真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

真理を実践するには真の代価が必要である

苦難が訪れた時は、こう祈りなさい。「あぁ、神よ、私はあなたを満足させたい。私が直面する挫折がどんなに大きくても、困難に耐えて、あなたの心を喜ばせたい。たとえ、この命を捨てなければならなくとも、私はあなたを満足させるために働きたいのです。」と。こんな決意を持って祈る時、あなたはしっかり立って証しできるだろう。真理が実践される度、鍛錬され、試みられる度、また、神の業が人々の上に働く度に、人々は大きな苦痛に耐える。これは試練であり、内なる闘いであり、払わなければならない真の代価なのです。

もしあなたが何か言いたいことがあっても、内心正しくないと感じ、それが兄弟姉妹のためにならず、彼らを傷つけるのなら、何も言ってはなならない。むしろ、内心苦しみ、葛藤する方が良い。なぜなら、その言葉で神の心を満足させることは出来ないから。真理が実践される度、鍛錬され、試みられる度、また、神の業が人々の上に働く度に、人々は大きな苦痛に耐える。これは試練であり、内なる闘いであり、払わなければならない真の代価なのです。

心の中での格闘は続くが、あなたは喜んで痛みに苦しみ、自分の愛するものを諦め、困難に耐えて神を満足させ、苦しみながらも肉に屈せず、神の心を満足させる。そうすれば、あなた自身も慰められる。これこそが神の望む代価を払うことだ。真理が実践される度、鍛錬され、試みられる度、また、神の業が人々の上に働く度に、人々は大きな苦痛に耐える。これは試練であり、内なる闘いであり、払わなければならない真の代価なのです。払わなければならない真の代価なのです。

前へ:人間への神の期待は変わったことがない

次へ:造られた者は神の意思に自らを委ねるべきだ

他のお気に入り