全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第九十一章

わたしの霊は語り、わたしの声を絶えず発する。あなた方のうちわたしを知ることができる者は何人いるか。どうしてわたしは肉となってあなた方の間に来なければならないのか。これは大いなる奥義である。あなた方は一日中わたしのことを思い、わたしを慕い、またわたしを讃美し楽しみ、日々わたしを飲食しているが、今日まだわたしを知らない。何と無知で盲目なことか。何とわたしを知らないことか。あなた方のうちわたしの旨を配慮することができる者が何人いるのか。つまり、あなた方のうちの何人がわたしを知ることができるのか。あなた方は皆、狡猾で邪悪なやからであるが、それでもわたしの旨を満たしたいのか。いい加減にしなさい。あなたに言うが、サタンの行為がどんなに立派でも、それはすべてわたしの建て上げるものを破壊し、わたしの経営を邪魔するためなのだ。サタンがどんなに立派に行動しても、その本質は変化しない―サタンはわたしを否定するのである。そのため、多くの人たちが知らないうちにわたしの手によって打たれ、知らないうちにわたしの家族から逃げ出している。今日、人によって指揮されること(それが大きいものであれ小さいものであれ)はなく、それらはすべてわたしの手の中にあるのだ。誰かがすべてのものは人間の支配下にあると言うなら、あなたはわたしを拒否しているとわたしは言い、あなたを厳しく懲らしめ、あなたが頭を休める所がどこにもないようにする。あらゆるものの中で、わたしの手の中にないものとは何か。わたしによって定められないもの、またわたしによって決定されないものとは何か。それでもまだ、あなたはわたしを知っていると言い続ける。それは真っ赤な嘘である。あなたは他人を欺いたので、わたしをも騙すことができると思っているのか。あなたがしたことを他の誰も知らなければ問題ないと思ったのか。そう簡単に逃れられると思ってはならない。わたしはあなたをわたしの前にひざまずかせ、それを白状させねばならない。白状しないことは許されないことである。これはわたしの行政命令である。

あなた方はわたしの霊が誰であり、人間としてのわたしが誰なのかを本当に理解しているか。わたしが受肉することの意義とは何か。あなた方のうちの誰がこのような重要なことを慎重に熟考し、わたしから何らかの啓示を受けたことがあるのか。あなた方は皆自分自身を騙しているのだ。なぜわたしはあなたが赤い大きな竜の子孫だと言うのだろうか。今日わたしはあなた方にわたしの受肉の奥義を明らかにし、世界の創造以来、人間が解き明かすことができなかった奥義、わたしの憎しみの対象となった多くの者たちに滅びをもたらした奥義を明らかにする。そしてそれが今日なのである。わたしの肉故に、わたしが愛する多くの者たちが完全にされた。厳密には、なぜわたしは肉とならなければならないのか。そして、なぜわたしはわたしの現在の姿(わたしの身長、外見、背丈などのすべてのもの)を持っているのか。それについて一つでも何か言える者が誰かいるか。わたしの受肉にはそれほど多くの意義があるので、それについてすべてを言い尽くすことはできない。わたしはあなた方に今その一部を告げよう(わたしの働きの段階がここまで達したので、わたしはこれを為し、これを言わなければならない)。わたしの受肉は主にわたしの長子たちを対象としている。それは、わたしが彼らを牧養し、彼らがわたしと顔を合わせて会話して、話すようになるためである。それはさらに、わたしとわたしの長子たちはお互いに親密であることを示す(つまり、わたしたちは一緒に食事し、一緒に住み、一緒に生活し、一緒に行動する)。そうしてわたしによって実際に養われるためである―これは空しい言葉ではなく、現実である。以前、人々はわたしを信じていたが、現実を把握できなかった。それはわたしがまだ受肉していなかったからだ。今日、わたしが受肉したことによって、あなた方は皆、現実を把握することができ、誠実にわたしを愛する者たちは、わたしの話とわたしのふるまいと、わたしが事柄を扱う方法の背後にある原則を通して、わたし、つまり知恵ある神自身を知ることができる。またそのことによって、誠実にわたしを求めていない者たちは、わたしのわずかな行動の中にあるわたしの人間性というわたしの側面を見るようになり、そこでわたしを否定し、次にわたしに打ちのめされて、「まったく何の理由もなく」死ぬであろう。サタンを辱めることにおいて、受肉はわたしのために最も圧倒的な証をする。わたしは肉から出て来ることができるだけでなく、肉の中に生きることもできる。わたしには空間的または地理的制限がない。わたしには何の障壁も一切なく、すべてがなめらかに流れる。サタンはこの点で最も恥をこうむり、わたしが肉から出て来るとき、わたしは尚もわたしの肉を通して働き、わたしは何の影響も受けない。わたしは尚も山々、川、湖、そして宇宙の隅々を渡り歩く。わたしは、わたしから生まれたが、わたしに背くために立ち上がったすべての者たちを露わにするために受肉したのである。もしわたしが肉になっていなければ、彼ら(つまり、わたしの面前では一様に行動し、わたしの背後では別の行動をとる者たち)を露わにするすべはないだろう。もしわたしが霊のままであれば、人々はわたしを彼らの観念の中で拝み、わたしが形のない手の届かないところにいる神だと思うだろう。わたしは今日、人々の観念(わたしの身長と外見のことを言っている)とは反対に、ごく普通のあまり背の高くない人間となって受肉した。サタンを最も辱めるのはこの点であり、それは人々の観念(サタンの冒涜)に対する最も強力な反撃である。もしわたしの外見が他の人間と違っていたら、それは厄介なことになるだろう──誰もがわたしを崇拝し、自分の観念によってわたしを理解するようになり、わたしのためにあのような美しい証しをすることはできないだろう。だからわたしは今日わたしが持っている姿を自分のためにとったのであり、それは理解するのにまったく難しくはない。誰もが自分の観念から抜け出すべきであり、サタンの狡猾な計略によって騙されてはならない。将来、わたしは、自分の働きの必要に応じて、もっと多くのことをあなた方に続けて語るであろう。

今日、わたしの偉業は成功し、わたしの計画は達成された。わたしは一致してわたしと協力する一群の人々を得た。これはわたしの最も栄光ある時でもある。わたしの愛する子ら(わたしを愛するすべての者たち)は、わたしと共に為すべきすべてのことを完了させることにおいて、わたしと心と思いを一つにすることができる──これは驚くべきことである。今日から後、わたしが不満を持っている者たちに対しては、聖霊の働きはないだろう。つまり、過去にわたしが言ったことに従わない者たちは、わたしが廃棄処分する。人々はわたしが言うことに完全に従わなければならない。これを憶えておきなさい。それは完全に一致するということである。誤解してはならない。すべてはわたし次第なのだ。人間よ、わたしに条件を言ってはならない。わたしがあなたには資格があると言うなら、それは石に書かれているように変わることはない。また、わたしがあなたに資格がないと言うなら、悲しそうにして天と地を責めてはならない―それらは全てわたしの采配なのだ。あなたが自分自身を侮蔑するようにしたのは誰か。あなたにあのような恥知らずの愚行をさせたのは誰か。たとえあなたが何も言わなくても、わたしから真実を隠すことはできない。わたしは人間の心の奥底を調べる神自身であるとわたしが言うとき、わたしは誰を指しているのか。わたしはそれらの正直でない者たちに言っているのだ。わたしの背後でそのようなことをするとは、何と恥知らずなことだ。あなたはわたしの目をくらまそうとしているのか。それは容易ではない。直ちにここから出て行け。反逆の子らよ。あなたは自分自身を愛していない。あなたは自分自身を尊重していない。あなたは自分のことを考えないのに、まだわたしがあなたを愛することを望んでいるのか。いい加減にしなさい。わたしはこのような卑劣な者はひとりも要らない。全員ここから出て行け!これはわたしの名に最も深刻な恥をもたらし、あなた方にこれがはっきりと見えないなら、あなた方のためにはならない。あなた方は、この邪悪でふしだらな古い時代の中で、どんな汚れたものにも汚染されることがないように自分を守らなければならない。あなたは完全に聖なるもの、傷ひとつないものでなければならない。今日、わたしと一緒に王として支配する資格のある者たちとは、どんな汚れにもけがされてない人たちである。何故なら、わたしは聖なる神自身であり、誰であれ、わたしの名に恥をもたらす者を、一人として望んでいないからである。これらの者たちについて言えば、彼らは、わたしを試すためにサタンによって送り込まれたのであり、彼らは実のところ、撃退されねばならない(底なしの穴に投げ込まれなければならない)サタンのしもべたちである。

わたしの家族は聖なるものであり、傷ひとつなく、わたしの神殿は荘厳で威厳がある(つまり、わたしが持っているものとわたしの存在そのものを所有する者たちを意味する)。敢えてそこへ入り込み、やたらに騒動を引き起こそうとする者は誰か。わたしは決して彼らを赦さない。彼らは完全に滅ぼされ、大きな恥辱を受けなければならない。わたしは知恵によって行動する。ナイフも、銃も使わず、指一本上げることもなく、わたしは、わたしを否定し、わたしの名に恥をもたらす者たちを完全に打ち負かす。わたしは寛容であり、たとえサタンがこのような騒動を引き起こす時でも、安定した歩調でわたしの働きを続ける。わたしはサタンをまったく気にせず、わたしの経営計画の完成によってサタンを敗北させる。これがわたしの力とわたしの知恵であり、さらにそれは、わたしの終わることのない栄光のほんの一部である。わたしの目には、わたしを否定する者たちは泥の中を這い回る虫のようなものであり、わたしが望めば、いつでも踏み潰すことができる。しかし、わたしは知恵によって物事を行う。わたしは、わたしの長子たちが行って、彼らを処分することを望んでいる。わたしは決して急がない。わたしは念入りに、秩序立てて、何の誤りもなく行動する。わたしから生まれたこれらの長子たちは、わたしの存在そのものを持つべきであり、わたしの業の中に、わたしの終わりのない知恵を見るべきである。

前へ:第九十章

次へ:第九十二章

他のお気に入り