神が人間の信仰を試すとき

わたしが人間の信仰を試すと、ただの一人も真の証しをする能力がなく、ただの一人もすべてを捧げることができない。人間は隠れ、まるでわたしが人間の心を奪おうとしているかのように、心を開くことを拒んでいる。ヨブでさえ、けっしてほんとうに試練に立ち向かおうとせず、また苦しみの中で香りを放たなかった。人間にできるのはただ、春の暖かさに緑をほの見せることだけだ。人間はけっして冬の冷気の中で緑を保たない。痩せ細った背丈の人間は、わたしの目的を達成できない。

すべての人間の中で、他の手本となれる者は、誰一人いない。人間は基本的に同じで、他人と異なるところがなく、区別するべき特徴も、ほとんどない。このため、今日でも、人間はまだわたしの業を完全に知ることができない。わたしの刑罰がすべての人間の上に下ってはじめて、知らずにわたしの業に気づき、わたしが何もしなくても、強いなくても、人間はわたしを知るようになり、そこでわたしの業を見ることになる。これがわたしの計画であり、これはわたしの業の現れであり、これが人間の知るべきことだ。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十六章」より編集

前へ: 試練が降りかかるとき神の側に立つべき

次へ: 試練の中で神が求めるのは人の真の心だ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

私は神の愛に報いよう

長年にわたり私は 世界の 海原を漂ってきた 私は心の底から堕落し 魂は汚れに満ちている しかし神は恵みの手を差し伸べ 憐れみをもって私を救った 今、私は感謝に溢れ 全能神の家に戻っていく たとえ今、神に救われていても 私は自分の性質を変えていくべきだ 鍛錬や苦痛が伴うとしても 私…

神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

誰がこの終わりなき世で神に吟味されるのか? 誰が神の霊の言葉を聞いたのか? 誰がヨブに答えられるのか? 皆の中にペテロはいるか? 神はなぜ幾度もヨブとペテロのことにふれたのだろう? 皆、神からの期待に気づいたか? もっと熟考することに時間を割くべきだ 大勢が闇の中を探り、逆境の…

人の子が現れた

世界の東から一筋の輝く光が現われ 西の果てまで照らす 人の子が地に降臨した 全能神である救い主が戻って 真理を表し 新時代を始めた 人の子が現れ 神が来た 神は人類に永遠のいのちの道をもたらす 新しい天と地 新しい時代と人間 新しい道と生活 新しいエルサレムが地に降臨…

私はあなたに創られ、あなたのものです

山あり谷あり変化して 雨風の中 あなたの後を追う 危険や苦難は真の愛 真情の炉 打たれた心は不滅の愛であなたを慕う 何度冬は春になっただろう! 苦きも甘きも味わってきた 秋風は絶え 春の花を歓迎する 気まぐれな戦士の生活! あなたの思いが分かる あなたは謙虚に世に来られたが…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索