真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

目次

実践(2)

過去の時代には、人々は「神と共にあり、たえず霊の中で暮らす」ように自分を訓練したが、それは今日の実践に比べると単純な霊的訓練である。そのような実践は人々がいのちの正しい軌道に乗る前に行うもので、あらゆる実践方法の中で最も浅く、単純なものである。人々が神を信じ始めた初期の段階の実践といえる。人々が常にこの実践に従って暮らすならば、あまりにも多くの感情を持つようになり、深遠で真実な経験に入り込むことができなくなる。彼らは単に自分を霊的に訓練することができるようになるだけで、自分の心が正常に神に近づける状態を保ち、常に神と共にあることにこの上ない喜びを見出しているだけである。神と一体感を持つという小さな世界に限定され、最も深遠なところに何があるか把握することはできないだろう。こうした境界の範囲内にしか暮らしていない人々は、大きく進歩することができない。いつでも、彼らはすぐに「ああ!主イエス。アーメン!」と叫ぶのだ。何か食べている時、彼らは「ああ、神様!私は食べ、あなたも食べます…」と叫ぶ。ほとんど毎日このような調子である。これが過去の時代の実践であり、いつも霊の中で暮らす実践である。これは低俗ではないだろうか?今日では、神の言葉を熟考する時は言葉を熟考するべきであり、真理を実行する時になったら実行するべきであり、任務を実行する時になったら実行するべきである。このような実践は非常に自由なので、あなたを解放してくれる。昔の宗教家が祈祷し、恵みを語る方法とは異なる。もちろん、以前は、これが神の存在を信じる人々が実践すると考えられていたやり方であった―しかし、いつもこのような形で実践することはあまりにも積極性に欠ける。過去の実践は今日の実践の基礎である。過ぎ去った時代の実践に通じる道があったならば、今日の実践はずっと容易になるだろう。では、今日、「神を現実の生活に持ち込む」と言う時、実践のどのような面を指しているのだろうか。「現実の生活」をするためには、基本的に人々が普通の人間性を持つことが必要である。人々が持つべきものは、今日神が人々に求めているものである。「神を現実の生活に持ち込むこと」の実際の意味は、神の言葉を現実の生活に持ち込むことだ。今日、人々は主として次のことを身につけるべきである。一つには、教育を受け、語彙を増やし、読書力を向上させて、自己の能力を改善させなければならない。また一つには、普通の人々の生活を送らなければならない。あなたは世俗の中から神の前に戻ってきたばかりであり、まず自らを霊的に訓練して、神の前で安らかであるように心を訓練しなければならない。これは最も基本的なことであり、変化を達成するための第1段階でもある。実践に順応性のある人々もいる。彼らは衣服を洗濯しながら、真理に思いを巡らし、理解すべき真理と生活で実践すべき原則を見出していく。一つにはあなたは普通の人間生活を送らなければならず、もう一方、真理に入り込まなければならない。これが現実の生活のための最善の実践である。

昔、人々はさまざまな困難に苦しんでいたが、その中には実は不必要なものもあった。人が実践する必要のないものも含まれていたからである。人々が神を現実の生活に持ち込む時、神は主として人々が普通の人間性の中で神を崇拝し、神の認識を追求し、神の被造物としての本分を尽くすことを求める。彼らは祈らなければ神に借りを作ると感じてしまい、床掃除を始めるとすぐに祈らなければならないということなどない。今日の実践はそのようなものではない。ゆったりしていて、容易である。人々は教義に従うことを要求されない。それぞれが個々の背丈に従って行動するべきである。あなたの夫が神を信じないならば、不信心者として扱い、信じるならば信心者として扱いなさい。愛と忍耐ではなく英知に重点を置きなさい。野菜を買うために外出し、歩きながら次のようにつぶやく人たちがいる。「おお、神よ。私は今日どのような野菜を買えばよろしいでしょうか。あなたの助けを求めます。買い物をしている時、選ぶべきでしょうか。」それから彼らは考える。「私は選びません。神は、私が神を称えること、すべてのものにおいて神の御名を称えること、すべての人が証をすることを求めておられる。それゆえ、売り手が私に古くて、干からびたものを渡したら、私はそれでも神に感謝し、忍耐します。神を信じる私たちは、どの野菜を買うかを選んだりしません。」あなたはこのように行動することが神に対する証だと考え、カビくさくしなびた野菜を買うために百円を使った後、それでも祈って、言う。「ああ、神よ。私はそれでもこの腐った野菜を食べます。あなたが私を受け入れてくださる限り、私は食べます。」そのような実践は馬鹿げていないだろうか。それは教義に従うことではないだろうか。以前、人々は自分の霊を訓練し、いつでも霊の中で暮らしていたが、これは恵みの時代になされた働きに関連していた。信心深さ、謙遜、愛、忍耐、すべてのものに感謝すること―これらは恵みの時代のすべての信者に求められることであった。当時、人々はあらゆることにおいて神に祈った。衣服を買う時に祈り、集会の知らせを受けた時もやはり祈って、次のように言ったものだった。おお、神よ。あなたは私が出かけることをお許しになりますか、なりませんか。あなたが行くことを許してくださるなら、私のために平坦な道を用意して、すべてが順調に進むようにしてください。私が行くことをお許しにならないなら、どうぞ私を転ばせてください。祈りながら、彼らは神に懇願した。祈った後、彼らは不安になり、行かなかった。戻ってきた時、信者ではない夫に殴られるのを恐れて、祈る時に不安を感じる姉妹たちもいた―彼女たちは不安を感じたので集会に行かなかった。これが神の心だと信じたが、彼女たちが実際に行ったとしても何事も起こらなかったであろう。結果として、彼女たちは集会を欠席した。このすべては人々自身の無知によって引き起こされた。このような形で実践している人々は、自分の感情で暮らしている。このような実践方法は誤りで、馬鹿げており、曖昧さしか含んでおらず、彼らの個人的感情や考えが多すぎる。集会があることを告げられたら、行きなさい。告げられなかったら、行くのはやめなさい。そのことについて告げられた時は、神に祈る必要はない。これは単純なことではないだろうか。もし今日、衣類を買う必要があれば、すぐ出かけて買えばよい。神に祈って、次のように言うのは、やめなさい。「おお、神よ。今日、私は衣類を買わなければなりませんが、私が買いに行くのを許してくださいますか、それともだめですか。どのような衣類を買うべきでしょうか。私が留守の時、姉妹の一人がたまたまやってきたらどうなるでしょう。」祈り、思案しながら、あなたはひとり言を言う。「私は今日出かけたくない。姉妹がやって来るかもしれないから。」しかし、夕方までにやって来た者は誰もおらず、あなたは多くのことを逃すという結果になった。恵みの時代でさえ、このような実践方法は誤りで正しくなかった。従って、人々が過ぎ去った時代のように実践すれば、彼らのいのちには何の変化も生じないだろう。彼らは単に従順なだけで、分別には何の注意も払わず、ただやみくもに従って、耐えるだけだろう。当時、人々は神を賛美することを重視していた―しかし、神は彼らから何の栄光も受けなかった。彼らは自分の生き方に何も現わさなかったし、変化しなかったからである。彼らはただ自分自身の観念に従って隷属し、自制しているだけで、多年にわたる実践でさえ、そのいのちに何の変化ももたらさなかった。彼らが知っているのは忍耐し、謙虚にし、愛し、許すことだけで、ほんのわずかでさえ聖霊によって教え導かれることはなかった。どうして彼らが神を知ることなどできようか。

人々は、神を自分たちの現実の生活、自分たちの普通の人間生活に持ちこんで初めて神への信仰の正しい進路に入るだろう。今日、神の言葉はあなた方を導き、過ぎ去った時代のように探し求めたり、模索したりする必要はない。あなたがこれらの言葉に従って実践することができ、わたしが指摘した言葉に従って内省し、自分を判断することができれば、あなたは変ることができるだろう。これは教義ではなく、神が人に要求することである。今日、わたしはあなたに肝心なことを告げる。わたしの言葉に従って行動することだけに関心を持ちなさい。わたしがあなたに要求することは、普通の人々の必要性に従っており、わたしはすでにあなたに次のことを語った。あなたが純粋にこのように実践することに重点を置けば、神の心に従うことができるだろう。今日は神の言葉の中で生きる時代である。神の言葉はすべてを説明しており、すべては明らかにされている。神の言葉に従って生きる限り、あなたは完全に自由で、解放された人生を送るだろう。以前、あなたが神をあなたの現実の生活に持ち込んだ時、あなたはあまりにも多くの教義と儀式を経験し、ほんの些細なことでさえ神に祈り、明確な言葉を、読みもしないで脇にどけて、すべての努力を探索に充てた―その結果は、何の効果もなかった。あなたが着たものを例にとってみよう。あなたが祈った時、この事柄を神の手に委ね、あなたが着るのにふわさしいものを選んでくださいと祈った。神はこれらの言葉を聞き、次のように言った。「あなたはわたしにそのようなつまらない些細なことに携わるよう求めるのか。わたしがあなたのために作り出した普通の人間性や理性はどこへ行ってしまったのか。」時々、自分が誤った行動をして神を怒らせたと考えて委縮し始める。状態がとてもよい人々もいるが、なにか些細なことを間違って行うと、神が彼らを厳しく罰していると考える。実のところ、これは神の働きではなく、人々自身の心の働きなのだ。時には、あなたが経験していることは何も間違っていないのに、他の人々があなたは正しい経験をしていないから、罰せられると言う―あなたは消極的で内心が暗くなる。しばしば、人々はこのように消極的な時、神に罰せられていると考えるが、神は言う。「わたしはあなたに刑罰を与えてはいないのに、どうしてそのように責めるのか。」人々は消極的すぎる。彼らはしばしば神経質になりすぎ、神について不平を言うこともよくある。神はあなたが苦しむことを要求しないが、あなたは自分自身をそのような状態に陥らせる。このように苦しむことには何の価値もない。人々は神のする働きを知らないので、多くのことについて無知であり、はっきり見ることができない。そのような時、彼らは自分の想像力に捕らわれ、いっそう深く巻き込まれていく。すべてのことは神の手の中にあると言う人々がいる―人々が消極的になっているのを神は知ることができないのだろうか。もちろん、神は知っている。あなたが人間的観念に陥っている時、聖霊はあなたの中で働くすべがない。何回も消極的状態に陥る人々もいるが、それでもわたしは働きを続行する。あなたが消極的であろうと、積極的であろうと、わたしはあなたによって引き止められることはなく、むしろ、わたしが話す多くの言葉、わたしが行う膨大な働きは人々の状態に密接に繋がっていることをあなたは知るべきである。あなたが消極的な時でも、それが聖霊の働きを邪魔することはない。刑罰や死の際、人々は皆消極的な状態に陥っていたが、このことはわたしの働きを止めなかった。あなたが消極的な時でも、聖霊は他の人々に対して必要な働きを続行した。あなたは一カ月間行き詰ったままであるかもしれないが、わたしは働き続ける―あなたが将来あるいは現在何をしようと、そのために聖霊の働きが停止されることはない。人間の弱さから生じる消極的な状況もある。人々は本当に何かができなかったり、把握することができなかったりする時、消極的になる。例えば、刑罰の時代、神の言葉は刑罰の間、ある程度神を愛することについて話した―しかし、あなたは自分には能力がないと信じていた。この状態の間、人々は特に悲嘆にくれ、嘆かわしい気分になった。自分の肉体がサタンにそんなにもひどく堕落させられていることを嘆き悲しみ、自分の力量は非常に貧しいと思い、自分がこのような環境に生まれたことはなんと残念なことかと感じていた。神を信じ、神を知るには遅すぎて、全き者にしてもらう価値はないと感じている人々もいた。こうしたことはすべて当たり前の状態である。

人の肉体はサタンの肉体で、不従順な性質に満ちており、嘆かわしいほど汚れており、不純なものである。人々は肉体の喜びを切望しすぎるし、肉体の発現はあまりにも多いので、神はある程度肉体を軽蔑している。人々が、汚れて、堕落したサタンのものを置き去りにする時、神の救いを得る。しかし、彼らが汚れや堕落を投げ捨てることができないままでいるなら、相変わらずサタンの支配下にとどまるだろう。人々の狡猾さ、不正直さ、ねじれた心はサタンのものである。あなたを救うことによって、神はあなたをこれらのものから切り離す。神の働きは間違っていることはなく、すべては人々を闇から救うためである。あなたがある程度信じていて、肉体の堕落を脱ぎ捨てることでき、もはやこの堕落の束縛を受けない時、あなたは救われているのではないだろうか。サタンの支配下で暮らしている時、あなたは神を現わすことはできず、あなたは不潔で、神から与えられるものを受け取ることはない。いったん清められて、完全にされると、あなたは聖くなり、正常になり、神の祝福を受け、神に喜ばれる者となるだろう。今日神がする働きは救いであり、さらに、裁き、刑罰、呪いもあり、多くの側面を持っている。神の言葉の中には裁きと刑罰だけでなく、呪いもあるのではないだろうか。わたしが話すのは効果を上げるため、人々に己を知らしめるためであり、人々を処刑するためではない。わたしの心はあなた方のためにある。話すことはわたしが働く方法の一つであり、神の性質を表すため、あなたに神の心を理解させるために言葉を使う。あなたの肉体は死ぬだろうが、あなたは霊と魂を持っている。人々が肉体しか持っていなかったら、神を信じても何の意味もないだろうし、わたしが行ってきたこの働きのすべてにも意味がないだろう。今日、わたしはひとつの話をし、また別の話をしている。ある時は人々に非常に憎しみに満ちた態度をとり、次の時には極めて愛情のこもった様子を示す。わたしがこうするのはあなたの性質を変え、あなたの観念を転換させるためである。

終わりの日が来て、世界中の国は混乱状態である。政治的無秩序、飢饉、疫病、洪水、干ばつが至る所で出現し、人の世界は大惨事で、天は災害を地上にもたらした。これらは終わりの日の兆候である。しかし、人々にとっては陽気ですばらしい世界のように見え、ますますそうなっていくように思われる。人々が世界を見渡すと、彼らの心は惹きつけられ、多くの人はそこから抜け出すことができない。数多くの人が策略や妖術に携わっている人々に騙されるだろう。進歩しようと努力せず、理想もなければ、あなたはこの邪悪な波によって押し流されてしまうだろう。中国はすべての国のなかで最も後進的で、赤い大きな竜がとぐろを巻いている国であり、偶像を崇拝し、妖術に携わる人々、寺院を最も多く擁しており、不潔な悪魔が存在する場所である。あなたはそこに生まれ、その恩恵を享受し、堕落させられ、苦しめられているが、内省を経験した後、あなたはそれに背を向け、完全に神のものとされる。これは神の栄光であり、そこでこの段階の働きは非常な重要性を持つ。神はそれほど非常に大きなスケールの働きをなし、非常に多くの言葉を語り、最終的にあなた方を完全に自分のものとされる―これは神の経営する働きの一部であり、サタンとの戦いの「戦利品」である。これらの人々がますますよくなり、教会生活が力強くなるにつれ、赤い大きな竜はいっそう屈従させられる。これらは霊的世界の事柄で、霊的世界の戦いであり、神が勝利を得る時、サタンは辱められ、倒れる。この段階の神の働きは非常な重要性を持つ。このように大きなスケールの働きは完全にこのグループの人々を救う。あなたはサタンの影響から逃れ、聖地に暮らし、神の光の中で暮らし、光の指示と助言があり、そこであなたが生きている意味が出る。あなた方が食し、着るものは彼らとは異なり、あなた方は神の言葉を享受し、意味のある生活を送る―そして彼らは何を享受するのか。彼らは祖先の遺産と「国民精神」だけを享受している。彼らはほんのわずかな人間性の痕跡さえ持ち合わせない。あなた方の衣服、言葉、行動はすべて彼らのものとは異なる。最終的に、あなた方は完全に堕落を離れ、もはやサタンの誘惑を受けることはなくなり、神から日々の供給を得る。あなた方はいつも注意深くしていなければならない。あなた方は汚れた場所に暮らしているが、腐敗に汚されてはおらず、神と一緒に暮らし、神の偉大な保護を受けることができる。あなた方はこの黄色い大地のすべての人々の中から選ばれた。あなた方は最も祝福された人々ではないだろうか。被造物として、あなた方はもちろん神を崇拝し、意味のある生活を追求するべきである。あなた方が神を崇拝せず、汚れた肉体で暮らすならば、あなた方は人間の衣装を身に着けたただの獣ではないだろうか。人間として、あなたは神のために費やし、すべての苦しみに耐えるべきである。あなたは喜んで、確実に、今日直面している小さな苦しみを受け入れ、ヨブのように、ペテロのように、意味のある生活を送るべきである。この世で、人は悪魔の服をまとい、悪魔に与えられる食べ物を食べ、悪魔の言いなりになって働き、仕え、汚れの中で踏みにじられる。あなたが人生の意味、または真の道を把握しないならば、あなたの生きる意味は何だろう。あなた方は正しい道を追求する人々、成長を求める人々である。あなた方は赤い大きな竜のいる国で立ち上がる人々、神が義人と呼ぶ人々である。それは最も意味のある人生ではないだろうか。