小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

観念や想像力が神を知る助けになることは決してない

1

神に関する知識は人の経験や想像に基づいてはいない。これらを神に強いることは絶対にしてはならない。人の経験や想像力がどんなに豊かであったとしても、それは限られている。それは事実に合わず、また真理にも合わない。また、神の真の性質とは相容れず、神の真の本質とも矛盾している。神の義の性質は神自身の真の本質だ。それは人が造り出したものではなく、創造物とは何の関係もない。結局神は神であり、決して創造物になることはないのだ。たとえ、神が被造物の一員となっても、神の性質と本質は変わらない。変わることはないのだ。

2

従って、神に関する認識は感知することから来るのではない。物を感知したり、事柄を分析したり、一人の人間を理解することから来るのでもない。神に関する認識はそのような手段や方法で得ることはできない。神に関する知識は人の経験や想像に基づいてはいない。それは限られている。それは事実に合わず、また真理にも合わない。神の義の性質は神自身の真の本質だ。それは人が造り出したものではなく、創造物とは何の関係もない。結局神は神であり、決して創造物になることはないのだ。たとえ、神が被造物の一員となっても、神の性質と本質は変わらない。変わることはないのだ。想像力に頼ることで、神を認識することは決してない。神を知る唯一の道、それは神から来る全てを受け入れること。それを少しずつ経験すること。

3

いつの日か神は、あなたが神を真に理解し、認識できるように啓示を与えるでしょう。それはあなたが協力し、真理に飢え渇いていたためなのだ。神の義の性質は神自身の真の本質だ。それは人が造り出したものではなく、創造物とは何の関係もない。結局神は神であり、決して創造物になることはないのだ。たとえ、神が被造物の一員となっても、神の性質と本質は変わらない。変わることはないのだ。神の義の性質は神自身の真の本質だ。それは人が造り出したものではなく、創造物とは何の関係もない。結局神は神であり、決して創造物になることはないのだ。たとえ、神が被造物の一員となっても、神の性質と本質は変わらない。変わることはないのだ。