言葉は肉において現れる

目次

四十番目の言葉の解釈

神にとって人は、手中の玩具のようなものであり、手で延べられた麺のようなものである。つまり、神が望まれるがままに薄くも厚くもすることができ、思いのままに操ることができるものである。人は、実に神の手の内にある玩具と言っても差し支えないだろう。それは婦人が市場から連れて来たペルシャ猫のようなものだ。人が神の手の中の玩具であることは間違いない。従って、ペテロの知識に何ら誤りはなかったのである。このことから、人の中における神の言葉と業がいとも容易に達成されることがわかる。神は、人々が想像するように、知恵を絞られることも計画をお立てになることもない。神が人の中で行われる御業は、神が人に話される言葉と同様に、ごく当然のものなのである。神がお話しになるとき、神は御自分の舌が滑らかになるがままにされるように見受けられる。神は、心に浮かぶあらゆる事柄を自由に口にされる。しかし、神の言葉を読んだ後、人々はすっかり納得し、言葉を失い、目を丸くして驚きのあまり口もきけなくなる。何が起こっているのであろうか。これは、神の知恵がどれほど偉大であるかをよく表している。人々が想像するように、人の中での神の業が正確さを期するために慎重に計画されなければならないならば、これらの想像をさらに一歩進めて考えると、神の知恵、驚くべき素晴らしさ、そして深淵さも計測し得るということになる。これは人々の神に対する評価の低さを明らかにしている。人の行いには常に愚かさが伴うため、神を自分と同じはかりで計るのである。神は御自分の業のために計算されたり手配を行われたりすることはない。その代わりに、御業は神の霊によって直接行われる。そして神の霊がその役割を果たす原則は自由で制約がない。それはちょうど、神が人の状態に注意を払うことなく思うがままにお話しになっても、人は神の言葉をとても振り切ることができないようなものである。それは、神の知恵によるからである。結局のところ、事実は事実なのである。すべての人の中での神の霊の業は極めて明白であるため、これだけでも神の業の原則を示すには十分である。創造された存在の中での御業のために神がそれほど大きな代償を支払わなければならなかったとすれば、これは上質の木材を取るに足らない事柄に使うようなものではないだろうか。神は御自分で直接物事を行わなければならないのか。そのような価値はあるのだろうか。神の霊は実に長い間働いておられてはいても、このような方法で働かれたことはこれまで一切なかったため、神が業を行われる方法と原則を知る人はいなかった。それらが明確にされたことはなかったのである。今日、神の霊がそれらを個人的に明らかにされたことから、これが神の霊によって直接示されたもので、人によって要約されたものではないことは疑う余地もない。第三の天に出向き、これが本当に起こっていることなのか、 一連の御業を行われた後、その務めによって神が疲れ果てておられ、腰と足を痛めておられる、さもなくば食事や睡眠もままならないことになっておられないかどうかを確認してみてはいかがだろうか。神は、これら全ての言葉を語るために大量の参考資料をお読みになっただろうか。神の言葉の草案が机の上に散らばっているのだろうか。多くを語りすぎて口が乾いてしまっておられるだろうか。事実はその真逆である。先ほど述べた事柄に、神が住んでおられる場所と通じ合うものは一切ない。神は「 わたしは人のために多くの時間を費やし、大きな代償を払った。しかし今、どういうわけか、人の良心はこれまでにないほどそれらの元々の機能を果たせない状態である」と言われている。人が神の悲しみを実感しているか否かに関わらず、その良心に逆らうことなく神の愛に近づくことができるならば、これも理にかなった妥当なことだと見なされるだろう。人が良心に元々の機能を果たさせる意思がないことが、唯一の恐れなのだ。あなたはどう思うだろうか。これは正しいのだろうか。これはあなたの助けになるだろうか。わたしの望みは、あなたがたが良心のない屑となるのではなく、良心的な事柄に属することである。これらの御言葉についてどう思うだろうか。このような実感を持っている人はいるだろうか。心臓に突き刺さった針は痛まないだろうか。神は感覚のない屍に針を突き刺されるだろうか。神は間違っておられるのだろうか。老齢のために視野が曇っておられるのだろうか。そのようなことは決してない。いずれにしても、これは人の落ち度に違いないのである。病院に行って、確認してみてはいかがだろうか。人の心臓には間違いなく問題があり、新しい「部品」を取り付けなければならない。どうだろうか。あなたなら、そうするだろうか。

神は「わたしは人の醜い顔と奇妙な行動を見て、再び彼らから離れる。こうした状況の中、人々は理解できないままとなり、わたしが彼らに対して拒絶したものを再び思い起こし、わたしが再び戻るのを待つ。」この「新しいテクノロジーの時代」に神が依然として牛と手押し車について話されるのはなぜであろうか。その理由は何であろうか。神はしつこく責めることがお好きなのだろうか。他にすることがないために暇をつぶしておられるのだろうか。人と同じように、腹いっぱい食べてだらだらと時間を過ごされているのだろうか。これらの言葉を何度も繰り返して得るものがあるのだろうか。わたしは、人が愚かな者であり、理解させるにはいつも耳をつかんで言い聞かせなければならないと言った。今日その言葉が人に語られても、明日には記憶喪失にでもかかっているかのようにその言葉をすっかり忘れているだろう。ゆえに、これは語られなかった言葉があるということではなく、その言葉が人々によって達成されていないということなのである。何かが1、2度語られても人は無知のままであるため、3度語られなければならない。これは最低限の回数である。10回も20回も言わなければならない「老人」さえもいる。このように、人々が変わったかどうかを確かめるため、同じ事柄が異なる方法で何度も繰り返して告げられる。あなたがたは本当にこのように状態だったのであろうか。叱責したくはないが、人は皆神を軽々しく考えている。もっとたくさんのサプリメントを取ることは知っていても、神のために不安を感じることはない。これが神に仕えるということなのであろうか。これが神を愛することなのであろうか。どうりで一日中のんきにぶらぶらと何もせず過ごしているわけである。そのようであっても、一部の人はまだ満足しきれず、自分自身の悲しみを生みだす。わたしは少々厳しすぎるのかもしれないが、これが自分自身について感傷的になるということなのである。あなたを悲しませているのは神なのであろうか。これこそ自分自身に苦しみをもたらす例なのではないか。神の恵みのいずれもあなたの幸福の源となり得ないのだろうか。これまでずっと、あなたは神の御心に心を留めなかった。悲観的で、弱々しく、悲しんでばかりいた。それはなぜか。あなたを肉体のうちに生かせることは神の御心ではないのか。あなたは神の御心を理解していない。心の中に不安を抱え、不平不満を漏らし、一日中うなだれて過ごし、肉体の苦痛と苦悶に悩まされる。それは当然の報いなのだ。あなたは、他の人は刑罰のさなかに神を褒め称え、刑罰を切り抜けて、それに縛られないのに、あなたは刑罰に陥り、それから逃れられないのはなぜかと尋ねる。董存瑞(とうそんずい)のような「自己犠牲の精神」を得るには何年もかかる。教えと教義を説くとき、恥を感じないだろうか。自分自身を知っているだろうか。自分を脇に置いたことはあるだろうか。心から神を愛しているだろうか。あなたの可能性や運命を脇に置いたことはあるだろうか。人こそが驚くべき深淵なものであると神が言われるのも当然である。人の中にまだ掘り起こされていないたくさんの「宝」があるなどと誰が考えただろうか。今日、「人の目を開く」にはその光景だけで十分である。人々は実に「素晴らしい」。自分が数を数えられない子供になったようである。今でも、わたしにはどれだけの人が心から神を愛しているか分からない。わたしにその数を思い起こすことなど決してできはしない。それゆえにわたしは、わたしの「不忠」のために、神の前で申し開きをするときが来るときに、いつもなすすべがなく、思った通りにことを成すことができない。わたしは常に神の恩義を負っているのである。その結果、わたしが申し開きをするときは、いつも神から叱責を受ける。人々が残酷で、このためにいつもわたしを苦しめる理由はわたしにはわからない。人々はそれを見て腹を抱えて笑う。彼らは決してわたしの友ではない。わたしが苦境に陥るとき、彼らはわたしを助けず、故意にわたしをあざける。彼らには良心などかけらもないのだ。