真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

四十一番目の言葉の解釈

神は人間に対してどのように働きかけるのだろう。あなたにはわかるだろうか。はっきりしているのだろうか。教会ではどのように行われるのだろう。あなたはどう思うか。あなたはこうした質問について考えたことがあるだろうか。神は教会での働きを通して何を達成しようと望んでいるのだろう。すべてはもうはっきりしているのだろうか。もしはっきりしていないなら、あなたのすることはすべて役に立たず、無効になってしまう。これらの言葉はあなたの心に響くだろうか。神の望みを達成するために必要なことは、消極的で後ろ向きでなく、積極的に進歩することだけだろうか。盲目的に協力するだけでいいのだろうか。ビジョンに不明瞭さが影を落としていたらあなたはどうすれば良いのだろう。探し求めなくてもいいのだろうか。神は次のように言う。「わたしは以前人々の間で素晴らしい働きをしたのだが、彼らが気付かなかったため、言葉を使って示さなければならなかった。それでも尚且、人はわたしの言葉を理解せず、わたしの計画の目的に関して無知であり続けた。」これは何を意味するのだろう。あなたはその目的について考えたことがあるだろうか。神はただ目的もなく、むやみに行動しているのだろうか。もしそうなら、その趣旨はなんだろう。目的がはっきりとしていないなら、そして人が理解していないなら、どうして人々は心から協力することができるだろう。神が言うには、人々は果てしない海の中を探し求めるように、つまり、空虚な言葉と教義の中を探し求めているようなものだ。あなたは、自分たちの探求がどの分類に入るのか言うことさえできない。神は人間の中に何を達成したいのだろう。あなたはこのことをすべてはっきりさせなければならない。それは赤い大きな竜の否定的な面を辱めることだけなのだろうか。ひょっとして赤い大きな竜を辱めた後、神は手ぶらの世捨て人として生きるだけなのだろうか。では、神の望みは何なのだろう。神は本当に人間の心が欲しいのだろうか。あるいはその命だろうか。それとも彼らの富と所有物だろうか。こうしたものが何の役に立つのだろう。神にとっては何の役にも立たない。神が人間に多くの事をしてきたのは、サタンに対する勝利の証拠として人を使い、自分の力を立証するためなのだろうか。そんなことをすれば、神は取るに足らないものということになってしまうではないか。神は本当にそのような類のものなのだろうか。子供が大人をけんかに巻き込むようなものではないか。これにどんな意味があるのだろう。人はいつも自分の考え方に基づいて神を考察してきた。神はかつて次のように言った。「一年には四つの季節があり、各季節は三か月である。」人はこれを聞き、神の言葉を覚えて、一つの季節には三か月あり、一年には四つの季節があると言い続けた。それから神が「一年にはいくつ季節があるか。そして各季節にはいくつの月があるか」と尋ねると、人は声をそろえて答えた。「四つの季節、三ヶ月。」人はいつも一連の規則に基づいて神を規定しようとする。今日の時代は、「一年には三つの季節があり、各季節には四か月ある」となっているが、人はまだ気づかず、どうやら盲目のようで、すべてのことに規則をあてはめようとしている。そして今、人は自分の規則を神に適用しようとしているのだ。彼らは本当に盲目だ。現在の時代に「冬」はなく、「春、夏、秋」だけなのに、彼らにはわからないのだろうか。人は本当に愚かだ。現在の状況では、人はまだどのようにすれば神を知ることができるのかに気づいていない。彼らは1920年代の人々と同じで、輸送手段は不便だと考えているので、歩いたり、ロバを使ったりする。あるいは石油ランプ、その他の原始的な生活方法を用いるべきだと考える。このようなことはすべて人間の心から生まれた考えではないだろうか。では、慈悲と愛について今日まだ話すのはなぜだろう。それが何の役に立つのだろう。昔話をとりとめもなく話している老女のようで、これらの言葉に何の意味があるのだろう。結局、現在は現在なのだ。時計を二十年も三十年も前に戻すことができるだろうか。人々はいつも時勢に従う。それを取り入れることが、なぜそんなに難しいのか。刑罰の行われるこの時代にこのように慈悲と愛について語ることに何の意味があるのか。まるで神に属するものはすべて慈悲と愛だけであるかのように。この「粉と米」の時代に人々はいつも残り物と苦い野菜を提供するのだろうか。神は気が進まないのに、人間は神に無理強いする。もしも神が抵抗したら、神は「反革命的」というレッテルを貼られるだろう。神は慈悲深くも、愛情深くもないと繰り返し言われたが、耳を貸す人などいないだろう。人はあまりにもばかげている。神の言葉は何の効果もないようである。人々はいつも別の見方でわたしの言葉を見る。神はいつも人々に脅されており、罪のない人々は根拠のない非難に直面しているようである。誰が神の気持ちに従った行動をするのだろう。あなた方はいつも進んで神の慈悲と愛の中で生きようとしているが、何ができるというのだろう。神は人の侮辱に苦しまなければならない。しかし、あなた方が神と議論する前に聖霊の働きを理解することを、わたしは望む。それでも、わたしはあなたが神の言葉のそもそもの意味を理解するよう促す。自分が賢いと思ってはいけない。神の言葉には不純物が含まれていると考えてはいけない。そんな考えは不必要だ。神の言葉の中にどのくらいの「不純物」があるか、言える人などいるだろうか。神がそのことを直接言わなければ、あるいははっきりと示さなければ、誰にもわからない。自分をあまり高く評価してはいけない。あなたが神の言葉から実践する道を見ることができるなら、あなたは神の要求に応えている。あなたはほかに何が知りたいというのか。神は次のように言った。「わたしはもはや人の弱さに対して慈悲のかけらもない。」明快で単純なこれらの言葉でさえ解釈することができないのに、さらに研究し、調査することの趣旨は何なのか。基本的な機械の知識さえないのに、どうして人はロケットを作り上げる資格があると言えよう。ただ自慢したいだけの人と変わらないではないか。人には神の働きを行う資格はない。神が人間を得意にさせるだけのことだ。神が何を愛し、何を憎むかを知らず、ただ神に仕える。これが諸悪の根源ではないだろうか。自分自身を理解していないのに、人は自分たちを特別であると考えている。彼らは自分を誰だと思っているのだろう。彼らは本当に善悪の違いがわからない。過去を振り返って考え、将来を見越すがよい。あなたはどう思うか。それから自分自身を知るようになりなさい。

神は人の意図と目的について多くを明らかにしてきた。神は言った。「わたしが人間の意図と目的を知ったのはその時だ。わたしは霧の中でため息をつき、こう思った。人はなぜ自分の利益のためにしか動かないのか。わたしの刑罰は、人間を全きものとするためのものではなかったのか。わたしは彼らを落胆させようとしているのか。」あなたはこれらの言葉から自分について何を学ぶのか。人の意図と目的は本当になくなってしまったのだろうか。あなたはそれを調べたことがあるだろうか。あなた方は神の前に出て、教えを受けた方がよい。神の刑罰の働きがあなた方に何を成し遂げるかということを。あなた方はそれを要約したことがあるのか。おそらくほとんど何もしていないだろう。さもなければ、ずっと以前に誇張表現に耽っていたかもしれない。神はあなた方が何を達成することを求めているのか。神があなた方に向けて語った言葉の中で、あなた方が実行したのはどのくらいだろうか。どれほどの言葉が無駄に語られたのだろう。神の目から見れば、その言葉のほとんどは実行されていない。これは、人が神の元々の意味を決して解釈することができず、繰り返されることを何でもただそのまま受け入れるだけだからである。このようなことで、彼らは神の心を知ることができるだろうか。近い将来、神は人間のためにもっと働くだろう。人間はその働きを今自分の小さな霊的背丈で達成することができるだろうか。誤っていなければ、人間はその本質通り、不条理なのか、あるいはおそらく傲慢である。実に理解しがたい。神があれだけのことを語っているのに、人はなぜそれを心に受け止めないのか。神の言葉がほんの冗談でなんの効果も持たないということだろうか。すべては人が「幸福、怒り、悲しみ、喜び」のドラマを演ずるのを見るためだろうか。ほんの一瞬だけ人を幸せにし、次に泣かせ、その後舞台裏でその人の個人的な用事をするのだろうか。これはどのような効果をもたらすだろう。「わたしの要求が人間にとっていつも無意味なものになるのはなぜか。わたしの要求は、犬に木に登れと言っているようなものか。わたしは理由もなく面倒を起こしているのか。」神が話す言葉は人間の実際の状態を対象にしている。自己を省みて、神の言葉に従って生きているのは誰なのかを見たほうがよい。「未だにかなりの土地がその地形を変え続けている。いつの日か地が全く異なるものに変化してしまったならば、わたしはそれを迷わず放棄するだろう。わたしの働きはその段階に入っているのではないのか。」確かに、神は今、この働きの段階にある。しかし、神が「ためらうことなく排斥する」と述べる時、これは将来のことを意味する。すべては途中の過程だからである。これが神の現在の働きにおける動向だが、それをあなたは見て取ることができるだろうか。人間の意図には欠陥があるため、汚れた霊がここぞとばかりに現れる。この時、「地上は別のものに変化し」、その時、人々は質的に変化するが、その本質は変わらないままだろう。なぜなら、地上には改善の余地が何かほかにあるからである。言い換えれば、もともとの地は劣っていたが、いったん改善されれば、使用できるかもしれない。しかし、一定期間使われた後、もはや使われなくなると、次第に元の形に戻るだろう。これが神の働きの次の段階の要約である。神の将来の働きはもっと複雑になるだろう。さまざまな種類の人々を分類する時だからである。最後の集会の場所では混乱状態が生じ、人は明確な見通しを持つことができないだろう。神が次のように言ったとおりである。「人は群れに付き従ってしまう役者である。」人は群れに付き従う演技力を持っているから、神は自分の働きの次の段階のためにこの弱点を利用し、すべての人がこの欠点を転換できるようにする。人は真の霊的背丈が不足しているので、簡単に惑わされる。真の霊的背丈があったならば、彼らは高くそびえる木々のようになるだろう。神は悪霊の働きの一部を利用し、一部の人を完全にし、これらの人々が悪魔の行いをすっかり見通すことができるようにし、すべての人が自分たちの祖先を真に理解できるようにすることを意図している。そうなる時、ようやく人類は完全に解放され、悪魔の子孫を見捨てるだけでなく、悪魔の祖先をいっそうはっきりと見捨てる。これが赤い大きな竜を完全に打ち負かすという神のそもそもの意図である。そうすることによって、すべての人が赤い大きな竜の本当の姿を知り、完全にその仮面を引きはがし、本当の姿を見るようにと、神は求めているのだ。神が達成しようとするのはこのことであり、これが神の地上における最終目標であり、そのために神は多くの働きをなしてきたのだ。神はすべての人においてこれを達成しようと目指している。これは、神の目的を達成するためのあらゆるものの操縦として知られている。

あなた方は、将来の働きがどのように行われるか、はっきりわかっているだろうか。この働きをすべて理解しなければならない。例えば、人間は自分の本分に決して注意を払わない、と神が言うのはなぜだろう。神が彼らに残した宿題を多くの人が仕上げられなかった、と神が言うのはなぜだろう。これらのことはどうしたら達成できるのだろう。あなた方はこれら質問について考えたことがあるだろうか。あなた方のやりとりの中で、これらのことを話題にしたことがあるだろうか。神のこの働きの段階で、人は神の現在の意図を理解しなければならない。理解できたら、そのほかのことについても話し合うことができる。神が人のなかに何を達成しようとするのかを明確に説明しなければならない。さもないと、何の役にも立たない。人々は神がやろうとすることにおいて成長できないだろうし、ましてやそれを達成することなどいっそうありえない。すべて非現実的である。あなたは神が最近言ったことを実践する道を見つけたか。人々は神の言葉を恐怖感を持って見ている。彼らは理解することができず、ただ神を怒らせることを恐れている。今指摘されている飲食の方法のうち、いくつを彼らは見つけただろうか。ほとんどの人はどのように食べたら良いかわからない。これはどうしたら解決することができるだろう。あなた方は今日語られた言葉のなかに解決方法を見つけただろうか。どのようにしてあなた方は協力しようとしたのか。そしていったんあなた方全員が言葉を受け入れたら、自分たちの受けた印象についてどのように話し合うのだろう。人はこれをするべきではないだろうか。あなた方は正しい薬をどうやって処方するのか。あなた方はまだ神からの直接の声が必要なのだろうか。これは必要なのだろうか。これらの問題はどうしたら完全に根絶できるのだろう。あなた方がその行いにおいて実際聖霊に従うことができるかどうかだけでも考えてみるがよい。あなた方が適切に従えば、聖霊は偉大な働きをするだろう。適切に従わず、むしろ混乱すれば、聖霊は助けてくれないだろう。「あなたが敵を知り、己を知れば、いつも勝利を収めるだろう。」この言葉を最初に言ったのが誰であれ、それはあなた方にとって最も適切である。要するに、あなた方は自分の敵を知る前に自分自身をまず知らなければならず、そうすれば最後にあなた方はあらゆる戦いに勝つことができるだろう。あなた方は皆これができなければならない。神があなたに何を求めようとも、あなたはそれにあなたのすべてを捧げさえすればよい。最終的に神の前にあなたの忠誠心を示し得ることが望ましい。玉座にいる神の満足そうな笑みを見ることができる限り、たとえ死に際しても、あなたは微笑みながら目を閉じられるはずである。あなたは地上にいる間に神のために最後の義務を果たさなければならない。昔、ペテロは神のために逆さ磔にされた。しかし、あなたは最後に神を満足させ、神のために持てるエネルギーのすべてを使い尽くすべきである。神に作られた者は神のために何ができるだろう。そこで、あなたはすぐにでも神の慈悲の前に身を委ねるべきである。神が喜び、満足している間に、神が望むことを何でもしてもらおうではないか。人間には不平を言う権利などないのだから。

前へ:四十番目の言葉の解釈

次へ:四十二番目の言葉の解釈

他のお気に入り