言葉は肉において現れる

目次

三十六番目の言葉の解釈

神は人への刑罰を始められたと言われているが、それを断言できる者はおらず、この刑罰の元々の意図が人に下ったのかどうかを明確に答えることができる者もいない。神はこのように言われた。「人は、首にかけられたくびきを両手で掴み、敵を見張るかのように両の目でわたしをじっと睨む以外に何もしないため、わたしの刑罰に何も見出さなかった。わたしは、このとき初めて人がどれだけやつれ衰えているかを認識する。試練の中で耐え忍んだ者は誰もいないとわたしが言うのは、このためである。」神は、刑罰はまだ人に下されていないという事実を、極めて詳細に、包み隠すことなく人に告げられる。これは、人に刑罰が下され、全くそれに耐えることができないかのようである。神は人の醜い性質の鮮明かつ真に迫る描写をなされるため、人はプレッシャーを感じるのだ。試練の中で耐え忍んだ者は誰もいないと神が言われるのに、どうして私が慣例に反して受け入れられる、世界記録を破る者となり得ようか。このとき、彼らは真剣に考え始める。実際には、神が言われる通りなのである。「わたしは彼らを道の終わりまで導いてこなかったであろうか。」実に、神は全ての人を道の終わりに導いてこられたため、人は意識の中で、いつも神が残酷で無慈悲であると信じている。神はこの世的な苦難の海から全ての人を引き上げられた後、このようにされた。「わたしは事故を避けようと釣られた魚をすべて殺した。この後、魚は従順になり、少しも文句を言わなかった。」これは事実ではなかろうか。神は死の苦い海から全ての人を引き上げてから、人を別の死の淵に投げ入れられた。神は全ての人を首切り台に引きずって行き、人を無理やり道の終わりに連れ行かれた。神はなぜ、神の他の息子たちや人に同じことをなさらないのだろうか。赤い大きな竜の国でこのような業を行われる神の意図は何であろうか。神の御手はなぜこれほど悪意あるものなのか。「わたしが人を必要とするとき、彼らはいつも姿を隠している。彼らは、驚異的な場面に出くわしたことがないか、田舎で生まれ、都会の事柄については何も知らないかのようである」のもいたしかたない。実際に、人は心の中でこう尋ねる。「このような行いにおける神の計画とはいったい何なのか。神は、わたしたちを死刑に処されるのではないのか。それにどんな意味があるというのか。神の業の段階が次々ともたらされるのはなぜか、神がわたしたちに全く寛大な態度を示されないのはなぜか。」しかし、人はそれをあえて口に出さない。神の言葉は彼らにそのような考えを捨て去らせるので、それ以上考える余裕がなくなり、そのような考えを忘れる他ないのである。ただ、神は全ての人の思考を明らかにされるため、人は自分の思考を押し殺し、口に出さないというだけのことである。以前、これらの人は赤い大きな竜の子孫だと言われていた。実際、誤解のないように言うと、彼らはこの赤い大きな竜の具現体である。神が彼らを道の終わりまで強制的に連れ行って殺りくされるとき、赤い大きな竜の魂に彼らの中で働く機会がなくなるのは間違いない。このように、人が道の終わりまで歩くときは、赤い大きな竜が死ぬときでもあるのだ。神の「偉大な思いやり」の恩を返すために死を使っていると言うことができるだろう。これは、大きな赤い竜の国における神の目的である。人にそれぞれの命を犠牲にする心構えができるとき、全てが取るに足りないものとなり、誰も彼らを打ち負かすことはできない。命よりも大切なものがあろうか。このため、サタンは人の中で何も行うことができなくなり、人に対してできることも一切なくなる。「肉体」の定義では、それがサタンによって堕落させられているとあるが、人が〔神に〕身を任せ、サタンに突き動かされないならば、誰も彼らを打ち負かすことはできない。そのとき、肉体は別の機能を果たし、正式に神の霊の導きを受け始める。これは必要な過程であり、段階的に起こらなくてはならい。それ以外、神には頑固な肉体で御業を行うすべがない。これが神の知恵なのである。このように、全ての人は今日の状況に無意識に入り込んでしまった。そして、「道の終わり」に人を導いたのは神ではなかったか。人が切り開いた新たな道などあるのだろうか。あなたがたの経験を見ていると、神は、あなたがたに極めて残酷な方法を用いておられるようだ。そこには神の義が見受けられる。どうして褒め称えずにいられようか。神があなたがたに行われる事柄は、人が神の義の性質を見ることを可能にする。これはあなたがたが神を賛美することに値しないだろうか。今日、古い時代がまだ存在し、新しい時代がまだ実現されていない岐路において、あなたがたはどのように神に対して証を述べるのか。このように重要な問題は、深く考えるべきものではないか。あなたがたは、まだ他の無関係なことを考えているのか。神が「人はかつて『理解万歳』と叫んだが、『理解』という言葉を分析するために時間をかけた者はおらず、人にわたしを愛する望みがないことがわかる」と言われるのはなぜか。神がそのようなことを言われなかったとしたら、あなたがたは、あなたがた自身の自由意志で神の御心を理解しようとせずにおられようか。

とはいえ、昨今では、神の受肉の目的と核心を多少理解するようになった人もいる。神が人に率直にお話しにならなければ、神の受肉の目的と核心を推測できる人はいないことは断言できる。これは絶対不変である。このことは、あなたがたにとってまだ不明瞭であろうか。神が人の中でなさる事柄のすべては、神の救いの計画の一環であるが、人には神の御心を正確に理解する能力がない。これは人の欠陥である。しかし、神は人が何かを行う能力を得ることを必要とされず、ただ「医師の忠告」を聞くことを求めておられるにすぎない。これが神の必要とするものなのだ。「彼らの心の中に『人間の人生』という言葉は存在せず、それらを重んじることもなく、わたしがむやみに話す老女になったかのように、わたしの言葉を嫌悪するだけである」ため、神は全ての人が真の「人間の人生」を知るように求めておられる。人の目に、神の言葉は毎日使う食器のように映り、全く大切にしない。このため、人は神の言葉を実践することができない。人は、真理を知ってはいるがそれを実践しない惨めで不幸な存在となってしまった。この人の過ちだけでも、しばらくの間神に嫌悪感を起こさせるに十分であるため、神は人が神の言葉に注意を払わないと何度も言われるのである。それでも、人は思考の中で次のように考える。「わたしたちは毎日神の言葉を研究し、分析しているのに、なぜ神の言葉を気にも留めないと言われるのか。不公平ではないか。」少し細かく分析しよう。人は赤面するであろう。人が神の言葉を読むとき、彼らはその主人の言葉をよだれで汚すパグのように頷き、うやうやしくおじぎをする。そのとき、人は不相応さを感じ、涙がほおを伝わる。悔い改めて新たにスタートしようと望んでいるかのように見えるが、そのときが過ぎると、 従順さはすぐに消え失せ、貪欲な態度が取って代わる。人は神の言葉を脇にどけ、いつも私事が優先され、神の事柄は最後に来ると信じる。このような行為のため、人は決して神の言葉を実践することができない。事実が分かると、彼らは親しい者をないがしろにして他人を助ける。これは彼ら自身の人を裏切ることになる。神が「生活のためにわたしに頼りながら『逆方向に向かって走る』」と言われるのも不思議ではない。これによってのみ、神の言葉には偽りが微塵もなく、完全な真理であり、誇張も全くないことがわかる。それにも関わらず、神の言葉はいささか軽視されてきたようである。人の背丈は低すぎて、それらを受け入れる能力がないからである。神の言葉は、すでに内外両方における人の姿の極めて明瞭な描写を提供している。神の言葉は、全くの明瞭さで、サタンの本来の面目と生き写しの姿を描写する鮮明な風貌を浮かび上がらせる。単に、現在の段階でも人はまだ全てをはっきりと認識していないということである。このため、人はまだ自分自身を知らないと言われるのである。これゆえに、わたしはこの教訓が続かなければならず、止めることはできないと言うのである。人が自分自身を知るときは、神が栄光を受けるときである。これは簡単に理解できよう。わたしが細かく説明するまでもない。最初にこれらの神の言葉が読まれなければならないが、あなたがたに思い起こしてもらいたいことが一つある。「今日、人はわたしを全く尊重せず、彼らの心にわたしの居場所はない。苦しみが来る日、彼らはわたしに対する真の愛を見せることができるのか。」これらの御言葉は何を意味するのか。神は、刑罰はまだ人に下されていないと言っておられ、これは「あなた自身を知る」という言葉の隠れた意味を表している。理解できたであろうか。人は、苦難と精練を経験することなくして、どのように自分自身を知ることができるのであろう。これらはむなしい言葉ではないだろうか。あなたは神の話される事柄の全てを心から信頼しているか。神の言葉を見定めることができるか。神が「人の行いを見たわたしの選択は、去ること以外にない」、また「山が崩れ、地がばらばらに裂けるときにのみ、人はわたしの言葉を思い出す。彼らはそのとき初めて夢から目を覚ますが、ときはすでに遅く、大きな洪水に飲み込まれ、水面に彼らの死骸が浮かぶ」というようなことを繰り返し言われるのはなぜか。神はなぜ「人はわたしの言葉に従う」ではなく、「人はわたしの言葉を思い出す」と言われるのか。山が崩れ、地がばらばらに裂けるというのは本当なのか。神の言葉によると、人はこのような言葉に注意を払わず、それらを忘れてしまうために多くの「苦難」に見舞われる。人が無分別すぎるからである。人のこの欠点のため、神は「涙腺のないこの『奇人』は人のために多くの涙を流した。しかし人はこれについて何も知ら〔ない〕」と言われる。人が神の言葉に注意を払わないため、神は、人に思い知らせて「助け」を得させるためにこの手段をお使いになる。

今は世界の進展について預言しないが、人の宿命についていくらか予言しよう。わたしは人に自分自身を知ることを求めなかっただろうか。これはどのように説明し得るのか。人はどのように自分を知るのか。神が人をひどく悩まされるあまりに人が生と死の境をさまようとき、人は人間の人生の意味を多少理解し始め、人の全生涯は夢に過ぎないと信じ込んで人間の人生をひどく憎む。人の人生は苦悩であり、何も達成することなく死に行き、人生は無意味で価値がないと信じる。人間の人生は、悲しみと幸福が現れては消える夢でしかない。今日、人は神のために生きるが、人の世に住んでいるために、日々の生活は空虚で価値がないままで、全ての人が神の喜びは一時的な慰めでしかないと考える原因となっている。しかし、神を喜ばないとき、神を信じているとしても肉体に生きることには変わりがないなら、何の意味があるというのだろう。肉体では、人にとって全てが空虚である。人間の人生における浮き沈みの経験を重ね、老齢に達した人は、髪が白くなり、顔にしわが刻まれ、手もたこで覆われる。その人は大きな代償を払ったが、実質的に何も得ていない。従って、わたしの言葉はさらにその一歩先を行く。肉に生きる者にとっては全てが空虚である。これには疑いの余地はなく、これを詳しく検討する必要はない。これこそが、神が繰り返し語ってこられた人間の人生の本来の面目なのである。神が、人の弱さの結果としてこれらの言葉をお控えになることはない。神は、単に御自分の元々の計画に従って行動される。御言葉の中には人に対するサポートと理解を提供するものもあるだろう。全く逆に、人を意図的に死の気配の中に住まわせるものもあるだろう。まさにこのために、人は苦しむ。ゆえに、神は人を意図的に惑わすために「空城の計」を打ち出されるのかもしれないが、人はそれを全く認識せず、見当がつかないままである。それでも、全ては神の御手の中にある。人がこれを知っているとしても、どうしてこれを防ぎ得ようか。このため、刑罰の脅威を逃れることができる人はいないのだ。何ができると言うのだろう。人は神の定めに従う以外にない。これは神が人をしっかりと掴み、お放しにならないからではないのか。人は、神の脅威にさらされて、初めて自然の成り行きに従うことができる。そうではないだろうか。神の定めがなければ、人は敗北を進んで認めることができようか。もしそうなら何かの冗談になってしまいかねない。人間の人生は空虚であれども、人生が穏やかなときに、人の世を静かに去って、神を満足させようとする意志のある者はいないのか。人は無力感の中で死ぬ。望む物全てを持つときに、豊かさの中で死ぬ人などこれまでにいただろうか。空から降った「星」のみがこの例外である。慣れ親しんだ第三の天での生活と比べると、この世の生活は地獄に住むようなものであろう。このような状況であるからこそ、死ぬことをいとわなかったのかもしれない。しかし、今日の天の星とは誰なのか。それはわたしにも「不明瞭」である。周りを見回して、その星を探し出すことができるか試してみようではないか。その人が見つかったならば、その人に上述のわたしの言葉どおりに行動する意思があるかどうか尋ねるためにわたしを助けていただきたい。それでも、わたしはあなたがたそれぞれに対する警告がある。あなたがたの誰も「英雄」として振る舞ったり、死を買って出たりしてはならないことを理解してもらいたいのだ。