真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神の現実性と麗しさ

主なる神はアダムとエバのために皮衣を造って、彼らに着せた。この場面から分かる事は、神がアダムとエバの親としての役割を担っていることである。神はアダムとエバを造り、自分の連れ合いとした。神は、彼らの唯一の家族として、その生活を見守り、彼らの必要の全てを世話した。神は、アダムとエバの親の役割を担った。

神はアダムとエバを造り、自分の連れ合いとした。神は、彼らの唯一の家族として、その生活を見守り、彼らの必要の全てを世話した。神は、アダムとエバの親の役割を担われた。アダムとエバの親として、神が為すこの業において、神が為すこの業において、人間は神がどれほど高尚であるかも、神の比類無き崇高さも見ることができない。その謎に包まれた姿も、神の怒りと威厳も見ることができない。人間に見ることができるのは、神の愛と謙遜だけである。また、人間は、神の人への思いやりと、責任感と、配慮を見る。

神がアダムとエバを、どう思い、どう取り扱ったかは、ちょうど人間の両親が自分の子の世話をするのと同様であり、ちょうど人間の両親が自分の息子や娘を見守り、世話をし、愛するのと同様であり、それは現実であり、真実であり、見ることができ、触れることができる。神がアダムとエバを、どう思い、どう取り扱ったかは、ちょうど人間の両親が自分の子の世話をするのと同様であり、ちょうど人間の両親が自分の息子や娘を見守り、世話をし、愛するのと同様であり、それは現実であり、真実であり、見ることができ、触れることができる。見ることができ、触れることができる。神は、自らを力ある高い地位に置かず、自分の手で、人間の衣を造られた。これは簡単で、単純すぎて言うまでも無いことだが、このことにより、神に従い、おぼろげな概念で満ちている者皆が、神の本当の姿、神の誠実さ、神の麗しさも目にし、神が謙遜で忠実な方であることを知る。神は謙遜で忠実な方。神は誠実、また麗しい、見よ。神は謙遜で忠実な方。神は謙遜で忠実な方。主なる神はアダムとエバのために皮衣を造って、彼らに着せた。この場面から分かる事は、神がアダムとエバの親としての役割を。担っていることである。アダムとエバの親の役割を。アダムとエバの親。