全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

道の最終行程をいかに歩むべきか

あなたがたは今、道の最終行程にあり、これは道の中でも極めて重要な部分である。おそらくかなりの苦難に耐え、多くの働きを行い、多くの道を歩み、多くの説教を聞いてきたであろう。また現在に至るまでは容易ではなかったであろう。もしも目の前にある苦難に耐えることが出来ず、またこれまでと同様に継続するならば、あなたが完全にされることは不可能であろう。これはあなたを怖がらせようとしているのではなく、事実である。ペテロは神の働きをずいぶん経験した後、ある程度の識見と大いなる分別を得た。またペテロは奉仕の原則をかなり理解し、イエスがペテロに託したことに後になって完全に専念することが出来た。ペテロが受けた大いなる鍛錬は、そのほとんどがペテロが自分の行いにおいて神への借りが大きすぎて決して神に返すことが出来ないであろうと感じたこと、また人間が極めて堕落していることを認識したために良心の呵責を感じたためである。イエスはペテロに対して数多くの言葉を述べたが、その時ペテロはほんの僅か理解したに過ぎなかった。ペテロは依然として、時折反抗したり反逆したりしていた。イエスが十字架に架けられた後、やっとペテロに多少の目覚めが訪れて、自分は酷く罪深いと感じた。最終的に、ペテロの目覚めは、誤った考えが浮かんだ時に取り乱すほどの段階に達した。ペテロは自らの状態と主の聖さをよく知っていた。その結果、主を愛する心がペテロの中で一層膨らみ、ペテロは自らのいのちに一層集中するようになった。それが原因でペテロは大いなる苦難を受け、ときにはあたかも重病を患い、臨終の時が迫っているかのようになることあったが、このような鍛錬を何度も受けた後、自らに関する認識を増やし、そのようにして初めて主への真の愛がペテロの中で育まれた。ペテロはその生涯を鍛錬の中で、そしてそれ以上に刑罰の中で過ごしたと言えるであろう。ペテロの経験は他の誰の経験とも異なり、ペテロの愛は、完全にされなかったあらゆる者の愛を超越していた。ペテロが規範に選ばれたのは、ペテロが人生において最も多くの苦痛を経験し、またその経験が最も成功したからである。あなたがたが真にペテロのように道の最終行程を歩むことができるならば、あなたがたの恵みを奪うことが出来る被造物は一つとしてないであろう。

ペテロは良心のある人間であった。すなわち、ペテロにはその種の人間性があった。ペテロが最初にイエスに付き従った時、反抗的で反逆的な考えを数多く抱かずにはいられなかった。しかしイエスに付き従っている間に、そうした考えを真剣に受け止めず、人間とはそういうものだと考えていたので、当初ペテロは全く非難を感じることもなく、取り扱われることもなかった。イエスはそのようなペテロの反応を深刻に受け止めることも、気にかけることもなかった。イエスはただ自らが行うべき働きを続けた。イエスはペテロやその兄弟に小言を言うことは決してなかった。「イエスはペテロ達が反応して抱いた考えを知らなかったのではないだろうか」とあなたは言うかも知れない。そのようなことは一切ない。それはイエスがペテロを真に理解していたからである。イエスはペテロを深く理解し、ペテロに対して何も対処しなかった、と言えるであろう。イエスは人類を嫌っていたが、同時に人類を哀れんだ。現在あなたがたのうちにパウロのように反抗し、また主イエスに対してペテロが当時そうであったように、多数の観念を抱いている者が大勢いるのではないだろうか。言っておくが、自分の第三感を過信しないほうが良い。あなたの感覚は信頼出来ないものであり、ずっと以前からサタンによってすっかり壊されている。自分の感覚が絶対的に完璧だと考えているのだろうか。パウロは主イエスを何度も拒んだが、イエスは全く反応しなかった。イエスは病人を癒やし、悪霊を追い払うことが出来たが、パウロの中の「悪霊」は追い払うことが出来なかったのであろうか。イエスが復活して昇天した後になって初めて、パウロがまだ無慈悲にイエスの弟子達を捕らえ続けていたとき、ダマスコに向かう道中のパウロの前にイエスが現れパウロを打ち倒したのはなぜだろうか。主イエスの対応が遅すぎたのであろうか。あるいは、肉にある主には全く権威がなかったからであろうか。あなたがわたしの背後で密かに破壊的で反抗的になっている時、わたしがそれを知らないと思っているのか。聖霊から得た啓きの断片を用いてわたしに反抗出来ると思っているのか。ペテロが未熟だった頃、イエスに対する考えを多数抱いたが、それなのになぜペテロは咎められなかったのであろうか。現在、多数の者が咎められることなく様々なことをしており、そうした者は行動が不正であると明白に言われても耳を傾けない。それはひとえに人間の反逆性のせいではないであろうか。わたしは今まで多くの事を述べたが、あなたは依然として僅かばかりの良心の認識さえ欠いている。そんなことでどうして道の最終行程を最後まで歩くことができるであろうか。これが甚大な問題であると感じないだろうか。

人間は、征服された後に、神の指揮に従うことができ、自らの信仰と意志をよりどころとして神を愛し、神に付き従うことが出来る。では、道の最終行程をどのようにして歩むことが出来るだろうか。あなたは苦難を経験する日々において、あらゆる困難を受け、苦しむ意志を持たなければならない。この方法によってのみ、道の最終行程を歩むことが出来る。道の最終行程を歩むのはそれほど容易だと思っているのか。あなたは自分が果たすべき役割を知り、自分の能力を向上させ、しかるべき真理を身に付けなければならない。これは一日、二日の働きではなく、あなたが考えるほど単純ではない。道の最終行程を歩むことは、あなたがどのような信仰と意志を本当にもっているのかにかかっている。あなたの中で聖霊が働いているのが分からなかったり、教会で聖霊の働きを見出せなかったりして、悲観的になり落胆し、前途について絶望に満ちているかもしれない。特に、以前は偉大な闘志だった者は皆、倒れている。これはあなたにとって大打撃ではなかろうか。こうした物事をどのように受け止めるべきであろうか。あなたには信仰があるのであろうか、ないのであろうか。あなたは現在の働きを完全に理解しているのであろうか、ないのであろうか。あなたが道の最終行程をよく歩むことが出来るかどうかは、これらの事にかかっている。

なぜ今あなたがたは道の最終行程にいると言われるのだろうか。それはあなたがたが理解すべき事を全て理解し、人間が達成すべき事についてわたしが全て語ったからである。あなたがたに託された全ての事についても、わたしはあなたがたに伝えた。したがって、現在あなたがたが歩んでいるのは、わたしが導いている道の最終区間なのである。わたしは、あなたがたが独立して生きる能力に達することが出来ること、何時でも歩むべき道を維持し、常に自らの能力を向上させ、神の言葉を正しく読み、適切な人間生活を送ることのみを要求する。わたしは現在このように生活するようにあなたを導いているが、将来には導くことはないであろう。それでもこのように生活できるだろうか。続けることが出来るだろうか。これがペテロの経験した事である。イエスがペテロを導いていた時、ペテロには認識が全くなく、常に子供のように不注意であり、自分の行動に関して真剣ではなかった。イエスが去った後に初めて、ペテロは適切な人間生活を開始した。ペテロの有意義な人生は、イエスが去った後に初めて始まったのである。ペテロは正常な人間性の理知や正常な人間が備えるべき事を幾分かは備えていたが、ペテロの真の経験と追求はイエスが去るまで始まらなかった。現時点において、あなたがたにとって状況はどうであろうか。現在、このようにわたしはあなたを導いており、あなたはこれは素晴らしいと思っている。この状況ではあなたに降りかかる周辺環境や試練はないが、実際にあなたの霊的背丈がどのようなものか、あなたが本当に真理を追求する者かどうかを確認することは出来ない。あなたは自らの本質を理解したと口で言うものの、それは空虚な言葉である。後に、事実があなたに示されて初めて、あなたの認識は確認されるであろう。現在、あなたには「私の肉は極めて堕落していること、人間の肉の本質は神に反逆し、反抗することであることを理解している。神の裁きと刑罰を受けることが出来るのは、全て神による引き上げである。今そうだと分かって、神の愛に報いたい」といった認識があり、そう言うのは簡単だが、後に苦難や試練、困難が起きると、それらを経験するのは簡単ではないであろう。あなたがたは、毎日このような付き従い方をしているが、未だに自らの経験を続けられない。わたしがあなたがたを見捨て、あなたがたに配慮しなかったとしたら、状況は更に悪化するであろう。殆どの人間が倒れ、恥の象徴である塩の柱となるであろう。これらはどれも有り得る事である。このことを懸念したり不安に思ったりしていないのであろうか。ペテロはそうした環境を経験し、そうした苦難を経験したが、依然として揺るぎなく立っていた。そうした環境があなたにもたらされたとしたら、揺るぎなく立っていられるであろうか。イエスが地上にいる時に言った事や行った働きはペテロに基礎を授け、ペテロはその基礎を起点として、その後の道を歩んだ。あなたがたは、それほどの段階に達することが出来るだろうか。これまでに歩んだ道と、理解した真理は、あなたが今後揺るぎなく立つための基礎となり得るであろうか。それらはあなたが今後揺るぎなく立つためのビジョンとなり得るであろうか。あなたがたに真理を伝えよう。人間が現在理解していることは、全て教義であると言える。なぜなら、人間が理解している事は、人間が経験した事の全てではないからである。現在まであなたが継続出来たのは、すべて新たな光の主導のおかげである。あなたの背丈が一定水準に達したのではなく、この日まであなたを導いてきたのはわたしの言葉である。あなたに大いなる信仰があるのではなく、わたしの言葉の知恵のために、あなたは現在まで付き従わずにはいられなかったのである。今、わたしが語らず、声を出さなかったとしたら、あなたがたは継続できず、直ちに前進を止めるであろう。それがあなたがたの真の背丈ではないのであろうか。あなたがたは、自分がどの側面から入っていくべきなのか、自分に欠落している事の埋め合わせをどの側面においてするすべきかを全く知らない。あなたがたは有意義な人間の生活を生き抜く方法や、神の愛に報いる方法、強く明白な証しに立つ方法を理解していない。あなたがたはこれらを全く達成できない。あなたがたは怠け者であり、かつ愚か者である。あなたがたは何かに依存することしか出来ず、あなたがたが依存しているのは新たな光であり、あなたがたを先導する存在である。あなたが現在まで続けてこられたのは、新たな光と最新の言葉に完全に依存してきたからである。あなたがたは、真理の道の追求に熟達していたペテロや、ヤーウェを敬虔に礼拝し、ヤーウェからどのように試されても、恵みを授けるか如何を問わずヤーウェが神であると信じることが出来たヨブに遠く及ばない。あなたにはそうすることが出来るであろうか。あなたがたはどのように征服されたのであろうか。ひとつの側面は裁き、刑罰、そして呪いであり、もう一つの側面は、あなたがたを征服する奥義である。あなたがたは皆、ロバのようである。わたしが述べる事が十分に高尚でなく、全く奥義がなかったとしたら、あなたがたは征服され得ない。仮に、ある人がある期間、常に同じ事柄について説教したとしたら、あなたがたは誰も二年経たないうちに逃げ出し、それ以上続けられないであろう。深化の方法が分からず、また真理やいのちの道の追求の仕方を理解していない。あなたがたは、奥義やビジョンの話、神がこれまでどのような働きを行ったか、ペテロの経験、イエスの磔刑の背景など、新奇な事柄を受けることだけしか理解していない。あなたがたは、そうした事柄の話を聴くことだけを望み、そうした話を聴けば聴くほど活力を得る。あなたがたはそうした話を聴くのは悲しみや退屈さを追い払うためである。あなたがたの生活はまるごと、そうした新奇な物事により維持されている。今日まで生き長らえてきたのは自分の信仰のおかげだと思っているのだろうか。それが、あなたがたのわずかな、情けない霊的背丈ではなかろうか。あなたがたの誠意はどこにあるのか。人間性はどこにあるのか。あなたがたは人生をもっているのか。あなたがたは完全にされるための要素をいくつ備えているのだろうか。わたしが述べてる事は事実ではないのか。わたしはこのように語り、働きを行うが、あなたがたは依然として全く気にかけることがない。あなたがたは付き従うと同時に、見ている。あなたがたは常に無関心な様子であり、また付き従うのも常に受動的である。あなたがたは皆、そのようにして続行してきた。あなたがたを現在まで導いてきたのは、刑罰と試練、懲らしめのみである。いのちに入ることについて説教が幾つかでもあったなら、それだけであなたがたは皆とっくの昔に脱落していたのではなかろうか。あなたがたは皆、自分の隣にいる者よりも気位が高い。実際、あなたがたは極めて癪に障る存在でしかない。奥義を幾つかと、人間がこれまで知らなかった事を幾つか理解しているので、現在までなんとか続いてきただけである。あなたがたには従わない理由がないので、何とか流れに乗ることに決めただけである。それはまさにわたしの言葉により実現した結果であって、あなたがたの功績ではないのは確かである。あなたがたが自慢できることはひとつもない。ゆえに、この働きの段階において、あなたがたは専らわたしの言葉によって現在まで導かれて来た。そうでなかったとしたら、これらの人々の中の誰が従うことが出来たであろうか。誰が現在まで続けて来られたであろうか。初期の段階から、あなたがたは最初にそうする機会が生まれたときから去って行きたかったが、勇気がなかったので立ち去らなかった。現在に至るまで、あなたがたは中途半端な気持ちで付き従って来た。

ペテロは、イエスが磔刑となってから去って初めて、自らが歩むべき道を歩み始めた。ペテロは自分の欠点や弱点を確認した後になって初めて、準備を開始した。ペテロは自分には愛が少なすぎること、苦難を受ける意志が不足していること、識見が全くないこと、そして理知が不足していることを確認した。ペテロは自分の中にはイエスの旨に則していない多くの物事、反逆的かつ反抗的な物事、そして人間の意志が混ざっている物事が多数あることを確認した。その後になって初めて、ペテロはあらゆる側面に入っていった。イエスがペテロを導いている時、イエスはペテロの状態を暴き、ペテロはそれを認めすぐに約束をしたが、ペテロはその後になるまで真の認識を得ることがなかった。なぜならその時ペテロには全く経験がなく、自らの霊的背丈が全くわからなかったからである。つまり、現在、わたしは言葉を用いてあなたがたを導いているだけであり、あなたがたを短期間で完全にすることは不可能であり、あなたがたは真理を理解して知ることしか出来ないであろう。なぜならあなたを征服し、心の中で確信させることが現在の働きであり、人間は征服された後に初めて、そのうちの一部の人間が完全にされるからである。現在あなたが理解しているビジョンや真理は、あなたの今後の経験のための基礎を構成している。今後の苦難において、あなたがたは皆、これらの言葉に関する実経験を得る。後に試練が訪れ苦難を受ける時、現在あなたが述べている言葉、すなわち、いかなる苦難、試練、大いなる災いに遭っても、私は神を満足させなければならない、という言葉を考えるであろう。ペテロの経験を、そしてヨブの経験を考えなさい。現在の言葉はあなたを活気づかせるであろう。あなたの信仰が奮起され得るのは、その方法によるほかない。当時、ペテロは自分は神の裁きと刑罰を受けるに値しないと言ったが、その時にはあなたもまた、自分を通してあらゆる者に神の義なる性質を理解させることをいとわないであろう。あなたはすぐに神の裁きと刑罰を受けることを望み、神の裁きと刑罰、呪いが、あなたにとって安楽となるであろう。現在あなたが真理を身に備えていないことはまったくできない。あなたは今後揺るぎなく立てないだけでなく、現在の働きを経験することも出来ないかもしれない。こうした状況であれば、あなたは排除と罰の対象となるのではなかろうか。現在あなたに直面している事実はなく、あなたに欠如している側面が何であろうとわたしがそれを補充してきた。わたしはあらゆる側面から語っている。あなたがたがそれほど多くの苦難を受けていないことは確実であり、あなたがたはただ得られる物事を身に付けるだけで、一切の代償を払っておらず、何よりもあなたがたには自分自身の真の経験や識見がない。ゆえに、あなたがたが理解した事は、真の霊的背丈にはならない。あなたがたは理解、知識、そして視力だけに限定されており、収穫といえるほどのものを刈り入れていない。わたしがあなたがたのことを配慮しないままでそれぞれの自宅で経験させていたならば、あなたがたは遥か昔に世俗への出口を築いていたであろう。あなたがたが今後歩む道は苦難の道となるであろう。そしてあなたがたがその道の現在の行程をよく歩んだならば、後に一層大きな苦難を受けた時に、あなたがたは証しをすることが出来るであろう。あなたがたは、人生の意義を理解し、人生の正しい道を歩んでいる。そして今後、神があなたをいかに取り扱おうと、不平を言ったり、えり好みしたりせずに、神の計画に服従し、神に対して何も要求しないであろう。こうして、あなたは価値を得るであろう。現在、あなたは苦難に遭遇していないので、あらゆる物事に従うことが出来る。あなたは神がどのように導いても、問題ない、神の計画全てに従うと言う。神があなたを呪うか、罰するかにかかわらず、あなたは神を満足させる覚悟であろう。そう言ったものの、現在あなたが言うことは、必ずしもあなたの霊的背丈に相当するとは限らない。現在あなたが行う覚悟のあることが、あなたが最後まで従うことが出来ることを示すことはできない。あなたに大いなる苦難が降りかかった時、あるいは迫害や弾圧、あるいは大いなる試練を受ける時、そうした言葉を述べることが出来ないであろう。その時にそのような理解を得て、揺るぎなく立つならば、それだけがあなたの霊的背丈となるであろう。その時、ペテロはどのような様子であっただろうか。ペテロは「主よ、私はいのちをあなたのために犠牲にします。あなたが私を死なせるならば、私は死にます」と言った。それは、当時のペテロの祈り方でもあった。またペテロは「他人があなたを愛さなくとも、私は最後まであなたを愛するのは決まっています。私は常にあなたに付き従います」と述べた。当時のペテロはこのように述べたが、試練が降りかかった途端にペテロは崩れ落ちて泣いた。あなたがたは皆ペテロが主を三度知らぬと言ったことを知っているであろう。試練が降りかかった時に、泣いて人間の弱さを表す者が大勢いる。あなたは自分自身の主人ではない。すなわち、自分を制御できない。現在あなたは極めて好調かも知れないが、それは適切な環境があるからである。もし環境が明日変わったならば、あなたの卑怯さと無能さを晒し、そして忌み嫌うべき側面と無価値さを表すであろう。あなたの「勇ましさ」は遥か以前に尽き果て、諦めて退散することもあるであろう。これは、当時あなたが理解していた事が、実際の霊的背丈ではなかったことを示している。誰かが真に神を愛しているか、本当に神の計画に服従出来るかどうか、神の要求する事に全力を尽くし、たとえ自らのいのちを犠牲にすることになるとしても、神に献身し、神に最善の物事を捧げられるか否かを見極めるには、その人の実際の霊的背丈を検討する必要がある。

あなたは今このような言葉が語られたことを覚えておかなければならない。後に、あなたは一層大いなる困難と苦難を受けるからである。完全にされることは平易なことでも簡単なことでもない。少なくともヨブのような信仰、あるいはそれ以上の信仰をもっていなければならない。そうした試練はヨブの試練よりも大いなるものであり、その上に長期的な刑罰を受ける必要があるということを知るべきである。それは簡明なことであろうか。あなたの能力を向上させることが出来ず、あなたの理解力は不足し、知識は過少であったならば、その時あなたが証しに立つことはなく、サタンの冗談や玩具となるであろう。現在、ビジョンを持ち続けることが出来ないならば、あなたには全く基礎がなく、将来は捨て去られるであろう。道はいずれの部分も歩み難いので、軽く考えてはならない。今、そのことを入念に斟酌し、道の最終行程をいかに適切に歩むかを準備しなさい。それが将来歩むべき道であり、あらゆる者がその道を歩まなければならない。こうした現在の認識を一方の耳から入って他方の耳から出るように聞き流してはならず、わたしの話がすべて息の無駄使いだと考えてはならない。あなたがわたしの話を役立たせる日が来るであろう。言葉は無駄に語られることがない。今はあなた自身を将来に向けて準備する時であり、将来への道を開く時である。後に歩むべき道を準備し、後にいかに揺るぎなく立つことが出来るかを心配し、憂慮し、将来の道に向けて周到に準備すべきである。貪欲で怠惰になってはならない。あなたは出来る限りを尽くして、時間を最大限に活用し必要な事を全て得る必要がある。わたしはあなたが理解できるようにあなたに全てを与えている。あなたがたはわたしがこの三年弱のうちに多くの事を語り、多くの働きを行ったのを、自ら目のあたりにしてきた。このように働きを行うのは、ひとつには人間には不足する事が多すぎるという側面があり、また時間が極めて限られていて、これ以上の遅れは許されないという側面がある。あなたの想像する仕方に基づけば、これは遅すぎるのだが、それではわたしはどの程度の期間にわたってあなたに付き添う必要があるのであろうか。わたしが年老いるまであなたに付き添わせようとしても、それは不可能であろう。自らの内面について完全に明瞭な状態の人間が達成されなければならず、そうなれば人間は証しに立ち、活用されることができる。それは遅すぎないであろうか。一層大いなる苦難を受けることにより、万人の中で真の知識が実現されるであろう。それはこの働きの段階のひとつである。今日伝えられたビジョンを、あなたが完全に理解して、真の霊的背丈を得たならば、今後どのような苦難を受けようとも、それがあなたを圧倒することはなく、あなたはそれらを耐えしのぐ事が出来るであろう。わたしが働きのこの最終段階を完了し、最後の言葉を述べ終えた時、将来において人々は自らの道を歩まなければならないであろう。これは前に述べられた言葉を成就することになる。すなわち聖霊は一人ひとりのために任務と、一人ひとりの中で行うべき働きをもっている。今後、各人は聖霊に導かれて歩むべき道を歩むであろう。苦難を受ける時に、誰が誰を世話することが出来るだろうか。各個人には独自の苦難があり、それぞれの霊的背丈がある。ある者の背丈は他の誰の背丈とも異なる。夫は妻の世話をせず、親も子の世話をすることはないであろう。他人の世話が出来る者は誰もいないであろう。現在とは異なるが、相互の世話と支援は依然として可能である。それはあらゆる種類の人間が暴かれる時となるであろう。すなわち、神が羊飼いを打つ時、羊の群れは散らされるのであり、その時あなたがたには真の指導者が不在となる。人間は分割されるであろう。それは信徒団として集うことの出来る現在とは異なる。後に、聖霊の働きがない者は、自分の真の姿を現すであろう。夫は妻を裏切り、妻は夫を裏切り、子は親を裏切り、親は子を迫害するであろう。人間の心は予想出来ない。出来ることは自分のもつものに頼り、道の最終行程をよく歩むことだけである。あなたがたは現在このことを明瞭に理解できず、皆目先の事しか考えていない。この働きの段階を上手に通過するのは、容易いことではない。

苦難の時は、過度に長引かされるということはなく、一年にさえ満たないであろう。それが一年以上続くならば、働きの次の段階が遅れ、人間の霊的背丈は不十分となるであろう。苦難の時が長すぎるならば、人間には耐えられないであろう。人間の霊的背丈には限界がある。わたしの働きが完了した後、次の段階は人間が歩むべき道を歩むことである。各人が自分の歩むべき道を理解しなければならない。それが苦難の道であり、苦難の過程であり、あなたの神を愛する意志を鍛錬する道でもある。どの真理に入っていくべきか、どの真理を補充すべきか、どのように経験すべきか、どの側面から入っていくべきか、これらの事を全て理解しなければならない。あなたは今自分の準備を整える必要がある。自分に苦難が降りかかるまで待っていたならば、手遅れとなるであろう。各人が自らのいのちのために負担を負わなくてはならない。他人の警告や、他人があなたの注意を引いて話してくれるのを待っていてはならない。わたしは多くを語ったが、あなたは依然として自分がどの真理に入っていくべきか、どの真理を備えるべきかを知らない。それはあなたが神の言葉を読むことに努力していないことを示している。あなたは、自分のいのちのために全く負担を負っていないが、どうしてこれが許されようか。あなたは自分が入っていくべき事柄を明瞭に把握しておらず、自分が理解すべき事柄を理解しておらず、今後進むべき道に関して全く注意していない。あなたはくず同然ではなかろうか。あなたは何の役に立つというのか。あなたがたが現在取り組んでいるのは、自分の道を切り拓き、築く作業である。人間が達成すべき事と、神の人類に対する要求の基準を知らなければならない。すなわち以下のように理解しなければならない。何があっても、私はこれほど堕落しているが、神の前でそうした欠点を埋め合わせなければならない。神が私に語らなかった時は分からなかったが、今や神が私に語り、私は理解したので、私は急いで埋め合わせ、正常な人間性を生き抜き、神の心を満たすことの出来る姿を行動で示さなければならない。ペテロがした事と違わぬ行動までは出来ないにせよ、最低限度として正常な人間性を行動で示さなければならない。そうすることで私は神の心を満たす事が出来る。

道の最終行程は現在を始点として、今後の苦難が完了する時までである。この行程は、人間の真の霊的背丈と、人間に信仰があるかどうかが明らかにされる時である。この行程は過去に導かれたいずれの行程よりも困難で厳しいため、「道の最終行程」と呼ばれる。実は、これは道の本当の最後の行程ではない。なぜなら、苦難を受けた後にあなたは福音を広める働きを行い、一部の者は用いられるという働きを経験するからである。ゆえに、「道の最終行程」は、単に人間の鍛錬の苦難と過酷な環境を指して語られる。過去において道のその区間では、わたしが自らあなたをあの楽しい旅路を通して導き、手を引いてあなたに教え、口移しにあなたに食べ物を与えていた。あなたは刑罰と裁きを何度も受けたが、あなたは繰り返し軽く打たれたに過ぎなかった。もちろん、そのために神への信仰に対するあなたの視点は大幅に変化し、あなたの性質も大幅に安定し、あなたはわたしに関する多少の認識を得る事が出来た。しかし、言っておくが、道の最終行程を歩む上で、人間が払う苦労の代償はかなり少なく、あなたを現在まで導いてきたのはわたしである。なぜならわたしはあなたに何かをするように要求する事はなく、あなたに対するわたしの要求は全然高くないからである。わたしはあなたに手に入れられることを取り入れさせるのみである。この期間において、わたしはあなたがたが必要とするものを間断なく与え、不当な要求は一切しなかった。あなたがたは刑罰を繰り返し受けたが、元来のわたしの要求を未だに満たしていない。あなたがたは退散し、落胆するが、わたしはそれを問題にすることはない。なぜなら、現在はわたしが直接行なう働きの時であり、あなたのわたしに対する献身をそれほど深刻に検討しないからである。しかし、この地点からの道においては、わたしは働くことも語ることもなく、その時わたしはあなたがたを引き続きそんな退屈な形でもはや継続させることはなくなる。わたしはあなたがたに豊富な教訓を習得させるが、手に入れられることを取り入れさせることはなくなる。今日あなたがたがもつ真の霊的背丈を暴く必要がある。あなたがたの長年にわたる努力が結実しているか否かは、あなたがたが道の最終行程をどのように歩むかに見られることであろう。過去にはあなたがたは神を信じることはとても単純なことだと考えていたが、それは神があなたに関してあまり真剣でなかったからである。では、現在はどうであろうか。あなたがたは神を信じることは単純だと考えているのだろうか。神を信じることは街路で遊んでいる子供達のように幸せで何の懸念もないことだと依然として感じているのであろうか。あなたがたが羊であることは本当であるが、神の恵みに報い、あなたがたが信じる神を完全に得るためには、あなたがたは歩むべき道を歩むことが出来なければならない。自分自身と戯れたり、自分自身をごまかしたりしてはならない。道のこの行程を踏破出来たならば、わたしの福音の働きが全宇宙に広まるかつてない壮大な光景を見ることが出来るであろう。また、わたしと親しい者となって、わたしの働きを宇宙全体に広めるために役割を担うという幸運を得るであろう。その時、あなたは大いに感謝しつつ、自分が歩むべき道を歩み続けるであろう。未来は限りなく明るいが、現在の主眼は道のこの最終行程をよく歩むことである。あなたは、これをいかに行うかを追求して準備しなければならない。これが現在あなたが行うべき事である。これは緊急事項である。

前へ:あなたがたは業を理解する必要がある。訳の分からないまま付き従ってはならない。

次へ:将来の使命にどのように取り組むべきか

他のお気に入り