全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第七十四章

わたしの言葉を読んで、それが成就すると信じる者は幸いである―わたしは、あなたをひどく扱うことはなく、あなたが信じることを、あなたの中で成就させよう。これがあなたの上に臨むわたしの祝福である。わたしの言葉は、一人ひとりの中に隠されている秘密を打つ。誰もが致命傷を負っているが、わたしはそれを癒す良き医者である―ただわたしのところへ来なさい。わたしは何故、将来、悲しみも涙もなくなるだろうと言ったのか。これがその理由である。わたしにあってはすべてが成し遂げられるが、人間にあっては、すべてが堕落し虚しく、すべてが人間を欺くものである。わたしの前で、あなたはすべてのものを受け取り、あなたが想像することもできなかった、すべての祝福を見て享受するであろう。わたしの前に来ない者は、確かに反抗的であり、間違いなくわたしに抵抗する者である。わたしは決して彼らを簡単には容赦しない。わたしはこの種の人間を厳しく懲らしめる。覚えておきなさい。わたしの前により多く来る者は、より多くを得るが、それは恵み以上のものではない。後になって、彼らはさらに大きな祝福を受けるだろう。

世界の創造以来、わたしはこの一群の民、すなわち今日のあなた方を予め定め、選び始めた。あなた方の気質、力量、外見、霊的背丈、あなたが生まれた家族、あなたの仕事と結婚、あなたの全て、あなたの髪や肌の色、またあなたが生まれた時間さえも、すべてはわたしの手によって定められたのである。あなたが為すことや、あなたが日々出会う人たちさえ、わたしの手によって定められており、今日あなたが私の前に来たのも、実際、わたしの采配であるという事実は、言うまでもない。あなたは混乱に陥ってはならない。落ち着いて前進すべきである。今日わたしがあなたに享受させるのは、あなたに相応しい分であり、それは世界創造のときに、わたしによって予定されたものである。人間はみな非常に極端である―彼らは過度に強情であるか、まったく恥知らずであるかだ。彼らは、わたしの計画と采配に従って物事に対処することができない。こんなことはもう止めなさい。わたしにあって、すべては解放されている。あなたのいのちに損失が生じるので、自分自身を縛ってはならない。このことを覚えておきなさい。

すべてのことがわたしの手の中にあることを信じなさい。過去に、あなた方にとって奥義と思われたものは、今日すべて公に現されており、もはや隠されてはいない(将来まで隠されたままのものは何もない、とわたしは言ったからだ)。人々はしばしば忍耐がない。彼らは何かを完成させようと焦り、わたしの心の中にあることを考慮しない。あなたがわたしの重荷を分かち合い、わたしの家を管理できるように、わたしはあなた方を訓練しているのだ。あなた方が、あなた方より若い兄弟たちを導くことができるようになり、わたしたち父と子らがすぐに再会し、決して離ればなれにならないように、わたしはあなた方に早く成長して欲しい。これはわたしの心の願いを満たすだろう。奥義はすでにすべての人々に明らかにされており、隠されているものはまったくない。わたし―正常な人間性と完全な神性を持っている完全なる神自身―が今日あなた方の目の前に現された。わたしの全存在(身なり、肉体的外観、体形)は、神自身の完全な現れであり、世界の創造以来、人間が想像してきたが、誰ひとり見たことがない神の姿である。わたしの行動がわたしの言葉と同然である理由は、わたしの正常な人間性と完全な神性が互いに補い合うからである。またそれによって、すべての人々が、このような驚くべき力がひとりの普通の人間のうちに宿っているのを見ることができる。あなた方の中で本当にわたしを信じる者は、わたしがあなたに真の心を与え、わたしを愛せるようにしたからだ。わたしは、あなたを取り扱うとき、あなたを光で照らし、あなたに啓示を与え、それを通してあなたがわたしを知ることができるようにする。したがって、わたしがあなたをどのように取り扱おうが、あなたは逃げないだろう。むしろ、あなたは、わたしのことをさらに確信するであろう。あなたが弱いときは、それもまた、わたしの采配であり、それによって、一旦わたしを離れるとあなたは死んで枯れてしまうことを、あなたは悟るようになる。そのことから、わたしがあなたのいのちであることを、あなたは学ぶだろう。弱くなった後に、あなたが強くなると、あなたは、弱いことと強いことは、あなたに拠るのではなく、まったくわたし次第であることを悟るようになるだろう。

すべての奥義は完全に明らかにされている。あなた方の将来の活動の中で、わたしはあなた方に一つずつ指示を与えよう。わたしは曖昧なことはしない。わたしは極めて明白であり、直接あなたに話しさえするので、あなたひとりでそれを熟考する必要はないし、あなたがわたしの経営を妨げるようなこともないだろう。これが、後に隠されているものは何もなくなると、わたしが繰り返し強調する理由である。

前へ:第七十三章

次へ:第七十五章

他のお気に入り

  • 働きと入ること(7)

    人間は、自らに欠落している物事が霊的いのちの供与と神を知る経験だけでなく、それ以上に重要な事として、自らの性質の変化であることを、現在になってようやく認識した。歴史や古代における人間の文化に関する人間の完全な無知さ故に、人間は神の業に関して少しも認識が無い。人間は、心の奥深くにおいて、人間が神を慕う…

  • 真心で神に従う者は確かに神のものとされる

    聖霊の働きは日毎に変化し、段階毎に高まっている。明日の啓示は今日よりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが神が人間を完全にする働きである。人がこれに付いて行けないのであれば、いつでも取り残されうる。人間が従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。これまでの時代は過ぎ去った。今は新しい…

  • 七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言

    わたしは異邦人国家にわたしの働きを広めている。全宇宙にわたしの栄光は閃く。わたしの心はあちこちに散らばる人々の中に現れ、みなわたしの手によって誘導され、わたしが与えた作業をしている。この時点からわたしは新しい時代へと入り、全ての人々を別の世界へ連れて行く。わたしが自分の「故郷」へ戻ったとき、わたしの…

  • 第二十七章

    人間の行動がわたしの心を感動させたことは一度もないし、貴重だという印象をわたしに与えたこともない。人の目には、わたしがいつも人を非常に厳格に扱っており、いつも権威を行使しているかのように映っている。すべての行動の中で、人がわたしのためにすることはほとんど何もないし、わたしの目の前で確固たるものもほと…