人にとって神の愛が如何に重要なことか


聖書の「神はアダムに命じられた」場面は

感動的で暖か

神と人の関係が親密であることが

不思議で憧れずにはいられない


神の多大な愛は人の周りにあり

十分与えられる

人は純粋無垢 

神のもとで不安なく幸せに暮らす

神は気遣い、人は護られる

人のすべての言動は神と引き離せない


人類創造の時から神は人を導いてきた

どんな導きだろう?

人は神に守られ

神を信じ、言葉に従うよう望む

まず神はこれを人に求めたのだ

神は人に命じてこう言った

「園のすべての木から取って食べなさい

ただし、善悪の知識の木からは

決して食べてはならない

食べると必ず死んでしまう。」

これこそ神の意志で 人への関心の表れである


この言葉からわかる神のこころ

愛や思いやりあるのだろうか

神の思いやりは

あなたに良心や情があれば

その温もりと幸せな祝福を感じられるでしょう


その時、あなたは神にどう向かうだろう

忠実だろうか?

敬虔な愛が心に芽生え育つだろうか?

心寄せるだろうか?

神の愛はなんて大事なもの

神の愛を感じ理解することはさらに大切なこと

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神の現実性と麗しさ

次へ: 神は人をかけがえのない存在として見守る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

なぜ真の愛はこの世では見つけにくいのだろうか

神よ、あなたに会いたい もうあなたと離れたくはない 全てを治める創造主 だがいつも共にはいられない あなたは恥辱に耐え 堕落した者を救っているのだ あなたは血と涙の道を旅し 長年苦しみに耐えながら 全ての愛を注がれた 人びとと苦難を分かち合った 孤独で見捨てられても 誰があなたを…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

私たちは共に教会に集う

私たちは共に教会に集う 私たちは共に教会に集う それは神を愛する人々の集い。 私たちは神の言葉を飲み食いし、真理について交わり、 私たちの心は甘美さと幸福に満ちている。 過去の記憶から、私たちは悔恨と罪責感を抱いている。 互いを知った今、私たちは神の愛の中で生きる。 偏見も壁も…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索