人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し

今日に至った

しかし神が創造した人類は

長い間堕落に沈んでいる


人は神の存在を信じない

神が来ることを歓迎しない

神の求めにいやいや同意し

人生の喜び 悲しみを

心から神と分かち合わなかった

人は神を不可解なものと見る

神に微笑むふりをし

へつらうような態度を示しているのは

神の働きや意志を知らないからだ

人類はもはや神が望むような存在ではない

彼らは「人」と呼ぶに値しない

むしろサタンの虜となった屑

サタンを宿した歩く屍だ


神は正直に言う

その日が来ると

神を礼拝する誰もが

あなた方が受ける苦難よりも

軽い苦難を受けるだろう

その信仰はヨブ パリサイ人に劣る

そのため炎の日が訪れると

あなた方の苦難は

パリサイ人やモーゼに反した指導者

滅びた時のソドムより深刻になる

人類はもはや神が望むような存在ではない

彼らは「人」と呼ぶに値しない

むしろサタンの虜となった屑

サタンを宿した歩く屍だ

『言葉は肉において現れる』の「本物の人とは何を意味するのか」より編集

前へ: 堕落した人類の悲哀

次へ: サタンによって堕落させられた人間の実状

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

あなたは信仰ゆえにとても多くのものを得た

裁きの過程の中 神の創造の行く末と 創造主は愛されるべきことを知る 征服の働きにおいて 人生を完全に理解して あなたは神の腕を見る この征服において あなたは「人間」の真の意味を知り 人生の正しい道を得る 神の義の性質美しい栄光を見て 人の起源全てを学び 「不朽の歴史」を知…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索