全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百十九章

あなた方は皆わたしの意図を理解すべきである。あなた方は皆わたしの機嫌を理解すべきである。今はシオンに帰る準備をする時であり、わたしには、これ以外に考えることはない。わたしはいつの日か、すぐにあなた方と会い、シオンで一刻一秒を共に過ごすことを願っている。わたしは世を忌み嫌う。わたしは肉を忌み嫌う。わたしは地上の全ての人間をさらに忌み嫌う。わたしは彼らに会いたいとは思わない。なぜなら、彼らは皆、人間的性質の片鱗もなく、悪魔同然であるからだ。わたしは地上で生活したいとは思わない。わたしは全ての被造物を忌み嫌い、肉と血から成る全てのものを忌み嫌う。全地は死体の臭いに満ちている。わたしは直ちにシオンに戻って、地から死体の悪臭を全部取り除き、全地をわたしへの讃美で満たしたいと思っている。わたしはシオンに戻り、肉と世から離れよう。誰もわたしの前に立ちはだかってはならない。人間を殺すわたしの手には情けの欠片もない。今後、誰も教会建設のことを話してはならない。さもなければ、わたしは彼らを赦さない。(それは、今がわたしの長子たちを証しする時であり、神の国を建て上げる時であるからだ。教会建設のことを話す者は誰であれ、神の国の建設を破壊し、わたしの経営を邪魔しているのだ)。全ては準備され、全ては整っている。あと残っていることは、長子たちが高められ、証しされることである。それが起こると、わたしは、一瞬も遅れることなく、形式にこだわらず、直ちにシオン──日夜あなた方が心の中で思っている場所──へ帰るであろう。世界が今いかに滑らかで安定しているかを、ただ見ているだけではだめである。この働きは全てシオンへ帰ることにかかっている。もうそれらのことに構っていてはならない。シオンへ帰る日が来れば、全ては完了するからである。すぐにシオンに帰ることを望まない者がいるだろうか。父と子どもたちがすぐに再会することを望まない者がいるだろうか。地上の快楽がいかに楽しくしても、それはわたしたちの肉体を掴んでいることはできない。わたしたちは肉を超越して共にシオンに戻るだろう。妨げようとするのは誰か。障壁を作ろうとするのは誰か。わたしは決して彼らを赦さない。わたしは全ての障害を一掃する。(わたしは今すぐシオンに戻ることはできないとわたしが言う理由は、このためである。わたしは、わたしの長子たちを証しするのと同時に、この清めの働きも実行している。この二つの働きは同時に進行している。清めの働きが完了する時、それは、わたしが長子たちを現す時である。わたしが話した障害とは、多数の効力者たちのことを指している。だから、わたしは、これらの二つの働きが同時に起こると言うのだ。)わたしは、わたしの長子たちを、宇宙の果てを越え、山と川と全てのものを越え、わたしと共に歩かせるだろう。妨害しようとするのは誰か。妨げようとするのは誰か。わたしの手はどんな人間も簡単には放免しない。わたしは、わたしの長子たちを除く全ての者に対して怒り、彼らを呪う。全地に渡り、わたしの祝福を受ける肉なる者はひとりもおらず、全ての者がわたしの呪いを受ける。世界創造のはじめから、わたしは誰ひとり祝福していない。たとえ祝福を与えた時も、それは単なる言葉に過ぎず、決して現実ではなかった。なぜなら、わたしはサタンを極度に憎んでいるので、サタンを決して祝福することはなく、ただ罰するだけだからである。ただ最後に、わたしがサタンを完全に征服した後、完全な勝利がわたしのものとなった後、わたしは全ての忠実な効力者たちに物質的な祝福を与え、彼らの喜びとしてわたしを讃美させよう。その時にはわたしの全ての働きが完成しているからである。

実際、わたしの時はそれほど長くはない。六千年の経営(救いの)計画が、あなたの目の前で完了しようとている。(それは本当にあなたの目前にある。それは型ではない。あなたはわたしの機嫌から分かるだろう。)わたしは、わたしの長子たちを今すぐシオンに連れて帰る。ある人たちは、「長子たちのためだけなら、なぜ六千年も時を費やすのか。また、どうしてこんなにたくさんの人間をつくるのか。」と言うだろう。わたしは以前、わたしの全てのものは貴いと言った。どうしてわたしの長子たちがそれ以上に貴重でないことなどあり得ようか。わたしは、全てのものを動員してわたしに仕えさせ、さらに、宇宙世界の中でひとつとして私たちの手の中にないものはなく、ひとりとして私たちに奉仕していない者はなく、達成されたものでひとつとして私たちのためになされなかったものはないことを、全ての人が見ることができるよう、わたしはわたしの力を現すだろう。わたしは全てのことを達成するであろう。わたしには時間の観念はない。わたしは六千年の間にわたしの計画を完了し、わたしの働きを完成させるつもりだが、わたしにとっては、全てが解放されており、自由である。たとえそれが六千年未満であったとしても、それがわたしの目には時間である限り、誰が敢えて反対の言葉をとなえるだろうか。誰がわたしの前に立って自分勝手に裁くことができようか。わたしの働きを、わたしは自分で行う。わたしの時間を、わたしは自分で定める。どんな人間も、どんな事も、どんな物も、敢えて自分勝手に行動することはできない。わたしは、全てのものがわたしに従うようにする。わたしにとっては、正しいも間違いもない。わたしが、それは正しいと言うなら、間違いなく正しく、もし間違っていると言えば、それもまた真実である。いつも人間の観念を使ってわたしを測ってはならない。わたしは、長子たちとわたしは共に祝福されていると言う──敢えて服従を拒むのは誰か。わたしは今ここであなたを滅ぼそう。あなたは服従を拒む。あなたは反抗的である。わたしはただ人類全てに憐みを全く持っていない。わたしはあるところまで彼らを憎んだ。わたしは、もうこれ以上忍耐することはできない。わたしに関する限り、宇宙世界全体が直ちに抹消されなければならない。その時初めて、わたしの大いなる働きが為し遂げられ、その時初めて、わたしの経営(救いの)計画が完了し、その時初めて、わたしの心の中の憎しみが解消されるのである。今わたしは、わたしの長子を証しすることしか、気にかけない。他のことは全て脇へ置き、今は気にかけない。最初に主要なことを為し、次にあまり重要でないことをする。これが、わたしの働きの段階であり、誰もこれに反するべきではない。わたしの呪いの対象にならないように、全ての者は、わたしの言うことに従わなければならない。

今、わたしの働きが完了したので、わたしは休むことができる。これから後、わたしはもう働かない。わたしは、わたしの長子たちに命じて、わたしが成し遂げたいことを、わたしのために行わせる。なぜなら、わたしの長子たちはわたしであり、わたしの長子たちはわたしの本体であるからだ。これは少しも間違っていない。観念に従って裁いてはならない。長子たちを見ることは、わたしを見ることである。なぜなら、わたしたちはひとつであり、同じであるからだ。誰であれ、わたしたちを引き離す者は、わたしに反抗しているのであり、わたしは赦さない。わたしの言葉の中には、人間には理解できない奥義がある。わたしが愛する者たちだけがわたしを表現することができ、他の者はそうすることができない。これはわたしによって決定されており、誰にもそれを変えることはできないのだ。わたしの言葉は豊かであり、わたしの言葉は包括的で測り知れない。全ての者はわたしの言葉に多大な努力を費やし、わたしの言葉を頻繁に熟考しようとすべきである。一言も一文も逃さないようにしなさい。さもないと、彼らは意味を取り違えて、わたしの言葉を誤解するだろう。わたしの性質は侵害を許さないとわたしは言ったが、それは、わたしが証しした長子たちに反対してはならない、と言う意味である。わたしの長子たちはわたしの性質のあらゆる側面を表している。だから、聖なる角笛が鳴る時こそ、わたしが長子たちを証しし始める時である。したがって、この後、わたしの性質である聖なる角笛は、次第に知られるようになる。言い換えれば、長子たちが明らかにされる時こそが、わたしの性質が明らかになる時であるのだ。誰がそれを推し量ることができようか。わたしが明らかにした奥義の中には、人々が解き明かせない奥義がまだある、とわたしは言う。あなた方のうちの誰が、本当にこれらの言葉の真の意味を理解しようとしたのだろうか。わたしの性質は、あなた方が想像したような人間の人格であるのか。何という失策であろう。今日わたしの長子たちを見る者は誰でも、祝福の対象であり、わたしの性質を見る。これは絶対に真実である。わたしの長子たちは、わたしの全てを表しており、疑いなくわたしの本体である。誰もこれを疑ってはならない。従順な者たちは恵みによって祝福され、反逆する者たちは呪われる。これはわたしが命じることであり、どんな人間もそれを変えることはできない。

前へ:第百十八章

次へ:第百二十章