全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

人間は神が求めるものになることをやめてしまった

人類は何年にもわたり発展して、今日に至った。しかし、神がもともと創造した人類は、長い間堕落に沈んでいる。

1 人々は神の存在を信じないし、神が来るのことを歓迎しない。神の求めにいやいや同意し、人生の喜び悲しみを心から神と分かち合わない。人々は、神を不可解なものとして見るので、神に微笑むふりをし、へつらうような態度を示す。それは神の働きや意志を知らないからだ。人類はもはや神が望むような存在ではない。彼らは「人間」と呼ぶに値しない。むしろ、サタンの虜となった屑、サタンを宿した歩く屍である。

2 神は正直に言う、その日が来ると、神を礼拝するものは誰でも、あなた方が受ける苦難よりも軽い苦難を受けるだろう。あなた方の信仰は、ヨブやパリサイ人より劣るので、炎の日が訪れると、あなた方の苦難はパリサイ人や、モーゼに反対した指導者や、滅ぼされた時のソドムがよりも深刻になる。人類はもはや神が望むような存在ではない。彼らは「人間」と呼ぶに値しない。むしろ、サタンの虜となった屑、サタンを宿した歩く屍である。人類はもはや神が望むような存在ではない。彼らは「人間」と呼ぶに値しない。むしろ、サタンの虜となった屑、サタンを宿した歩く屍である。

前へ:征服の働きの実質

次へ:全人類よ、来て神を礼拝せよ

他のお気に入り