真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神はただサタンを打ち負かし全人類を救うために受肉する

1

神が肉として地上に現れる間神は人間の間で神の業を行なう。これら全ての業にはたった一つの目的がある。悪魔サタンを打ち負かすことである。彼は人を征服することによってサタンを負かす、また、あなた方を完全にすることによってあなた方が世界に鳴り響くような証しするなら、これも、サタンの敗北のしるしとなる。神はまさにサタンを打ち負かし、全人類を救うために肉となった。

2

サタンが打ち倒されるためには、まず人が征服され、次に完全なものにされる。しかし本質的には、サタンを打ち破ると同時に、神は人を苦悩の世界から救うのである。この業が遂行されるのが中国であろうと、また全宇宙全体であろうと、それはすべて、サタンを打倒し人類を救うためである。人が安息の地へ入ることができるように。神はまさにサタンを打ち負かし、全人類を救うために肉となった。神がごく普通の肉体に宿ったのは、まさにサタンを打ち負かすためである。この受肉の神の業は、天の下で神を愛する全ての者を救うことである。それは全人類を征服するためであり、また、サタンを打ち破るためでもある。人類の救いのためにサタンを打倒するということは、神の全ての業の真髄から切っても切り離せない。神はまさにサタンを打ち負かし、全人類を救うために肉となった。神はまさにサタンを打ち負かし、全人類を救うために肉となった。全人類を救うために。神は全人類を救おうとする。

前へ:神は終わりの日に言葉を使い人々を完全にする

次へ:受肉した神は普通の人ではない

他のお気に入り