全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第九十七章

わたしは一人ひとりにわたしの奇しき業を見せ、わたしの知恵の言葉を聞かせる。それはひとり残さずすべての人間でなければならず、また、一つひとつの事柄に関していなければならない。これがわたしの行政命令であり、わたしの怒りである。わたしは一人ひとりの人間と、一つひとつの事柄に関わり、宇宙の端から端まですべての人々が自分の目で見ることができるようにする。さもなければ、わたしは決して止まらないであろう。わたしの怒りは全部注がれており、その片鱗さえ留められていない。それは、この名を受け入れるすべての人に向けられる(これは間もなく世界のすべての国に向けられる)。そして、わたしの怒りとは何であるか。それはどのぐらい厳しいのか。わたしの怒りはどういう人間に注がれるのか。ほとんどの人は怒りが最も度合の高い憤りだと思っているが、これはそれを完全に説明してはいない。わたしの怒りとわたしの行政命令は二つの切り離すことのできない部分である。わたしが行政命令を執行すると、そのすぐ後に怒りが続く。それでは、正確に言って怒りとは何であるのか。怒りとはわたしが人々に下す裁きの度合であり、わたしのどの行政命令の執行の背後にもある原則である。誰がわたしの命令の一つに違反しようと、どの命令が破られたかに応じて、わたしの怒りはそれ相応のものとなるだろう。怒りと共にわたしの行政命令は来て、わたしの行政命令と共に怒りが来る。わたしの行政命令と怒りとは、不可分な全体を形成するのだ。それは最も厳しい裁きであり、誰もそれに反することはできない。すべての人々がそれを守らなければならない。さもないと、わたしの手によって打ちのめされることを避けるのは難しいだろう。幾時代にも渡って、人々はそのことを知らなかった(ある人たちは大災害がもたらした苦痛を体験したが、それでもまだそのことを知ることはなかった。しかし、これは主に今、実施されつつある)。しかし、あなた方が違反することがないように、わたしはそのすべてを今日明らかにしよう。

すべての人々がわたしの声を聞いて、わたしの言葉を信じるべきである。さもなければ、わたしは行動しないし、何の働きもしない。わたしの一つひとつの言葉と行動はすべて、あなた方が従わなければならない模範である。それらはあなた方の手本であり、あなた方が従うべきひな型である。わたしが肉となった理由は、あなた方が、わたしの人性の中に、わたしの存在そのものとわたしの持っているものとを見るようになるためである。将来わたしは、わたしの神性の中にある、わたしの存在そのものとわたしの持っているものとをあなた方に見せよう。物事はこのように段階的に進行しなければならない。さもなければ、人々は信じることができず、彼らがわたしを認識することはないだろう。代わりに、彼らはビジョンについて不明瞭で曖昧になるばかりで、わたしをはっきりと理解することができないだろう。わたしの言葉は、わたしの本質があなた方に完全に現れたことを示している。ただ、人々は愚かで無知なので、彼らはわたしの言葉を聞いても、まだわたしを知らない。人々は未だにわたしの現在の受肉を否定するので、わたしは、わたしの怒りと行政命令を用いて、この邪悪でふしだらな古い時代を罰し、サタンと悪魔を完全に辱める。これが唯一の方法であり、それは人類の終着点であり、人類を待ちうけている終焉である。その結果は、誰にも変えたり、言い逃れしたりすることができない既定の結論である。最後の決定を下すのはわたしだけである。これがわたしの経営であり、わたしの計画である。人々は皆信じて、心で確信し、言葉でそれを表現しなければならない。この世で幸福を得る者は確かに永遠に苦しみを受けるだろう。一方、この世で苦しむ者は必ず永遠に祝福されるだろう―これはわたしが予め定めたのであり、誰もそれを変えてはならない。誰もわたしの心を変えてはならない。また、わたしの言葉に一つの言葉も加えてはならず、勝手に言葉を取り除くことなどは、なおさら許されない。わたしは確かにすべての違反者を罰するであろう。

わたしの奥義は日々あなた方に明らかにされている―あなた方は本当にそれを理解しているか。それについて本当に確信を持っているか。サタンがあなたを欺いているとき、あなたはそれを見破ることができるか。これはあなた方のいのちにおける背丈によって決まる。すべてのものはわたし自身によって予め定められているとわたしが言うなら、何故わたしは長子たちを完全にするために、受肉して人となったのか。さらに、何故わたしは人々が無意味だと思うような多くの働きをしたのか。混乱しているのはわたしなのか。このことを覚えておきなさい。わたしがするすべてのことは、長子たちを得るためだけではなく、より重要なことには、サタンを辱めるために為されるのである。サタンはわたしに背くが、わたしにはサタンの子孫をサタンに反抗させ、わたしを讃美するようにさせる力がある。これはさらに、次の段階の働きが円滑に流れ、全世界が歓呼してわたしを讃美し、息のあるすべてのものがわたしの前にひざまずき、わたしに栄光を帰すようになるためである。その時は本当に栄光の日になるであろう。わたしはすべてのものをわたしの手の中に持っており、七つの雷が轟くと、すべてのことは完全に達成され、決して変化することがなく、全てが固定される。その時点から、新しい天と地の新しいいのちに入ることが可能となり、まったく新しい状況に入り、神の国の生活が始まるであろう。しかし、神の国ではどのようであるのか。人々はそれをはっきりと認識できない(なぜならこれまで誰も神の国の生活を味わったことがないからであり、それはただ人々の頭の中で想像され、彼らの心の中で思い巡らされてきたからである)。教会生活から神の国の生活に変わる際、すなわち現在の状態から未来の状態へと移行する際、人々が今までに想像もしなかった多くのことが、この時期に起こるだろう。教会生活は神の国の生活へ入ることの先駆けであり、神の国の生活が始まる前に、わたしは教会生活を促進する努力を惜しまないだろう。教会生活とは何であるのか。それは、わたしの長子を含め、すべての者がわたしの言葉を飲食し楽しみ、わたしを知り、そうして、わたしの行政命令とわたしの裁きとわたしの怒りを理解するために、わたしの焼き尽くす炎と清めを受け、その結果、神の国の生活の中で違反することを避けることができるようになることである。そして、神の国の生活とは何であるか。神の国の生活とは、わたしの長子たちが、すべての国々とすべての人々を支配して、わたしと共に王として統治する所である(わたしの長子たちとわたしだけが神の国の生活を楽しむことができる)。すべての国々とすべての人々から来るわたしの子らとわたしの民は、神の国に入るが、彼らは神の国の生活を楽しむことはできない。霊の世界に入る者だけが、神の国の生活を楽しむことができるのだ。だから、わたしの長子たちとわたしだけが体の中で生きることができ、一方わたしの子らとわたしの民は肉の中で生き続ける。(しかし、これはサタンによって堕落させられた肉ではない。これが、わたしの長子たちがわたしと共に王として支配することの意義である。)その他のすべての人々は霊、魂、肉体を取り上げられ、ハデスに投げ込まれる。つまり、これらの人々は完全に滅び、存在しなくなる(それでも彼らは苦難や災害といったような、サタンのすべての束縛と残虐な行為を通らなければならない)。これが完了すると、人々は神の国の生活への正しい道に正式に入ることができ、わたしは正式に私の業を現し始めるであろう(公然と現され、隠されていない)。その時からは、もう決して嘆きや涙はない。(というのは、人を傷つけたり、泣かせたり、苦しめたりすることが、もはや何もなくなるからである。そして、これはわたしの子らとわたしの民にも言えることである。しかし、強調すべき点がひとつある。それは、わたしの子らとわたしの民は永遠に肉のままであるということである)。すべては陽気になり、喜びの光景となる。それは物理的なものではなく、肉眼では見ることができないものである。わたしの長子である者たちもそれを楽しむことができる。これがわたしの奇しき業と力である。

わたしは、あなた方がわたしの旨を追求し、どんな時にもわたしの心を配慮することができることを願う。はかない快楽はあなたの全人生を滅ぼし得るが、一時的な苦しみは永遠の祝福を迎え入れることができる。落ち込んではならない。これは歩んで行かなければならない道である。わたしは以前しばしば言った。「心からわたしのために尽くす者よ、わたしは必ずあなたを大いに祝福する。」祝福とは何であるのか。それはただ今日得られるものではなく、それ以上に、将来楽しむべきものである―これのみが真の祝福である。あなた方がシオンの山に戻ると、あなた方は現在の苦しみ故に、尽きない感謝を表すだろう。これはわたしの祝福だからである。今、肉の中に生きていることがシオンの山にいることであり(あなたがわたしの中に生きていることを意味する)、一方、明日、体の中に生きることは栄光の日となるだろう。そして、これはシオンの山の上では、なおさらそうなのである。わたしのこれらの言葉を聞いた後、あなた方はシオンの山の意味を理解する。シオンの山とは神の国の同義語であり、それはまた霊の世界でもある。今日のシオンの山では、あなたは肉の中にあり、慰めを受け、わたしの恵みを得ている。将来のシオンの山では、あなたは体の中にあり、王として支配する祝福を楽しむだろう。絶対にこれを無視してはならない。そして、祝福を得ることができる時を決して逃さないようにしなさい。結局のところ、今日は今日であり、それは明日とは非常に異なっている。あなたが祝福を楽しむようになると、今日の恵みは言うにも値しないとあなたは思うだろう。これが、わたしがあなたに委ねるものであり、わたしの最後の忠告である。

前へ:第九十六章

次へ:第九十八章

他のお気に入り