真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神自身の本性と位置

1

神は万物を支配する方。神は万物を統べ治める方。神は全てを創造した。全てを統治し、全てを支配し、全てを満ち足らせる。これが神の位置、これが神の存在である。全ての被造物にとって、神は万物の創り主であり、全てのものの主である。これが神の存在における真実であり、神の本性は全創造物の間でたぐいないものである。人間であれ霊であれ、創られたものが神であるふりをしたり、神に取って代わり神の位置に立つことは決してできない。それがどういう手段や理由であれ。万物の間でそのような本性、力、権力を持ち、万物を支配できる存在は唯一神だけである。この方こそ私たちの唯一無二の神自身である。彼こそが私たちの唯一無二の神ご自身である。

2

神は創造物の間に住み、彼らの間を歩む。神は何よりも高く上げることもできる。神は自らを低くし、肉を持った人となることもできる。人類と同じ肉と血を持った人となることができる。神は人々と顔を合わせ彼らの悲しみや喜びを分かち合うのだ。同時に、神は全てを治め、全ての者の宿命と万物の進路を定める。そして更に、人類の運命と進路を導いているのだ。このような神こそ崇められ、従うべきであり、また命ある全ての者に知られるべきである。あなたがどの人種であろうと、またどのような人物であろうと、神を信じ、従い、畏れ、神の統治を受け入れなさい。神の統治と神があなたの運命を定めていることを受け入れなさい。どんな人間にせよ、命のある者であれ、これが唯一の選択である。あなたがしなければ選択なのだ。これが唯一の選択である。あなたがしなければ選択なのだ。

前へ:神は、人間創造の意味を回復する

次へ:神は我々の間に静かに到来する

他のお気に入り