全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

.誠実な人とは何か。なぜ神は誠実な人々を好むのか。

関連する神の言葉

神は正直な人を喜ぶということを知っておきなさい。神は本質的に信実で、その言葉は常に信頼できる。さらに、神の業には誤りも疑問の余地もない。だから神は、自分に絶対的に正直な者を愛する。正直であるとは、神に心を捧げること──何事においても神を偽らないこと、あらゆることにおいて、神に率直であること、事実を隠そうとしないこと、上の者に対して偽りなく、下の者を惑わさないこと、そして、神に取り入る為だけに何かを決してしないこと。つまり、正直であるということは、言動において不純でないことであり、神をも人をも欺かないということである。 … 神の前ではきちんと振る舞い、とりわけ「礼儀正しい」けれど、霊の前では反抗的で放埒な行いをする者もいる。そのような人をあなたがたなら正直な者の数に入れるだろうか。もしあなたが偽善者で「社交」上手であるなら、あなたは神を軽んじていると断言しよう。もしあなたの言葉が言い訳と無価値な正当化だらけだとしたら、あなたには、真理を行おうという気持ちがないのだ。もしあなたが他人に言うことのできない秘密を多数抱え込んでいながら、光明を求めて自分の秘密──自分の中にあるやっかいな部分──を他人に打ち明けないでいるとしたら、あなたが救いを受けることは難しく、闇から抜け出すことも容易ではない。もしあなたが真理の道を求めることに喜びを感じるのなら、あなたはしばしば光の中に生きている。神の家で効力者であることを喜ぶ人で、人に知られなくとも勤勉に、良心的な仕事をし、決して何かを得ようとせず、常に与える者であるのなら、その人は忠実な聖徒だと言おう。報いを求めず、ただ正直であるのだから。率直であろうとし、すべてを与える覚悟があり、神のために命を犠牲にして証しすることができるのなら、神を満足させることだけを考え、自分のことは考えず、自分のためには何も求めないほど正直なら、そのような人は光に養われ、神の国で永遠に生きる人である、とわたしは言おう。

『言葉は肉において現れる』の「三つの忠告」より

正常な人々の性質にはひねくれた点や不正直さはなく、人々はお互いに正常な関係にあり、孤立していないし、その生活は凡庸でもなければ退廃的でもない。そこで神もすべてのものから褒め称えられ、神の言葉は人間の間に広がり、人々はお互い平和に神の配慮と保護のもとに暮らし、地上は調和で満たされ、サタンの妨害はなく、神の栄光が人間の間で最も重要なものになっている。このような人々はまるで天使である。純粋で、活気があり、けっして神について不平を言わず、地上の神の栄光だけに、ひたすら努力を捧げる。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十六章」より

私は他者を疑わない者を好む。そして真実を快く受け入れる者を好む。この二種類の人々を私は大いに保護しよう。私から見ると彼らは正直な人々だからである。

『言葉は肉において現れる』の「地上の神をどのように知るか」より

わたしの国は、正直で、偽善的でなく、偽りのない者たちを必要とする。誠実で正直な人たちはこの世では好かれないのではないか。わたしはまったくその反対である。正直な人たちがわたしのところに来るのは受け入れられる。わたしはこのような人を喜び、また、このような人を必要とする。これがまさにわたしの義である。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第三十三章」より

神が人に誠実を求めるのは神が欺瞞に満ちた人間を忌み嫌い好まないことの証明である欺瞞を嫌うというのは神がそのような人たちの行動そして性質や動機すら嫌うということであるつまり物事に対する対処の仕方を嫌うのだそれ故、私たちが神に喜ばれるには最初に、自分たちの行動とあり方を変えなければならない。かつて、私たちは人のあいだで生きるために嘘と見せかけに頼りました。それが私たちの資本であり、生存基盤であり、いのちであり、自分の行動規範だったのですが、神はそのすべてを嫌いました。この世の非信者の中にあって、巧妙だったり不正直だったりする術を知らなければ、しっかり立っているのは難しいでしょう。よりよい生活を得るために自分を守り、偽装するためには、嘘をつき、詐欺を働き、陰謀に満ちた不正直な手段を用いることしかできないはずです。神の家ではまさにそれと正反対です。不正直であればあるほど、洗練された操作を用いて芝居を打ったり自分を装ったりすればするほど、あなたはしっかり立っていることができなくなり、神はそのような人をますます嫌って拒みます。正直な人だけが天国で演じるべき役割を与えられると、神は予め定めました。あなたが正直でなく、また人生において正直であることに実践が向いておらず、自分の素顔を明らかにしないなら、神の働きや賞賛を受ける可能性はまったくありません。

『キリストの言葉の記録』の「正直であることの最も基本的な実践」より

説教と交わりの参考箇所

誠実な人であるということは、実際にはどういう意味でしょうか。第一に、誠実な人は良心と理知を持ち、心の中で神を賛美し、神の愛に報いることができる、と確実に言えます。第二に、誠実な人は実際的で現実的に話します。事実を歪めず、正直に語り、他人を公平に扱います。第三に、誠実な人は神を畏れ、真理を実行に移し、そして神に従います。第四に、誠実な人はきちんと自分の本分を尽くし、行なうことのすべてにおいて神に忠実です。第五に、誠実な人は心の中で神を愛しています。あらゆることにおいて神の御心を考えることができるのです。第六に、誠実な人は神の御言葉によって生き、真に神を崇拝することができます。これらの特徴を有する人が誠実な人です。神の御前で暮らすこれらの人々に、神は満足しておられます。こうした人間こそが、神が完全にしたいと思われている人であり、神がご自分のものとしたいと思われている人です。こうした人こそが誠実な人なのです。

『いのちに入ることに関する交わりと説教(5)』の「正直者であること——概説」より

なぜ神様は正直者を好まれるのでしょうか。第一に、正直者は他人と仲良くつきあえます。他人と親しい友になることができるのです。あなたを欺くことはなく、本当のことを言います。このような人と関わるとき、心は晴れ晴れして解放されており、平穏です。第二に、最も重要なのは、正直者は信頼でき、頼りになります。正直な人に何かを任せたり、助けてもらったりするとき、その人を信頼することができます。そのため正直者と関わるとき、気が楽で、くつろぎ、心配がなく、落ち着いています。心地よさと楽しさを感じます。正直な人だけが他人と親しい友となり、他人の信頼を得ることができるので、正直者だけが真の人間の在り方です。

『いのちに入ることに関する交わりと説教(7)』の「真理を理解し、サタンの影響を捨てることのみが救いである」より

関連した内容

  • 聖書の中に永遠のいのちの道はなく、もし人が聖書を固守し聖書を崇拝しても、永遠のいのちを得ることはできない

    新約では四福音書に、イエスの地上の働きと、パウロの働きを記録している。これらは歴史的記録ではないのか。過去の物事を今日に持ち込めば、それは歴史となり、どんなにそれが事実で真実であろうと、やはり歴史である。

  • .裁きとは何か。

    裁きとは真理を用いて人類を征服することなので、この働きを人のあいだで行うために神が受肉した姿で再び現れることは疑いもないことである。つまり、終わりの日においてキリストは真理を用いて世界各地の人々を教え、彼らにあらゆる真理を知らしめる。

  • キリストが真理、道、そしていのちであることをどのように理解するべきか

    8. キリストが真理、道、そしていのちであることをどのように理解するべきか 参考聖書箇所 「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。」(ヨハネによる福音書 1:1-2) 「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。…めぐみとまこととに満ちていた。」(…

  • .真の祈りとは何か。

    真の祈りとは何を意味するであろうか。それはあなたの心の中にある言葉を神に話すことであり、神の意志を把握し、神の言葉に基づいて神と交わることを意味する。またそれは殊更に神を身近に感じ、神が自分の目の前にいて、あなたには何か神に言いたいことがあると感じることである。