言葉は肉において現れる

目次

完全とされるためには神の旨に配慮する必要がある

あなたがたが神の旨に配慮すればするほど、あなたがたの負担も一層大きくなり、その負担が大きければ大きいほど、あなたがたの経験は一層豊富になる。あなたがたが神の旨に配慮するとき、神はあなたがたにその負担を与え、あなたがたに託された物事に関して、あなたがたを啓く。神があなたがたにこの負担を与えた後、あなたがたは神の言葉を食べ飲みする際に、その側面の真理に留意するようになる。あなたがたが兄弟姉妹のいのちの状態に関する負担を負っているとすれば、それは神があなたがたに委ねた負担であり、自分の祈りには、常にその負担が含まれる。神の負担を自らの負担として負うということは、神が行う業はあなたがたに託されたものであること、あなたがたは神が望む業を行うことを望むということである。この時点において、あなたがたが神の言葉を食べ飲みすることは、そうした側面を重点とし、そうした問題をどう解決すべきであるか、と考えるであろう。私はどのようにして兄弟姉妹を解き放ち、兄弟姉妹自身の心が喜びを得ることが出来るようにすればよいだろうか。あなたがたは、交わりにおいてこうした問題の解決に重点を置き、また神の言葉を食べ飲みする際はそうした問題に関する言葉の食べ飲みに重点を置き、その負担を負いつつ神の言葉を食べ飲みし、神の要求を理解するであろう。この時点において、あなたがたは歩むべき道を一層明瞭に理解するであろう。それがあなたがたの負担によりもたらされる聖霊の啓き照らしであり、神があなたを導いているということである。私がこう述べるのは何故であろうか。あなたがたに負担が無かったとしたら、あなたがたは神の言葉を食べ飲みする際に不注意となり、あなたがたが負担を負いつつ神の言葉を食べ飲みする時、神の言葉の本質を把握し、自分の道を見いだし、神の旨に配慮することができる。ゆえに、あなたがたは、神が自分に一層多くの物事を委ね、生来の実践の道を一層上手く見いだせるようになり、神の言葉の食べ飲みを一層効果的に行えるようになり、神の御言葉の真髄を一層上手く把握できるようになり、聖霊により感激させられる自分を一層受け容れられるように、自分の祈りにおいて、自分に一層大きな負担を与えるよう神に願うべきである。

神の言葉の食べ飲み、祈りの実践、神の負担の受け容れ、神が自分に委ねる物事の受け容れといった事柄は、すべてあなたがたの前途を得ることを目的とする。あなたがたが神のために負う負担が大きければ大きいほど、あなたがたは神により完全にされやすくなるであろう。自分に対して要求されている場合であっても、協力したがらない者もいるが、そうした者は怠惰で快楽に耽溺することを望む者である。あなたがたは、神に仕える上で協力を求められれば求められるほど、得られる経験も多くなるであろう。あなたがたが負う負担が大きく、経験が豊富であればあるほど、あなたがたが完全にされる機会も増えるであろう。したがって、あなたがたが誠意を持って神に仕えられるならば、あなたがたは神の負担に配慮し、よってあなたがたは神により完全にされる機会を一層多く得るであろう。現在完全にされているのは、そうした者の集団である。聖霊があなたがたを感激させればさせるほど、神の負担に配慮するために自分が割く時間も増え、あなたがたは一層神により完全にされ、得られ、最終的にあなたがたは神により用いられる者となるであろう。現在、教会のために全く負担を負っていない者も居る。そうした者は怠惰で堕落しており、自らの肉のことしか考えていない。そうした者は過度に自分勝手であり、盲目でもある。あなたがたがその問題を明瞭に理解できないならば、負担を全く負わないであろう。あなたがたが神の旨に配慮すればするほど、神があなたがたに託す負担も重くなるであろう。自分勝手な者はそうした物事に煩わされたがらず、代償を払いたがらず、その結果として、神により完全にされる機会を失うであろう。これは自傷行為ではないだろうか。あなたがたが神の旨に配慮する者であれば、教会のために真の負担を負うであろう。事実、それは教会のための負担というよりも、あなたがた自身のいのちのための負担である。なぜなら、あなたがたが教会のために負う負担は、あなたがたがそうした経験で神により完全にされるためのものだからである。したがって、教会のために最も重い負担を負う者、いのちの享受の負担を負う者は、神により完全にされる者である。あなたがたは、それを明瞭に理解しているだろうか。あなたがたが属する教会が窮境にあるにもかかわらず、あなたがたに憂慮も懸念も無く、兄弟姉妹が神の言葉を適切に食べ飲みしていないにもかかわらず、あなたがたがそれを見て見ぬふりをするのであれば、あなたがたは何も負担していない。そうした者は、神に好まれないであろう。神が好む者は義に飢え渇き、神の旨に配慮している。したがって、あなたがたは直ちに神の負担に配慮すべきである。あなたがたは、神の義なる性質が全ての人間の前に現れて自分が神の負担に配慮するようになるのを待っていてはならない。それは手遅れではなかろうか。現在は、神により完全にされる好機である。あなたがたは、この機会を逃したならば、良きカナンの地に入れずに一生後悔して良心の呵責のうちに死んだモーセのように、一生後悔するであろう。あなたがたは、神の義なる性質が表れた後になって、それを後悔するであろう。あなたがたは、神が自分を罰しなかったとしても、自らの良心の呵責で自らを罰するであろう。それでも確信を持てない者も居る。あなたがたがこのことを信じないならば、その時になれば分かるであろう。この言葉の補足の役割を担う者もいる。あなたがたは、この言葉の犠牲のいけにえとなることを望むだろうか。

あなたがたは、神により完全にされる機会を求めず、完全にされることの追求に努めないのであれば、最終的に良心の呵責で満たされるであろう。完全にされる絶好の機会、絶好の時は、今である。あなたがたが神による完全化を熱心に追求しないならば、神の業が完了した時には手遅れで、あなたがたはその機会を逸したことになるであろう。あなたがたの望みが如何に強かったとしても、神が業を行わなくなった場合、あなたがたが重ねてきた努力を問わず、あなたがたは決して完全にされ得ないであろう。あなたがたは、この機会をとらえ、聖霊の大いなる業により協力する必要がある。あなたがたは、この機会を逃したならば、どれほど努めてもその機会は二度と与えられないであろう。「神よ、私はあなたの負担に配慮することを望み、あなたの旨を満たす事を望んでいます。」と叫ぶ者も居る。しかし、そうした者には実践の道が無いので、それゆえにそうした者の負担は維持されない。なんらかの道があるならば、あなたがたは段階的に経験を得るであろう。またそれは系統的であり、かつ整理されているであろう。1件の負担が完了した後、別の負担があなたがたに与えられる。あなたがたの人生経験の深化の間に、あなたがたの負担も深化する。聖霊により感激させられた時のみ負担を負い、一定期間後に実践の道が無い時は何も負担を負わない者も居る。あなたがたの負担は、単に神の言葉の食べ飲みだけでは完全に解決出来ない。あなたがたは数多くの真理を理解することで分別を身に付け、真理を用いて問題を解決出来るようになり、神の言葉と旨に関する一層正確な知識を得るであろう。こうした事柄により、あなたがたは負担を負い、負担を負って初めて、好ましい業を行えるようになるであろう。あなたがたが負担を負い、真理を明瞭に理解しなかった場合、それも効果が無いであろう。あなたがたは、神の言葉の経験を備え、それを実践する方法を知り、まず自分で真理に対して真摯に取り組み、その後他人に恵みを与え、他人を導き、神により完全にされることが出来るようになる。

『道 (4)』では、あなたがたは全員、時代の前に神により予定された国の国民であり、それは誰にも奪うことが出来ないと述べた。また『道 (4)』では、あらゆる者が神により用いられ、完全にされることを神が望んでいること、神はあらゆる者が神の民として立つよう要求していること、そして神の民となることのみが神の旨を満たせることを述べた。その時、あなたがたはこの問題に関する交わりと、神の民の条件に基づく真摯な取り組みの道に関する交わりを行った。それゆえ、その時聖霊が行った業は、あらゆる者を否定的状態から連れ出して肯定的状態へと導くことであった。その間において、聖霊の業の傾向は、神の民として、あらゆる者に神の言葉を享受させる方向性、そしてあなたがたがあらゆる時代の前に予定された神の民であることと、それはサタンが奪えないものであることを各人が明瞭に理解できるようにする方向性であった。そうしたわけで、あなたたがは皆「神よ、私はあなたの民となることを望みます。なぜなら、私達はあらゆる時代の前にあなたに予定され、あなたがそれを私達に授けてくださったからです。私達はその立場を授かり、あなたにご満足いただくことを望んでいます。」と祈った。あなたがたがそのように祈る時、聖霊があなたがたを感激させるであろう。それが聖霊の業の傾向であった。この時期において、その傾向は、あなたがたがいのちを追求し、国の訓練に対して真摯に取り組めるよう、祈りを捧げて実践し、神の御前で自分の心を静めることであった。これが第1段階である。現在において、神の業は各人が正しい道を進むようにし、正常な霊的生活を送り、真の経験をし、聖霊により感激させられるようにし、それを基礎として神により委ねられた物事を受け容れることである。国の訓練に対する真摯な取り組みの目的は、あらゆる者が神により完全にされる道、そして正しい道を歩むように、あなたがたの言動や動き、考え、思想の全てが神の言葉に対して真摯に取り組むようにすること、あなたがたが神により一層頻繁に感激させられるようにすること、神に対する愛を抱き、神の旨のために一層重い負担を負うようにすることである。あなたがたが神により完全にされる正しい道を歩み始めた後、あなたがたは正しい道を歩んでいる。

あなたがたの心と考え、誤った意図を修正し、自らの肉に配慮することを止めて神の旨に配慮出来るようになり、誤った意図が自然と現れ、それに阻害されずに神の旨に従って行動出来るようになるといった変化を、あなたがたが実現出来るならば、あなたがたはいのちの経験の正しい道を歩んでいる。あなたがたの祈りの実践が正しい道にある時、それはあなたがたが祈りの中で聖霊により感激させられる時となるであろう。あなたがたが祈る時は、毎回聖霊により感激させられ、あなたがたは神の前で心を静められるであろう。毎回あなたがたが神の言葉の一節を食べ飲みする時に、現在神が行っている業を把握し、どのようにして祈り、協力し、真摯に取り組むかを知ることが出来るならば、神の言葉を食べ飲みすることによる効果を得られるのは、そうした場合のみである。神の言葉から真摯な取り組みの道を見出し、神の業の現在における動向と聖霊の業の傾向を把握することが出来るならば、それはあなたがたが正しい道を歩んでいることを示す。あなたがたが神の言葉を食べ飲みする時に主要な点を把握しておらず、また神の言葉を食べ飲みした後に実践の道を見いだすことが出来ないならば、それはどのようにして神の言葉を食べ飲みすればよいかをあなたがたがまだ知らず、神の言葉を食べ飲みする方法や原則を見出していないことを示す。あなたがたは、未だに現在神が行っている業を把握していないならば、神の委託を受けることが出来ないであろう。現在において人間が真摯に取り組み、知識を得るべき事は、現在神により行われている業である。あなたがたは、そうした物事を把握しているだろうか。

あなたがたが神の言葉を食べ飲みすることにより成果を実現すると、あなたがたの霊的生活は正常となっており、またあなたがたが遭遇する試練や状況、あなたがたが患う肉の病、兄弟姉妹の不和や家庭内の問題に関係なく、あなたがたは正常に神の言葉を食べ飲みし、正常に祈り、正常に教会生活を続けることが出来る。あなたがたがこうした状態に達することが出来るならば、それはあなたがたが正しい道を歩んでいることを示す。 過度に繊細で根気に欠ける者も居る。そうした者は小さな障害に遭遇すると泣き言を言い、弱ってしまう。真理の追究には根気と決意が必要とされる。現在において、あなたがたが神の旨を満たせないのであれば、あなたがたは自分を忌み嫌うこと、また次回は神の旨を満たすと、口に出さずに心の中で決意することが出来る必要がある。現在、あなたがたが神の負担に配慮しなかったとしたら、あなたがたはその後同じ障害に遭遇した時に断固として肉に背き、神の旨を満たす決意を固める必要がある。あなたがたは、そのようにして称賛に値する者となる。自分の考えや思想が正しいかどうかを知らない者も居るが、そうした者は愚かである。自分の心を修練して肉に背きたいのであれば、あなたがたは、まず自分の意図が正しいかどうかを知る必要があり、その後初めて自分の心を修練することが出来るようになる。あなたがたは、自分の意図が正しいかどうかを知らずに、自分の心を修練して肉に背くことができるだろうか。あなたがたが肉に背いたとしても、あなたがたは支離滅裂な方法で肉に背いている。あなたがたは、自分の誤った意図に背くことが、自分の肉に背くことであるということを知るべきである。あなたがたは、自分の意図、思想、考えが正しく無いと知った時、早急に正しい道に戻り、正しい道を歩む必要がある。あなたがたは、まずその側面において突破口を得て、そうした実践により真摯に取り組む必要がある。なぜなら、自分の意図が正しいかどうかを最も良く知るのは、自分自身だからである。誤った意図が是正され、かつそれが神のためであるならば、あなたがたは自分の心を修練する目的を達成したことになる。

現在あなたがたにとって重要な事は、神と神の業の知識を得ることであり、またあなたがたは聖霊が人間に対して業を行う方法を知る必要がある。そうしたことは、正しい道に対して真摯に取り組むために不可欠である。あなたがたがこの重要事項を把握した後は、あなたがたにとって正しい道に対して真摯に取り組むのが容易になるであろう。あなたがたが神を信じ、かつ知っていることは、神に対するあなたがたの信仰が正真正銘のものであることを示す。あなたがたが最後まで経験を続けつつ、神を知ることが出来ないならば、あなたがたが神に背く者であることは確実である。イエス・キリストのみを信じ、現在における受肉した神を信じない者は皆、非難されるであろう。そうした者は皆現代のパリサイ人である。なぜなら、そうした者は現在の神を認めず、皆神に背くからである。そうした者のイエスに対する信仰がどれほど献身的であったとしても、それは全て無駄である。そうした者は神の称賛を受けないであろう。神を信じると言いつつ神に関する知識が心の中に皆無である者は、偽善者である。

神により完全にされることを求めるには、まず神により完全にされることの意味、完全にされるために満たすべき条件は何かを知る必要があり、そうした物事を把握した後に実践の道を追求する必要がある。神により完全にされるためには、人間は特定の能力を備えている必要がある。あなたがたのうち殆どの者が、その必要とされる能力を備えておらず、その能力は、あなたがたが特定の代償と主体的な努力が必要とされる。あなたがたの能力が乏しければ乏しいほど、あなたがたは一層主体的に努力しなければならない。神の言葉に関するあなたがたの知識が多ければ多いほど、あなたがたは神により完全にされる道を歩む時期も一層早まる。あなたがたは祈ることにより、祈りの最中に完全にされることが可能となる。神の言葉の食べ飲み、その本質の把握、その実際性を行動で示すことにより、あなたがたは完全にされることが可能となる。神の言葉を毎日経験することにより、あなたがたは自分に欠如している物事を知り、またそれ以上に、自分の急所となっている物事や弱点を知り、そして神に祈りを捧げることにより、あなたがたは漸進的に完全にされるであろう。完全にされる道、すなわち祈りを捧げること、神の言葉を食べ飲みすること、神の言葉の本質を把握すること、神の言葉の経験に対して真摯に取り組むこと、自分に欠如している物事を知ること、神の業に従うこと、神の負担に配慮し、愛する心で肉を捨てること、兄弟姉妹と頻繁に交わることは、あなたがたの経験を豊かにする。社会生活であるか、個人生活であるかを問わず、また大規模な集会か、小規模な集会かを問わず、そうした物事は、すべてあなたがたが自分の心を神の前で静められ、神へと還ることが出来るようにするための経験と訓練を受けることを可能とする。こうした物事は、すべて完全にされることの過程である。語られている神の言葉を経験することは、あなたがたが神に対する一層大きな信仰と愛を備えられるように、神の言葉を実際に味わい、それをあなたがたが行動で示すことを可能とする。このようにして、あなたがたは次第にサタンのような堕落した性情を払拭し、不適切な動機から脱し、正常な人間像を行動で示すであろう。あなたがたに対する神の愛が大きければ大きいほど、つまりあなたがたの中で神により完全にされている部分が大きければ大きいほど、あなたがたがサタンにより腐敗させられる程度が低くなる。あなたがたの実戦経験により、あなたがたは次第に完全にされる道へと近付くであろう。ゆえに、あなたがたが完全にされることを願うならば、神の旨に配慮することと、神の言葉を経験することは、特に重要である。