言葉は肉において現れる

目次

神の前で心を静めることについて

神の前で自分の心を静めることは、神の言葉の中に生きるための重要な手順であり、現在全ての人々が緊急に入る必要のある課題である。神の前で自分の心を静める境地に入るには次のことが必要である。

1.外部の物事から自分の心を取り戻し、神の前で静まり、心を集中して神に祈る。

2.神の前で静まった心で、神の言葉を食べ飲みし、享受する。

3.心で神の愛について黙想・沈思すること、神の業について熟考することを日課とする。

まず祈ることから始めなさい。精神を集中して、決められた時間に祈りなさい。時間的にどれほど切迫しているか、どれほど多忙かを問わず、またどんな事があっても、いつものように日々祈り、神の言葉をいつものように食し、飲みなさい。神の言葉を食し、飲んでいる限り、自分の周りの状況がどうであれ、自分の霊は喜びに満たされる。また、他人や様々な出来事や自分の周りのものに悩まされることもない。常時神のことを心の中で黙想していれば、それ以外の出来事に煩わされることは無い。背丈があるとは、このことを意味する。まず祈りから始めなさい。神の前に静まり祈ることは、最も効果的である。その後、神の言葉を食し、飲み、神の言葉を思い巡らし、光を得て、実践の道を見出し、神の発した言葉の目的を知り、偏ること無く理解するよう努めなさい。普段から、外側のことに心を乱されることなく、心の中で神に近付き、神の愛について黙想し、神の言葉を熟考しなさい。あなたが熟考できるぐらい心がある程度安らいでおり、あなたのいる状況に関わらず、自分の心の中で神の愛について沈思し、本当に神に近付き、最終的に自分の心の中で神を讃美する程度に達したなら、それは祈りにも勝ることである。そして、その時初めてあなたはそこから或る程度の器量を得ることになる。もしあなたが、前述したような状態に達することができるなら、それはあなたの心が神の前で真に静まっている証拠である。それが第一段階であり、基本訓練である。人間は、神の前で安らかになることが出来て初めて、聖霊により触れられ、啓き照らされることが可能となる。その時初めて真に神と交わることや、神の意志と聖霊の導きを把握することが可能となる。そして、その時、人間は自分の霊的生活において正しい道を歩きだしたことになるのである。自分自身に反抗し、自分自身を忌み嫌い、神の言葉の中で生きることができる深みに達するために、神の前で生きるよう自分を訓練することが、真に神の前で自分の心を静めることである。自らを忌み嫌い、呪い、自らに反抗することが出来ることは、神の業が達成する成果であるが、人間には不可能である。したがって、神の前で自分の心を静める訓練は、人間が直ちに入るべき課題である。普段から神の前で自分の心を静めることが出来ないだけでなく、祈る時さえ自分の心が静まっていない者もいる。これは神の基準から全くかけ離れ過ぎている。自分の心を神の前で静められないのであれば、聖霊によって動かされることなどありえようか。神の前で静まることが出来ないのであれば、あなたは誰かが来た時には気を散らされ、誰かが話をしている時には気をそらされてしまうだろう。そして、他人が何かしていると、あなたの心はそれに惹き付けられてしまいかねない。それでは、あなたは神の前に生きる者ではない。あなたの心が、神の前で本当に静まっているのであれば、周囲で何があっても、それに煩わされず、どんな人や出来事、またいかなるものにも心を奪われることがないであろう。あなたがこのような境地に入るなら、それらの否定的な状態や、人間の観念、人生哲学、異常な人間関係、心の中の雑念などといった全ての否定的なものは自然と無くなるであろう。あなたは常に神の言葉について熟考し、あなたの心はいつも神に近付き、神の現在の言葉で満たされているので、そうした否定的なものは無意識のうちに取り去られる。肯定的な新しい物事があなたの心を占める時、否定的な古い物事が入る余地はなくなる。だからそうした否定的な物事に注目してはならない。そうした物事をコントロ-ルしようとして努力する必要は無い。神の前に静まることに注意を払い、神の言葉を食べ飲みして享受しなさい。もっと多くの聖歌を歌って神を讃美し、神があなたに働きかけられるよう機会を与えなさい。なぜなら、神は今自ら人間を完全にすること、また、あなたの心を獲得することを求めているからである。神の霊はあなたの心を動かす。そしてあなたが聖霊の導きに従って神の前に生きるならば、あなたは神を満足させるであろう。あなたが、神の言葉の中に生きることに心を配り、そして真理に関して一層の交わりを行って聖霊の啓き照らしを得ることに留意したならば、それらの宗教的観念や独善、自惚れは消え去り、神の為にどのように費やし、どのように神を愛し、どのように神を満足させればよいのかを知るであろう。神以外の物事は、その時無意識のうちに忘れられるであろう。

神の現在の言葉を食し飲むのと同時に神の言葉を熟考し、神の言葉について祈ることが、神の前で安らかであることの第一歩である。神の前で真に安らかであることが出来るならば、聖霊の啓き照らしは、あなたと共にあるであろう。

全ての霊的生活は、神の前に静まることによって達成される。聖霊に動かされるには、まず祈りの中で神の前に静まらなければならない。神の言葉を食べ飲みする時に、神の前に静まることによって、啓き照らしを受けることと、神の言葉を真に理解することが可能となる。あなたの通常の瞑想と交わりにおいても、またあなたの心で神に近付く際も、唯一あなたが神の前に静まる時にのみ、本当の神との親しさと、神の愛と神の働きに関する真の認識と、神の心に対する本当の思慮深さが得られるのである。神の前で普段から静まることができればできるほど、あなたは一層照らされることができ、自分の腐敗した性情や、自分に欠けているのは何か、自分が入るべきこととは何であるか、自分が担うべき役割、また、自分の欠点がどこにあるかを一層理解できるようになる。これら全ては、神の前に静まることに依存することによって達成される。神の前に静まることにおいて、あなたが本当にある深みに達したならば、あなたは霊においていくつかの奥義に触れることができる。神が今あなたに為したいと願っていること、神の言葉の一層深い理解、神の言葉の真髄、神の言葉の本質、神の言葉の存在に触れることが可能となり、また実践への道をもっと深くかつ正確に理解できるようになる。もしあなたが霊において静まり、ある深みに達することが出来ないのであれば、あなたは幾分聖霊に動かされるだけだろう。あなたは、内に力といくらかの喜びと平安を感じるが、それ以上の深みに触れることはないであろう。前にも言ったように、人が全力を尽くさないのなら、わたしの声を聞くことも、わたしの顔を見ることも困難であろう。それは、外面的努力ではなく、神の前に静まり深みに達することを指している。神の前で本当に静まることができる人は、自分を世のしがらみから解き放ち、神により占有することができる。神の前に静まることができない人々は、皆自堕落で無節操である。神の前で静まることができる者たちは、皆神の前で敬虔な人々であり、神を待ち望む人々である。いのちに注意を払い霊の交わりに気を配り、神の言葉を渇望し、真理を追求するのは、神の前で静まっている人々だけである。神の前で静まることに一切注意を払わず、神の前で静まることを実践しない者たちは皆、完全に世に執着し、いのちを持たない見かけだけの人々である。彼らは神を信じると言っても、それはただ口先だけである。最終的に神が完全にし完成する者たちとは、神の前で静まることができる人々である。したがって、神の前で静まる人々は、大いなる祝福の恵みを受けている人々である。日頃神の言葉を食し飲む時間を少ししか取らない人々、外部の状況に完全に心を奪われている人々、いのちの道に入ることに注意を払わない人々は、皆将来成長の見込みのない、偽善者たちである。神の前で静まることができ、真に神と交わることができる者たちこそ神の選民である。

神の前に来て神の言葉を自分のいのちとして受けるには、まず神の前で静まらなければならない。神の前で静まっている時のみ、神はあなたを啓き理解させるであろう。人が神の前に静まれば静まるほど、人は神の啓き照らしをより一層受けることが出来る。これらのことには、敬虔さと信仰を持つことが要求される。このようにしてのみ人間は完全になることができる。霊的生活に入るための基本的な訓練は、神の前に静まることである。あなたの霊的訓練は全て、あなたが神の前に静まっている時のみ効果的なものとなるであろう。自分の心を神の前で静められないのであれば、聖霊の働きを受けることが出来ない。あなたが何をしているかに関わらず、あなたの心が神の前に静まっているならば、その時あなたは神の前で生きる者である。あなたが何をしているかに関わらず、あなたの心が神の前に静まり、神に近付いているならば、それはあなたが神の前に静まる者である証拠である。他人と話をしている時、また歩いている時に「私の心は神に近付いており、外部のものにとらわれてない。そして私は神の前に静まっていることができる。」と言うことが出来る。それは、神の前に静まっている者である。あなたの心を外に引き付けるものに触れてはならない。また、神からあなたの心を引き離す可能性のある人々と接してはならない。あなたの心が神に近付くのを邪魔する可能性のある物事は何であれ、全て捨てるか、近付かないようにしなさい。その方があなたのいのちにとってより有益である。今こそが聖霊による大いなる働きの時である。神が自ら人間を完全にしている時である。今この瞬間に神の前に静まることができないのであれば、あなたは神の玉座の前に戻って来る者ではない。神以外の物事を追求するのであれば、神により完全にされる可能性は全く無い。今日神の発するこのような言葉を聞いてもなお、神の前に静まることができない者たちは、真理を愛さない人々、神を愛さない人々である。あなたが、今自分を神に捧げないなら、いったい何時捧げるのだろうか。自分を神に捧げることは、神の前で心を静めることである。これが真の捧げ物である。今本当に神に心を捧げる者は誰であれ、神により確実に完成されることが可能である。何であれ、あなたを煩わせる物事は一切ない。あなたに対する刈り込みであれ、取り扱いであれ、またあなたが挫折や失敗に直面しようが、あなたの心は、常に神の前に静まっているべきである。他人が自分をどう扱おうと、あなたの心は神の前に静まっているべきである。逆境、苦難、迫害など、どんな状況に直面しようが、また様々な試練があなたに降りかかろうが、あなたの心は、常に神の前に静まっているべきである。これが完全にされる道である。あなたが本当に神の前に静まっている時のみ、あなたは神の現在の言葉を明瞭に理解し、聖霊の啓き照らしを一層正しく実践し、そこから逸脱しない。また神の意図をもっとしっかりと把握し、自分の奉仕において一層明瞭な方向性を持ち、聖霊の動きと導きをもっと正確につかみとることができ、聖霊の導きの下で生きることがより確かなものとなる。これらが神の前で本当に静まることが達成する成果である。人々が神の言葉を明瞭に理解しておらず、実践する道が無く、神の意図が把握できない、あるいは実践における原則が無いのであれば、それは彼らの心が神の前で静まっていないからである。神の前で静まることの目的は、真剣かつ実践的となり、神の言葉の正確さと明瞭さを探求し、最終的に真理を理解することと神を知ることを達成することにある。

自分の心が神の前で継続的に静まっていないのであれば、神はあなたを完全にすることは出来ない。ある人に意志が無いならば、それは心が無いことと同じであり、心の無い人間は神の前で静まることが出来ない。彼らは神がどれだけ多くの業を行い、どれだけ多くのことを語っているのか知らず、またそれらを実践する方法も知らない。こうした者は、心の無い人間ではなかろうか。心の無い人間は、神の前で静まれるだろうか。神は、心の無い人間など完全にはできない。そんな者は獣に属するのだ。神は極めて明確かつ徹底して言葉を語ったが、あなたの心は依然として動かされず、あなたは神の前で静まることが出来ない。これでは動物と同じではないだろうか。神の前で静まることを実践する中で、迷ってしまう人々もいる。彼らは料理すべき時に料理せず、働くべき時に働かず、ひたすら祈り、瞑想する。神の前で静まることは、料理しないことや働かないこと、生活を無視することを意味するのでは無く、日常の全ての状況において、神の前で自分の心を静めることができること、自分の心の中に神の居場所を確保出来ることを意味する。祈る時は、神の前できちんと跪いて祈りなさい。働く時や食事を用意する時は、自分の心を神の前で静め、神の言葉を熟考するか、賛美歌を歌いなさい。あなたには、自分が置かれた環境に関わらず、実践する方法がある。あらゆる手を尽くして神に近付き、できるかぎり神の前で心を静めなさい。状況が許すならば、一心に祈りなさい。状況が許さなければ、自分の手で仕事しながら、心の中で神に近付きなさい。神の言葉を食し飲むことができる時は、そうしなさい。祈ることが出来る時は、祈りなさい。神について瞑想することが出来る時は、神について瞑想しなさい。自分が置かれた環境に基づいて、あらゆる手を尽くして真摯な取り組みのために自らを訓練しなさい。何も無い時には神の前で静まることが出来るが、何かが起きるとすぐさま心が神から去る人々も居る。それは神の前で静まることではない。経験すべき正しい方法は、いかなる場合も自分の心が神から離れず、外部の人々や出来事、物事が煩わしいと感じないことである。神の前で静まっている人とは、このような人のことである。集会で祈っている時は、自分の心を神の前で静めることが出来るが、交わりの時になると、神の前で心を静められず、気が散ると言う人たちもいる。それは神の前で静まるということではない。現在ほとんどの人たちがこうした状態にあり、彼らの心は、神の前に常に静まることができない。したがって、あなたがたは、この領域の訓練に一層努め、いのちの経験の正しい道に、一歩一歩入り、神によって完全にされる道を歩む必要がある。