言葉は肉において現れる

目次

極めて深刻な問題:裏切り (1)

私の業は間もなく完了する。あなたがたと共に過ごした長い年月は、過去の耐えがたい記憶となった。私は自分の言葉を繰り返し続け、私の新たな業を止めることなく進めた。無論、私の勧告は、私が行う業それぞれに必要な構成要素である。私の忠告がなければ、あなたがたは皆道を逸れて、さらに迷うであろう。私の業は間もなく完了し、終わりの時を迎える。私は勧告の類の業、すなわち勧告をあなたがたに聞かせることを、もう少し行うことを望んでいる。私はただ、あなたがたが私の丹精込めた努力を無駄にせず、あなたがたが人間としてどのように行動するかに関して私の言葉を基礎として、私の慈しみと配慮を全てあなたがたが理解できることを、祈るのみである。あなたがたは、自分が聞きたい言葉であるかどうか、また喜んで受け容れる言葉か、不快に感じながら受け容れる言葉かを問わず、私の言葉を真剣に考える必要がある。そうしなければ、あなたがたの不用意で配慮に欠ける性情と態度により、私は極めて不快になり、それ以上に嫌悪感を覚えるであろう。あなたがた全員が私の言葉を数千回繰り返して読み、心に刻み込むことが出来るよう、切に願う。あなたがたに対する私の期待を裏切らずに居るためには、そうすることによるほか無い。しかし、現在そのように生きている者は、皆無である。それとは反対に、あなたがたは欲しいだけ飲み食いする堕落した生活に浸り、私の言葉で心と霊を豊かにする者は居ない。そのことが、人間の素顔は常に私を裏切り、私の言葉に完全に忠誠となれる者は居ない、という結論に私が達した理由である。

「人間はサタンにより深く腐敗させられているので、もはや人間の姿をしていない。」現在この言葉は、殆どの人々から多少の認識を得ている。このように言われているのは、ここで言う「認識」とは、真の知識とは反対の、単なる表面的な認知だからである。あなたがたの中には、自分を正確に評価し、完全に分析出来る者は居ないので、あなたがたは常に私の言葉に対して半信半疑である。しかし、今回は事実を用いて、あなたがたの最も深刻な問題、すなわち「裏切り」を説明する。あなたがたは皆、「裏切り」という言葉を知っている。なぜなら、夫が妻を裏切る、妻が夫を裏切る、息子が父を裏切る、娘が母を裏切る、奴隷が主人を裏切る、友達同士が裏切り合う、親戚同士が裏切り合う、売り主が買い主を裏切るなど、殆どの者がこれまでに何かしら他人を裏切る行動を取ったことがあるからである。こうした例には、すべて裏切りの本質が含まれている。つまり、裏切りとは、ある者が約束を破り、道徳の原則に違反し、あるいは人間の倫理に反する行為形態であり、それは人間性の喪失を証明するものである。自分が何かしら他人を裏切る行動を取ったことがあるかを覚えているかどうか、既に何度も他人を裏切ってきたかを問わず、あなたがたは人間として、一般にこの世に生を受けると、真理を裏切る何かしらの行動を取ったことがある。あなたがたが両親や友人を裏切ることが出来るのであれば、あなたがたは他人を裏切ることが出来る。さらに、あなたがたは私を裏切り、私が忌み嫌う物事を行うことが出来る。換言すると、裏切りとは、表面的に不道徳な行為形態であるのみならず、真理と矛盾する事柄である。まさにこの種の物事が、人間の私に対する反発と反抗の根源である。そうしたわけで、私はこの件について、次のように概括した。裏切りは人間の本性である。この本性は私の味方の者各人の天敵である。

私に完全に従うことが出来ない行動は、裏切りである。私に忠誠であることが出来ない行動は、裏切りである。私に対して偽り、嘘で私を騙すことは、裏切りである。大量の観念を持ち、それを随所で広めることは、裏切りである。私の証しや利益を護らないことは、裏切りである。心の中で私から去って作り笑いを浮かべるのは、裏切りである。こうした行動は全て、あなたがたが常に出来る物事であり、あなたがたの間で恒例となっている物事でもある。あなたがたのうち、それを問題視する者は居ないかも知れないが、私はそうは考えない。私は、私を裏切ることを些細な事として扱うことは出来ず、また無視することも出来ない。私はあなたがたに業を行っているが、あなたがたは依然としてそのような状態である。あなたがたは、自分を慈しみ、見守る者がいつの日か居なくなったとしたら、あなたがたは皆お山の大将になるのではなかろうか。?[a]その時、あなたがたが大惨事を引き起こした時、誰がその後始末をするであろうか。あなたがたは、裏切る行為の中には、恒常的な行為ではなく、単なる一時的なものもあり、面目を失うほど真剣に捉えるべきではないと考えるかも知れない。あなたがたは、このように考えるのであれば、鈍感すぎる。ある者が、このように考えれば考えるほど、一層反逆の規範となる。人間の本性は、その者のいのちであり、生活してゆく上で依存する原則であり、人間はそれを変えることが出来ない。裏切りの本性のように、何かしら親戚や友人を裏切ることが出来るのであれば、それは裏切りが自分のいのちの一部となり、生来の本性であることを示して居る。このことは誰も否定出来ない。たとえば、ある者が他人の物を盗むことを好むのであれば、「盗むことを好む」のは、その者のいのちである。そうした者は時々盗みをするが、それ以外の時は盗まないというだけである。そうした者が盗みをするか如何を問わず、そのことにより、盗むことが単なる行動の一種であることを証明することは出来ない。そのことは、むしろ盗むことは、盗みを働く者のいのちの一部であり、本性の一部であることを証明している。一部の人々は、それが盗みを働く者の本性であるのならば、盗みを働く者が良い物を見ても盗まないことがあるのは何故か、と疑問に思う。その答えは至って簡潔である。人目を避けて盗むには、それが大きすぎる場合、盗むのに十分な時間が無い場合、それが高価すぎる場合、それの警備が固すぎる場合、盗みを働く者が特にそれに関心を持っていない場合、盗みを働く者がそれをどう使うか考えていない場合など、盗みを働く者がそれを盗まない理由は多数ある。こうした事情すべてが理由となり得る。しかしいずれにせよ、盗みを働く者がそれを盗むか如何を問わず、そのことは、そうした考えが単にその者の心に瞬間的に浮かぶということを証明することは出来ない。そうではなく、盗むことは盗みを働く者の本性の一部であり、変えるのが困難である。盗みを働く者は1度盗めば満足するというのではなく、良い物を見つけた時や、適した状況になった時は、常に他人の物を盗ろうという考えが浮かぶ。これが、こうした考えが時々浮かぶというのではなく、盗みを働く者の本性から生まれる、と私が言う理由である。

自分の言葉や行動により自分の素顔を示すことは、誰にでも出来る。この素顔は、その者の本性である。あなたがたが、冗長な話し方をする者であるならば、あなたがたには、ひねくれた本性がある。あなたがたの本性が狡猾であるならば、あなたがたの手口は極めて巧妙で陰険であり、他の者を自分にとって極めて欺されやすくする。あなたがたの本性が極めて腹黒いのであれば、あなたがたの言葉は聞いていて心地良いが、行動では自分の腹黒いやり方を隠すことが出来ない。あなたがたの本性が非常に怠惰である場合、あなたがたの言う事は、すべて自分のぞんざいさや怠惰さに対する非難や責任を逃れることを目的とし、あなたがたの行動は極めて遅く、中途半端であり、真理を隠すことに極めて優れている。あなたがたの本性が非常に同情的である場合、あなたがたの言葉は合理的であり、行動もまた真理に非常に良く則しているであろう。あなたがたの性情が非常に忠実である場合、あなたがたの言葉は実直であり、行動のしかたは堅実であり、自分の主人に疑われるようなことは多くないであろう。あなたがたの本性が極めて好色あるいは金銭に貪欲であれば、自分の心はそうした物事に囚われることが多く、無意識のうちに常軌を逸した非道徳的な行動を取り、そのために他人は自分の事を容認し難く、その上自分を忌み嫌うであろう。先述した通り、あなたがたに裏切る本性がある場合、あなたがたがその本性から脱することは、ほぼ不可能であろう。自分が誰も騙したことが無いからといって、自分に裏切る本性が無い可能性を信じてはならない。あなたがたがそのように考えるのであれば、過度に不快である。毎回私が述べている話しは、ある個人やある種の者だけでなく万人を対象とする。ある1つの事について、あなたがたが私を裏切ったことが無いからといって、それはあなたがたが万事において私を裏切らないことを証明するものではない。結婚に失敗した時に真理の追求に対する確信を失う者も居る。家族崩壊時に私に対して忠義であることという義務を失う者も居る。一時の喜びや興奮を求めるために、私を見捨てる者も居る。光の中で生き、聖霊の御業の喜びを得るよりも、むしろ暗い谷に落ちた方が良いという者も居る。富に対する欲を満たすために友人の助言を無視し、今でも自分の過ちを認めて戻ることが出来ない者も居る。私の保護を受けるために一時的に私の名のもとで生きる者も居れば、命にしがみつき、死を恐れているために、少しだけしか捧げない者も居る。こうした不道徳であり、それ以上に威厳の無い行動は、まさに人々が心の底で私を裏切り続けてきた行動ではなかろうか。無論、人間の裏切りは事前に計画されていたものでは無く、その者の本性が自然に示されたものであることを、私は知っている。私を裏切りたい者は居らず、それ以上に、私を裏切る事をして、満足する者は居ない。逆に、そうした者は恐怖で震えているであろう。しかるに、あなたがたは、そうした裏切りをどのように贖うか、またどのようにして現状を変えるかを考えているであろうか。

注:

a. 中国の諺。文字上の意味は「山を占領して自分が王であると宣言する山賊」である。