真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

征服の働きの第二段階はどのように実を結ぶか

効力者の働きの段階は、征服の働きの第一段階である。現在は征服の働きの第二段階が行われている。征服の働きにおいて完全化の話が挙げられるのはなぜだろうか。それは、完全化が将来の基礎を構築することだからである。現在行われているのは征服の働きの最終段階であり、それ以降、人間は大いなる苦難を受け、その時人間を完全にする働きが正式に開始される。現在の主眼は征服である。しかし、それは完全化、すなわち人間の理解と服従を完全化する第一段階でもある。無論それは依然として征服の働きの基礎を構築することである。完全にされることを望むのであれば、今後の苦難を揺るぎなく耐え、働きの次の段階の拡大に全力を注ぎ込む必要がある。それが完全にされることであり、それはまた人が神により完全に得られる時点でもある。現在の話題は征服されることであるが、それは完全にされることでもある。しかし、現在行われているのは、将来完全にされるための基礎である。完全にされるためには逆境を経験する必要があるが、それは征服されることを基礎としてその上で経験しなければならない。こうした現在の基礎を備えておらず、完全に征服されていないのであれば、次の段階に揺るぎなく耐えるのは困難であろう。征服されるだけでは最終目標を達成したことにはならない。それは単に、サタンの前で神の証しに立つことである。完全にされることが最終目標であり、未だに完全にされていないのであれば、価値の無い者とみなされるであろう。今後、逆境に立ち向かって初めて、人々の実際の霊的背丈が見えるようになる。つまり神に対するあなたの愛の本当の純度が見えるようになる。現在、人々は皆「神が何をされようと、私達は従い、私達は引き立て役になり、神の御力とご性質を引き立てるつもりだ。神が私達に恵みを授けられるかどうか、私達を呪われるか、裁かれるかを問わず、神に感謝する」と言う。あなたが今このように述べるのは、ほんの僅かな理解であるが、それを現実に応用できるかどうかは、あなたの理解が本当に現実的であるか如何による。現在において、こうしたことを人々が見て理解したということは、征服の働きの成果である。あなたが完全にされることができるかどうかは、おもにあなたが逆境に遭遇した時に判明する。その時、あなたの心に神に対する真の愛があるかどうかが判明し、神に対する純粋な愛が、あなたに本当にある場合、あなたは「私達は単なる引き立て役だ。私達は神の掌中にある創造物に過ぎない」と言うであろう。そして、福音を異邦人の諸国に広める時、あなたは「私は単なる効力者であるが、それは堕落した性質が原因であり、それについては神が何度も話をしているので、私達は神の義なる性質を理解した。神がそうした物事を述べなかったとしたら、私達は神を見ることはできなかったであろうし、神の知恵を味わうことも、そうした大いなる救いや大いなる祝福を得ることはできなかったであろう」と述べるであろう。本当にこのように考えるのであれば、あなたに問題は無い。あなたは、その場しのぎで多くの事を語り、常に「私達は引き立て役であり、効力者である。私達は征服され、神の明白な証となるのをいとわない」などといった標語を叫ぶ。そのように叫んで、それで終わりにして、自分が背丈のある者であることを証明することはできない。あなたは真の理解を得なければならず、その理解は試されなければならない。

この期間における経験について振り返り、わたしが述べた物事を再検討し、それを自分の行動と比較してみよ。あなたがひたすら引き立て役であるというのは、絶対的に真実である。あなたの今の理解はどの程度であろうか。あなたの発想や考え、振る舞い、言葉、行動など、あなたが表立って示すあらゆる物事は、単に神の義と聖さを引き立てるものではなかろうか。神の現在の言葉において表されていることは、いずれも人間の堕落した性質に関するものではなかろうか。神の義なる性質と聖さは、あなたの発想や動機、あなたが表す物事により示されている。神もまた不浄の地で生活しているが、少しも不浄に汚れていない。神はあなたと同様に不浄の地で生活しているが、神には理知と識見がある。神は不浄を忌み嫌っている。あなたは自分の言動の中にある不浄な物事を認識する事ができないが、神にはそれができ、あなたにそれを示すことができる。あなたの教養、識見、理知の欠如、遅れた生活様式など、あなたのもつ古めかしい物事は、全て神がそれを暴露したことにより現在明らかになっている。神はそのように働きを行うために地上に来たので、人々は神の聖さと義なる性質を見た。神はあなたを裁き、罰して、あなたに自分自身を理解させる。時折、あなたの悪魔のような本性が現れると、神はそれをあなたに見せることができる。神は自分の手のひらのように人間の本質を知っている。神はあなたと同様に生活し、あなたと同じ食べ物を食べ、あなたの家と同じような家に住んでいるが、神はあなたよりも多くのことを知っている。しかし、神が最も憎むのは、人間の人生哲学とその不正さと虚偽である。神はそうした事柄を憎み、それらを認めるようとはしない。特に、神は人間の肉の交流を憎む。神は人間の交流の全般的な知識の一部を完全に理解していないものの、人間がその堕落した性質の一部を晒す時、神はそれを完全に認識している。神は働きの中で、人間に存在するそうした物事により、人々と話し、教え、また裁き、神の義であり聖い性質を示す。このようにして、人々は神の働きの引き立て役になる。人間の堕落した様々な性質やサタンの醜い顔の全貌を暴くことができるのは、受肉した神だけである。神はあなたを罰することはない。神は単にあなたを神の聖さの引き立て役とする。そしてあなたは自分だけで揺るぎなく立っていることができない。なぜなら、あなたがたはあまりに不浄だからである。神がどれほど聖いか人々が知ることが出来るように、神はそうした人間が示す物事をとおして語り、そうした物事を暴く。神は人間の中にある僅かばかりの不浄でさえも、人間の心の中にある不浄な考えや、神の心に則していない言動のうち、最も小さなものでさえも見逃さないであろう。神の言葉をとおして、人間の物のうちにある不浄は一切残らず、全て暴かれるであろう。その後になって初めて、あなたは神が真に人間とは異なるということを理解する。神は、人間の中にあるほんの僅かな不浄をも徹底的に忌み嫌う。時折、人々は理解さえできずに「あなたはどうして常に立腹しているのでしょうか。神よ、あなたはなぜ人間の弱さに配慮されないのでしょうか。なぜ人間を多少なりとも赦されないのでしょうか。なぜそれほどまで人間に対して思いやりがないのでしょうか。あなたは人々がどれほど堕落しているかを知っているのに、なぜ人間をこのように扱うのでしょうか」と言う。神は罪を忌み嫌い、憎む。神はあなたの中にあるかも知れない反逆性を特に忌み嫌う。あなたが反逆的性質を晒すと、神は計り知れないほどの嫌悪を覚える。このようなことをとおして神の性質と存在が表すことが可能となる。それをあなた自身と比較すると、神は同じ食べ物を食べ、同じ衣服を着て、人間と同じ楽しみをもち、人間と共に生活しているが、神は人間とは違うことが分かるであろう。これがまさしく、引き立て役となることの意味そのものではなかろうか。神の大いなる力を際立たせるのは、人々の中にあるこのような物事である。貴い光の存在を引き立たせるのは闇である。

無論、神は意図してあなたがたを引き立て役として用いているのでは無いが、この働きが成果を出すとき、それは神の義なる性質の引き立て役としての人間の反逆性を示す。あなたがたに神の義なる性質の自然な表出を知る機会があるのは、あなたがたが引き立て役を担ってきたからである。あなたがたが裁きと刑罰を受けるのは、反逆性が原因であるが、あなたが引き立て役を担い、神があなたがたに授けた莫大な恵みを得たのもまた反逆性が原因である。神の全能性と知恵の引き立て役は、あなたがたの反逆性であり、それほどまでに大きな救いと祝福を得たのもまたそれが原因である。あなたがたは繰り返しわたしの裁きを受けたが、以前の者が決して授かることのなかった大いなる救いも得た。この働きはあなたがたにとって信じられないほど有意義である。この「引き立て役」は、あなたがたにとって極めて貴重である。あなたがたが救いと恵みを得たのは、引き立て役を担ったからである。この種の引き立て役であることは極めて貴重ではなかろうか。極めて有意義ことではないか。あなたがたが神の引き立て役となり、信じられないような救いを得たのは、あなたがたが神と同じ領域で生活しており、この不浄の地で神と生活しているおかげである。もし神が受肉していなかったとしたら、誰があなたがたを憐れみ、誰があなたがたのような賤しい者の面倒を見るであろうか。誰があなたがたを気遣うであろうか。もし受肉した神があなたがたの中で働きを行っていなかったとしたら、あなたがたは今まで誰も得たことのないような救いをいつ得られるであろうか。もしわたしが受肉してあなたがたの面倒を見ず、あなたがたの罪を裁かなかったとしたら、あなたがたは遥か昔に陰府に陥っていたのではなかろうか。もしわたしが受肉してあなたがたのもとで身をやつしていなかったとしたら、どのような権利があってあなたがたが神の義なる性質の引き立て役となることができたであろうか。あなたがたが引き立て役を担っているのは、あなたがたがそうした大いなる救いをえられるように、あなたがたのもとでわたしが受肉しているからではないか。それはひとえにわたしが受肉したからではないか。受肉した神があなたがたのもとで生活していなかったとしたら、あなたがたは自分が地上の地獄で、豚や犬以下の生活をしていることに気付けたであろうか。あなたがたが得た裁きと刑罰は、あなたがたが肉にあるわたしの働きのための引き立て役であるからではないのか。引き立て役となる働きは、あなたがたにとって極めて適切である。なぜなら、あなたがたはその働きにより神の裁きの救いを得たからである。あなたがたは資格を得て引き立て役を担うことができるのは、生涯の祝福であると感じないであろうか。あなたがたが行ったのは引き立て役となる働きだけであるが、これまで得たことも想像したこともなかった救いを得た。引き立て役であることが現在のあなたの本分であり、将来享受する永遠の祝福はあなたがたが然るべくして受ける報いとなるであろう。あなたがたが得る救いは、現在の金銭的識見や知識ではなく、それよりも大きな祝福、いのちの永続である。あなたがたは引き立て役となることにより征服されるが、この救い、この祝福は、全てあなたがたを得るためのものであることを認識するべきである。それは征服であり、またあなたがたのよりよく救うためのものである。引き立て役であることは事実であるが、あなたがたが引き立て役となり、これまで誰も得た事のない祝福を得たのは、あなたがたの反逆性のためである。今日、あなたがたは見聞きし、明日は得て、一層大きな祝福を授かるであろう。それでは、こうした引き立て役となることは、最も貴重なことではなかろうか。現在の征服の働きが結実するのは、あなたがたの反逆的性質の引き立てによるものである。すなわち二番目の刑罰と裁きの頂点は、あなたがたが神の義なる性質を理解できるように、あなたがたの不浄と反逆性を引き立て役とすることである。あなたがたが二番目の刑罰と裁きにおいて再び従順となるとき、神の義なる性質の全体が、あなたがたに対して公然と現れるであろう。つまり、あなたがたが征服の働きを受け終えた時は、あなたがたが引き立て役の本分を尽くし切った時である。これは、あなたがたに対して意図的に烙印を押すことではなく、むしろあなたがたの効力者の役割をとおして第一の征服の働きを完了し、神の義であり侵害不可能な性質を現すことである。あなたがたが引き立て役を担うこと、あなたがたの引き立て役としての反逆性により、第二の征服の働きの成果が達成された。初回には完全にあなたがたに現されなかった神の義なる性質は、現在全て現れ、あなたがたは神の義なる性質の全体、神のすべて、すなわち神の働きの知恵と不思議、神の聖さと純粋さを理解できる。神の働きのこれらの成果は、様々な征服の期間と、様々な程度の裁きにより実現される。神の裁きが絶頂に近付けば近付くほど、神は人間の反逆的性質を一層暴くことができ、征服の結果を一層達成できるようになる。こうした征服の働きをとおして神の義なる性質の全てが現される。征服の働きは、別々の時期に実施され、異なる程度で行なわれる二つの段階に分けられる。無論、得られる成果もまた異なる。つまり、人々の服従の程度が深まってゆく。この時点以降、完全にされるための正しい道へと人々を導くことがついにできるようになる。征服の働き全体が完了した後(二番目の裁きが最終結果を達成したとき)、神はついに人間を裁かなくなり、いのちを経験するための正しい道へ人々を入らせる。なぜなら、裁きは征服に相当し、征服の形態は裁きと刑罰だからである。

神がその聖く義なる性質の全てを現すことができるのは、最も遅れていて、最も不浄な地において神が受肉することによるほかない。神の義なる性質は、何をとおして現されるであろうか。それは、人間の罪に対する裁きと、サタンに対する裁き、罪に対する憎しみ、神に反抗し反逆する神の敵に対する憎しみによってである。今日わたしが話しているのは、人々の罪と不義を裁くためである。それは人々の反逆性を呪うためである。人間の不正さと虚偽、言動など、神の心に則していない物事すべてが裁きを受け、人間の反逆性は罪であると咎められる。神は裁きの原則に従って語り、人間の不義を裁き、反逆性を呪い、醜悪な顔を全て晒すことにより神の義なる性質を現す。聖さは神の義なる性質を表す。神の聖さは、実は神の義なる性質である。本日のわたしの言葉の背景は、発言、裁き、そしてあなたがたの堕落した性質に鑑みて征服の働きを実施することである。真の働きはこれだけであり、神の聖さを完全に際立たせるのは、これだけである。あなたに堕落した性質が全くなかったとしたら、神はあなたを裁くことも、あなたが神の義なる性質を見ることができることもないであろう。あなたには堕落した性質があるため、神はあなたを見逃さない。それにより神の聖さが明らかにされる。人間の不浄さと反逆性が過度であり、かつ神がそれを見て何も言わず、あなたを不義ゆえに裁くことも罰することもなかったとしたら、それは神は罪を憎まず、人間同様に不浄ということになり、神が全く神ではないことを示すことになるであろう。現在のあなたに対するわたしの裁きは、あなたの不浄に起因し、わたしの刑罰はあなたの堕落と反逆性に起因する。あなたがたの間でわたしが権力や威信を得るためでも、あなたがたを虐めるためでもなく、不浄の地に生きるあなたがたは、度を過ぎた不浄に汚れているからである。あなたがたは、誠実さと人間性をすっかり失い、最も不浄な所で生活する豚同然だからである。あなたがたが裁かれ、神の怒りがあなたがたに降りかかるのは、これらのためである。神が義なる神であり、聖なる神であることをあなたがたが理解することができたのは、こうした裁きのおかげである。神があなたがたを裁き、あなたがたに怒りを下したのは、神の聖さと義のためである。神が人間の反逆性を見た時にその義なる性質を現すことができ、人間の汚れを見た時に神の聖さを現すことができるのであるから、これだけで神が聖く汚れがなく、しかし同時に不浄の地で生活していることを十分に示している。仮に、神が人間であり、他の者と同様に自らを汚し、聖さや義なる性質の要素が皆無だったとしたら、神は人間の不義を裁く資格も、人間を裁く者となる資格もないであろう。人間が人間を裁くとしたら、それは自分の顔を自分で叩くようなものではなかろうか。ある者が自分と同様に汚れている人間を裁く権利を持つことが、どうして可能であろうか。汚れた人間すべてを裁くことができるのは、聖なる神自身のみである。それならば人間がどうして人間の罪を裁けるだろうか。人間が人間の罪を見ることが、どうしてできようか。また人間が人間を咎める資格を得る事がどうしてできようか。仮に人間の罪を裁く権利が神になかったとしたら、神はどうして義なる神であることができるであろうか。人々の堕落した性質が現された時、神は発言し人間を裁き、そうして初めて人々は神が聖いことを知ることができる。裁き、刑罰、そして人間の罪の暴露。この裁きを逃れられる人間や物は一切ない。汚れたものは全て神により裁かれる。これによってのみ神の性質が義であると言える。そうでなければ、どうしてあなたがたが引き立て役と呼ばれる価値があると言えようか。

イスラエルで行われた働きは、現在の働きと大きく異なる。ヤーウェは人々の生活を導いたが、現在行われているほどに裁きや刑罰を行わなかった。なぜなら当時、人々はこの世の物事について少ししか理解しておらず、堕落した性質がほとんどなかったからである。当時、イスラエル人は、あらゆる面においてヤーウェに従順であった。神がイスラエル人に祭壇を造らせた時、イスラエル人はすぐに祭壇を造り、祭司の衣を着させた時、イスラエル人は従った。当時、ヤーウェは人々にとって、地上の羊の群れを飼う羊飼いのような存在であり、羊は皆、羊飼いに従い、導かれた牧草地で草を食べた。ヤーウェは当時の人々の生活を導いた。ヤーウェは彼らの食べ物、着る物、住処、移動における指導者であった。当時は神の性質を現す時ではなかった。なぜなら、当時の人間は生まれたばかりであり、反逆的な者や反抗的な者はほとんどおらず、当時の人々は過度に汚れていなかったからである。したがって、当時の人間は神の性質の引き立て役となることができなかった。神の聖さは、不浄の地の人々の中で現される。そして現在、神が裁くのは不浄の地の人間が晒す汚れである。このように、神であるものはすべて神の裁きの中で表される。それでは、神が裁くのはなぜであろうか。それは、神は罪を忌み嫌っているので、裁きの言葉を述べることができるのである。神が人間の反逆性を嫌悪していなかったとしたら、神はこれほどまでに怒ったであろうか。神に忌み嫌うことや嫌悪がなく、人間が反逆的であっても神が気に留めることがなかったとしたら、それは神が人間と同様に汚れていることを示す。神が人間を裁き罰することができる理由は、神が汚れに嫌悪感を覚えるからである。神が嫌悪感を覚えさるものは、いずれも神にはないものである。もし神の内面にも反抗性や反逆性があったとしたら、神は反抗的で反逆的な人々に対して嫌悪感を抱くことはないであろう。もし終わりの日における神の働きが依然としてイスラエルで行われるとしたら、それには意義が全くないであろう。終わりの日の働きが、最も暗く遅れた地である中国でなぜ行われているのだろうか。それは神の聖さと義を現すためである。つまり、場所が暗いほど、神の聖さを一層はっきりと顕すことができる。真相は、これらのことを行うのは、ひとえに神の働きのためであるということである。あなたがたが知っているのは、天の神が地上に降り立ち自分達の中にいること、そして神はあなたがたの汚れと反逆性を際立ったものとしたため、あなたがたは神を理解しはじめたということだけである。これは素晴らしい励みではないか。真相は、あなたがたは中国にいる選ばれた人間の集団であり、あなたがたは選ばれて神の恵みを授かったため、そしてこれほどの神の恵みを享受するにはふさわしくないため、こうした物事全てが大いにあなたがたの励みになることを示している。神はあなたがたに対して自身とその聖なる性質の全体を現し、あなたがたが豊かな恵みを得ることができるようにそうしたことを全てを授けている。あなたがたは神の義なる性質を味わっただけでなく、それ以上に重要なこととして、神の救いと贖いと無限の愛も味わったので、あなたがたのような最も不浄な人々がこれだけ大いなる恵みを授かったのである。これは祝福されていることではなかろうか。神に引き上げられているということではなかろうか。あなたがたは最も低い地位にあり、そうした大いなる祝福を受けるには相応しくないが、それにもかかわらず神はあなたがたを引き上げた。あなたがたは、恥辱を感じないだろうか。あなたが自分の本分を尽くせないのであれば、最終的にあなたは自らのことをこの上なく恥じるであろう。あなたは自責の念に苛まれるであろう。現在、神はあなたを打つことも罰することもしていない。あなたの肉は安全で健やかである。しかし最終的に、神の言葉によりあなたは自らに対する恥辱を感じさせられるであろう。わたしは今まで誰も公然と罰したことがない。わたしは辛らつな言葉を述べてきたが、わたしは人々に対してどのようであっただろうか。わたしは人々を慰め、励まし、また警告してきた。その目的は、あなたがたを救うために他ならない。あなたがたがわたしの意図を全く理解していないということがありえるだろうか。わたしがこう述べる時、あなたがた全員が理解し、これらの言葉に感銘を受けるはずである。現在、この問題についてやっと明瞭に理解した者が多数いる。つまり、この祝福は引き立て役を担うことにより得られたものではなかろうか。引き立て役となることは最大の祝福ではなかろうか。最終的にあなたがたは「私達は典型的な引き立て役である」という福音を広めるであろう。人々は「典型的な引き立て役とはどういう意味ですか」と、あなたがたに尋ねるであろう。あなたは「神の働きを完了し、神の力の引き立て役として仕えることです。私達は自分の反逆性により、神の義なる性質の引き立て役として仕えます。私達は、神の最後の働きにつかえる対象であり、付随する存在であり、道具です」と述べるであろう。人々は、そう聞いて好奇心をそそられるであろう。そしてあなたは「私達はまた、宇宙全体でその働きを完了し、全人類を征服するための見本であり規範です。私達が聖いか汚れているかを問わず、私達はあなたがたよりも祝福されています。なぜなら、私達は神を見たからです。私達を征服する機会をとおして神の御力が明示され、私達の不浄により、神の義なるご性質が引き立てられたのです。あなたがたにこんなことが可能ですか。あなたがたには何の権利もありません。神に引き上げられているのはひとえに私達なのです。私達は傲慢ではありませんが、神を讃美することを誇りとします。なぜなら、私達以外にこんな素晴らしい約束をされたり、素晴らしい祝福を授かったりできるものはいないからです。これほどまでに不浄な人々が実際に神の経営において引き立て役を担うことができるというのは不思議であり、私達は筆舌に尽くしがたいほど感謝しています」と述べる。人々は「それでは、見本や規範とは何ですか」と尋ねるだろう。あなたは「私達は全人類の中で最も反逆的であり、最も不浄です。私達は、サタンにより最も重度に堕落させられ、最も進歩が遅れた、肉に属する最も賤しい人間です。私達はサタンに用いられることの典型的代表例です。そして今、私達は、人類のうち最初に征服される者として神に選ばれました。私達は神の義なるご性質を見て、神の約束を継承しており、神は私達を用いて一層多くの人間を救うでしょう。こういうわけで私達が人類の中で征服される人々の見本であり規範となっているのです」と述べるであろう。これが、あなたがたにとって最高の証であり、最高の経験である。

前へ:なぜ引き立て役になる覚悟がないのか

次へ:イスラエルの民のように神に仕える

他のお気に入り