小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

全人類の生存は神にかかっている

1

神の最後の業は、単に、人間を罰することでは無く、人間の終着点を定めること、そして神が人間のために為した全てのことについて全ての人の承認を受け取ることである。神は、あらゆる者が、神が成し遂げたことは全て正しく、神が行った全ては神の性質の表出であることを理解するのを望んでいる。神なくして、人間は滅びるしかなく、災いに苛まれるほか無く、緑に満ちた世界や太陽と月の美しさを再び見る者は居ないであろう。神がいなければ、人間もう先へ進めないであろう。神がいなければ、たとえ誰が神に注意していなくても、人類は大災害に苦しみ、あらゆる種類の霊に踏みつけられるだろう。

2

人類は、ただ凍える夜と冷酷な死の影の谷に向かって行く。神は、人間にとって、唯一の救い、希望であり、全人類の生存がこの方にかかっている。人間を創ったのは、人間の業ではなく、まして、自然が人間を創ったのでもない。万物の中の生きるあらゆる霊を養い生かしているのは神である。神なくして、人間は滅びるしかなく、災いに苛まれるほか無く、緑に満ちた世界や、太陽と月の美しさを再び見る者は居ないであろう。神がいなければ、人間もう先へ進めないであろう。神がいなければ、たとえ誰が神に注意していなくても、人類は大災害に苦しみ、あらゆる種類の霊に踏みつけられるだろう。

3

神によって為された業に代われる者は一人もいない。神の唯一の願いは、人間が、善い行いを通して神に報いることである。善い行いを通して。神によって為された業に代われる者は一人もいない。神の唯一の願いは、人間が、善い行いを通して神に報いることである。善い行いを通して。神がいなければ、人間もう先へ進めないであろう。神がいなければ、たとえ誰が神に注意していなくても、人類は大災害に苦しみ、あらゆる種類の霊に踏みつけられるだろう。神がいなければ、たとえ誰が神に注意していなくても、人類は大災害に苦しみ、あらゆる種類の霊に踏みつけられるだろう。