誰も神の言葉から離れられない

今 神が肉として来るのは

招きによるもの

人の状態を考えて

必要なものを与えるため


神が来るのは

人がどんな素質・教養であっても

神の言葉を見て

神の存在と現れを見るためで

言葉で神が与える完全さを受け入れるためだ

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと


人の本性がいかに偉大でも

本質が貧しくても

神は目を留めない

人の過去の行いがどうであれ

心にある神の姿を変えることを

神は望んでいる

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと


神は人が人の本質を知り

見解を変えることを望む

人が神を深く慕い

永遠の愛情を抱くことを望む

これは神が人に求める全て

神が望むのは

人がその思想と観念を変えること

そうすれば神の本当の顔が

人の心に植えつけられるだろう

これが神が地上で願う唯一のこと


『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(7)」より編集

前へ: 神は終わりの日に言葉を用いて全宇宙を征服する

次へ: すべては神の言葉で成就する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人の子が現れた

世界の東から一筋の輝く光が現われ 西の果てまで照らす 人の子が地に降臨した 全能神である救い主が戻って 真理を表し 新時代を始めた 人の子が現れ 神が来た 神は人類に永遠のいのちの道をもたらす 新しい天と地 新しい時代と人間 新しい道と生活 新しいエルサレムが地に降臨…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索