真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

真理を実行に移すことだけが現実性を得ることである

神の言葉を露骨に説明できることは、あなたが現実性を自分のものとしていることにはならない。物事は、あなたが想像するほど単純ではない。あなたが現実性を自分のものにしているかどうかは、あなたが言うことにではなく、あなたが実際に生きることに基づいている。神の言葉があなたのいのちとなり、あなたの自然な表現となる時、それは初めて現実性と見なされ、また、あなたが理解と真の器を自分のものにしているものと見なされる。あなたは長期にわたる試みに持ち堪え、神があなたに要求する人間像を実際に生きることができなければならない。それは単なる身振りではなく、あなたから自然と滲み出るものでなければならない。その時初めて、あなたは真に現実性を得、いのちを獲得することになるのである。誰もがよく知っている効力者の例を挙げてみよう。効力者に関して高尚な理論を語ることは誰にでもできる。あなたがたは皆この件に関してある程度よく理解し、この課題について語ることにおいては、一人ひとりが、以前の者よりも長けているが、それはあたかも競い合っているかのようである。しかしながら、人が大きな試練を体験したことがないなら、その人が良い証しを持っているかどうかを判断するのは難しい。要するに、人間には依然として神の言葉を[a]実際に生きることが欠けており、それは人間の理解と調和しないものである。したがって、それは未だに人間の実際の器にも、いのちにもなってはいない。人間の理解は現実性の中にもたらされていないので、その器は依然として砂上の楼閣のようにぐらつき、今にも崩壊しそうである。人間が備えている現実性は余りに乏しく、人間の内に何らかの現実性を見出すことはほとんど不可能である。人間から自然と滲み出る現実性はほとんどなく、人間のいのちにおける現実性は、全て強いられたものである。それが、人間は現実性を全く自分のものとしていないとわたしが言う理由である。自分の神への愛は決して変わることがないなどと言う人々を信用してはならない。彼らがそう言うのは、試練に直面する前だけである。突如として試練に見舞われると、彼らが言うことは、再び現実にそぐわないものとなり、人間には全く現実性がないことをまたもや証明することになるであろう。あなたが、自分の概念に合わないことや自分自身を脇に置かなければならないことに遭遇する時はいつでも、あなたの試練であると言える。神の意志が現される前には、各人に対する厳しい試しの時とはかり知れない試練がある。あなたは、このことを明確に見極めることができるであろうか。神は、人間を試そうとする時、真実を明示する前に、いつも人間に選択させる。つまり、神があなたを試している時は、決してあなたに真実を教えない。そして、そうすることによって人間は暴露されるのである。これは、あなたが今日の神を理解しているかどうか、また、現実性を自分のものにしているかどうかを知るために、神が自分の業を行う方法の一つである。あなたは、神の業に関する疑念から本当に解放されているだろうか。大いなる試練があなたに臨む時、あなたは揺るぎなく立つことができるだろうか。「何の問題もないことを保証します。」などと豪語できる者がいるであろうか。「他の人たちは疑念を抱いているかも知れないが、私は決して疑いません。」などと豪語するのは誰か。ちょうどペテロに試練が与えられた時のように、真実が明らかになる前には、人は常に大口を叩くものである。これは、ペテロ特有の個人的な欠点ではなく、今あらゆる者が直面している最大の問題である。もしわたしが数カ所を訪れ、何人かの兄弟姉妹たちを訪問して、今日における神の業に関するあなたがたの理解を確認するなら、あなたがたは確かに自分が理解していることについて多くのことを語ることができ、またあなたがたには何の疑念も無いように見えるであろう。「あなたは本当に、今日の業が神自身によって行われていると断言できるであろうか。何の疑念もなく。」とわたしがあなたに尋ねたならば、あなたはきっと「疑いの余地なく、それは神の霊により行われている業である。」と答えるだろう。そのように答えた後、あなたには確かに一抹の疑念もなく、また大きな喜びさえ感じるかもしれない。あなたは一片の現実性を得たように感じるかもしれない。物事をこのように理解する傾向がある者たちは、現実性を自分のものにしていない者である。自分はそれを得ていると思えば思うほど、試練の中で揺るぎなく立つことができなくなるであろう。傲慢で高ぶっている者に災いあれ。また、自分自身を知らない者に災いあれ。このような人間は口は達者であるが、行動することにおいては最も劣る。彼らは、ごく僅かでも困難の兆しがあると、疑念を抱き始め、あきらめようかという思いが心に浮かんでくる。彼らは現実性を少しも持ち合わせておらず、持っているものといえば、宗教理論よりも高尚な理論だけで、神が今要求している現実性は全くない。わたしは、理論の話をするだけで一つの現実性も持っていない者を最も忌み嫌う。彼らは自分の働きを行う時には一番大きな声で叫ぶが、現実に直面するとすぐに動揺して倒れてしまう。それは、このような人々には現実性が全くないことを示しているのではないか。風や波がどれほど激しくても、あなたが一抹の疑念を抱くことなく立ち続け、たとえ他に残された者がいなくなっても揺るぎなく立ち、否定的な状態に陥ることがないのであれば、それは、あなたが真の理解を得て、現実性をほんとうに自分のものにしているものとみなされる。あなたが風の吹くままに追いかけ、大衆について行き、他の者たちが言っていることをそのまま繰り返すことを習得しているだけならば、あなたがいかに饒舌にそれを語ったとしても、それはあなたが現実性を自分のものにしている証拠にはならない。したがって、早急に空虚な言葉を大声で叫んだりしないようあなたに勧める。あなたは、神が行おうとしている業を知っているのか。ペテロの真似をするような行動をとってはならない。さもなければ、あなたは自分に恥をもたらし、堂々と顔を上げることができなくなるだろう。こんなことは誰の為にもならない。ほとんどの人間に真の器が欠けている。神は実に多くの業を行ったが、現実が人々の上に臨むようにはしていない。もっと具体的に言うと、神はまだ誰も個人的には懲らしめていない。それで、彼らのうちのある者たちは、このような試練によって暴露された。つまり、彼らは罪の触手をさらに広げ、神をいい加減に扱ってもよいと考え、自分の好き勝手に行動している。彼らは、この種の試練にさえ耐えられないので、もっと厳しい試練はもっての他、現実性もまた問題外である。それは神を欺こうとすることと同じではないか。現実性を持つことは、見せ掛けで模倣できるものでも、またそれについての知識を通して獲得できるものでもない。それはあなたの真の器に基づいている。また、あなたがあらゆる試練に耐えられるかどうかに基づいている。これで理解できただろうか。

神が人間に要求するのは、単に現実性について語れるようになることではない。そうであれば実に簡単ではないか。それでは、神がいのちの中へ入ることついて語るのは何故だろうか。神が変化について語るのは何故だろうか。現実性に関して中身のない話をすることができるだけなら、性質における変化は達成できるだろうか。神の国のよき兵士たちを訓練することは、現実性について語ることができるだけの者や自慢するだけの者を訓練することとは違い、いかなる時も神の言葉を実際に生き抜き、挫折に直面しても屈せず、あらゆる時にも神の言葉に従って生活し、この世に後戻りするようなことのない者たちを訓練することである。これが神が言う現実性であり、神が人間に要求するものである。それゆえに、神の言う現実性を簡単に考え過ぎてはならない。単なる聖霊による啓きは、現実性を自分のものにすることと等しいものではない。それは人間の器ではなく、神の恵みであり、人間の成果とは無関係である。各人がペテロの苦難に耐え、また何よりも、ペテロの栄光を自分のものとしなければならない。それは、人間が神の業を得た後に実際に生きるべきものである。現実性と呼ぶことができるのは唯一それだけである。現実性に関して語ることができるからといって、自分が現実性を持っていると考えてはならない。それは間違った考えであり、神の意志に適わず、それには何の実質的意義もない。今後そんなことを語ってはならない。そのような発言は消し去りなさい。神の言葉を誤って理解している者は皆未信者である。彼らは真の認識を少しも持ちあわせておらず、まして真の器など備えてはいない。彼らは、現実性に欠ける無知な人々である。つまり、神の言葉の本質から外れて生活する者は皆未信者である。人間により未信者とみなされた者たちは、神の目から見ると獣であり、神により未信者とみなされた者たちは、神の言葉を自分のいのちとして持っていない者である。したがって、神の言葉の現実性を自分のものとしておらず、神の言葉を実際に生きることを怠る者は未信者である。神の意図は、誰もが神の言葉の現実性を実際に生きるようになることにある。それは、単に皆が現実性について語ることができるようになることではない。何よりも重要なことは、皆が神の言葉の現実性を実際に生きられるようにすることである。人間が認識する現実性は極めて表面的であり、何の価値もなく、神の意志を満たすことはできない。それはひどく卑しく、言及する値もなく、余りにも欠けているところが多く、神が要求する基準からかけ離れている。あなたがたは一人残らず徹底した検査を受け、自分の理解について話すことを知っているだけで、道を示すことができない者は誰か、また、役に立たないくずは誰かが判定される。今後このことを憶えておきなさい。中身のない理解について語ってはならない。実践の道と現実性についてだけ語りなさい。ほんとうの認識から実際の行動への移行、そして実践から現実性を実際に生きることへの移行について。他人に説教してはならない。また、真の認識について語ってはならない。もしあなたの理解が道であるならそれを公表してもよいが、それが道でない場合は、べらべら話すのはやめて黙っていなさい。あなたが話すことは役に立たない。それはただ、神を欺き、他人に自分のことを羨ましがらせる理解の言葉に過ぎない。それがあなたの野望ではないのか。それは他人を故意に弄ぶことではないのか。そうすることに何か価値があるのだろうか。自分が経験した後にだけ理解について語りなさい。そうすれば、あなたはもはや自慢していることにはならない。そうでなければ、あなたはただ傲慢な話をする者でしかない。あなたは多くのことを克服することも、実体験の中で自分の肉に抵抗することさえできない。何であれいつも自分の欲望に駆り立てられて行い、神の意志を満たしていないにもかかわらず、図々しくも理論的理解について話す。あなたは恥知らずである。あなたは厚かましくもまだ神の言葉に関する自分の理解について語っている。あなたは何と厚顔無恥であろうか。偉そうに演説することと自慢することがあなたの本性となり、あなたにはそれが習慣になってしまっている。あなたは、話をしたい時はいつでも実に達者である。円滑かつ無造作に話し、実践することとなると飾り立てることに耽溺する。これは他人を欺くことではないのか。あなたは、人間を欺くことはできるかもしれないが、神を欺くことはできない。人間にはそれが分からず識別できないが、神にとってはこれは重大なことなので、あなたを容赦しないであろう。兄弟姉妹は、あなたを支持し、あなたの認識を称賛し、あなたに感心するかも知れないが、あなたに現実性がないなら、聖霊はあなたを容赦しないだろう。実践の神はあなたの欠点を咎めないかも知れないが、神の霊はあなたに一切注意を払うことがないであろう。そしてあなたは、それに耐えるのに精一杯であろう。こんなことをあなたは信じるだろうか。実践の現実性についてもっと話しなさい。それとも、あなたはもう忘れてしまったのか。実践の道についてもっと話しなさい。あなたは既に忘れたのか。「高尚な理論や無益な誇張した話を減らし、今すぐ実践を開始するのが一番である。」あなたは、この言葉をもう忘れてしまったのか。あなたは、このことを全然理解できないのだろうか。あなたには、神の意志に関する理解が全くないのか。

脚注:

a.原文では「神の言葉を」が省略されている。

前へ:実践的な神は神自身であることを知るべきである

次へ:今日の神の働きを知るということ

他のお気に入り