全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第九十二章

一人ひとりが、わたしが話す言葉とわたしが為すことの中にあるわたしの全能性と知恵を見ることができる。わたしがどこへ行こうと、わたしの働きがそこにある。わたしの足跡は中国だけではなく、更に重要なことに、世界のすべての国にある。しかし、これらはわたしの働きの段階であるので、この名を最初に受け取るのは、以前言及した七つの国だけである。そして近い将来、あなた方はそれについて完全に明確になり、十分に理解するだろう。わたしはあなた方の霊的背丈に従ってあなた方に語り、わたしの声を発すると以前わたしが言ったように、もしわたしが今あなた方に告げるならば、恐らく大多数の者たちはそのために倒れてしまうだろう。そして、わたしが為すあらゆることの中には、誰も推し量ることができないわたしの終わりのない知恵が宿っているのである。それについてわたしはあなた方に一度に少しだけしか教えられない。このことを知っておきなさい。あなた方はわたしの目には永遠に子供である。あなたが踏み出す一歩一歩において、あなたはわたしによって導かれ、わたしによって指導されなければならない。人々よ、あなた方は、わたしの指導のもとでのみ、全生涯を生き抜くことができるのである。わたしの指導がなければ、誰ひとり生き続けることはない。宇宙と世界全体がわたしの手の中にあるが、あなたはわたしがあくせくしているのを見ることはない。逆に、わたしはリラックスしており幸せある。人々はわたしの全能性を知らず、彼らは皆、わたしのために心配したいと思っている――何と自分を知らないことか。あなたはまだわたしの前で自分のゴミを見せびらかし、自分自身に感心している。わたしはずっと昔にこれを見抜いていた。そして、あなたはわたしの前で策略をめぐらす。侮蔑すべき卑劣な者よ。今すぐわたしの家から出て行きなさい。わたしはあなたのようなものは要らない。わたしはあなたのような侮蔑すべき卑劣な者を欲するよりも、むしろわたしの国にまったく誰もいないことを望む。わたしはもうあなたの上に働いていないことを知らなかったのか――あなたは今もいつもと同じように食べ、同じような服装をしているという事実にもかかわらず。しかしあなたは、自分がサタンのために生きていることを知っていたか――あなたはサタンのための奉仕していることを。それでも、あなたにはまだわたしの前に立つ神経があるとは――あなたは非常に恥知らずである。

以前、わたしはしばしば言った。「大きな災害がすぐに降りかかる。大きな災害はすでにわたしの手から降りかかっている」と。「大きな災害」とは何を指し、この「降りかかる」ということをどのように説明するのか。あなた方は、これらの大きな災害は、人間の霊、魂、身体を傷つける、避けられない災害を指していると思い、わたしが話す「地震、飢饉、疫病」がこの大きな災害だと思っている。しかしあなた方が知らないのは、あなた方がわたしの言葉を誤解しているということである。そして、あなた方は、この「降りかかる」ということが、大きな災害が始まったことを意味していると思っている。これは笑い話である。あなた方は実際、それをこのように理解する。そして、わたしはあなた方の説明を聞いた後、本当に怒る。人々が解明することができなかった奥義(最も秘密の奥義)は、時代を通じて最もひどく誤解されてきた奥義でもある。さらに、この奥義はこれまで誰も経験したことのないものである(この奥義は終わりの日にのみもたらされるので、人は最後の時代にだけそれを見ることができるが、彼らはそれを知らない)。何故なら、わたしがそれを最も固く封印したからであり、人はそれを決して見抜くことができないのだ(彼らはそのほんの少しも見ることができない)。わたしの働きがこの段階まで続けられた今、わたしはわたしの働きの必要に応じてあなた方に啓示を与える。さもないと、あなた方は決して理解しないだろう。今わたしは交わりを始める。だから、誰もが注意を払うべきである。さもなければ、わたしの長子たちも含めて、誰でも不注意な者はわたしの裁きを受け、最も深刻な場合は、わたしの手によって打ちのめされるであろう(つまり、彼らの霊、魂、肉体が取り除かれる)。大きな災害はわたしの国の行政命令の一つひとつに関連して告げられており、わたしの行政命令の一つひとつが大きな災害の一部である。(わたしの行政命令はあなた方に完全には明かされていないが、このことで心配したり心を騒がせたりすることはない。あなた方が早く知り過ぎると、あなた方にほんの少ししか恩恵をもたらさないことが幾つかある。このことを憶えておきなさい。わたしは知恵ある神である)それでは他の部分は何であるのか。大きな災害には二つの部分が含まれている。それはわたしの行政命令とわたしの怒りである。大きな災害が降りかかる時期とは、わたしが怒りを燃やし、わたしの行政命令を執行し始める時期である。ここでわたしは長子たちに告げる。あなた方はこのために堕落しないように気をつけなければならない。あなたは、すべての物事はわたしによって予め定められていることを忘れたのか。わたしの子らよ。恐れることはない。わたしは必ずあなたを守り、あなたは永遠にわたしと共に素晴らしい祝福を享受し、永久にわたしと共にいるであろう。あなたはわたしの愛する者なので、わたしはあなたを見捨てない。わたしは愚かなことはしない。苦心して完成させた物をわたしが打ち壊したなら、わたしは自分の墓穴を掘っているのではないか。わたしはあなたが心の中で何を考えているのか知っている。あなたは憶えているか。あなたは他に何をわたしに言わせたいのか。わたしは大きな災害についてさらに話そう。大きな災害が降りかかる時期は最も恐ろしい時となり、それは人間の醜さを最も露わにするであろう。あらゆる種類の悪魔の様相はわたしの顔の光の中で暴露され、彼らには隠れる場所はどこにもなく、自分を覆うことができる場所は見つからない。彼らは完全に暴露されるのだ。大きな災害の成果は、わたしによって選ばれなかった者、あるいは予め定められなかった者全員を、泣いて歯ぎしりしながらわたしの前でひざまずかせ、赦しを請わせることである。これがサタンへのわたしの裁きであり、わたしの怒りの裁きである。わたしは現在この働きを行うことに携わっており、資格を持っている振りをして、威張りながら突き進みたいと思う人々も中にはいるかもしれないが、彼らがこのようであればあるほど、サタンはさらに彼らの上に働き、遂には彼らの元来の姿が露わになるであろう。

わたしはわたしの働きをする際慌てることはなく、わたしは一人ひとりの人間を自ら指揮し(これは彼らを風刺しているのだが、彼らが赤い大きな竜の子孫であることを証明し、わたしは彼らにまったく注意を払わないので、「指揮する」と言う言葉を使うのは過言ではない)、すべての業を自分で行う。わたしにおいては、すべてのことが成功し、それは安全かつ確実な成功である。わたしが段階ごとに行うすべてのことは、すでに定められているのだ。わたしは自分の旨とわたしの重荷のことを少しずつ告げよう。この時点から、わたしの言葉はすべての国とすべての民族に現れ始める。わたしの長子たちはすでに完全にされているので(わたしの言葉の焦点はわたしの子らとわたしの民にある)、わたしが働く方法は再び変わり始めた。あなたにはこれがはっきりと見えるか。あなた方はここ数日、わたしの言葉の調子を感じただろうか。わたしはわたしの長子たちをその歩みの一歩一歩において慰めるが、これからは(わたしの長子たちはすでに完全にされているので)わたしは手にナイフを握る(それは最も厳しい言葉である)。わたしが一時的に好意を抱かないで目を留める者については(それはわたしによって予め定められも、選ばれもしなかった者を意味しており、そこに矛盾はない)、彼らがわたしに奉仕する者か、それ以外の何者かであるか、わたしは気にせず、わたしは彼らを直ちに廃棄処分する。わたしは全能なる神であり、わたしはすべての人々をわたしに奉仕させることができる。わたしはためらうことなくこの種の人間は手放す。わたしが彼らを要らないと言うなら、確かに要らないのだ。この時が到来した今、わたしに必要なのは、わたしを不愉快にする者を見ることだけであり、わたしは検証することなく直ちに彼らを捨て去るであろう。何故なら、わたしとわたしの言葉は同じだからだ。わたしに奉仕するようわたしが予め定めた者たちについては、あなたがどれほど善良かに関わらず、また、あなたがわたしに反抗することをしたのかどうかに関わらず、もしあなたがわたしを不快にさせるならば、わたしはあなたを放り出す。わたしはこれから起こりうる問題を恐れない。わたしはわたしの行政命令を持っており、わたしとわたしの言葉とは同じであり、わたしの言葉は成就する。わたしがサタンをわたしのところに留めておくことができようか。人々よ、聞きなさい。あなた方は恐れる必要はない。わたしがあなたに出て行けと言うときは、出て行かなければならない。わたしがあなたに言うことは何もないのだから、わたしに言い訳してはならない。わたしはこのような忍耐を示し、わたしの行政命令を執行する時間が到来し、あなた方の終わりの日もやって来たからである。何千年もの間、あなた方は堕落し、いつも強情で、自分勝手なやり方で物事をしてきたが、わたしはいつも忍耐であった(わたしは度量が大きいので、あなたの堕落がある程度に達することを許した)。しかし、今、わたしの忍耐の日々は終わりを迎え、あなた方が所有されて、火と硫黄の池に投げ込まれる時が来た。急いで道をあけなさい。わたしは正式にわたしの裁きを執行し、わたしの怒りを注ぎ始める。

すべての国や世界のいたる所で、地震、飢饉、疫病、あらゆる種類の災害が頻繁に発生する。わたしがすべての国や世界のいたる所でわたしの大いなる働きを為す時、これらの災害は、世界創造以来のどの時期よりもすさまじいものとなって起こるだろう。これがすべての民へのわたしの裁きの始まりである。しかしわたしの子らは安らかに休むことができる。あなた方の上にひとつの災害も降りかかることはなく、わたしはあなた方を守る(つまり、あなた方はその後、肉ではなく、体の中で生きるので、どんな災害の苦痛も受けない)。あなた方はただわたしと一緒に王として支配し、すべての国とすべての民を裁き、宇宙の隅々で永遠にわたしと素晴らしい祝福を楽しむだろう。これらの言葉はすべて成就され、間もなくあなたの目の前で達成されるだろう。わたしは一刻、一日も遅れることなく、驚くほど迅速に事を行う。心配したり心を騒がせたりしてはならない。わたしがあなたに与える祝福は、誰もあなたから奪うことのできないものだ――これがわたしの行政命令である。わたしの業の故に、すべての人々がわたしに従順になるであろう。彼らは歓呼し続けるだけでなく、さらに喜んで跳び上がり続けるだろう。

前へ:第九十一章

次へ:第九十三章