受肉された神のことであり、主イエスのように、表面的には普通の人のように食べ、飲み、眠り、歩きますが、復活後の主イエスの霊体はそれとは異なり、壁を通り抜けたり、現われたり消えたりと、非常に神秘的なものでした。これらを理由に、主イエスは「人の子」と呼ばれることはありませんでした。「人の子」の再臨について預言される際に、主イエスはこのように仰いました。「しかし、彼はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の人々に捨てられねばならない。」(ルカによる福音書17章25節)しかし、あなた方は、主は霊体として雲に乗って降り栄光に輝いて公衆の前に現われると言い、すべての人々が御前にひれ伏して褒め称える中、誰が主に反抗し、非難するのか?と問っています。それでは、この御言葉はいかに成就されるのでしょうか?「人の子」として受肉された神がその働きを行われる時、それが受肉されたキリストであると認識しなければ、自分の観念や想像に従ってキリストを非難し、拒絶する、そうではありませんか?また主イエスは、「その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。」(マタイによる福音書24章36節)「もし目をさましていないなら、わたしは盗人のように来るであろう。どんな時にあなたのところに来るか、あなたには決してわからない。」(ヨハネの黙示録3章3節)とも預言されています。もしも主が霊体として雲に乗って降りて来られるなら、誰でもそれについて知っていて、目に見ることができるはずです。しかし主イエスはご自身の再臨について、「だれも知らない。」「また子も知らない。」「盗人のように来る。」と預言されています。では、この御言葉はどのように成就されるのでしょうか?もし主イエスが霊体として現れるのなら、ご自身がそれをご存じなかったというのでしょうか?終わりの日において、神が「人の子」として受肉され、ただ普通の人間になられてはじめて、この予言は成就されるのです。主イエスはその聖職を全うされるまで、贖いの働きを果たすために来たキリストとしてのご自身のアイデンティティをご存じなく、だからこそ天の父である神にいつも祈りを捧げました。ご自身の使命を果たすようになって、ようやくそのアイデンティティにお気づきになったのです。

脚本より抜粋

主イエスは再来することを予言し、それについて多くを語ったが、あなた方は、主は雲に乗って来られるという予言のみに固執し、主が語った他のより大切な予言を求めたり、探究しないでいる。これでは簡単に間違った道を歩んでしまい、主に見捨てられてしまいますね。聖書には、単に「雲に乗って降臨される」という予言のみがあるのではない。他にも、主は盗人のように、ひそかに来られるといった予言が多くあります。例えば、黙示録16章15節、「見よ、わたしは盗人のように来る。」マタイ25章6節、「夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした。」そして、黙示録3章20節、「見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。」これらの予言はすべて、神が人の子として肉となり、ひそかに降臨されることに言及しています。「盗人のように」ということは、静かに、ひそかに、という意味です。人々は彼を見たり、聞いたりしても神であることが分からない、その昔、主イエスが現れ、その働きをなさったときのように。外からは、主イエスはただの人の子であり、誰も彼が神であること知らなかった。なので、主イエスは「盗人のように」という例えを使って、人の子としての出現と働きを説明しました。真理を愛さない者は、肉となった神がいかに語り、働き、多くの真理を表したとしても、それを受け入れない。その代わり、受肉した神をただの人として扱い、彼を非難し、見捨てる。なので主イエスは、再臨するときについて次の予言をしました。「いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように、人の子もその日には同じようであるだろう。しかし、彼はまず多くの苦しみを受け、またこの時代の人々に捨てられねばならない。」(ルカによる福音書17章24~25節)主の予言にもとづき、その再臨は「人の子の再来」となります。「人の子」とは、受肉した神を意味し、復活した主イエスが公に、皆の前に雲に乗って霊的な体として降臨することを意味するものではない。それはなぜでしょうか?考えてみましょう。それが復活した主イエスが公に、皆の前に雲に乗って降臨する霊的な体のことであれば、非常に迫力があり、世界にショックを与えるでしょう。誰もが地にひれ伏し、抵抗しようとするものは誰もいないでしょう。その場合、再臨主イエスはそれでも多くの苦しみに耐え、その世代から退けられるでしょうか?ですから、主イエスは自分の再臨は、「人の子としての再来」であり、「盗人のよう」だと予言したのです。現実には、それは神が受肉し、ひそかに人の子として来られることを意味しているのです。

……

全能神の国の福音は中国本土中に、20年以上広がってきました。様々な宗派や分派の間に広がっています。この間、中国共産党政府の厳しい抑圧と取り締まりにより、また共産党系メディアの宣伝活動と合わさって、全能神は、誰もが知る名前となりました。後に、全能神が表したすべての真理、全能神教会が作った様々なビデオや映画は段々とネット上で公開され、世界に広がっています。宗教界の人々は皆、全能神教会の多様な証の方法につき、聞いておられると思います。多くの人が、神は来られたと証しています。これは主イエスの予言を完全に成就するものです。「夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした。」(マタイによる福音書25章6節)では宗教指導者や長老たちはなぜ終わりの日における全能神の働きを、まだ激しく非難し、それに抵抗するのでしょうか?聖書には主の再臨に関する予言が大変多くあります。なぜ主が雲に乗って降臨するという予言に、彼らは固執するのでしょうか?主の再臨について証があることを聞いて、なぜ彼らはそれをまったく求めようとしないのでしょうか?全能神が多くの真理を表していることを知り、神の働きの現実を見ているのに、なぜ彼らは終わりの日における神の働きに抵抗し、非難し、自分たちの考えと想像に執着するのでしょうか?これらの人々は真理を愛し、心から主の到来を待ち望んでいるのでしょうか?彼らは賢いおとめでしょうか、愚かなおとめでしょうか?賢いおとめであり、心から主の到来を待ちわびているのであれば、それではなぜ、神の声を聞き、神の国の福音が大きく広がっていることを見ているのに、まだ頑固に非難し、抵抗をするのでしょうか?主を待ちわび、その出現を期待しているのに、これが彼らの誠実さの現れなのでしょうか?これは主の再臨を喜ぶ、彼らの真の表現なのでしょうか?結局、率直に言えば、主に対する彼らの信仰と主イエス再臨への切望は偽りだが、祝福されたい、天国に入りたいという切望は現実のものなのです!真理を追求し、命を得るために主を信ずるのではなく、真理を得て、罪から逃れるためでもありません。彼らは何を一番希望しているのでしょうか?主が降臨され、天国に彼らを直接に連れて行って下さる、肉の苦しみから逃れ、天国の祝福を享受すること、これが彼らが神を信ずる本当の目的です!仰って下さい。この理由以外に、人類を救う真理を表す全能神を、彼らが拒絶する理由がありますか?皆でこのことを考えてみましょう。ある人が真理を愛し、心から神の出現を待ちわびているならば、主が来られたと聞いたときに、どうするでしょうか?耳を傾けず、状況を見ず、接触を避けるでしょうか?そういうことはないでしょう。それを盲目に否定し、非難し、抵抗するでしょうか?なおさら、そういうことはないでしょう。神の出現を心から待ち望み、神の到来を歓迎する人ならば、真の光を待ち望み、真理と正義が自分の心を支配することを願うでしょう。彼らは、神が人類を救うために来られ、罪から完全に逃れ、神聖で神のものとされるよう助られることを期待しています。そうではないですか、皆さん?しかし、主が雲に乗って来られることだけを待っているが、全能神を否定し拒む者、ことに、自分の地位と生活を守るために、全能神を猛烈に非難し、抵抗する宗教指導者たちは、真理を軽蔑し、真理を憎む者たちです。彼らは皆、終わりの日の神の働きにより露見した無信仰者や反キリスト者です。受肉された神が、その救済の働きを終えた後、これらの人々は、めったにない災害に陥り、嘆き、歯噛みをするでしょう。そして雲に乗って公に現れる主についての予言は、完全に成就されるでしょう。「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。」(ヨハネの黙示録1章7節)

脚本より抜粋

前へ:受肉した裁きの働きを行う神は、漠然とした神を信じる人類の闇の時代とサタンの支配の闇の時代をどのようにして終わらせるのか。

次へ:質問2.主を信じる人々は主イエスが受肉した神であったことを知っていますが、受肉の真理を理解している人はほとんどいません。主が再来されるとき、主イエスと同じようにお現れになり、人の子になってお働きになったなら、人々がそれが主イエスであると気付いてその再来を歓迎する方法が全くありません。どれでは結局受肉とは何なのでしょうか。受肉の本質とは何ですか。

他のお気に入り