全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第六章

神が霊的領域で偉大な業を行なったことに気付き、人間は神の言葉に口がきけないほど驚いている。それは人には行なえず、神のみが達成できることである。この理由から、神はもう一度人類に寛容の言葉を唱えるが、それによって人々の心は矛盾で満たされ、「神は慈悲や愛のない神で、むしろ人類を打ち倒すことにひたむきな神である。それならば、なぜ神は私たちに寛容を示すのか。神は再び違う方法に転換したということなのか」と言って訝る。この観念、この思いが心の中で形作られるこの瞬間、人々は全力でそれと戦う。それにもかかわらず、神の働きがしばらくの間進展し、聖霊が教会内で偉大な働きを始め、ありとあらゆる人間がその機能を果たすべく働き始めると、その時、人類全体が神のこの方法に入った。神が語り行うことに誰も不完全さを見ることはなく、神が実際に次に行うことについては、誰もそれを知らず、推測すらできないからである。神が自ら、「天の下に住むすべての民のうち、わたしの手のひらの中にいない者はいるだろうか。わたしの指示に従って行動しない者はいるだろうか」と言ったように。しかし、わたしはあなたがたにちょっとした助言を与える。あなたがたの誰も、自らが完全に理解していない事柄を語ったり行ったりしてはいけない。わたしが今言ったことはあなたの熱意を押しつぶすためではなく、あなたの行いにおいて神の指示に従うことを奨励するためである。わたしが「不完全さ」について語ったことにために決して落胆したり、疑ったりしてはいけない。わたしの目的はおもに神の言葉に注意を喚起することを思い出させることである。「霊の内のことについて、あなたがたは、細心の注意を払わなければいけない。わたしの言葉を心して聞きなさい。あなたがたは、わたしの霊と肉の体、わたしの言葉と肉の身とを切り離すことのできない単一のものと見ることができるようになるよう努め、わたしの前にあって、すべての人間がわたしを満足させる状態になるようにしなければならない」と神が言うとき、これらの言葉を読みながら、人類は再び衝撃を受ける。人々が昨日受けたのは警告の言葉で、神の寛容の一例だったが、今日、話は突然霊の内の問題に変わった。一体これは何を意味するのか。なぜ神は話し方を変え続けるのか。そして、なぜこのすべてが切り離すことのできない単一のものと見なされるのか。神の言葉には現実が欠けているということか。これらの言葉を反芻しながら、このようなことに気づく。神の霊と肉とが別々の時、その肉は身体の属性を持つ身体、つまり人々が歩く屍と呼ぶものである。受肉した肉体は霊に由来する。神は霊の受肉であり、つまり、言葉は肉になる。言い換えれば、神自身が肉の中に住む。このことから、人から霊を分けようとする試みの重大な間違いがそこにあることが分かる。このため、たとえ神が「人」と呼ばれていても、神は人類に属さず、人間の属性もない。これは神が自らを装う人であり、これは神が認める人である。言葉の中には神の霊が具現化され、神の言葉は直接肉において顕される。これにより神は肉に住み、実践的な神であることがより明白になり、そこから神が存在することが証明され、神に対する人々の反乱の時代を終わらせる。そして、神を知ることにつながる道を人々に教えた後、神は再び主題を変え、問題の別の側面を取り上げる。

「わたしは、この足で全宇宙を踏み、全宇宙の隅々にまで目をやり、すべての人間の間を歩き、人間であることの甘、酸、苦、辛を味わった。」その単純さにも関わらず、この発言は決して簡単には理解できない。主題は変わったが、本質的には同じである。それは依然として、神の受肉において人々が神を知ることを可能にする。なぜ神は「人間であることの甘、酸、苦、辛を味わった」と言うのか。なぜ神は「すべての人間の間を歩き」と言うのか。神は霊であるが、神はまた受肉した人である。人の限界に縛られない霊は宇宙全体を歩くことができ、宇宙全体をさっと見渡して包み込む。このことから、神の霊は宇宙の広がりを満たし、地球を極から極まで覆うことが分かる。神の手によって整えられなかった場所はなく、神の足跡がない場所はない。たとえ霊が肉となり、人として生まれても、霊としての神の存在のために、人間が必要とするすべてのものを必要とすることがなくなることはなく、普通の人のように食べ物を食べ、服を着て、眠り、住居に住み、普通の人が行うあらゆることを行う。同時に、内面の本質は異なるため、神は通常人として語られるものと同じではない。神は人類の苦しみのすべてを負うが、それだからといって霊を放棄しない。神は祝福を享受するが、それだからといって霊を忘れない。霊と人は静かな交感で結ばれる。両者は隔てられず、隔てられたこともない。人は霊の受肉であり、霊に由来し、形を持つ霊に由来するので、肉の中にある霊は超越的でなく、すなわち、神は特別なことをすることはできず、それはつまり、この霊は身体を離れられない。離れるのであれば、肉となる神の行いはそのすべての意味を失うからである。霊が身体に完全に発現されている場合に限り、人々は実践的な神自身を知ることができ、そうして初めて神の心が成就される。神が人の盲目と不服従を指摘するのは、神が霊と肉を別々に人々に示してからである。「しかし、人間はけっして真にわたしを認識することがなかった。」一方で神は世界に知られずに、自らを肉体に隠し、決して超自然的な事を行なって人々に見せたりしないと言う。他方で神は人々が神を知らないために、人々に対して不平を言う。しかし、ここに矛盾はない。実際、細部で見れば、神が目的を達成するための方法にはふたつの側面があることを理解することは困難ではない。今、神が超自然的なしるしや不思議を行えば、偉大な働きを始める必要なく、神の言葉で人が死ぬよう呪うだけで、その人はその場で死に、そうすれば全ての人間は納得するだろう。しかし、これは肉となる神の目的を達成しないだろう。もし神が本当にこれを行えば、人々はその意識的な心により、神の存在を信じ得ず、真に信じることができず、さらに悪魔を神と誤解するだろう。さらに重要なことに、人々は神の性質を決して知ることがないだろう。これが神が肉となることの意味の一つの側面ではないのか。人々が神を知ることができないなら、神は常に漠然とした神、超自然の神であり、人間領域に君臨する。これは人の観念が人間を占有してしまう一例ではないだろうか。あるいは、これをもっと明白に言い換えれば、サタン、つまり悪魔が君臨しているのではないか。「なぜわたしは力を取り戻すと言うのか。なぜ受肉にはあまりにも多くの意味があると言うのか。」神が受肉する瞬間、これは神が力を取り戻す時である。これはまた神の神性が直接神の働きを行うべく表れる時である。一歩ずつ、全ての者は実践的な神を知るようになり、このため、神の場所が拡大される間に、人の心の中でサタンに占められる場所は完全に抑圧される。以前は、人々の心の中に存在していた神は、悪魔的な姿、実体のない、見えない神として把握されていた。この神が存在するだけでなく、あらゆる種類の超自然的なしるしや不思議を行うことができ、悪魔に取り付かれた者のおぞましさのような、あらゆる種類の奥義を明らかにすることができると信じられていた。これは、人々の心にある神は神の姿ではなく、むしろ神以外の実在の姿であることを証明するのに十分である。人の心の0.1パーセントを占める場所を取りたいと、これは神が人々に要求する最も高い基準であると神は言う。この発言には表面的側面だけでなく、現実的な側面もある。このように解釈されなければ、神が人々をほとんど理解していないかのように、神が人々に対して行う要求はあまりにも低いと人々は考えるだろう。これが人間心理ではないのか。

上記のことを理解し、以下のペテロの例と合わせれば、ペテロは神を最も理解していた人であったと人々は気づくだろう。漠然とした神に背を向けることができ、実践的な神の認識を追求することができたからである。なぜ神はペテロの両親が神に敵対する悪魔であることを特に主張したのか。このことから、ペテロは自分の心の神を追求しておらず、ペテロの両親は漠然とした神を象徴していることが証明される。これがペテロの両親の例を上げる神の意図である。大多数の人々はこの事実に特に関心を払わず、代わりにペテロの祈りに注意を向ける。そのため漠然とした神をペテロの認識と対比することを考えもせず、ペテロの祈りを口と心に絶えず留めている人々がいるほどである。なぜペテロは両親に背を向け、神を知ることを求めたのか。なぜペテロはより大きな努力へと自らを鼓舞しようと、これまでに失敗した人々から学んだ教訓を統合したのか。なぜペテロは時代を超えて神を愛したすべての人々の信仰と愛を同化したのか。肯定的なものはすべてが神に由来することをペテロは理解した。それはサタンによるいかなる加工も受けずに神から直接来る。このことから、ペテロが知っていた神は実践的な神であり、超自然的な神ではないと理解できる。なぜ神は、ペテロは時代を超えて神を愛したすべての人々の信仰と愛を同化することに特に注意を払ったと言うのか。このことから、時代を超えて人々が失敗したおもな理由は人々が信仰と愛を持っていただけで実践的な神を知らなかったということであり、だから人々の信念は漠然とし続けていたと理解できる。なぜ神は、ヨブが神を知っていたとは一度も言わず、ヨブをペテロより劣った者と呼びながら、何度もヨブの信仰についてだけ言及するのか。「わたしはあなたの事を耳で聞いていましたが、今はわたしの目であなたを拝見いたします」というヨブの言葉から、ヨブは信仰だけを持っていたが認識はなかったことが分かる。「両親の悪い手本のおかげで、ペテロはかえって、わたしの愛と憐れみとをみてとることができ」という発言を読んで、ほとんどの人はたくさんの質問を出したくなるだろう。直接ではなく、悪い手本に対して際立たせられてのみ、ペテロが神を知るのはなぜか。ペテロは慈悲と愛を知るのみで、他のことは言及されないのはなぜか。実践の神の認識を追求できるようになるのは、漠然とした神の非現実性が認識されるときだけである。この言葉の目的は人々を導き、心から漠然とした神を根絶することである。人々がいつも、創造の初めから今日に至るまで、神の真の顔を知っていたならば、「山を越えるまでは平地が分からない」という諺から知られているように、サタンの方法に熟知していなかっただろう。これは、これらの言葉を語ったときの神が意味したことを十分に明確にする。人々を導き、神が挙げた例の真実を人々がより深く理解することを神は望むため、神は慈悲と愛をわざと強調し、ペテロが生きた時代は恵みの時代だったと証明する。別の観点から見ると、これはただ人々を捕らえて堕落させる悪魔のおぞましい顔立ちをより鮮明に示し、それにより、鋭く対照的に神の愛と慈悲を際立たせる。

神はまたペテロの試練についての事実のあらましを述べ、さらに試練の実際の状況についても説明する。これは、神には慈悲と愛があるだけでなく、威厳と怒りもあり、平和に生きる者は必ずしも神の祝福の中で生きているわけではないことを人々がより良く理解できるようにである。さらに、試練の後のペテロの経験について人々に伝えることで、「われわれは神から幸をうけるのだから、災をも、うけるべきではないか」というヨブの言葉の信ぴょう性がより明確に示される。これはペテロが神について前例のない認識に至っていたことを示すには十分で、それはそれまでの時代の誰も達成しなかったことである。これはペテロが時代を超えて神を愛したすべての人々の信仰と愛を同化し、さらに自らを鼓舞するために、これまでの失敗から学んだ教訓を統合したときに得たものであった。このため、神についての真の認識を身につけた者は「果実」と呼ばれ、ペテロはその中のひとりである。神へのペテロの祈りにおいて、試練を経てペテロが得た神についての真の認識が理解できるが、小さな問題はペテロは神の心を完全には理解できなかったことである。そのため、ペテロによって得られた神の認識の基礎の上に築きながら、神は「人の心の0.1パーセントだけを占める」という要求を明らかにした。神を最もよく知っていた人であるペテロでさえ神の心を正確に把握できなかったという事実を考慮して、人々はただ神を知るための器官を備えていないと結論づけられる。サタンがすでに人間をかくまで堕落させたからであり、そしてこれは人間性の本質を知るように全ての人々を導く。このようなふたつの前提条件──人々には神を知るための器官が欠けており、さらにサタンにより徹底的に浸透されたということ──は、神の偉大な力を見せつける状況を提供する。というのは、ただ言葉を発することにより、どんな種類の働きを始める必要もなく、神は人の心の中で一定の位置を占めたからである。0.1パーセントに到ることが神の心の実現を意味するのはなぜか。問題になっている器官を神が人に授けなかったという事実の観点からこれを説明すれば、この器官なしに人々が100パーセントの認識に到るならば、神のすべての動きと行動は人に明白なものとなり、人固有の本性を考えると、人はすぐに神に反抗し、公然と神に反対すべく立ち上がるであろう(サタンはこのように滅びた)。それゆえ、神は人を見くびらない。これは、神がすでに人を徹底的に解剖したためで、それゆえ、人の血の中にどれだけの水が混じっているのかに至るまで極めて明晰に神はすべてを知っている。人の明白な本性ならば、さらにどれほど明確に神は理解しているだろうか。神は決して間違いを犯さず、さらに、言葉を発する際に、神はかなり正確に言葉を選ぶ。この理由から、ペテロが神の心を理解するにおいて不正確であったという事実は、ペテロが同時に神を最もよく知っていた人であるという事実と矛盾するものではなく、その上、このふたつの事は完全に無関係である。神がペテロの例を挙げたことは、人々の注意をペテロに集中させるためではなかった。ヨブのような人でさえ神の認識を得られなかったなら、なぜペテロは神についての認識を得ることができたのか。人には神の認識を得る能力があると言いながら、しかしそれは神の偉大な力によるとなぜ神は言うのだろうか。それは本当に、人々の生得的な資質は善良という問題だろうか。人々がこの点を理解するのは容易ではない──わたしが説明しなければ、誰もその内的意味を知ることはないだろう。これらの言葉の目的は人々に何らかの形の知覚に到らせることで、そこから人々は神と協力する自信を得るだろう。このようにして、人の神と協力しようとする努力に支えられてのみ、神は行動を起すことができる。これは霊的領域における実際の状況であり、人類には完全には理解できないことである。人の心でサタンが占める地位を排除し、それ後神に占有させるために、これはサタンの攻撃を撃退すると呼ばれる。これが行われるときのみ、キリストが地上に降りたと言うことができ、そしてそのとき初めて、世界の諸国はキリストの国になったと言うことができる。

ここにおいて、ペテロは何千年もの間人類の模範であり手本であったと述べられる。これはペテロが模範であり手本であるという事実を単に説明するためだけではない。これらの言葉は、霊的領域における戦いの実際の場面を反映したものである。昔からずっと、人類を飲み込んで、それにより神に世界を破壊させ証人を失わせるという空しい希望において、サタンは人に働きかけてきた。しかし神は、「人の心の中で最小の場所を取れるよう、わたしは最初に手本を作ろう。この段階で、人々はわたしを喜ばせず、わたしを完全には知らない。それにもかかわらず、わたしの大きな力に頼り、人はわたしに完全に服従できるようになり、わたしに反抗しなくなるだろう、そしてわたしはサタンを征服するべく、この例を使おう。つまり、0.1パーセントから成るわたしの場所を使い、サタンが人に行使してきたあらゆる力を抑え込もう」と言った。それゆえ、今日神は、ペテロが人類全体が従う見本となるようにペテロの例を挙げた。これを冒頭の一節と合わせると、霊的領域における実際の状況について神が語ったことの信ぴょう性が理解できる。「物事は、かつてとは違っている。わたしは創造の初めから世界の誰も見なかったことをしよう。わたしは人間が、はるか昔からずっと、かつて聞いたことのないことを語ろう。なぜなら、すべての人間が肉におけるわたしを知るようになってほしいからだ」。これにより、神が語ったことを神は今日始めたことがわかる。人間は物事が外面に現れるにつれて理解できるのみで、霊の領域内の実際の状況は理解できない。この理由から、神は直接的かつ率直に、「それがわたしの経営(救い)の手順である。人間にはそれがどういうものか、まるで考えもつかないことなのだ。それらについて、わたしが公然と語っても、人々はまだ頭が混乱しているため、すべてを詳らかに言い表してやることができないのだ。ここに人間の絶望的な低劣さがあるのだ。そうではないか」と言った。これらの言葉の内部には暗黙の言葉があり、上記で暗に示されたように、霊的領域で起こった戦いを説明している。

ペテロの話のあらましを述べることは、まだ完全に神の心を実現しなかったので、ペテロの人生の出来事に関連して、神は次の要求を行った。「全宇宙と天空の無限の広がりに渡って、天と地のすべてのものの間で、無数の被造物、地上の無数の物、天の無数の物の一つひとつが、わたしの働きの最終段階のために全力をささげている。まことに、あなたがたは傍観者でいて、サタンの力によって、あちらこちらへ動かされていたくはないだろう。」ペテロの認識を目の当たりにすることは、人類にとって深く啓示的なため、より良い結果を達成しようとして、神は放縦な無節制さと神についての無知がもたらす結果を人々に理解させ、さらに人々に、再度、より正確に、霊的領域での戦いの実際の状況について人々に告げる。このようにしてのみ、サタンによって捕らえられないよう、人々が自らを守る上でより慎重になることができる。さらに、次に人々が堕落すると、今回受けたようには神からの救いを受けないだろうということが明らかにされている。まとめると、神の言葉への人々の印象を深める上で、このようないくつかの警告は人々に神の慈悲をより大切にさせ、警告の言葉をより身近にとらえさせ、それゆえ人類を救う神の目的に真にかなっている。

前へ:第五章

次へ:ペテロの一生

他のお気に入り

  • 道……(6)

    私達が現代に連れて来られたのは、神の働きのためである。ゆえに、私達は皆、神の経営(救いの)計画における生存者であり、現在に至るまで私達が存続出来ていることは、神の大いなる励ましである。神の計画によると、赤い大きな竜の国は滅ぼされるべきであるが、おそらく神は別の計画を立てたか、あるいは働きの別の部分を…

  • 神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを知っているか

    古い時代は過ぎ去り、新しい時代が到来した。年々歳々、来る日も来る日も神は多くの働きを行ってきた。神はこの世にやって来て、またこの世から去っていった。そのような周期が幾世代にもわたって続いてきた。今日も、神は以前と同じように、神は為さねばならぬ働き、まだ完了していない働きを続行している。何故なら今日ま…

  • 征服の働きの内なる真実(4)

    完全にされるということは、どういう意味だろう。征服されるということは、どういう意味なのだろうか。征服されるには、どういう条件を満たさなければならないのか。また、完全にされるには、どういう条件を満たさなければならないのか。征服することと完全にすることは、いずれも人間が本来の姿に戻り、堕落したサタンの…

  • 聖霊の働きとサタンの働き

    霊における事柄を具体的にどのように把握するのか。聖霊はどのように人間の中で働くのか。サタンはどのように人間の中で働くのか。悪霊はどのように人間の中で働くのか。そしてこの働きはどのように現れるのか。何かがあなたに起こる時、それは聖霊から来ておりあなたはそれに従うべきなのか、あるいは拒否すべきなのか。人…