言葉は肉において現れる

目次

地上の神をどのように知るか

あなた方はみな神の前で報いを受け、神に認められれば嬉しいだろう。それは、人が神を信じるようになった後、誰もが望むことである。人は一途に更なる高みを目指し、他の人に劣ることを喜ばないからである。人はみなこのようである。このような理由から、あなた方の多くは、いつも天にいる神に取り入ろうとするが、実際には神に対する忠誠心と誠実さは、自らへの忠誠心と誠実さよりもはるかに小さいのである。なぜわたしはこのようなことを言うのか。わたしはあなた方の神への忠誠を全く認めておらず、更にあなた方の心の中にある神の存在を否定しているからだ。つまり、あなた方が崇拝する神、あなた方が敬慕する漠然とした神は、まったく存在しない。わたしがこれを断言できるのは、あなた方が真の神からあまりにも遠く離れているからである。あなた方の忠誠心は、あなた方の心の中にある別の偶像に対するものであり、わたしのこととなると、あなた方の目に映る神は偉大でも小さな存在でもなく、言葉でしかわたしを認めていない。あなた方が神からあまりにも遠く離れているとわたしが言うのは、あなた方が非常に真の神から遠ざかっておりいて、曖昧な神がすぐ近くにいるようだからである。「偉大ではない」というのは、あなた方が今日信仰している神は、大きな力を持ってる訳でもないただの人間、高尚な人ではない人間という意味である。「小さな存在ではない」というのは、この人は風や雨を召喚したりすることはできないが、人を驚かせるほどの天と地を揺るがすことができる聖霊を呼ぶことができる存在を意味する。一見、あなた方はこの地上のキリストに非常に従順であるように見えるが、実質的には彼を信じておらず、愛してもいない。つまり、あなた方が本当に信じているのは、あなた方の感情の中の曖昧な神であり、あなた方が本当に愛しているのはあなた方が一日中慕っているが、直接会ったことのない神である。このキリストに関しては、あなた方の信仰はほんのわずかに過ぎず、彼に対してあなた方は愛など持っていない。信仰とは信じと信頼を意味する。愛とは、崇め、称賛し、決して離れないことである。しかし、今日のキリストに対するあなた方の信仰と愛は、これにはほど遠い。信仰に関しては、あなた方はどのように彼に対して信仰を持つのか。愛に関しては、どのように彼を愛するのか。彼の性質を全く知らず、まして彼の実質など知らないのに、どうやって彼を信じられるのか。あなた方の彼に対する信仰の実体はどこにあるのか。あなた方はどうやって彼を愛しているのか。あなた方の彼に対する愛の実体はどこにあるのか。

多くの人が躊躇せずわたしに忠誠を誓い、長年にわたりあなた方は多くの疲労を被った。わたしはあなた方一人ひとりの性質と習慣を徹底的に把握できた。あなた方と関係を築くのは非常に困難であった。残念なのは、わたしはあなた方について多くを把握できたが、あなた方はわたしを少しも理解していないことだ。あなた方が混乱している状態で人に騙された、と周りから言われるのは当然だ。確かに、あなた方はわたしの性質を全く理解しておらず、ましてやわたしの考えなど理解出来ていない。あなた方のわたしに対する誤解は、さらに追い打ちをかけるものであり、わたしへの信仰は混乱状態に陥ったままである。わたしに信仰を抱いているという言葉と反対に、あなた方はわたしに取り入り、わたしにへつらっていると言う方が正しい。あなた方の動機は非常にシンプルである。「自分に報いてくれれば、その人物に従う。大災害から守ってくれれば、神でも誰でも信じよう。これは私にとってはどうでもよいことである。」あなた方の中にはこのような人が多くいる。この状況は非常に深刻である。いつの日か、キリストの実質を見極めているからこそキリストへの信仰を持っているという人が何人いるかをテストしたなら、わたしの期待に答えるものは一人もいないであろう。次の質問を考えてみよ。あなた方が信仰している神は、わたしとは大いに異なっている。それでは、神に対するあなた方の信仰の本質は何か。あなた方があなた方のいわゆる神を信じるほど、あなた方はわたしから離れていくのである。それでは、この問題の本質とはなにか。あなた方は誰もこの問題を考えていないと確信しているが、その重大さを考慮したことはあるか。そのような信仰を続けていると、どうなるかを考えたことはあるか。

さて、あなた方の前に提示されている問題は多く、解決するのが上手な人はいない。これが続けば、破滅するのはあなた方自身だけである。わたしは問題を認識できるように手を貸すが、解決できるかどうかはあなた方の手にかかっている。

わたしは他人に対して疑いを持っていない人を高く評価し、真理を容易に受け入れる人を好んでいる。わたしはこれらの2つの種類の人間を大切にする。わたしの目には正直な者たちだからだ。あなたが非常に狡猾であるならば、あなたはすべての事柄およびすべての人に関して疑いを持つ、器の小さい心と思考を持っているであろう。このため、あなたのわたしに対する信仰は疑念の基礎に基づいている。わたしはそのような信仰は決して認めていない。本当の信仰がなければ、愛は本当の愛からはほど遠い。そして、神を疑い、意のままに推測するようであれば、間違いなくあなたは最も狡猾な人である。あなたは、神が人のようであり得るかどうかを推測する―許し難く罪深いか、器が小さいか、公平性と合理性に欠けるか、正義の感覚に欠けるか、悪意があるか、裏切るか、狡猾さに満ちているか、悪と闇を喜んで受け入れるか、等々。そのような考えを持つのは、神に関する認識を少しも持っていないからではないか。そのような信仰は罪に他ならない。さらに、わたしに取り入る者やこびへつらう者だけをわたしが喜び、そうすることを知らない者たちはみなに受容されなく、神の家では居場所がなくなると信じている者さえいる。これが長年にかけてあなた方が培ってきた認識というものか。これがあなた方が得たものか。このような誤解だけなどではない。神の霊への冒とくや天に対する悪口、それらがあなた方のわたしに対する見識だ。だからわたしは、あなた方の信仰はわたしから遠ざかり、わたしに強く反発するだけだと言うのだ。何年もの間、あなた方は多くの真理を見てきたが、わたしの耳に何が聞こえたのか分かるだろうか。あなた方の中で真理を受け入れる意思がある人はどれくらいいるだろうか。あなた方は真理のためにはどんな代償でも払うと信じているが、真理のために本当に苦しんだ人はどれだけいるだろうか。あなた方の心の中にあるものはすべて不義であるため、誰でもみな狡猾でねじ曲がった者だと思い込んでいる。受肉した神でさえ、優しさや慈悲深い愛などない、普通の人間のようだと信じてさえいる。それだけではなく、高貴な人格と慈悲深く慈愛に富んだ人格は天国の神だけが持つと信じている。そして、あなた方はそのような聖者は存在せず、暗闇と悪によってのみこの世は統治されており、神は単に人が希望をおいている栄光あるゴールでしかなく、人工的に作り上げられた伝説的な存在でしかないと信じている。あなた方の心の中では、天の神は非常に公正で義であり、偉大で、人間が礼拝し崇拝するにふさわしいであるが、地上の神は、単に天の神の代役であり、天の神の道具に過ぎない。あなた方はこの神は天の神とは比べ物にならず、天の神と同等に語られるような方ではないと信じている。神の偉大さと誉れと、天の神の栄光に属し、人の本性と堕落となると、この地上の神に属するものとする。天の神は永遠に高尚であるが、地上の神は永遠に重要ではなく、弱く、無能となっている。天の神は感情に左右されず常に正しいが、地上の神はただ自分勝手な動機しか持たず、公平性や合理性を欠いてことになっている。天の神にはひとつも歪みがなく永遠に忠実であるが、地上の神は常に不正直な面を持つとなっている。天の神は人を深く愛するが、地上の神は人への配慮が不十分で完全に無視してさえいるとなっている。この誤った認識は、長い間あなた方の心の中にあり、これからも続くだろう。あなた方はキリストのすべての行いを不義の立場から見、キリストの全ての働きと存在を邪悪な者の視点から判断しているのである。あなた方は重大な過ちを犯し、祖先が決して行わなかったことを行っているのである。つまり、あなた方は頭の上に王冠を付けている崇高な天の神のみに仕え、目に見えないほど取るに足らないと考えている神には見向きもしない。これはあなた方の罪ではないのか。これは神の性質に対する典型的な敵対ではないか。あなた方は天の神を大いに礼拝する。あなた方は崇高な人物を心から崇拝し、雄弁な人を尊敬する。あなた方は一握りの富を与える神には喜んで仕え、すべての欲望を満たす神を思い焦がれる。あなたが崇拝しない唯一の神は、高尚ではないこの神である。あなたの唯一の憎悪の対象は、誰も評価しない神に関わり合いを持つことである。あなたが唯一やりたくないこととは、一銭もくれないこの神に仕えることであり、あなたはこの魅力のない神にだけは憧れない。そのような神によっては、あなたの視野が広がって宝を発見したと感じるようなことはなく、ましてや望みを叶えることもない。ではなぜ彼に従うのか。この質問を考えたことはあるか。

あなたがしていることは、このキリストを怒らせるだけでなく、もっと重要なことに、天の神を怒らせることになる。これが神への信仰の目的ではない!あなた方は神に喜ばれることを大いに望んでいながら、神から非常にかけ離れている。何が問題なのか。あなた方は彼の言葉だけを受け入れているが、彼による取り扱い、刈り込みは受け入れず、ましてや彼による一つ一つの采配など受け入れない。さらに、あなた方は彼を完全に信じることができない。では何が問題なのか。根本的に、あなた方の信仰は、ひよこを生むことのない空の卵である。というのは、あなた方の信仰は真理やいのちをもたらすものではなく、代わりに架空の希望と支えをもたらした。あなた方の神に対する信仰の目的は、真理といのちのためではなく、この希望と支援のためである。それゆえ、神に対するあなた方の信仰とは、追従と恥知らずの心によって神の恵みを得ようとするもの以外の何ものでもなく、決して真の信仰とはみなされないのである。このような信仰からどのようにひよこが生まれるであろうか。言い換えれば、そのような信仰からどんな実がみのるというのか。あなた方の神への信仰の目的は、神を利用して自分の目的を果たすことである。それも神の性質に敵対していることの現れではないのか。あなた方は天の神の存在を信じるが、地上の神の存在を否定している。しかし、わたしはそのような見方を認めない。わたしは足を地に着けて地上の神に仕えるものだけを賞賛し、地上のキリストを認識しないものは絶対に認めないのである。そのような人たちが天にいる神にどれほど忠実であっても、結局、邪悪な者を罰するわたしの手を逃れることはないのである。そのような人は邪悪な者である。彼らは神に逆らい、喜んでキリストに服従したことのない邪悪な者である。もちろん、これにはキリストを知らないもの、およびキリストを認めないものも含まれる。天の神に忠実である限り、キリストに対する行いはどうでもよいと思っている。それは間違いである。キリストに対する無知は、天の神に対する無知である。天にいる神にどれほど忠実であっても、それは単に無意味で偽りである。地上の神は真理とより深い認識を受ける人のための道しるべとして働くだけではなく、人間に対して有罪宣告し、その後邪悪なものを罰するための事実を押収する活動に関与してもいる。かかる恩恵および結果が分かっただろうか。これを体験したことはあるだろうか。この真理を理解できる日が一刻も早く訪れることを願っている。神を知るには天の神だけではなく、地上の神を知ることがもっと重要なのである。優先順位について混乱を招き、従属者が支配者と取って代わるような考え方をしてはならない。神と本当に良好な関係を築き、神に近づき、心を神に近づけるには、この方法しかないのである。長年信仰を持ち、わたしと長く関わっていながら、未だにわたしから遠く離れているのであれば、あなたは度々神の性質に背いているのであり、あなたの最後は定かではない。わたしとの長年の関わり合いをもってしても慈悲心と真理を持つ人間とならず、代わりに邪悪な生き方が浸透しており、人一倍傲慢であるだけでなく、わたしに対する誤解が酷く、わたしを仲間としてしか見ないようであれば、あなたの苦しみは皮膚だけにとどまらず、骨にまで浸透してしまっている。その場合、為せるべきことは自らの葬儀が来るまで待つしかない。その時になってあなたの神になってほしいと嘆願する必要はない。あなたは死に値する、赦されない罪を犯してしまったのであるから。例えわたしが慈悲を与えることができたとしても、天の神はあなたの命を取ることを主張するであろう。神の性質に対する罪は普通の問題ではなく、非常に深刻な性質のものだからだ。時が来たら、なぜ事前に説明しなかったのかとわたしを責めるな。すべては次の真実にかかっている。地上の神であるキリストをただの人間と関連付け、この神が人間以外の何ものでもないと信じる時、あなたは滅びるであろう。これがわたしからのすべての人に対する唯一の忠告である。