言葉は肉において現れる

目次

三十九番目の言葉の解釈

わたしたちの人生が開花し、わたしたちに対する神の望みに応えることができるように、神の言葉の枠を超えて、わたしたちの人生に関する事柄について少し話そう。特に、それぞれの人が種類によって分けられる時、そして刑罰の時である今の時代の到来により、大局に焦点を当て、「集団的な関心」に注意をむける必要が高まっている。これが神の御心であり、全ての人が達成するべき事である。天の神の御心のために自らを犠牲にできないわけなどなかろう。神は「人々の先祖が彼らを上手く彼らの家族に連れ戻すことができるようにする」ために、「あらゆる類の人々に番号を割り振り、あらゆる類の人々に異なるしるしを付け」られる。これは、人々が種類によって分けられ、その結果としてあらゆる類の人々が真の姿を明らかにしていることを示す。このことから、人は神ではなく、その先祖に対して忠実であると言って差し支えないであろう。しかし、すべての人々はまた、それぞれの先祖の指示に従って神に奉仕している。これは神の業の驚くべき点である。すべての物は神に仕え、サタンが人々の邪魔をすることはあっても、神はこの機会を使って、神に仕えるために「地域資源」を活用される。しかし、人々はこれを認識できない。神は、「このため、わたしはまたこの努めを分割し、この取り組みを分配する。これはわたしの計画の一部であり、誰もこれを妨げることはできない」と言われる。人は、神によって定められる全ての事柄、神が達成することを望まれるすべての全ての事柄を、それを神が行ってしまわれるまで認識することができない。人は、神の業が全うされたときにのみそれを認識する。認識しないなら、彼らは盲目で、何も見えていない。

今日、神は教会の中における新たな業をお持ちである。神は全ての事柄が自然の成り行きに従うようにされ、これによって人の役割が真に課されることになる。神は、「わたしはそこにある全ての物を支配し、全ての物のあらゆる事柄を統制し、そこにある全ての物が自然の成り行きに従い、自然の命ずるところに従うようにする」と言われる。わたしは、「自然の成り行きに従う」ことについてあなたがたがどのような知恵のある洞察を持っているか知らないので、これについて話し合おうと思う。これがわたしの解釈である。人はその先祖によって故郷に導かれるので、あらゆる類の人は姿を現して「遂行」しなければならない。人は自然の成り行きに従っており、それぞれの元々の役割を担うために人が生まれながらに持っているものが使われるため、人はこの法則に従って聖霊の導きに従うことになる。聖霊の業は各個人の内なる状態に応じて行われる。正しく言うと、これが「神はすべての事柄を神に仕えるように操られる」ということであり、したがって自然の成り行きに従うことにつながる。人は悪魔の要素を内に秘めてはいるが、神はこれをお使いになり、人が生まれながらに持つものの基盤に聖霊の業を付け加え、人を神に仕えるに十分な状態にする。「自然の成り行きに従う」ことについてわたしが言うのはこれだけであるが、あなたがたにはこれより高尚な提案があるかもしれない。貴重な意見を提供していただきたいと思うが、いかがだろうか。あながたがに、自然の成り行きに従うことについて協力していく意志はあるだろうか。神の業を分担する意思はあるだろうか。これをどのように達成するか考えたことがあるだろうか。わたしは、人が神の御心を理解し、共通の理想のために神を満足させようと共に働き、王国への道を共に進んでいくことができることを願っている。不必要な概念を思いつく必要などあるであろうか。今日まで、神のために存在しない人などいたであろうか。これは真実である。ならば、悲しみ、嘆き、ため息の必要性などあるのであろうか。これは誰のためにもならない。人の人生はすべて神の手中にあり、神の御前における決心がなければ、誰が空虚な人の世界で無駄な人生を送ろうと思うのか。わざわざそうする必要があるのか。この世に生まれ死にゆく人生を急ぎ、神のために何も行わないならば、人生すべてを無駄にすることにはならないか。もし神があなたの行為を語るに値しないと見なされたとしても、死ぬ瞬間、幸せな笑みを浮かべてもらえないだろうか。前進し、後退しないように努めるべきである。これはより良い慣行ではあるまいか。あなたの行いが純粋に神を満足させるためだけのものであれば、後ろ向きになることも後退することもない。人の心には常に理解しがたいことがあるため、これを認識しなければ、彼らの顔は暗い雲で覆われる。これは、知らないうちに彼らの顔に幾つかの「溝」ができることにつながる。地が常に裂け開いているからであると思われる。地が動き続け、人が知らないうちに場所を移動する「小さな丘」や「くぼみ」を地上に作り出しているかのようである。わたしはこう述べることで人を嘲笑っているのではなく、「地理学的知識」について話しているだけである。

神はすべての人々を刑罰へと導かれたが、これについては何も言われていない。その代わり、神はこのトピックを意図的に避けて新たなトピックについて話し始められる。これは、一つの観点から見ると神の業によるものであり、別の観点からは御業のこの段階を直ちに完了するためである。御業のこの段階を遂行することにおける神の目的はずっと前にすでに達成されているため、これ以上述べる必要もなかろう。今日、あなたがたが神の業における手立てをどれだけ目にしてきたかわたしにはわからない。わたしの意識の中では、神の業は、以前ほど明確に段階や時代に分けられていないと常に感じている。その代わり、日々御業を行うために御自分の手立てをお使いになり、ほぼ3~5日ごとに変化が起こり、5日の間でさえも、神の業に二つの異なる内容が生じる場合もあり得る。これは神の業の迅速さを示している。人がそれに反応してよく観察する時間を得る前に、神は跡形もなく去ってしまわれる。このため、人にとって神は常に把握できない御方であり、それは聖霊の業を感知できない状態につながっている。神が常に「そこでわたしは人を残して去った」といった言葉を口にされるのはなぜだろうか。人はこれらの言葉にあまり注意を払わないかもしれないが、人はその意味を理解していない。今はどうだろうか。あなたがたはそれを理解しているだろうか。人が聖霊の存在を全く把握していないのも不思議ではない。人による神の探求は、いつも薄暗い月明りの下で行われる。これは完全なる真実である。神が意図的に人をからかっておられ、全ての人々の脳を腫れ上がらせて、目まいを感じ混乱するようにされておられるのかのようだ。人は、夢でも見ているかのように自分がしていることをほとんど理解しておらず、目が覚めても何が起きたか覚えていない。人を迷わせておくには、神からの当たり前の御言葉だけで充分だ。神が「今日、わたしは全ての人々を『大きな炉』に投げ込んで精錬する。わたしは天の高みに立ち、火の中で人々が焼かれるのをしっかりと見守る。人々は、火に強いられて事実を吐き出す」と言われるのも無理はない。神の変わり続ける御言葉の中で、人は何をすればよいか全くわからない。実際、神が言われるように、刑罰はずっと前から始まっており、人がこれに気づいていないことから、人は神がはっきりとそう言われるまで認識せず、神がそう言われた後でしか注意を払わない。人は、神の業がこの時点まで進められた今になってはじめて刑罰について学び始めると言える。これは人が原爆について知ったときと同じである。しかし、その時はまだ来ていないため、人は注意を払わない。誰かがそれを使い始めてからでしか、人は注意を払い始めない。原爆が露見する時にのみ、人はそれについてよりよく理解する。神が人を炉に投げ入れると言われる時にのみ、人はそれに多少気付くようになる。神が何もおっしゃらなければ、誰も気付かない。そうではなかろうか。このため、「人々は、綱を手繰ってきたかのように、感覚を失ってしまったかのように、無意識のうちに炉に入り込む」と神は言われる。これを分析しようではないか。人が真実を吐き出すのは、刑罰が始まったと神が言われる時なのか、それとも刑罰が始まったと神が言われる前なのか。このことから、神が刑罰について話される前に、人が告白し始めたら、神がそれについて話される前に刑罰が始まったと考えることはできないだろうか。これが真実なのではなかろうか。