全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

宇宙における神の業の動き

地の人々は天使のように神に伏し、従い

神に逆らおうとはしない

これが全宇宙の神の御業

神が幾年も人といたことに気づいた者はいない

神を知るに至っていない

今、御言葉は言う、神はここだと

神は人を御前に招く

賜物を受けるように

しかし人は神から離れ

誰も神のことを知らない

宇宙を神が駆け巡る時

人々は反省する

神の前でひざまずき

神を礼拝する

これは神の栄光の日

再来と出発の日

これは神の栄光の日

再来と出発の日

人の間で業は始まり

全宇宙のいたるところで始まった

最後の計画に注目しない者は罰せられる

神が冷たいからではなく

計画の段階に過ぎない

みな神の計画の段階

誰にも変えられない事実だ

地の人々は天使のように神に伏し、従い

神に逆らおうとはしない

これが全宇宙の神の御業

神が業を始めた時

人々は皆、神を追い

宇宙は神と勤しみ、歓喜し

人は神に率いられる

赤い大きな竜は狂い

望みを追うこともできず

自分の意に反して神により従わされる

この竜は神の引き立て役

神の敵、また僕だ

業を果たすため

神は竜のねぐらで受肉し

竜を意のままにする

つまり竜を征服して

神の計画を成し遂げる

神の心を喜ばせるため

天使たちは神と共に戦う

最終段階で神を喜ばせるため

これは神の栄光の日

再来と出発の日

これは神の栄光の日

再来と出発の日

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十九章」より編集

前へ:終わりの日の受肉の神はおもに言葉の業を為す

次へ:神の救いの業の目的