神は人の将来を嘆き悲しむ


数多く変転してきたこの広い世界で

歴史が始まるずっと前から

人を導く者は誰もいなかった

全てを支配する神以外は

人の必要を満たすため

苦労し備える君主はいない

不正から解き放つ者はなかった

神は人の将来を嘆き

堕落し引き返せない人のため

どれだけ悲しむことか

人は神に背きその心を引き裂き

喜んでサタンの悪の道を行く

立ち止まり人類の行く末を見極める者はいない


立ち止まり神の怒りを感じるのは誰か

そばに来て喜ばせるのは誰か

その悲しみと痛みが解かる者はどこか

神の呼ぶ声を聞いても

恵・真理・見守りから

それた道を人は歩み続ける

彼らは進んでサタンに身を売る

彼らは進んでサタンに身を売る


反抗的で神を退ける者に

神はどう対処するのだろうか

神の呼びかけと警告の後には

恐ろしく耐えがたい災いが来るだろう

それは人の肉体と魂を罰する

神の計画を無にし声を無視する時

どんな怒りが蓄えられているか誰も知らない

初めて経験した怒り これは類なき災いである

最初であり最後である

神はたった一度の創世と救いを計画した

心で感じる者は誰もいない 人を救う神の丹念な愛と情熱を

神は人類の将来を嘆き、人類の転落を悲しむ

『言葉は肉において現れる』の「神は人間のいのちの源である」より編集

前へ: 人を救おうとする神の切実な願いを知る者はいない

次へ: 全能者がため息をつくのを聞いたことがあるか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

私たちは共に教会に集う

私たちは共に教会に集う 私たちは共に教会に集う それは神を愛する人々の集い。 私たちは神の言葉を飲み食いし、真理について交わり、 私たちの心は甘美さと幸福に満ちている。 過去の記憶から、私たちは悔恨と罪責感を抱いている。 互いを知った今、私たちは神の愛の中で生きる。 偏見も壁も…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索