全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

ペテロは神を知ることをいつも追求した

ペテロはイエスに従った後ではじめて、当初、ペテロはイエスのことを使徒のように神から遣わされた人だと思い、イエスをキリストとして見なかった。ペテロは神の言葉を経験し、自らを取り扱い、神のために苦労をしたが、それでもペテロは神の働きについて何も知らなかった。一時期の経験の後、ペテロはイエスに神の業の多くを見、神の美しさを見、神であるものの多くをイエスに見た。ペテロはまたイエスの話した言葉は人には話せるはずのないものであると知り、イエスが行なった働きは人には行えるはずのないものであると知った。さらに、イエスの言葉と働きの中に、ペテロは神の知恵と、神性の働きの多くを見た。

これら経験のあいだ、ペテロはただ自らを知るようになっただけでなく、イエスの行動のすべてに注目し、そこに多くの新しいことを発見した。すなわち、イエスを通して神が行った働きの中に実際の神の多くの表現があるということ、イエスは話した言葉や取った行動において、また教会を牧した方法や実行した働きにおいて、普通の人とは異るということである。それでペテロは学ぶべき多くの課業をイエスから学び、まさにイエスが十字架に釘打たれそうになる時には、イエスについてのある程度の認識を獲得していた。この認識はペテロのイエスへの生涯を通しての忠実と、主のための逆十字架刑の基盤となった。

『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが神に証しを立てることができる」より編集

前へ:ペテロの道を歩めば神はあなたを完全にする

次へ:完全にされるには決意と勇気を持たなければならない