全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第九十六章

わたしは、わたしから生まれたが、まだわたしを知らないすべての者を罰し、わたしのすべての怒りと、わたしの大いなる力と、わたしの完全なる知恵を示そう。わたしの中では、すべてが義であり、不義、欺瞞、曲がったことは全くない。曲がった者、偽り者は誰でも地獄の子である──ハデスで生まれたにちがいない。わたしの中では、すべてが明白である。わたしが達成すると言うことは、すべて達成され、わたしが確立すると言うことは確立され、誰もこれらのことを変えたり真似たりすることはできない。わたしは唯一の神自身だからである。今起ころうとしていることの中で、わたしが予め定め、選んだ長子たちの一群の中にいるすべての者が一人ずつ明らかにされ、長子の一群の中にいない者は皆、これを通してわたしによって取り除かれる。わたしはこのようにわたしの働きを為し、達成する。今はただわたしの長子たちがわたしのすばらしい業を見ることができるように、わたしは何人かの人々を明らかにするが、後になるとわたしはこのようには働かないであろう。わたしは、彼らにその真の本性を一つずつ示させるのではなく、むしろ全体的な状況から始める(何故なら、悪霊たちは基本的には皆同じなので、例として少数のものを選ぶだけで十分であるからだ)。わたしのすべての長子たちは、心の中ではっきり確信しているので、わたしが綿密に説明する必要はない(定められた時に、彼らは必ず一人ひとり明らかにされるからである)。

約束を守ることはわたしの本性であり、わたしにあっては何ひとつ隠されても覆われてもいない。あなたが理解すべきことは何であれ、わたしはあなた方にそのすべてを教えるが、あなたが知るべきでないことは何であれ、絶対に教えない。それは、あなた方が堅く立つことができないようなことがないためである。僅かなものを惜しんで多くを失うことになってはならない―それは実に価値のないことであろう。わたしが全能なる神であり、すべてが成し遂げられ、すべてが容易で喜ばしいものになることを信じなさい。これがわたしのやり方である。わたしは、信じる者には誰にでも、見ることを許し、信じない者には誰にも、知ることを許さず、決して理解させることはない。わたしの中には感情や憐みはなく、誰でもわたしの刑罰に反する者は、全員同じように扱い、容赦なく殺す。わたしは誰に対しても同じである──わたしには個人的感情がなく、いかなる場合も感情的に行動することはない。どうしてわたしは、わたしの義と威厳を人々に見せずにおられようか。これは誰にも変えることができず、誰にも完全には知ることのできない、わたしの知恵とわたしの性質である。わたしの手は常にすべてのことを指揮している。いかなる時も、常にわたしはあらゆることに采配を下し、わたしの思いのままにすべてのものに奉仕させる。わたしの経営(救いの)計画を達成するために、多くの人々がわたしのために奉仕しているが、最終的に彼らは祝福を見るけれども、それを楽しむことはできない──何と哀れなことよ。しかし、誰もわたしの心を変えることはできない。これがわたしの行政命令であり(行政命令については、それは誰も変えることのできないものである。だから、将来わたしが話すとき、わたしが何らかの決心をしたなら、それは間違いなくわたしの行政命令である。覚えておきなさい。それに違反することはできない。あなたが損失を被ることのないように)、それはまたわたしの経営計画の一部でもある。それはわたし自身の働きであり、誰もができることではない。わたしはこれをしなければならない──これを定めなければならない。それはわたしの全能を示し、わたしの怒りを表すのに十分である。

ほとんどの人々はわたしの人間性についてまだ知らず、明瞭でない。わたしはそれを何度か述べたが、あなた方はまだ曖昧で、あまり理解していない。しかし、これはわたしの働きであり、今この時、知っている者は知っており、誰であれ知らない者にはわたしは強要しない。それはそのようにしかならない。わたしは、はっきりと話したので、後になってそれを言うことはない(何故なら、わたしはあまりにも多く話し、非常にはっきりと述べたからである。わたしを知っている者には確かに聖霊の働きがあり、間違いなくわたしの長子の一人である。わたしを知らない者は明らかにわたしの長子ではなく、わたしがその人からわたしの霊を取り去ったことを証明している)。しかし、最終的にわたしはすべての者にわたしを知らしめるだろう──わたしの人間性と神性の両方においてわたしを完全に知らせるだろう。これらはわたしの働きの段階であり、わたしはこのように働かなければならない。これはわたしの行政命令でもある。誰もがわたしを唯一の真の神と呼んで、絶え間なくわたしを讃美し、賞賛しなければならない。

わたしの経営計画はすでに全て完了しており、すべてが随分前に成し遂げられている。人間の目にはわたしの働きの多くがまだ進行中であるように見えるが、わたしはすでにそれを適切に手配しており、わたしの段階に従って一つひとつ完成を待つだけである(何故なら、世界の創造以前に、わたしはすでに、誰が試練に持ちこたえ、誰がわたしによって予め定められ選ばれることはないか、また、誰がわたしの苦しみを分かち合うことができないかを定めたからである。わたしの苦しみを分かち合うことができる者たち、すなわち、わたしによって予め定められ選ばれた者たちを、わたしは必ず守り、彼らがあらゆることを超越できるようにする)。わたしの心の中では、誰がどの役割に就いているのか、はっきりしている。わたしは、誰がわたしに奉仕し、誰が長子であり、誰がわたしの子らと民の中にいるかをよく知っている。わたしはこれをわたしの手の甲のように知っている。誰であれわたしが過去に長子であると言った者は、今もなお長子であり、誰であれわたしが過去に長子ではないと言った者は、今もなお長子ではない。わたしが行うことは何であれ、わたしは後悔することはなく、容易に変更することはない。わたしの言うことはわたしが言おうとすることで、(わたしの中では軽薄なものは一切ない)、それは決して変わることがない。わたしに奉仕する者は、常にわたしに奉仕するのである。彼らはわたしの牛であり、わたしの馬である(しかし、これらの人々は決して霊において啓発されていない。わたしが彼らを用いるときは、彼らは役に立つが、彼らを用いないときは、わたしは彼らを殺す。わたしが牛や馬について話すとき、それは霊において啓発されていない者、わたしを知らない者、また、わたしに従わない者を意味しており、たとえ彼らが服従し、従順で、単純で、正直でも、彼らは依然として実際、牛や馬なのである)。さて、ほとんどの人々は、わたしの前で自堕落で、拘束されず、いい加減に話し、笑い、不敬な振る舞いをしている―彼らは、わたしの神性ではなく、わたしの人間性だけを見る。わたしの人間性では、これらの行動は大目に見て、わたしはそれらを赦すことができるが、わたしの神性では、これはそれほど容易ではない。将来わたしは、あなたがわたしを冒涜して罪を犯したと決定する。言い換えれば、わたしの人間性を侵害することはできるが、わたしの神性を侵害することはできない。だから、わたしは、誰であれ少しでもわたしに対立する者は、遅れることなく、直ちに裁く。あなたが何年もわたしと交わり、わたしと親しくしてきたからといって、いい加減に話したり行動したりできると思ってはならない。わたしはあまり気遣いしない。それが誰であれ、わたしはその人を義によって扱う。これがわたしの義である。

わたしの奥義は、日々人々に明らかにされ、啓示の段階を経て、毎日明瞭になるのであって、それはわたしの働きの歩調を示すのに十分である。これがわたしの知恵である(わたしはそれを直接言わない。わたしはわたしの長子たちに啓示を与え、赤い大きな竜の子孫を盲目にする)。さらに、今日わたしは、わたしの子を通してあなた方にわたしの奥義を明らかにする。人々の想像を絶することを、今日わたしは、あなた方に明らかにし、あなた方に十分わからせ、明瞭に理解させる。さらに、この奥義は、わたしの長子以外のすべての者の中に存在するが、誰もそれを理解することはできない。それは各人の中にあるが、誰もそれを認識することはできない。わたしは何を言っているのか。この期間のわたしの働きとこの期間のわたしの言葉の中で、わたしはしばしば赤い大きな竜、サタン、悪魔、大天使のことに言及する。それらは何であるのか。それらの関係とは何であるか。これらのものの中には何が表されているのか。赤い大きな竜の表れは、わたしへの抵抗、わたしの言葉の意味への理解力の欠如、わたしへの頻繁な迫害、わたしの経営を邪魔するための策略を使おうとすることである。サタンは次のように表されている。権力をめぐってわたしと闘う、わたしの選びの民を所有しようとする、わたしの民を欺くために否定的な言葉を発する。悪魔の表れ(わたしの名前を受け入れない者、信じない者は皆悪魔である)は次のようなものである。肉の快楽を渇望する、邪悪な欲望に耽る、サタンの束縛の中で生きる、ある程度わたしに抵抗し、ある程度わたしを支持する(しかし、彼らがわたしの愛する息子たちであることは証明していない)。大天使の表れは次のようなものである。横柄に話す、不信心である、わたしの口調を真似て人々に説教する、外見的にわたしを模倣することばかりに集中する、わたしが食べるものを食べ、わたしが使っているものを使う、などである。一言で言えば、わたしと同等になりたいということであり、野心的であるが、わたしの資質に欠け、わたしのいのちを持っておらず、ゴミ同然である。サタン、悪魔、大天使はすべて赤い大きな竜の典型的な表れなので、わたしによって予め定められ、選ばれていない者たちは皆、赤い大きな竜の子孫である。絶対にそうである。これらはすべてわたしの敵である。(しかし、サタンの妨害は除外されている。もしあなたの本性がわたしの資質であれば、誰もそれを変えることはできない。あなたは今でも肉の中で生きているので、時折サタンの誘惑に直面するだろう──これは避けられない──しかし、あなたは常に気を付けなければならない。)それ故、わたしはわたしの長子たちを除いて、赤い大きな竜の子孫をみな捨て去る。彼らの本性は決して変わることがない。それはサタンの性質である。彼らが現わすものは悪魔であり、彼らが生きるものは大天使である。これは完全に真実である。わたしが言う赤い大きな竜は、単なる一匹の赤い大きな竜ではない。むしろ、それは「赤い大きな竜」という同義語を持つ、わたしに敵対する悪霊である。したがって、聖霊以外のすべての霊は悪霊であり、また赤い大きな竜の子孫であるとも言えるのである。すべての者がこれを極めて明瞭に理解すべきである。

前へ:第九十五章

次へ:第九十七章

他のお気に入り