全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

経験について

ペテロは様々な経験をする中で、何百もの試練に耐えた。人々は現在「試練」という言葉があることを知っているが、その真の意味や状況をまったく理解していない。神は人間の決心を強化したり、信心を精錬したり、人間のあらゆる部分を完全にしたりするが、これらはほとんど試練を通して達成される。試練はまた、聖霊の隠れた働きでもある。試練にあるとき、人間には自分が神に見捨てられたかのように見え、気をつけていないと試練をサタンの誘惑とみなしてしまう。実際、多くの試練は誘惑とみなすことができるが、これは神の働きの原則であり掟である。人間が神に真に対峙して生きていれば、誘惑を神から来る試練と捉え、見過ごすことはない。誰かが「神が私とともにおられますから、サタンが私に近づくことなどないでしょう」と言うなら、これは完全に正しいとはいえない。それでは、イエスが荒野で40日間断食をした後に誘惑を受けたことをどう説明するのか。人間が神への信仰に関して正しい観点を持っているとすれば、多くのものごとをより明確に理解することができ、その人の理解が偏ったり間違ったりすることはない。神によって完全にされることを真に決意しているのならば、直面している事柄には、左に傾くのでも右に傾くのでもなく、様々な角度から取り組まなければならない。神の働きについての認識がなければ、神といかに協力するべきなのか分からない。神の働きの原則を知らず、サタンがいかに人間に働きかけるのかに気づかなければ、実践の道筋をつけることはできない。ただ熱心に追い求めるだけでは、神が要求する結果を達成することはできない。このような経験の仕方は、ラウレンシオの方法に類似している。つまり、サタンの働きが何であるのか、聖霊の働きが何であるのか、神の存在なしに人間はどうなるのか、神はどのような人々を完全にしたいのか等についてまったく気づかず、物事を識別することなく、ただ経験だけに焦点を合わせる方法である。様々な人々に対してどのように振舞うのか、神の今の心をどのように理解するのか、神の性質をいかにして知るのか、神の憐れみ、威厳そして義はどの人々に対して、どのような状況下で、どの時代に向けられるのかということには、そのような者は識別しないのである。多くのビジョンを基盤として、つまり様々な経験のための基盤としてもっていなければ、人間にはいのちなど問題外であり、経験することはさらに不可能である。そのような人は愚かにもすべての事にただ屈服し、すべてを耐え続けるだけである。このような人たちが完全にされることは極めて困難である。上記に述べたようなビジョンを一切もっていないことは、イスラエルに立ち続けている塩の柱にも似た愚か者である十分な証拠であると言えるであろう。このような人たちは、使い物にならない、まったくの役立たずである。何事に対しても盲目的に屈服するだけの人たちがいる。彼らは常に自分を認識し、新しい事柄を取り扱うときは必ず自分のやり方を貫くか、話す価値もないような些細な事柄に対処する時は「知恵」を用いる。これは判断力のない人たちであり、まるで生まれながらに逆境に甘んじて従うことになっているかのごとく、常に同じで決して変わることがない。これは判断力の全くない愚か者である。このような人たちは、周辺事情や様々な人達に尺度を合わせることを決してしない。このような人たちは経験を積んでいかない。またある人たちは、ある程度までは自らを知っているがために、邪悪な霊の働きをする者に直面すると、あえて立ち上がり相手を非難するようなことはせず、頭を垂れてあやまちを認めてしまう。このような人たちは、明らかに聖霊が働いているときでさえ決して従おうとせず、邪悪な霊も神の手中にあると信じ、抵抗するためにあえて立ち上がろうとは決してしない。このような人たちは神の尊厳を持たず、神のために重荷を担うことなどまずできない。このような混乱状態にある人たちは識別することがない。この経験の仕方は神の見地からは不適切であり、捨て去るべきである。

神はある時は人を試したり、人を鍛えるための環境を作り出したり、またある時は人を導き欠点を改めるための言葉を発したりしながら、人々に実に多くの働きをする。人々が自分たちに欠けている多くのものを知らず知らずのうちに発見するようにと神が用意した環境へ、聖霊が人々を導くこともある。自分が言うことやすること、他の人に対する接し方、物事の対処の仕方を通して、知らず知らずのうちに聖霊がそれまで知らなかったことを気づかせ、物事や人々をもっとよく理解できるようにさせ、それまで気づかなかったことを多く見るようにさせる。この世と接触していると、世の中のものごとを徐々に見分けるようになり、死が近づくと「人でいるのは本当に大変なことだ」と締めくくるかもしれない。神の前でしばらく経験し、神の働きと性質が理解できるようになると、無意識のうちに大いに洞察力を得て、霊的な背丈も徐々に伸びてくる。多くの霊的な事柄を良く理解できるようになり、特に神の働きをはっきり理解できるようになる。そうなると、神の言葉、神の働き、神のあらゆる行為、神の性質、そして神であるもの、神の所有しているものを自分のいのちとして受け入れることができるようになる。もしもあなたがこの世をさまよい歩くだけならば、あなたの翼はどんどん硬くなり、あなたの中の神に抵抗する部分が拡大していく。このようなあなたに神がなんらかの役割を見つけるのは困難になる。あなたの中の例の「私が理解するところでは」という部分が大きくなりすぎて、神があなたを役立たせるのが困難になるのである。神の前にいればいるほど、それだけ経験を得ることができる。あなたがいまだに獣のようにこの世に存在し、口では神への信仰を宣言しながらも心はどこか別のところにあり、世俗的な人生哲学を学んでいるなら、それはいままでの働きをすべて無効にしてしまうことにならないであろうか。神の前にいればいるほど、神によって完全にされることはそれだけ容易になる。これが聖霊が働く道筋である。これが理解できないのであれば、正しい軌道に乗ることは不可能であり、神によって完全にされることは問題外である。正常な霊的生活を得ることはできなくなり、まるで機能しないかのように、自らの過酷な働きだけがあり神の働きは一切ない状態に陥る。これはあなたの経験の何かが間違っているということではないのか。神の前に出るためには、必ずしも祈らなくてもよい。神について黙想したり神の働きについて熟考したりしている時や、あるいは物事に対処している時、なんらかの出来事において自らを示された時などに、人が神の前に出ることがある。「私はよく祈るので、神の前にいることになりませんか」と、ほとんどの人が言う。多くの人は「神の前で」 祈り続ける。このような人たちは常に祈りの言葉を口にしているかもしれないが、本当に神の前で生きているわけではない。この種の人は、このような方法でしか神の前に留まることができないのである。自らの心でもって神と常に繋がったり、神の前に出るために経験を用いたりすることが―それが熟考や心の中での黙想であれ、神の重荷に思いを馳せながら心の神に自らの心でもってふれあう方法であれ―できないのである。彼らは口で空に向かって祈りを捧げる。ほとんどの人は心の中に神を持たず、神を持つのは神に近づく時だけである。だが大半の時間は神を少しも持っていない。これはその人が心の中に神を持っていないことの表れではないか。本当に神を心に持っていたならば、泥棒や獣がするようなことをするであろうか。神を本当に畏れる人は、神と交わる時に真の心で神の前に出、その思いや考えは常に神の言葉で占められる。このような人は、人ならば達成できる外面上のものごとに関して誤りを犯すことはまずなく、神に明らかに反することは一切行わない。これだけが信者であることの規範である。

前へ:適切な牧者が備えておくべきもの

次へ:新時代の戒め

他のお気に入り