全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の国の福音に関する代表的な質問と解答

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

質問1.聖書でパウロはこう言っている、権力者に従うべきだと。仮に、パウロの言葉が正しいなら、国を治める政権の言葉を聞かなければならない。だが中国共産党は、無神論を掲げ、信仰ある人を迫害する。神の敵だ。信じることを禁止するだけでなく、神の福音を伝える人も迫害する。もしそれに従い、主を信じず、福音も伝えなかったら、サタンに加担して、主を裏切ることになるんじゃ?これじゃ滅びを定められた者だぞ?ああ……もう何がなんだか。現政権への対応が、御心に叶っているかなんて、どうやって判る?

解答: 権威者に従うべきだと、聖書でパウロは言っています。ですがもとはこうです。「すべての人は、上に立つ権威に従うべきである。なぜなら、神によらない権威はなく、おおよそ存在している権威は、すべて神によって立てられたものだからである。したがって、権威に逆らう者は、神の定めにそむく者である。そむく者は、自分の身にさばきを招くことになる。」(ローマ人への手紙 13:1-2)このパウロの言葉で、統治権威は神様がたてたと多くの信徒が思っています。だから、国の政権に従うのだと。その中には、信じることを政府が妨げ制限したとしても、従うべきだと。また、政府に逆らうのは神に逆らうことだとも。こういった考えは、正しいでしょうか?神の御心にかなってますか?私たちはどう考えるべきでしょう?実は、律法の時代から恵みの時代、神様はそんなことを仰っていません。たとえば、律法の時代、イスラエル人はエジプトのパロに支配されていた、そうですよね?神様はパロをどうしました?イスラエル人を妨げたので、災いを下した。本当に脱出させなければ、滅ぼされていた。エジプトの兵に追い詰められた時、紅海が分かれました。エジプトの兵は溺れて全滅しました。律法の時代、神に反抗した支配者は、みな神に滅ぼされました。恵みの時代はどうでしょう。なぜ主イエスは会堂で説教をせず、荒野で普通の人々に説教されたのでしょう?その理由は、国の政権と宗教指導者が神様に反抗し、主を敵とみなしたからです。だから主イエスは、荒野で説教せざるを得ませんでした。主イエスの弟子たちが権威に従っていたら、主に従い続けていられたでしょうか?主から賞賛を得られましたか?このことから、主を信じる人は神の御心の通り、中国共産党に対してどうあるべきかおわかりでしょう。主を長年信じても、国の政権が神の敵と分からないなら、聖書を本当に理解してるといえるのでしょうか?主を知っているのでしょうか?多くの人が見分けもせず、何もわかっていません。聖書のパウロの言葉を読んでいるからこそ、すべきことがわかりません。政権に従うこと、それが主に従うことと思っている人たちさえいて、政府に反抗することは、主の命にそむき、罰を受けると思っています。どうです?これは本当におかしくないですか?深刻な誤解であり、神様への反抗です。これは人々に害を及ぼす見方です。中国共産党は、知っての通り、無神論者です。それは悪魔が権力を握っているということです。神を敵対視して、キリストが御業を行われたら、軍を送り戦い続け、キリストを磔にするまで止めないでしょう。中国共産党は政権を握って以来、公然と神を否定し、冒涜してきました。キリスト教をカルトだとして、聖書を邪悪な本だとして焼却しています。宗教団体をカルト組織として迫害し弾圧しているのです。特に、真の神様を信じ証をするクリスチャンとなると、気でも触れたように抑圧し、捕まえて迫害し、非人道的な拷問を行い、いためつけます。冷酷で無法な殺人行為です。

 中国共産党は天と神様の御心に反し、物ともせずに無数の罪を犯しています。中国共産党はサタンの組織であり、神の敵なんです。彼らは真の神を信じる人をなぜ憎むんでしょう?何が目的なんでしょう?神様を信じ従うことが怖いからです。人々が真理を求め、救いを得れば、誰ひとり、共産党の奴隷にはならずに済むからです。だから、彼らはあらゆる方法でクリスチャンを迫害し、神様の御業とキリスト教を禁止して、神なき地にしようとしているんです。そうすれば、この先何千年も、独裁を保つことができるからです。このことは、彼らが神を忌み嫌うサタンの政権の証明です。神にあらがう悪魔の組織です。その統治は悪魔の統治です。

 中国共産党の統治下で、彼らは神に背き迫害を続けてきた。どれほど罪を重ねたことでしょう。彼らはあらゆる方法で数えきれないほどのクリスチャンを傷つけ、数え切れないほどのクリスチャンの家庭に災難をもたらしてきましたよね?こういった事実から明言できます。中国共産党政府は、世界で最も邪悪なサタンの政権です。神にあらがう悪魔の組織です。違いますか?だから、彼らから背をむけます。まさに御心に叶った行動では?実は、主イエスはこう言ってます。「この時代は邪悪な時代である。」(ルカによる福音書 11:29)「そのさばきというのは、光がこの世にきたのに、人々はそのおこないが悪いために、光よりもやみの方を愛したことである。」(ヨハネによる福音書 3:19)また聖書には、「全世界は悪しき者の配下にある……」ともあります。(ヨハネの第一の手紙 5:19)主イエスは、この世界の悪の実態とその根源を明らかにしています。人類は皆サタンの影響下にあり、神様や真理は入り込む余地がまったくありません。宗教界では、勇気をもって神様の受肉について証をするどころか、教会などでキリストが述べた真理について証をすることさえも無理です。どんな宗派の人でも、受肉したキリストについて証をしていると見つかれば、罪に定められ、教会から追い出されるか、政府に引き渡されるかもしれません。みなさん、どうですか?人はこんなにも邪悪になるんです。地球の隅々まで神様を否定し、キリストを責める声で満ちています。しかしそれは、この世が神様に反抗する悪魔の力で支配されているからでは?今から二千年前、受肉した主イエスが生まれた時、彼はローマ政府に追われた。説教し御業を行われると、ユダヤ教の指導者とローマ政府により磔にされた。その福音が中国に来た時は、徹底的な非難と反抗に遭いました。どれほど多くの宣教者たちが虐殺されたかわかりません。そして現代、中国共産党は無数のクリスチャンを捕らえて殺してきました。これらはいったい何を表しているのでしょう?彼らはなぜこれほど信者を嫌う?長きにわたり、なぜ信者がこれほど迫害されてきたのです?そして人はなぜいつも真理を拒絶して、非難するのです?神の御心はなぜこの世で成就しないのでしょう?それはサタンが人を支配しているからです。全世界がサタンの支配下にあるからです。この地球はサタンの邪悪な力に牛耳られ、無神論者の政権に掌握されています。中国共産党政権は、サタンの邪悪な力の典型的な例です。そのことが、悪と闇で満ちている原因です。これが事実ではないでしょうか?しかし、まだパウロのこの言葉「すべての人は、上に立つ権威に従うべきである」にならう人がいます。彼らにはそれが神に従うことだと思っているのです。そこでお聞きします。中国共産党は神様を信じることを妨げていても、彼らに従わなければなりませんか?彼らは私たちを迫害し、信仰を捨てると署名させ、神様を無理矢理否定させるばかりか、呪い侮辱するよう強要するのです。そのような事をする政権に従えますか?彼らは私たちが伝道し、神を証することを禁じ、主と教会を捨てさせ、隷属させる。それでも従うべきでしょうか?中国共産党に従ったら、私たちは悪魔の側に立つことになってしまいませんか?パウロのあの言葉「すべての人は、上に立つ権威に従うべきである」を考えてみましょう。この言葉を実践できますか?真理と一致してますか?とりわけ、「権威に逆らう者は、神の定めにそむく者である。そむく者は、自分の身にさばきを招くことになる。」(ローマの信徒への手紙 13:2)パウロのこの言葉ですが、問題があってとても疑わしいのです。パウロは本質を掴めなかったのでしょうか?彼は福音を広めて捕らえられ、投獄されました。論理的には、邪悪な政権に対して、私たちより見識があったはずです。しかし、パウロのこの言葉には、何か引っかかるところがあるんです。

 皆さん、このことを知ってください。神様は悪魔に許したのです。人類を堕落させ地球を支配させる。これらは神様の知恵と計画の一部なのです。神様が人を救うのはサタンを打ち負かし、堕落した人たちを神様に従う人たちへと変えることです。これがサタンを完全に打ち負かして辱め、とどめを刺す方法です。ですから、神様はサタンを許しているんです。神様は人がサタンの本質を見抜くよう望んでおられます。人が悪魔を憎み、関係を断てるようになれと。神様は悪魔に従うべきと言っておられません。さらに、サタンの政権に反抗したら罰を招くとも。考えてください、これこそ真実では?パウロの見解によると、サタンの政権によって迫害されたり、主のために殉教までした聖徒たちは、支配権力に逆らったのだから、当然の報いを受けたのでしょうか?聖徒たちは監獄に入れられました。それは主に対する立派な証しではないですか?しかし、パウロの言葉によると、かつての聖徒たちへの迫害と虐殺は、主への輝かしい証しではなく、権力者への反抗の報いだとみなされています。同じように、パウロ自身福音を伝えたことで投獄されましたが、意味のないことでしたか?そうであれば、なぜパウロは皆に自分の苦しみを証しとしたのでしょう?ここに矛盾がありませんか?私たちは、福音を伝え証しをします。これは天からの命令です。しかし、政府はクリスチャンを迫害することをやめません。彼らは福音を伝えることと御心の実行に反抗しています。これが本質です。彼らは真理を嫌う神様の敵です。真の道を守り、福音を広めることで、人々は政権から迫害されています。これこそ「義」のためで、主が認めていることです。自業自得だと、どうして言えるのでしょう。主イエスはこう言われています。「義のために迫害されてきた人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。」(マタイによる福音書 5:10)パウロは、この言葉を知らなかったのでしょうか?聞いての通り、パウロの言葉は主イエスのそれに矛盾しています。ではこの場合、私たちはパウロと主、どちらに従うべきでしょうか?ということは、パウロの言葉は主イエスのとは一致しない。真理とも違う。私たちの基準にはできないな。神によって創られた私たちは神様のものだ。何があっても、御言葉を聞き、神の権威に従おう。まさしくこれが「義」なんだ。

『神への信仰』の映画台本から

前へ:質問6.中共は無神論者であり、神と真理を敵視しているのだと。奴らはサタンの化身です。サタンと悪霊の生まれ変わりであり、神の宿敵です!だから、中国で働かれる神を狂ったように弾圧し迫害するのも、うなずける。でも宗教界の指導者は聖書に精通した、神のしもべなのに、終わりの日の全能神の働きを学ぼうとするどころか、非難して、徹底的に拒否しています。確かにどうかしています。中共が神を非難するのは当然ですが、なぜ宗教指導者まで神の働きを拒むのでしょうか?

次へ:質問2.最近あなたたちが全能神について証されてるのを長老が知ったんです。そしたら今、気が触れたみたいに嘘を広めてまわり、全能神を非難しているのよ。教会を封鎖して、兄弟姉妹に嫌がらせをし始めたんです。私たちをまるで目の中の棘みたいに憎んでるんです。それに、全能神を受け入れた者は教会から追放すると。今では教会は分裂してしまいました。ある人たちは一緒に真の道を学ぼうとしています。その他の人たちは長老たちに従い、東方閃電を非難して……私たちをまるで敵扱い。たった数日で、なんでこんなに変わってしまったんでしょう?