小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神は我々の間に静かに到来する

1

神は黙しており、これまで一度として我々の前に現れたことはない。しかし、神の御業は一度として止まったことはない。神はすべての国々に目を注ぎ、全てのものを支配する。そして人の全ての言葉と行為に注意を払われる。神の営みには段階があり、神の計画にそって行なわれる。神のみ業は静かに進行し、天地を震わすな効果は見られない。しかし、神の歩みは更に人類に近づく、そして神の裁きの御座は雷のごとき速さで宇宙に据えられ、その直後に神の玉座が我々の間に降りてくる。何と荘厳な光景だろうか!何と威厳に満ち厳かな情景だろう!

2

聖霊は鳩の如く、又吼えたける獅子の如く、我々の間に来る。神は賢く、公正で威厳であり、権威を身にまとい、愛と憐れみに満ちて我々の間に静かに到来する。愛と憐れみに満ちて。あたかも神は私たちと何の関係もないように。