全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百二十章

シオンよ!歓呼せよ!シオンよ!大声で歌え!わたしは勝ち誇って戻ってきた。わたしは勝利して帰って来た。すべての民よ。急いで整列せよ!万物よ。おまえたちは完全に停止しなければならない。わたしの本体は全宇宙に向けられており、わたしの本体は世界の東に現れるからだ。礼拝してひざまずこうとしない者などあろうか。真の神と呼ばない者などあろうか。畏敬の念を持って見上げないのは誰か。讃美しないのは誰か。歓呼しないのは誰か。わたしの民はわたしの声を聞き、わたしの子らはわたしの国で生き残るだろう。山々と川とすべてのものが止むことなく歓呼し、絶えることなく跳び回る。このとき、誰一人退こうとする者はなく、抵抗して立ち上がろうとする者はいない。これはわたしの素晴らしい業であり、それはさらに、わたしの偉大な力である。わたしはすべてのものが心の中でわたしを尊うようにする。そしてさらに、すべてのものがわたしを賛美するようにする。これは、六千年のわたしの経営(救いの)計画の究極の目的であり、わたしがそれを定めたのである。一人の人間も、一つの物体も、一つの事でさえも、あえてわたしに抵抗して立ち上がることも、わたしに逆らって立ち上がることもない。わたしの民は皆わたしの山に流れて来て(これは後にわたしが創造する世界を意味している)、わたしの前で服従する。それは、わたしには威厳と裁きがあり、わたしが権威を持っているからである。(これはわたしが体に宿っているときを指している。わたしは肉においても権威を持っているが、肉の中では時間と空間による制限を超越することができないので、わたしが完全な栄光を得たとは言えない。わたしは長子たちを肉において獲得するが、それでもなお、わたしが栄光を得たとは言えないのだ。わたしがシオンに戻り、わたしの外観を変えるとき初めて、わたしは権威を持ち、すなわち、栄光を得ると言ってよいのだ。)わたしにとっては難しいことは何もない。あらゆるものは、わたしの口から出る言葉によって破壊される。そして、それらが存在するようになり完全にされるのは、わたしの口の言葉によってだからである。わたしの偉大な力と権威はこのようである。わたしは力と権威に満ち溢れているので、わたしを妨げられる者は一人もいない。わたしはすでにすべてのものに勝利し、すべての反逆の子らに打ち勝ったのだ。わたしは、わたしの長子たちを一緒につれて来て、シオンに帰らせる。シオンに戻るのはわたしひとりではない。このために、すべての者がわたしの長子たちを見て、わたしへの畏敬の念を抱くようになる。これこそが長子たちを獲得することのわたしの目的であり、それは創世の時以来のわたしの計画である。

すべてが秩序正しくなるとき、それはわたしがシオンに戻る日である。そして、その日はすべての人々によって記念されるだろう。わたしがシオンに戻るとき、地上のすべてのものは静まりかえり、安らぐ。わたしがシオンに戻って来ると、すべてのものは本来の外観を取り戻す。その時、わたしはシオンでわたしの働きを開始し、悪者を罰し、善人に報い、わたしの義を実施し、わたしの裁きを実行するだろう。わたしは、わたしの言葉を使って、すべてを成し遂げ、あらゆる人とあらゆる物にわたしの刑罰の手を体験させる。わたしは、すべての人々に、わたしの栄光のすべて、わたしの知恵のすべて、そしてわたしの豊かさのすべてを見せる。すべてがわたしによって完成するので、立ち上がって批判する者は一人もいない。この中に、誰もがわたしの名誉のすべてを見て、すべてのものがわたしの勝利のすべてを体験するだろう。あらゆるものがわたしと共に現れるからだ。このことから、人はわたしの偉大な力と権威を十分に見ることができる。誰もわたしを憤慨させることはなく、誰もわたしを妨げようとはしないだろう。すべてのことはわたしによって公けにされる。何かをひとつでも隠そうとする者は誰か。わたしはそのような者には絶対に憐みを示さない。このような惨めな者はわたしの厳しい罰を受け、このような屑はわたしの目の前から取り除かれなければならない。ほんの少しの容赦もなく、彼らの感情をまったく考慮せずに、わたしは鉄の杖で彼らを支配し、わたしの権威を用いて彼らを裁く。なぜなら、わたしは、感情を持たず、威厳があり、誰にも憤慨させられることのない神自身だからである。時が来て、「原因や理由もなく」わたしによって打たれ、滅ぼされることを避けるために、すべての者がこのことを理解し、見るべきである。なぜなら、わたしの杖はわたしを怒らせるすべての者を打つからである。彼らがわたしの行政命令を知っていようがいまいが、わたしにはまったく関係ない。わたしの本体は誰からの侵害も許さないので、それはわたしには全く重要でない。これが、わたしが獅子であると言われている理由だ。わたしが触れる者は誰でも、わたしによって打ちのめされるだろう。わたしが憐れみといつくしみの神だと今言うことは、わたしを冒涜することであると言われている理由はこれなのだ。わたしは、本質的には子羊ではなく、獅子である。誰もあえてわたしを怒らせることはない。また、わたしを怒らせる者は誰であれ、何の感情も示されず、わたしが直ちに死によって罰する。このことから、人はわたしの性質を十分に見ることができる。そのため、終わりの時代には大多数の人々が去って行くはずである。これは人間にとっては耐え難いことであるが、わたしはリラックスしており、幸せで、これを困難な作業だとは思っていない。わたしの性質はこのようである。

わたしはすべての人々が従順な心を持って、わたしから来るすべてのことに従うのを願っている。そのようにして、わたしは必ず人類を大いに祝福する。なぜなら、わたしは、わたしに敵対する者は呪われる一方、わたしと相容れる者は守られると言ったからである。わたしがこれを定めたのであり、それを変更できる者はいない。わたしが決定したそれらのことは、わたしが達成したことであり、それに反する者は誰でも、直ちに懲らしめられる。わたしは、わたしがシオンで必要とするものはすべて持っており、わたしが望むものはすべて持っている。シオンにはこの世の片鱗さえなく、それはこの世に比べると、豪華で壮大な宮殿であるが、誰もそこに入ったことはないので、人間の想像の中では、それは全く存在しないのである。シオンでの生活は、地上での生活とは違っている。地上での生活は、食べること、着ること、遊ぶこと、そして快楽を求めることであるが、シオンでの生活は大きく異なっている。それは喜びに浸る父と子らの生活であり、常に宇宙の全空間を満たしているだけでなく、いつも一致して共に集うのである。物事がこの時点に達した今、シオンがどこにあるのか、あなた方に告げよう。シオンは、わたしが住む所である。それはわたしの本体がある場所である。それゆえ、シオンは聖なる場所でなければならず、地上から遠く離れていなければならない。したがって、わたしは言う。わたしは地上の人々、地上の物事を嫌悪し、飲むこと、食べること、遊ぶこと、そして肉の快楽を求めることを憎むと。なぜなら、地上の快楽がどんなに楽しくても、それはシオンの生活とは比べられないからである。それは天と地の違いであり、この二つを比較することはできない。人間が解決できない多くの謎が地上にある理由は、人々がシオンのことを何も聞いていないからである。それでは、いったいシオンはどこにあるのだろうか。それは、人々が想像するように、宇宙の果てにあるのだろうか。いいや。それは人間の心の中にある単なる想像である。わたしが言及した第三の天は、人間たちには一つの型と見なされているが、人間が心の中に抱く理解は、わたしの意味とは正反対である。わたしがここで言う第三の天は、少しも偽りではない。それが、わたしは太陽、月、星、天体を滅ぼすことはなく、天と地を取り除きはしないとわたしが言う理由である。わたしは、わたしの住む場所を滅ぼすことなどできるだろうか。シオンの山を取り除くことなどできるだろうか。これはばかげたことではないか。第三の天はわたしが住む場所であり、それはシオンの山である。そして、これは絶対である。(なぜわたしは、これが絶対であると言うのか。それは、人間は今わたしが言っていることを、全く理解できないからである。人間はそれについて聞くことができるだけである。人間の思考の範囲は、そこまで達することができないので、人々がそれをただの物語だと思わないように、わたしはシオンについては、この程度しか語らないのだ。)

わたしがシオンに戻った後も、地上の者たちは、過去と同じようにわたしを讃美し続けるだろう。これらの忠実な効力者たちは、わたしに仕えるために今もなお待っているが、彼らの役割は終わるだろう。彼らにできる最善のことは、わたしが地上にいる状況を熟考することである。その時になると、わたしは災難を被るであろう人々に災害をもたらし始めるが、すべての者は、わたしが義の神であることを信じている通り、わたしは決してそれらの忠実な効力者たちを罰することはなく、彼らはただわたしの恵みを受けるだろう。なぜなら、わたしはすべての悪を行う者たちを罰し、善を行う者たちは、わたしが授ける物質的楽しみを受けるだろうと、わたしは言ったからである。これはわたしが正義と信実の神自身であることの啓示である。わたしがシオンに戻るとき、わたしは世界各国へ目を向け始める。わたしはイスラエル人に救いをもたらし、エジプト人を懲らしめる。これはわたしの働きにおける次の段階である。その時のわたしの働きは、現在の働きとは異なるであろう。それは肉における働きではなく、完全に肉を超越するだろう。そして、わたしが言ったので、それは成し遂げられ、わたしが命じたように、それは堅く立つであろう。わたしによって言われている限り、言われたことは直ちに実際に成就される。そしてこれは、わたしの言葉が語られると同時に、その成就が現れるということの真の意味である。なぜなら、わたしが言うことは権威そのものであるからだ。わたしは今、地上の人々が少しは手がかりを得て、むやみやたらに憶測しないようになるのを助けるために、いくつかの一般的なことについて話している。その時が来れば、すべてはわたしによって整えられる。そして、わたしの手によって打たれないように、自分勝手に行動するのを避けるべきである。人間の想像の中では、わたしが話すことのすべては曖昧である。それは結局、人間の思考は限られており、人の思いとわたしが語ったこととは、天と地ほどかけ離れているからである。したがって、誰一人それをうまく解き明かせず、せいぜいできることは、わたしが言うことに同調することぐらいであり、これは避けられない傾向である。わたしは言った。「終わりの日には、獣が現れてわたしの民を迫害するであろう。そして、死を恐れる者たちはしるしを付けられ、獣によって連れ去られるだろう。わたしを見た者たちは獣に殺されるだろう。」この言葉の中の「獣」は間違いなく人々を欺くサタンを指している。つまり、わたしがシオンに戻るとき、効力者たちの大部分が退き、すなわち、獣によって連れ去られるということである。これらの生き物は皆、わたしの永遠の刑罰を受けるために底なしの穴に下るであろう。「わたしを見た者たち」とは、わたしによって征服されたそれらの忠実な効力者たちを指している。「わたしを見た」ということは、彼らがわたしによって征服されたことを示している。「獣に殺される」とは、サタンがわたしによって征服され、わたしに抵抗するためにあえて立ち上がらないことを意味している。すなわち、サタンがこれらの効力者たちに対してあえて働きを為すことはないということである。それゆえ、これらの人々の魂は救われることであろう。これは、彼らがわたしに忠誠を尽くす能力のおかげであり、それは、これらの忠実な効力者たちはわたしの恵みと祝福を受けることができるようになるということである。したがって、わたしは彼らの魂は救われることだろうと言うのである(これは第三の天まで昇ることを意味しているのではない。それは単なる人間の観念である)。しかし、これらの悪しきしもべたちはサタンによって再び拘束され、底なしの穴に投げ込まれるだろう。これは彼らに対するわたしの罰であり、それは彼らへの報復であり、またそれは、彼らの犯罪に値するものである。

わたしの働きのペースが速まるに従って、地上でのわたしの時間は徐々に減少している。わたしがシオンへ帰る日は近づいている。地上でのわたしの働きは終わりを迎え、わたしはシオンに戻らなければならない。わたしは地上で生活することをまったく望まないが、わたしの経営(救い)のために、また、わたしの計画のために、わたしはすべての苦しみに耐えてきたのである。今日、時はすでに来た。わたしは歩調を速めるので、誰もわたしに遅れずについて来ることはできない。人々が理解できようができまいが、わたしは、人間には理解できないが、地上のあなた方が知る必要のあるすべてのことを教えよう。それ故、わたしは、わたしが時間と空間を超越する神自身であると言うのだ。長子たちを獲得して、サタンを倒すためでなかったなら、わたしはすでにシオンに戻っていただろう。もしくは、わたしはただ人類を創造していなかっただろう。わたしは人間の世界を嫌悪する。一挙に全人類を滅ぼしてしまうことを考慮するまでに、わたしは、わたしから離れている人々を忌み嫌っている。しかし、わたしの働きは秩序を持っている。それは均衡と節度の感覚を持っており、無秩序ではない。わたしが為すすべてのことはサタンを倒すためであり、それ以上に、できるだけ早くわたしの長子たちと一緒になることができるためである。これがわたしの目標なのだ。

前へ:第百十九章

次へ:序論

他のお気に入り

  • 性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

    数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪くなり、神に反対する悪魔になり、神への人の反抗の歴史は「史記」に記録されるほどになり、人自身でさえその反抗的行いに完全な説明ができなくなってしまっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよいかわからなくなってい…

  • 神とその働きを知る者だけが神の心にかなう

    受肉した神の働きは二つの部分から成る。最初に神が肉となった時、人々はそのこと知りも信じもせず、イエスを十字架につけた。二度目も、人々は神を信じないで、まして、知りもせず、またしてもキリストを十字架につけた。人間は神の敵ではないだろうか。もし人間が神を知らないのなら、どうして神の親しい友となれようか。…

  • 神の働き、神の性質、そして神自身 1

    本日我々が交流するテーマは重要なものだ。このテーマは神の働きの始まりの時から今日まで議論され、そして全ての人にとって極めて重要な意味を持つ。言いかえれば、信仰の道を歩む全ての人に関係することであり、ゆえに触れられなければならないテーマだということである。人間である以上、重大で不可避な、かけ離れること…

  • あなたは神を信じているので真理のために生きるべきである

    すべての人間に共通して存在する問題は、真理は分かっているが、実践に移せないことである。一つの要因は人が代価を払いたがらないことで、もう一つは人の洞察力があまりにも不十分であることである。人は実生活に存在する多くの困難の先を見ることができず、的確に実践する方法も知らない。人はあまりにも経験が少なく、才…