小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神に愛を捧げる

1

神は肉となり、神は肉となり、私たちの間に来た。彼は全ての屈辱と恥を通して私たちに救いを与えて下さった。しかし私は不平ばかりで彼のことを知りもせず理解もしなかった。私の反逆と抵抗にどれほど彼は胸を痛められたことであろうか!私の愛する全能神よ、あなたは私の過ちを憶えられない。あなたは私の反抗的な態度のすべてに耐えられ、再び恵みを与えて下さった。あなたが私を引き上げて下さったことを知り、私はひどく恥ずかしくなった。どれだけあなたの愛を受ける価値のない私であることか!

2

私の愛する全能神よ、あなたの語られた言葉が聞こえてくる。あなたの言葉を握りしめると、涙が頬に流れ落ちる。あなたの言葉の一つ一つが私の心に暖かく、私をあなたの方へと引き寄せる。消極的な態度から解放され、あなたに従うために私は立ち上がる。今、私の目は見開かれ、心は自責の念に駆られている。生まれ変わってあなたの望まれるように生き抜く準備ができている。私はあなたの愛に報い、最後まで忠心を尽くす。あなたの心を慰めるために力強く証しする。あなたの愛は私を目覚めさせた、私は私の使命を果たす。最後まで忠実に、あなたの願いに心を留める。私はあなたの愛に報い、最後まで忠心を尽くす。あなたの心を慰めるために力強く証しする。あなたの心を慰めるために力強く証しする。