言葉は肉において現れる

目次

三十八番目の言葉の解釈

人類に本来備わっている特徴、すなわち、人類の真の姿を考えてみると、今日まで人類が「存続」できたことは本当に簡単ではなかった。そしてこのことを通して初めて神の偉大な力が明らかになった。人の肉の本質、およびこれまでの赤い大きな竜の邪悪さに基づいて考えると、神の聖霊の導きがなければ、人が今日まで生き延びることはできなかっただろう。人は神の前に出る価値はないが、神はその救済計画に基づいて人類を愛し、また、その偉大な働きを近い将来達成するために人類を愛する。実際、生きているうちに人類に対する神の愛に報いることのできる人は誰もいない。おそらく一部の人は命を犠牲にして神の恩寵に報いたいと望むだろうが、わたしはあなたに次のように言う。人は神の前で死ぬのに値しないので、その死は無駄である。神にとって一人の人の死は述べる価値さえないし、一円の価値もない。むしろ一匹の蟻の死ほどのものである。わたしは人々に忠告する。自分には大きい価値があるなどと考えてはいけない。神のために死ぬことは大きな山の重みを支えることに匹敵するなどと考えてはいけない。実際、一人の人の死は一枚の羽根のように軽いものなのだ。それは注目にも値しないものだ。とはいうものの、人の肉体は生まれつき呪われているので、結局物体としての肉体は地上で終わらなければならない。これは偽りのない真実で、誰も否定することはできない。これは人として地上で暮らした経験すべてからわたしがまとめた「自然の法則」である。そこで無意識のうちに、神が決めた人間の終焉はそのように規定される。わかるだろうか。神が次にように語るのも当然である。「わたしは人類の不服従を軽蔑する。なぜかはわからない。最初から人を憎んでいたようだが、彼らに深く同情もしている。そこで人はわたしを二つの心で見る。わたしが人を愛し、かつ憎んでいるからである。」

神の存在や出現を称えない人がいるだろうか。このように言うと、わたしはまるで人の心の不潔さや邪悪さをすっかり忘れているかのようだ。人類の自己正義、自信過剰、不服従、反逆、その反抗のすべて――わたしはこうしてすべてを心の奥に押し込んで忘れる。人類のそうした状態によって神が制約されることはない。神とわたしは「この同じ苦痛を共有」しているので、わたしもこの難題から己を解放し、これ以上人類に制約されないようにする。どうしてそのようことに思い悩むのか。人はわたしと共に神の家に参加することを望んでいないので、彼らを抑えるためにどうしたらわたしは持てる力を使うことができるだろう。わたしは彼らに力を押しつけるために物事を進めたりはしないし、それは当然のことである。なぜなら、わたしは神の家族に生まれたからであり、もちろん人とわたしはいつも異なっているからである。このことが今日の惨憺たる敗北につながっている。しかし、わたしは人の弱点を避け続ける。ほかにどんな選択肢があるだろう。わたしは力がないからいけないのだ。神が人類の「代理人」から「退く」ことを望み、自分の「年金」を求めるのは当然である。わたしが人の観点から語ると人は耳を貸さない。では、神として語ったらそれでも従わないだろうか。おそらく、神が本当に突然人類の「代理人」から「退く」日が来るだろう。その時が来たら、神の言葉は以前に増して厳しいものになるだろう。今日、神がこのような話し方をするのはわたしのせいだろう。そしてその日が来たら、神はもはやわたしが「保育園で子供たちに物語を語ってやる」ように忍耐強く語ることはないだろう。ことによると、わたしが言うことは的中しないかもしれない。人の姿になった神のためだけに神は人への支配力を少し緩めるが、それ以外は恐ろしすぎて凝視できないだろう。神が次のように言ったとおりである。「わたしはある程度彼らに対する支配の手を緩め、肉体的願望にふけることを許しているので、彼らは遠慮なく、大胆にも抑えがきかなくなった。彼らは生身で生きていたのでわたしを心からは愛していなかったことがわかる。」なぜ神はここで「己の願望にふける」とか「肉の姿で生きる」とか言うのだろう。正直に言って、こうした言葉はわたしの解釈を必要とせず、自然に理解できる。おそらく、理解しないと言う人々も中にはいるだろう。しかし、あなたは真実を知っているがただ知らないふりをしているだけだとわたしは言おう。次のことを言わせてもらおう。なぜ神は「わたしは人に協力を頼むだけだ」と言うのだろう。なぜ神は人の性質は変えにくいと言うのだろう。なぜ神は人の性質を変えたいと願うのだろう? 人の性質とはいったい何だろう。人の性質でないものは何か。これらの疑問をじっくり考えた者がいるだろうか。おそらく、これは人にとって新しいテーマだが、それでも、わたしは人に十分考慮して欲しい。そうしなければ、あなたは「人の性質は不変である」というような言葉によって神をいつも怒らせるだろう。そのように神に逆らった行動をすることに何の益があるだろう。最終的には面倒を誘発するだけではないだろうか。結局、石に卵を投げつけているようものではないだろうか。

実際、人に降りかかる試練や誘惑のすべては神が人に与える教訓である。神の最初の意図によると、人が何か自分の大切な物をやむをえず手放すことは、なんとか実行できる。問題は人がいつも自分自身を愛していることで、そのため人は本当に神と協力することができない。神は人からあまり多くは求めない。神が人に求めるものはすべて容易に、愉快に達成されるよう意図されている。つまり、人が困難に苦しむことを嫌がっているだけなのだ。子供のように、彼らはわずかなお金を工面して質素に暮らし、両親に尊敬の念を持ち、果たすべき義務を果たすことだってできたかもしれない。しかし、彼らは十分食べられないこと、着るものが質素すぎることを恐れているので、どういうわけか、彼らは両親の愛と配慮を受け取ると、それを遥か彼方の雲へ投げてしまう。まるで大金を稼いでから神との協力を始めようとでもいうようだ。しかし、このことから人が両親を愛する親孝行の気持ちを持っていないことがわかる――彼らは親不孝な子供たちである。おそらく、これは極端すぎるだろうが、わたしは事実に反して語ることはできないし、馬鹿げたことを捲し立てることもできない。わたしは自分自身を満足させるために神に抵抗し、「他の人たちをまねる」ことはできない。世界の誰も子としてふさわしくないという理由だけで神は次のように語った。「天では、サタンがわたしの敵であり、地上では人がわたしの敵である。天と地はつながっているので、彼らは9世代にわたり連座して同罪と見なされるべきである。」サタンは神の敵である。わたしがこのように言うのは、サタンが神の偉大な好意と親切に対して報いるどころか、むしろ「流れに逆らって舟を漕ぐ」からであり、そうすることによって神に対する「親孝行」を果たさないからである。人々もサタンと同じではないだろうか。彼らは「両親」に対して子としての尊敬の念をまったく示さず、「両親」から受けた養育と援助に決して返礼をしない。このことは地上の人々が天のサタンと同類であることを十分に示している。人とサタンは神に対する心と気持ちが同じなので、神が9世代を同罪として巻き込み、許される者は誰もいないのは当然のことである。昔、天には神が人類を管理するために呼び寄せた下僕がいたが、下僕は耳を傾けず、気分に任せて行動し神に反抗した。反抗的な人類もこの下僕と同じ方向へ大股で歩いているのではないだろうか。神がどんなに「手綱」を引き締めても、人々は決してためらわず、振り返らない。わたしの考えでは、このままでいけば彼らは破滅するだろう。そしておそらくこの時あなたは次の言葉の本当の意味を理解するだろう。「人は古い性質から解き放たれることがない。」神は様々な機会に次のように語って人に気づかせてきた。「人が服従しないので、わたしは人を離れた。」なぜ神はこのことをくり返し語るのだろう。神は本当にそれほど無情なのだろうか。なぜ神は「わたしは絶対に人間ではない。」とも語るのだろう。多くの怠惰な日々を過ごす間に、誰が本当にこのように詳細な問題を詳しく調べただろう。人類が神の言葉にもっと取り組み、簡単に処理しないようとわたしは促す。これはあなたのためにならないし、他の人たちのためにもならない。言う必要のないことは言わない方がよいし、よく考える必要のないことは考えない方がよい。そのようにする方が簡単ではないか。このことからどんな悪い結果が生じるというのだろうか。神が地上における働きの終了を宣言する前に、誰も「動き」を止めてはならない。誰も自分の義務から手を引くべきではない。今はその時ではない。神の案内人あるいは先導者として行動してはいけない。わたしは今動きを止め、前進するのをやめるのは早すぎると思う――あなたはどう思うか。

神は人に懲罰を与え、死の雰囲気で人を包むが、一方神は、人が地上で何をすることを望んでいるのだろう。家にある衣装箪笥のように行動することだろうか。それなら食べることも、着ることもできず、ただ傍観しているだけである。そうだとすれば、なぜ多くの複雑なプロセスを用いて肉に生きる人々をあんなにも苦しめるのだろう。神は次のように言う。「わたしは彼らに付き添って「処刑の場所」に行く。人間の罪はわたしの懲罰に十分値するからである。」この時、神は人々を自力で処刑の場所まで歩かせるのだろうか。なぜ誰も彼らのために許しを請わないのだろう。では人はどのように協力するべきなのだろう。神が審判を行う時のように、人は本当に感情に左右されずに物事を行うことができるのだろうか。これらの言葉の意味は、人の行動を見ればわかる。父親がお金を稼いできても、母親が父親に協力して家庭を管理する方法を知らなければ、その家庭はどのような状態になるだろう。現在の教会の状態を見るがよい。あなたたちは指導者として何を考えるだろう。あなたたちは誰もが個人的な気持ちを話せる会合を開くことができるはずだ。母親が家庭の管理を台無しにしたら、この家族の子供たちはどのようになるのだろう。孤児になってしまうのか。乞食になるのだろうか。神がつぎのように語ったのも当然である。「人々は皆、わたしが「本当の知性の質」に欠ける神であると考えているが、わたしが人間のすべてを見通せることを誰が理解できるだろう。」そのように明らかな状況に関しては神の神性から話を始める必要はない。まさに神が次のように言うとおりである。「小さい釘を打つのに、大ハンマーを使う必要はない。」この時、おそらく、「人々の中でわたしを愛する者は誰もいない」という神の格言について実際に少し経験した人々がいるだろう。このことについては、神が次のように言ったとおりである。「人々は皆現在の状況のために仕方なく頭を垂れるが、心の中では納得していない。」これらの言葉は望遠鏡のように遠方を見通している。近い将来、人は別の状況に入るだろう。これはどうしようもないこととみなされる。あなたたちはわかるだろうか。次に挙げる神の二つの質問に対する答えがこれなのである。「わたしが去ってしまうのを恐れるからという理由だけで人々は罪を犯さないのか? 懲罰を恐れるからという理由だけで人々が不平を言わないのは本当だろうか?」実際、今、人々は少々怠慢で、あまりにも疲労しているようであり、彼らは神の働きに注意を払うことにまったく興味を示さず、自分の肉体のための取り決めや計画にだけ関心がある。これが本当のことではないだろうか。