神の前で心を静めることについて

神の前で自分の心を静めることは、神の言葉に入る上で最も重要な段階の一つであり、現在すべての人が至急入る必要のある課題である。神の前で自分の心を静める境地に入る道は以下の通りである。

1.外部の物事から自分の心を取り戻し、神の前で静まり、心を集中して神に祈る。

2.神の前で静まった心で、神の言葉を飲み食いし、享受する。

3.心で神の愛について黙想・沈思し、神の働きについて熟考する。

まず祈ることから始めなさい。精神を集中して、決められた時間に祈りなさい。時間的にどれほど切迫していても、どれほど多忙でも、またどんなことがあっても、いつものように日々祈り、神の言葉をいつものように飲み食いしなさい。神の言葉を飲み食いしている限り、周りの状況がどうであれ、霊はひときわ喜びを覚える。また、周囲の人や出来事や物事に悩まされることもない。常時神のことを心の中で黙想していれば、それ以外の出来事に煩わされることはない。それが、霊的背丈があるということである。まず祈りから始めなさい。神の前で安静に祈るのが最も効果的である。その後は神の言葉を飲み食いし、神の言葉に思いを巡らせ、光を得て、実践の道を見出し、神が発した言葉の目的を知り、偏ることなく理解するよう努めなさい。普段から、外部の物事に心を乱されることなく、心の中で正常に神へと近づき、神の愛について黙想し、神の言葉を熟考しなさい。熟考できるほど心が安らいでおり、どのような環境にいようとも、心の中で神の愛について黙想し、本当に神に近づき、最終的に心の中で神を讃美する程度に達したなら、それは祈りにも勝ることであり、その点においてあなたはある程度の霊的背丈を有している。以上の状態に達することができるなら、それはあなたの心が神の前で真に静まっている証拠である。それが第一段階であり、基本的な訓練である。神の前で静まることができて初めて、人は聖霊によって感動し、聖霊から啓きと照らしを受けることが可能となる。またその時初めて真に神と交わることや、神の旨と聖霊の導きを把握することが可能となる。その際、人は自分の霊的生活において正しい道を歩きだしたことになる。神の前で生きる訓練をしてある程度に達し、それによって自分自身に反抗し、自分自身を忌み嫌い、神の言葉の中で生きられるようになれば、それがまさに神の前で自分の心を静めるということである。自分を忌み嫌い、呪い、自分に反抗することができるのは、神の働きが達成する成果であるが、人間には不可能である。したがって、神の前で自分の心を静めることは、人がただちに入るべき課題である。普段から神の前で自分の心を静めることができないだけでなく、祈る時でさえ心が静まっていない者もいる。これは神の基準からまったくかけ離れ過ぎている。自分の心を神の前で静められなければ、聖霊によって感動することがあり得ようか。神の前で静まることができないのであれば、誰かが来ると気が散り、人が話していても気が散ってしまい、他人が何かをしていれば心がそれに惹きつけられ、ゆえにあなたは神の前で生きる者ではない。あなたの心が神の前で本当に静まっているのであれば、外の世界で何が起きていようとそれに煩わされず、どんな人や出来事や物事にも心を奪われることはない。あなたがこのような境地に入るなら、それらの否定的な状態や、人間の観念、処世哲学、人間同士の異常な関係、意見や考えなどといったすべての否定的なものは自然となくなるだろう。あなたは常に神の言葉を熟考し、あなたの心はいつも神に近づき、神の実際の言葉で満たされているので、そうした否定的な物事は無意識のうちに取り去られる。肯定的な新しい物事があなたの心を占めるとき、否定的な古い物事が入る余地はなくなるので、そうした否定的な物事に注目してはならない。そうした物事を操ろうとして努力する必要はない。神の前で静まることに注意を払い、神の言葉をもっと飲み食いして享受し、もっと多くの賛美歌を歌って神を讃え、神があなたに働きかける機会を与えなさい。なぜなら、神は今自ら人々を完全にすること、そしてあなたの心を獲得することを求めているからである。神の霊はあなたの心を感動させる。そしてあなたが聖霊の導きに従って神の前で生きるならば、あなたは神を満足させるだろう。神の言葉の中で生きることに心を配り、聖霊の啓きと照らしを得るべく真理に関する交わりにより専念するなら、それらの宗教的観念や独善、自惚れは消え去り、神のためにどう自分を費やし、どのように神を愛し、どのように神を満足させればよいかを知るだろう。神以外の物事は、その時無意識のうちに忘れられる。

神の実際の言葉を飲み食いすると同時に、神の言葉を熟考し、神の言葉について祈ることが、神の前で静まることの第一歩である。神の前で真に静まることができるなら、聖霊の啓きと照らしがあなたと共にあるだろう。すべての霊的生活は、神の前で静まることによって達成される。聖霊によって感動することができるためには、まず祈りにおいて神の前で静まらなければならない。神の言葉を飲み食いする際に神の前で静まることによって、啓きと照らしを受け、神の言葉を真に理解することが可能になる。通常の黙想と交わりにおいて、また自分の心で神に近づく際、神の前で静まって初めて、あなたは神と本当に親しくなり、神の愛と神の働きに関する真の認識と、神の意図に対する本当の思慮深さが得られるのである。神の前で普段から静まることができればできるほど、あなたは一層照らされることができ、自分の堕落した性質、自分に欠けているもの、自分が入るべきこと、自分が担うべき役割、そして自分の欠点がどこにあるのかをより理解できるようになる。それらはどれも、ひたすら神の前で静まることによって成し遂げられる。神の前にて静まる中で、本当にある程度の深みに達したなら、あなたは霊における何らかの奥義、神が今あなたに為したいと願っていること、神の言葉に関するさらに深い認識、神の言葉の真髄、神の言葉の本質、神の言葉の存在に触れることができ、実践の道をもっと深くかつ正確に理解できるようになる。もしも霊においてある程度の深さまで静まることができなければ、あなたは聖霊によって多少感動するだけだろう。自分の中で力といくらかの喜びや平安を感じるが、それ以上の深みに触れることはないのである。前にも言ったように、人が全力を尽くさないのなら、わたしの声を聞くことも、わたしの顔を見ることも難しい。それは外面的な努力ではなく、神の前にて静まる中で深みに達することを指している。神の前で本当に静まることができる人は、自分を世の一切のしがらみから解き放ち、神に自分を占めてもらうことができる。神の前で静まることができない人は、みな間違いなく自堕落かつ無節操である。神の前で静まることができる者たちは、みな神の前で敬虔な人々であり、神を待ち望む人々である。いのちに注意を払い、霊の交わりに気を配り、神の言葉を渇望し、真理を追求するのは、神の前で静まっている人だけである。神の前で静まることに一切注意を払わず、神の前で静まることを実践しない者はみな、完全に世に執着し、いのちをもたない見かけだけの人である。このような人たちが神を信じると言っても、それはただ口先だけのことである。最終的に神が完全にし、完成させる者たちとは、神の前で静まることができる人である。したがって、神の前で静まる人は、大いなる祝福の恵みを受けている人である。日頃神の言葉を飲み食いする時間を少ししか取らない人、外部の出来事にすっかり心を奪われている人、いのちの入りに注意を払わない人はみな、将来成長する見込みのない偽善者である。神の前で静まることができ、真に神と交わることができる者たちこそ神の民である。

神の前に来て神の言葉を自分のいのちとして受け入れるには、まず神の前で静まらなければならない。神の前で静まっている時にのみ、神はあなたを啓いて理解させる。神の前で静まれば静まるほど、人は神の啓きと照らしをより一層得ることができる。これらのことには、敬虔さと信仰をもつことが要求される。このようにしてのみ人間は完全になることができる。霊的生活に入るための基本的な訓練は、神の前で静まることである。あなたの霊的訓練はどれも、あなたが神の前で静まっている時にのみ効果的なものとなるだろう。自分の心を神の前で静められないのであれば、聖霊の働きを受けることはできない。あなたが何をしているかに関わらず、あなたの心が神の前で静まっているなら、あなたは神の前で生きる者である。あなたが何をしているかに関わらず、あなたの心が神の前で静まり、神に近づいているなら、それはあなたが神の前で静まる者だという証拠である。他人と話をしているとき、また歩いているときに「私の心は神に近づいており、外部の物事にとらわれてない。そして私は神の前で静まっていることができる」と言うことができる。それが神の前で静まっている者である。あなたの心を外に引きつける物事と接触してはならない。また、あなたの心を神から引き離し得る人たちと接してはならない。あなたの心が神に近づくのを邪魔し得る物事は、それが何であれすべて捨てるか近づかないようにしなさい。そのほうがあなたのいのちにとってより有益である。今は聖霊による大いなる働きの時である。神が自ら人々を完全にしている時である。今この瞬間に神の前で静まることができなければ、あなたは神の玉座の前に立ち返る者ではない。神以外の物事を追求するのであれば、神によって完全にされる可能性は一切ない。今日、神の発するこのような言葉を聞くことができながら、神の前で静まることができない者たちは、真理を愛さない人、神を愛さない人である。今自分を神に捧げないのであれば、いったいいつ捧げるのか。自分を神に捧げることは、神の前で心を静めることである。これが真の捧げ物である。今本当に神に心を捧げる者は誰であれ、神によって完全にされることが間違いなく可能である。何であれ、あなたを煩わせる物事は一切ない。あなたに対する刈り込みであれ、取り扱いであれ、またあなたが挫折や失敗に直面しようとも、あなたの心は常に神の前で静まっているべきである。人が自分をどう扱おうと、あなたの心は神の前で静まっているべきである。逆境、苦難、迫害など、どのような状況に直面しようと、また様々な試練があなたに降りかかろうと、あなたの心は常に神の前で静まっているべきである。これが完全にされる道である。あなたが本当に神の前で静まっている時にのみ、あなたにとって神の現在の言葉が明瞭になる。そうして聖霊の啓きと照らしを逸脱せずに一層正しく実践でき、神の意図をますます明確に把握し、自分の奉仕において一層明瞭な方向性をもち、聖霊による感動と導きをもっと正確に把握でき、聖霊の導きの下で生きることが保証される。これらが神の前で真に静まることで達成される成果である。人々が神の言葉を明瞭に理解しておらず、実践する道をもたず、神の意図を把握できなければ、あるいは実践における原則を欠いているのであれば、それはその人の心が神の前で静まっていないからである。神の前で静まることの目的は、真剣かつ実践的になり、神の言葉の正確さと明瞭さを探求し、最終的に真理の理解と神の認識に至ることである。

自分の心が神の前で絶えず静まっていないのであれば、神はあなたを完全にすることができない。ある人に意志がなければ、それは心がないことと同じであり、心のない人は神の前で静まることができない。そのような人は、神がどれほど多くの働きを行なうのかも、どれほど多くのことを語るのかも知らず、またそれらを実践する方法も知らない。こうした者は心のない人間ではなかろうか。心のない人間が神の前で静まれるだろうか。神は心のない人間を完全にすることができない。そのような者は獣に属する。神は極めて明確かつ徹底して言葉を語ったが、あなたの心は依然として感動せず、あなたは神の前で静まることができない。これでは動物と同じではないか。神の前で静まることを実践する中で、迷ってしまう人もいる。彼らは料理すべき時に料理せず、働くべき時に働かず、ひたすら祈り、瞑想する。神の前で静まることは、料理しないことや働かないこと、生活を無視することを意味するのではなく、あらゆる正常な状態において神の前で自分の心を静められること、および心の中に神の居場所をもてることを意味する。祈る時は、神の前できちんと跪いて祈りなさい。働く時や食事を用意する時は、自分の心を神の前で静め、神の言葉を熟考するか賛美歌を歌うかしなさい。どのような環境に置かれようと、あなたには実践の道がある。あらゆる手を尽くして神に近づき、神の前で心を静めなさい。状況が許すならば、一心に祈りなさい。状況が許さなければ、自分の手で仕事しながら、心の中で神に近づきなさい。神の言葉を飲み食いすることができる時は、神の言葉を飲み食いしなさい。祈ることができる時は祈りなさい。神について黙想することができる時は、神について黙想しなさい。自分が置かれた環境に基づいて、あらゆる手を尽くして入りの訓練をしなさい。何もない時には神の前で静まれるが、何かが起きるとすぐさま心がそれを追いかける人もいる。それは神の前で静まることではない。経験すべき正しい方法とは、いかなる場合も自分の心が神から離れず、外部の人や出来事、物事に煩わされないことである。神の前で静まっている人とは、このような人のことである。集会で祈っている時は、自分の心を神の前で静めることができるものの、交わりの時になると、神の前で心を静められず、考えが乱れる人もいる。それは神の前で静まるということではない。ほとんどの人が現在こうした状態にあり、彼らの心は神の前で常に静まることができない。したがって、あなたがたは、この分野の訓練に一層努め、いのちの経験の正しい軌道に一歩一歩入り、神によって完全にされる道を歩む必要がある。

前へ: 性質が変化した人とは神の言葉の現実に入った人である

次へ: 完全にされるべく、神の旨に配慮せよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる

いのちの道は誰でも持てるものではなく、また誰にとっても簡単に得られるものではない。いのちは神からしか生じ得ないからである。つまり、神自身のみがいのちの本質を有しており、神自身のみがいのちの道をもっている。ゆえに、神のみがいのちの源であり、永遠に流れつづけるいのちの生ける泉なので…

聖書について(1)

神への信仰において、どう聖書に接するべきか。これは原則の問題である。なぜ私たちはこの問いについて話し合っているのか。それは、将来あなたが福音を広め、神の国の時代の働きを広げるからであり、単に今日の神の働きについて話せるだけでは不十分なのである。神の働きを広げるには、人々の古い宗教…

あなたは信仰について何を知っているか

人は信仰という不確かな言葉だけは知っているが、人は何が信仰を構成しているかを知らないし、ましてやなぜ信仰を持っているのかも知らない。人はあまりにも少ししか理解していないし、あまりにも欠乏している。人はあまり考えず認識もないままわたしを信仰しているに過ぎない。人は信仰とは何かもなぜ…

一人ひとりが自らの役割を果たすことについて

現在の流れにおいては、神を真に愛するすべての人に、神によって完全にされる機会がある。若かろうと年老いていようと、心の中で神への従順を抱き、神を畏れる限り、そのような人は神によって完全にされることが可能である。神は人の様々な役割に応じてその人たちを完全にする。自分の全力を振るい、神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索