真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

最初の人類は霊をもつ生き物であった

1

初めに神は人を創った。すなわち神は人類の始祖アダムを創造した。アダムは触れることの出来る完全な形を持ちいのちに溢れていた。アダムは神の栄光に包まれて目覚めた。それから神は最初の女を創った。それはエバ。神はエバをアダムのあばら骨から造られた。エバも又全ての人類の始祖である。神の息と栄光によってアダムとエバは起き上った。あぁ、何という栄光に満ちた日であったことか!神がアダムを創られた日は。あぁ、何という栄光に満ちた日であったことか!神がエバを創られた日は。彼らは人類の始祖であり、人類の純粋で貴重な宝であった。彼らは男と女であり、霊を持つ生き物であった。

2

神はアダムを栄光といのちに満ちた者として、その手で創った。アダムは手で触れることの出来る完全な人、霊を与えられた生き物であった。息を与えられた生き物、神の似姿の現れであった。エバは神の息を持った二番目の人間であった。いのちに溢れ神の栄光を授けられていた。神の似姿に、アダムから形造られた。骨と肉と霊をもつ生きた存在であった。あぁ、何という栄光に満ちた日であったことか!神がアダムを創られた日は。あぁ、何という栄光に満ちた日であったことか!神がエバを創られた日は。彼らは人類の始祖であり、人類の純粋で貴重な宝であった。彼らは男と女であり、霊を持つ生き物であった。彼らは男と女であり、霊を持つ生き物であった。

前へ:立ち上がれ 神と共に働け

次へ:観念や想像力が神を知る助けになることは決してない

他のお気に入り