人は断じて心を神に捧げていない

神に心の中を見せても

神に服従し 運命と存在を

神の支配に委ねたわけではない

神に誓いを立てようと

宣言しようと

神に支配させてない心は

神から見れば閉ざされている

神を信じても

心に神はなく

神を愛したいと思わず

愛し方も知らない

心は神から遠く

神を避けているから

人の心は神から遠い


あなたは神に心を捧げず

ただ神が喜ぶことを言うだけ

様々な偽りの意図や陰謀や計略を神から隠し

自分の将来を握りしめ

神に奪われるのを恐れている

だから神は人の誠実さを見ない

神を信じても

心に神はなく

神を愛したいと思わず

愛し方も知らない

心は神から遠く

神を避けているから

人の心は神から遠い


神は人の心の奥を見て

考えも望みも隠されていることも分かるが

人の心は神に属しておらず

神は見るだけで支配する権利はない

人は主観的意識の中で

自分を神に委ねたくないのだ

神に心を閉ざすだけでなく

心を隠し

甘言やへつらいで神をごまかし

信頼されようとする者さえいる

神から自分の素顔を隠す

これが神から見た人の心

神を信じても

心に神はなく

神を愛したいと思わず

愛し方も知らない

心は神から遠く

神を避けているから

人の心は神から遠い


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 2」より編集

前へ: 自分の終着点のために神を喜ばせようとする人間の醜さ

次へ: 神は人の真心を望む

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

最高の幸福とは神を真に愛すること

私たちはやっと神の御声を聞き、御座の前にあげられました。私たちは御言葉を飲み食いし楽しみ、神の光の中で生きます。真理について交わり、経験を分かち合い、私たちの心は喜びで満たされます。神の言葉を経験し、真理を理解し、私たちの霊は解き放たれ、晴れやかな気持ちになります。神の言葉の裁き…

人の子が現れた

世界の東から一筋の輝く光が現われ 西の果てまで照らす 人の子が地に降臨した 全能神である救い主が戻って 真理を表し 新時代を始めた 人の子が現れ 神が来た 神は人類に永遠のいのちの道をもたらす 新しい天と地 新しい時代と人間 新しい道と生活 新しいエルサレムが地に降臨…

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

どんな被造物も神の愛は持っていない

神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息をつき 人のために病み うめく 人の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索