全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

異なる種の集会で神様の名前に関する新たな理解を修得しました

43

スエラン

1980年代後半、私は大学在学中に主イエス様の福音を聞く幸運に恵まれました。私は集会に参加し、聖書を読んで、神の御名はイエスであったこと、神は天と地を創造されたこと、神は万物を支配される1つの真なる神であること、イエスは人類の罪を贖うために十字架に磔にされたこと、イエスは私たちの唯一なる救い主であること、そして私たちは常時、主の御名を掲げる必要があるということを学びました。なぜなら、聖書にはこう記されているからです。「この人による以外に救はない。わたしたちを救いうる名は、これを別にしては、天下のだれにも与えられていないからである。」(使徒行伝04章12節)聖霊によって動かされていた私は聖書をもっと読み、集会に参加することを切望しました。私の心は平安と喜びで満ち溢れていたのです。

その後、どういう訳か、私の教会はどんどん荒廃していきました。私の牧師の説教は乏しく、同労者たちは口論したり妬み合うようになり、信者たちの信仰と愛情は冷めていってしまったのです。私は聖霊の働きを求めて多くの教会に足を運びましたが、状況はどこも殆ど同じで、私はとても落胆しました。2017年11月下旬、私は有名な宣教師の説教を聞きに行きました。そこで、私はウェイ姉妹と出会いました。私たちはお互いに気が合って、奥の深い会話ができました。その後、ウェイ姉妹は私にあるウェブサイトを紹介してくれて、私はそこで聖書の勉強会を見つけて参加し、更にはピーターという名前の兄弟とも出会いました。聖書の勉強会で、ピーター兄弟は天なる父の御心を行う方法、どのような人々が天国に入れるか、賢明な処女とは何か、神の御声を聞き分ける方法等、主の御言葉を頻繁に話してくれました。彼はまた、教会が荒廃している理由、律法の時代と恵みの時代における神の働きの背景的知識、この2つの時代の関係、そしてその他にも私にとって非常に啓発的であった内容をたくさん交流してくれました。彼は私が以前理解していなかった真理の側面を理解するのを手伝ってもくれました。私はこのように集会に参加できることを非常に幸せに思い、それはまるで私が初めて主の信者になった時の気持ちが蘇ったようでした。この集会は聖霊の導きで満ちており、私は感動して心の中が豊かな気持ちになりました。その後、私は、真理をもっと理解して、いのちの備えをより多く得ることを期待しながら頻繁に聖書の勉強会に参加しました。

神の御名と神の働きの関係について知る

ある集会の時、ピーター兄弟はこう言いました。「今日、宗教界ではあちこちで荒廃した様子が見られ、信者たちは罪を犯して悔い改めるというサイクルの中を生き、罪の束縛と抑制から抜け出せないでいます。神はこう仰りました、「わたしは聖なる者であるから、あなたがたは聖なる者とならなければならない。」(レビ記11章45節) ヘブル人への手紙12:14 にもこう記されています。「きよくならなければ、だれも主を見ることはできない。」神は聖なる御方です。そして、私たちは汚れており、傲慢さ、欺き、身勝手さ、そして卑劣さといったサタンの性質で満ちています。それに、私たちはいつも罪の中を生き、頻繁に偽りを言って欺きます。私たちは自分の気に入らないことに遭遇したり、自分の家族が平和に暮らせていないと、神を誤解し、非難すらします。頻繁に罪を犯し、神に抵抗せずにはいられないような私たちが天国に入る資格を得るのは不可能なのです。これ故に、神は私たちを罪から完全に救い出すために、終わりの日に全能神という御名の下で私たちの罪を取り除く段階の働きをされており、私たちが罪の束縛と支配から完全に抜け出し、神によって変えられ、清められるように、そして、神の御国に入れるようにしてくださっておられるのです。」

ピーター兄弟の言葉は私にとって非常に意外な内容でした。私はこう思いました。「私たちは紛れもなく罪を犯して告白するという状態の中を生き、罪の束縛から抜け出せず、天国に入る資格を持っていないのです。人間が必要とすることに基づいて、主が私たちの罪を完全に取り除くために新たな働きをされるということは可能であると私には思えましたが、主がその御名を変更されて、新たな御名をお使いになるなんてことがあり得るのでしょうか?クリスチャンは二千年以上に渡って主イエス様の御名を掲げ、その御名によって祈りを捧げてきたし、主イエス様を信仰し、頼りにしてのみ、私たちは恵みと救いを受けることができていたのです。なのに、主は本当にその御名を変更されるというのでしょうか?」私はこれを受け入れられず、こう言いました。「兄弟、聖書にはこう書かれています、「この人による以外に救はない。わたしたちを救いうる名は、これを別にしては、天下のだれにも与えられていないからである。」 私たちを救いうる御名は主イエス様の御名以外には与えられていないとここに明確に記されています。どうして、主は再臨される時に新たな御名をお持ちになって、全能神と呼ばれるなどと言えるのですか?この交流は聖書に基づいているのでしょうか?」

ピーター兄弟は根気よく説明してくれました。「姉妹、実は、主が終わりの日に再臨なさる時に新たな御名をお持ちになるという預言は既に聖書に含まれているんですよ。聖書の中から幾つか節を読んでみましょう。(ヨハネの黙示録 3:12)にはこう記されています。「勝利を得る者を、わたしの神の聖所における柱にしよう。彼は決して二度と外へ出ることはない。そして彼の上に、わたしの神の御名と、わたしの神の都、すなわち、天とわたしの神のみもとから下ってくる新しいエルサレムの名と、わたしの新しい名とを、書きつけよう。」(ヨハネの黙示録1:8) にはこう記されています。「今いまし、昔いまし、やがてきたるべき者、全能者にして主なる神が仰せになる、『わたしはアルパであり、オメガである。」(ヨハネの黙示録 11:17) にはこう記されています、『 今いまし、昔いませる、全能者にして主なる神よ。大いなる御力をふるって支配なさったことを、感謝します。』 そして、イザヤ書13:6にはこう記されています。「あなたがたは泣き叫べ。主の日が近づき、滅びが全能者から来るからだ。」 ヨハネの黙示録は明確に「わたしの新しい名」を言及しており、それは主の新しい御名が 「イエス」 にはならないことを示唆していて、さらに後続の節では 「全能者」の御名が預言されています。つまり、これらの預言から、主イエス様は再臨される時に新たな御名をお持ちになり、全能神と呼ばれるのだと私たちは確信できるのです。」

私はピーター兄弟の交流を聞きながら、聖書でこれらの聖句を調べてこう思いました。「本当だ、ヨハネの黙示録には神が新たな御名をお持ちになるとはっきり書いてあるし、本当にたくさんの預言の中に ‘全能者’ という記述がある。主イエス様は再臨される時に新たな御名をお持ちになるようだ。これは間違いない。聖書はもう何回も読んでいるのに、どうして以前はこれらの聖句に気が付かなかったんだろう?」私は、「 あなたがたは泣き叫べ。主の日が近づき、滅びが全能者から来るからだ」 、という節には特に驚きました。主イエス様でなく、全能神が世界を滅ぼす働きをされるのです!こう考えると、私はショックを受けたと当時に興奮しました。私たちは既に終わりの日の中を生きており、ありとあらゆる災害が勢力を増しています。これは主が既に再臨されて、全能神と呼ばれておられることを意味しているのでしょうか?こう考えた時、私はこの事態を真剣にとらえて、もっと調査を行うことにしました。

この時、ピーター兄弟がこう言いました。「姉妹、神のお言葉をあと数節読んで差し上げますよ。そうすれば、神の御名に関する真理をより明確に理解できるでしょう。全能神はこう仰りました。「神の名は変わらないという人たちがいる。ではなぜヤーウェという名前がイエスになったのか。メシアの到来についての預言はあるが、ではなぜイエスという名の人が来たのか。なぜ神の名は変ったのか。そのような働きはずっと以前に実行されなかったか。神は今日新しい働きをすることはできないのか。昨日の働きは変えることができ、イエスの働きはヤーウェの働きから続いて起こることができる。ではイエスの働きを別の働きが継承することはできないのか。ヤーウェの名前をイエスに変えることができるなら、イエスの名前も変えることはできないのか。これは特異なことではなく、人々がそう考えるのはひとえに彼らの短絡思考のせいである。」(『言葉は肉において現れる』の「自己の観念で神を定義する人がどうして神の啓示を受けることができるのか」より)。 「なぜヤーウェとイエスはひとつであるのに、違う時代には異なる名前で呼ばれるのか。それは働きの時代が違うからではないのか。ひとつの名前で神全体を現わすことができるのだろうか」(『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(3)」より)。「神は本来どんな名前も持たなかったということを知るべきである。神にはするべき働きがあり、人類を経営しなければならなかったので、一、二の、あるいは多くの名前を持っただけであった。どのような名で呼ばれるにしても、それは神自身が自由に選んだのではないだろうか。神はそれを決めるのに被造物を必要とするだろうか。神が呼ばれる名前は人が理解できること、人の言葉にそったものであるが、その名前は人によって要約されることはできない。」(『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(3)」より)。」

神のこの御言葉を読んだ後、ピーター兄弟はこのように交流しました。「神は元々は御名を持っておられなかったとはっきり仰っておられます。神は人類を救う働きを行うがために、現在の時代の働きを象徴することができるよう異なる御名を採用されているのです。神の御名は神の働きと共に更新されます。律法の時代に、神が律法と戒めを発布され、人間の生活を導かれた時も同じでした。神はヤーウェと呼ばれていました。恵みの時代が到来した時、神は人間の罪を贖う働きをされました。神の働きが変わり、神の御名もイエスと変わったのです。終わりの日に、神は神の家を起点に裁きの働きをされています。それは新しく、かつ一歩進んだ働きであり、神の御名も確実に変わります。しかし、神の御名がどのように変化するとしても、それは働きの必要性によるものであり、私たち人間にはそれに支障を来す権利はなく、自分たちの観念と想像まかせに神の働きの範囲を定める権利などはなおさらありません。そうすると、私たちは完全に無知であることになってしまいます。聖書にはこう書かれています、「だれが、たなごころをもって海をはかり、指を伸ばして天をはかり、…だれが、ヤーウェの霊を導き、その相談役となってヤーウェを教えたか。」(イザヤ書40章12、13節)神は天と地と万物の創造主であり、支配者であります。神の考えは人間の考えよりも高いものです。神が御名をお持ちであろうと、新たな御名をお使いになろうとも、その全てに神の知恵が含まれており、私たち人類にはそれを理解することはできません。これ故に、私たちは謙遜する、かつ探求する心を維持してのみ、その奥義を理解し、神の歩みを発見し、終わりの日の神の救いを得ることができるのです。」

ピーター兄弟の交流を聞いた後、私の心は軽くなり、私は嬉しくなってこう言いました。「分かりました。神の働きは不変のものではなく、神の御名は神の働きと共に変わるのです。神は古いものを固守されず、神の働きが変われば、神の御名も変わるのです。私は本当に賢明な処女になって、終わりの日の神の働きを求める謙虚な心を持つことを学ぶ必要があるようです。」

神の御名の意味を理解する

ピーター兄弟は私の理解を聞いた時、とても喜んで、興奮しながら神に対して感謝の意を表しました。私は全能神の御言葉とピーター兄弟の交流について熟考した時、こう考えました。「神は各時代において働きの内容に応じて異なる御名をお使いになるとは言っても、これらの御名は一体何を意味しているのだろう?」こう考えながら、私はこの困惑を提起しました。

これを聞いたピーター兄弟はこう言いました。「姉妹、この疑問は全能神の御言葉の中でとても明確に答えが出されています。なので、神の御言葉を数節読んでみましょう。全能神はこう仰りました。「『ヤーウェ』はわたしがイスラエルで働きを行っている間に用いた名前であり、人を憐れみ、人をののしり、人の生活を導くことのできる、イスラエル人(神に選ばれた人々)の神という意味である。それは偉大な力を所有し、英知に満ちた神という意味である。「イエス」はインマヌエルであり、愛に満ち、慈悲心に満ち、人の罪を贖う捧げものを意味する。イエスは恵みの時代の働きを行い、恵みの時代を表すので、経営(救いの)計画の一部分しか表すことはできない。…各時代、各段階の働きにおいて、わたしの名前は根拠のないものではなく、代表的意味を持っている。それぞれの名前は一つの時代を表す。…人が終わりの日に救い主イエスが到来することをまだ望み、ユダヤの地にいたときの姿で到来することをまだ期待するなら、六千年の経営(救いの)計画全体は贖罪の時代に停止し、それ以上進展することはできないだろう。そのうえ、終わりの日は決して来ることはなく、時代にピリオドが打たれることはないだろう。救い主イエスは人類の贖罪と救済のためだけにあるからである。わたしは恵みの時代のすべての罪人のためにイエスの名を名乗ったのであり、わたしが人類全体を終らせるのはこの名においてではない」(『言葉は肉において現れる』の「救い主はすでに『白い雲』に乗って戻って来た」より)。「神の経営のすべてにおよぶ神の働きはきわめて明白である。恵みの時代は恵みの時代で、終わりの日は終わりの日である。それぞれの時代に神はその時代を表す働きをするため、時代には明確な違いがある。終わりの日の働きがなされるためには、その時代を終わらせる燃焼、裁き、刑罰、怒り、破壊がなければならない。終わりの日は最後の時代を意味する。最後の時代に、神は時代を終わらせないのであろうか。時代を終わらせるためには、神は自ら刑罰と裁きをもたらさなければならない。このようにしてのみ神は時代を終わらせることができる。…したがって、律法の時代ではヤーウェが神の名であり、恵みの時代ではイエスの名が神を表した。終わりの日には、神の名は全能なる神――全能なるものであり、神はその力で人を導き、人を征服し、人を自分のものとし、最終的にはその時代を終わらせる」(『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(3)」より)。

私たちが神の御言葉を読み終わった時、ピーター兄弟はこう言って交流を続けました、「神の御言葉から、各時代において神がお使いになる御名には、それぞれ独自の意味があるということが理解できます。律法の時代に、神はヤ―ウェという御名をお使いになりました。それには、神がその時代に権威、怒り、呪い、そして憐みの性質を表されたということを象徴していました。神はヤ―ウェという御名で律法の時代に働きを開始されました。神は律法と戒めを発布され、新しく創造された人類に地上での生活の仕方を教えられました。ヤ―ウェの律法に従った者たちは神の祝福と恵みを受け、律法に違反した者たちは石で撃ち殺される、もしくは火で焼き殺されてしまいました。律法の下で、イスラエルの民は、ヤ―ウェ神の性質が不可侵であることを知り、彼らは律法を厳守してヤ―ウェの御名を聖なるものとみなしました。ヤ―ウェ神の導きの下で、人々は数千年にも渡って普通の規則正しい生活を送りました。律法の時代末期になると、人類はサタンによって極めて深刻に堕落させられてしまい、神の律法と戒めを守ることができなくなっていました。そして、彼らは自分たちの罪を償うに十分な罪の捧げものを持っていなかったため、律法によって有罪とされて処刑にされてしまう危険に直面していました。これ故に、神は人類を救うためにイエスという御名を使って贖いの働きをされたのです。神は愛と慈しみの性質を表されました。神は人間に無限の恵みをお与えくださり、最終的には人間をサタンから救うために十字架に磔にされました。それ以降、主を信仰した人々は主の御名によって祈りを捧げ始め、神の許しと無限の恵みを受けるようになったのです。’イエス’ という御名は恵みの時代の人々が生まれ変わり、救われることを可能とするために存在したのです。’イエス’ という御名は、神の贖いの働きと、神の愛と慈しみの性質を象徴しています。私たちは主イエス様によって救われたものの、私たちが持つサタンのような性質は依然として私たちの内に深く根を張ったままであり、いつでも私たちが罪を犯し、神に抵抗するよう私たちを操っているのです。神は私たちを罪から完全に救い出すために、全能神という御名で裁きと刑罰の働きをなされました。神は心から神を信仰し、真理を切望する人たちを完全に変え、清め、そして罪から救い出し、彼らが最初神に創造された時のような人間らしさを取り戻せるようにしてくださるのです。同時に、神は真理を嫌い軽蔑して神に抵抗する人たち全員を明らかにし、人類をそれぞれの種類によって分別し、善良な人たちを報い、邪悪な人たちを罰し、そして人類を救う六千年の経営計画の働きを完結されるのです。これ故に、神は終わりの日に義、威厳、怒り、そして不可侵の性質をもってその御姿を人間にお見せになります。神は人間に神が元々お持ちの性質、そして神が有する全てと神そのものをお見せになります。すると、神は万物を創造されただけでなく、万物を支配されてもいるということを私たちは知るのです。神は人間のために罪の捧げものになるだけでなく、人間を完全にし、変え、そして清めることもおできになります。神は最初であり、最後なのです。神の不思議さや御業を完全に理解できる人はいません。神が終わりの日に ‘全能神’ という御名をお使いになることには、こういった意味合いがあるのです。人類を救うための経営計画の実施中、神は新しい御名で新しい時代を始め、その時代を完結されます。主イエス様が再臨される時も依然としてイエスと呼ばれるのであれば、人類を救う神の経営計画は恵みの時代に留まることになり、前進することができなくなります。そして、私たちは永遠と罪の中に生き、清めることも、天国に入ることも出来なくなってしまうでしょう。」

ピーター兄弟は論理的に話し、その根拠を証拠で裏付けました。神は異なる時代に異なる御名で異なる働きをされ、神の御名はそれぞれがその時代における神の働きと、神がその時代にお見せになる性質を象徴しているのです。これこそが、神が各時代において異なる御名をお使いになる理由です。この時、私は少しながらこの真理に目覚め、「わたしたちを救いうる名は、これを別にしては、天下のだれにも与えられていないからである」 、という節は、神の贖いの働きを受け入れて、主の御名を呼びさえすれば、私たちは救われるということを意味していることに気が付いたのです。しかし、救われるというのは人の罪が許されるということだけを意味するため、イエスという御名にいつまでもこだわっていたら、私たちは永遠に恵みの時代に居留まることになり、私たちの堕落した性質が変えられなければ、神に清められ、救われることもないのです。結局、私たちは天国に入ることができません。

私はすかさず応えました。「その通りです!アーメン!兄弟、あなたの交流のおかげで、私はこれを理解することができました。これでもう、神の御名が変わる理由について困惑することはありません。私は何十年も主を信仰してきましたが、このような真理を聞いたことは一度もありませんでした。私の牧師たちは主の御名を掲げるようにとは言いますが、神の御名がどこからきて、それにどういった意味合いがあるかを理解させてくれる牧師はいませんでした。全能神の御言葉は神の御名に関する奥義を明らかにしてくださりました。神は元々御名を持っておられず、神の働きの必要性に応じて異なる時代に異なる御名で呼ばれていたのです。各御名はその時代における神の働きと、その時代に神がお見せになる性質を象徴しているのです。これは有意義なことで、人々が定められることではないのです。これで、私は主イエス様が本当に再臨されており、主が全能神であることを確信しました!だから、私は終わりの日の全能神の働きを受け入れます!」

私たちは神の新たな御名によって祈る場合に限り、聖霊の働きを得ることができます

ある集会が終わった後、ピーター兄弟は、全能神の御名によって祈るべきだと私に言いました。しかし、私は何十年にも渡って主イエス様の御名によって祈りを捧げていたので、神の新たな御名によって祈ることに気まずさを感じていました。なので、私は自分の本当の状態をピーター兄弟に打ち明けました。

ピーター兄弟は言いました。「姉妹、私も全能神の御名で祈り始めた時は同じことを考えていました。でも、神の御言葉のある節を見つけて、考えが変わったんですよ。その節をあなたに読んで差し上げますよ。全能神はこう仰りました。「聖霊の働きは日毎に変化し、段階毎に高まっている。明日の啓示は今日よりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが神が人間を完全にする働きである。人がこれに付いて行けないのであれば、いつでも取り残されうる。人間が従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。これまでの時代は過ぎ去った。今は新しい時代である。新しい時代には新しい働きがされなければならない。とりわけ、人間が完全にされる最後の時代になると、神はそれまでになく素早く新しい働きをする。それゆえ、人が従順な心を持たないならば、神の足跡を辿ることを困難と感じる。」神の御言葉から、真の心をもって神と神の最新の働きに従う人たちのみが聖霊の働きを得て、神に完全にしていただくことができ、心から神に従わず、保守的でいる人たちは聖霊の働きと導きを得ることができず、まして神に完全にしていただくのはなおさらのことだと、私は理解しました。今、神は恵みの時代を完結され、全能神の御名をもって神の国の時代を迎え入れられます。聖霊の働きも終わりの日の神の働きを支えるために移行されました。全能神の働きを受け入れて、それに従い、そして全能神の御名によって心から祈る人たちは聖霊の働きと導きを授かり、聖霊の働きの喜びを得ることができます。しかし、全能神の働きを受け入れない、または全能神の御名で祈りを捧げない人たちは聖霊の働きと導きを受けることができません。神がイエスという御名で働きをするために受肉された時も同じで、聖霊の働きは恵みの時代の働きを支えるために移行されました。主イエス様の御名に祈り、その御名を呼んでさえいれば、私たちは聖霊の働きを受けて、主がお与えくださる恵み、平安、幸福を受けることができたのです。同時に、律法を守り続けて主の御名を受け入れなかった人たちは聖霊の働きを失い、闇の中に生きて、神から捨てられてしまいました。私はこれに気が付いた後、神の新たな御名、全能神によって祈りを捧げました。私は真理を理解できない時は、全能神の御名に祈り、全能神の御心を求めます。そして、神の御言葉を読んでいると、私の心は全てが突然明確になったような感じを受け、私は神の御旨を理解し、平安と幸せを感じます。なので、聖霊の働きを受けたいのであれば、私たちは心から神の新たな働きを受け入れ、それに従い、神の新たな御名によって祈りを捧げなければならないのです。こうすることでのみ、私たちは神の働きの歩みについて行き、神の救いを受けることができるのです。」

神の御言葉とピーター兄弟の交流を聞いた後、私はこのように理解しました。「一旦神の新たな働きが始まると、主イエス様が新たな働きをしに来臨された時と同じように、聖霊の働きも新たな働きに移行されます。これ故に、主イエス様の働きを受け入れて、主の御名を呼んだ人たちは聖霊から個別の導きと備えを受けることができたのです。主の御名を受け入れなかった人たちは聖霊の新たな働きについて行けず、聖霊によって排斥され、排除されてしまいました。これと同様に、神は今、新たな時代を開始されて、新たな御名をお持ちになられたので、私は躊躇せずにそれを受け入れ、それに従う必要があるのです。私たちは神の新たな御名によって祈りを捧げてのみ、聖霊の働きを受けることができます。私は神の御言葉に従って振る舞い、保守的になってはならないのです。」

神に感謝です。私は自分の観点を変えて、全能神の御名によって祈りを捧げた時、心の中が落ち着き、安心感を得て、祈りを捧げれば捧げるほど、私の神との関係は増々親密になっていきました。同時に、宗教界が荒廃し、信者たちが集会で何の喜びも得られないのは、彼らが神の新たな働きに従わずに、神の過去の御名、御言葉、働きに固執しているがために、彼らの魂が闇の中にあり、彼らが歩む道を失っていることが理由であると、私は理解しました。私はこれに気が付いた後、私が神の御声を聞いて、神の御前に立ち返れるようにしてくださった神の救いを更にありがたく思いました。

今日、終わりの日の全能神の働きを受け入れてから半年以上が経ちましたが、私は教会生活を送り、神の御言葉を読み、自分の個人的な認識と体験を兄弟姉妹たちと共有しました。そして、私はこの半年間で、過去数十年に渡る主への信仰の中で得たものよりも多くを得ることができました。そして、私は神のいのちの水の流れと備えの恵みを心から喜びました。神に感謝です!

【編集者メモ】兄弟姉妹の皆さん、時代が変わった今、神の働きが神の御名と共に変わりました。スエラン姉妹は神の新たな働きを受け入れ、神の新たな御名によって祈りを捧げています。彼女は神の歩みに従い、新たな時代に進み、聖霊の働きと導きを授かりました。彼女は心の麗しさを楽しみ、彼女の霊的状態は変化を遂げました。あなたもこのような体験をしたいと思いませんか?

関連した内容

  • 主の再来を心で聞き、迎える

    マックス(米国) 私は1994年にアメリカで中国人の両親の元に生まれました。母は成功したキャリアウーマンの典型で、自分で考える力があり、非常に有能です。私は母が大好きです。小学校2年生の時、私は中国語を身に付けるために両親に連れられて中国に戻りました。私が主なるイエス様を知るようになったのもその頃で…

  • その日、空は特に澄んで、晴れ上がっていました(その1)

    ティアン・イン 注:著者は、牧師達により伝えられてきた「信仰義認」や「一度救われた者は永遠に救われる」の観念に騙され、これに固執していました。それにより、神の終わりの日の福音を伝道する兄弟姉妹達との接触を拒んでいました。しかし、その後、著者の姉の家で、ある妹が神の国の福音を伝えるのを目の当たりに…

  • 私は主の再来を歓迎した

    チンシン 私の両親は中国人で、私は幼い頃から連れられて教会の礼拝に出席しました。12歳でミャンマー国内の大規模なキリスト教キャンプに参加した時、私は牧師に「死を逃れ天国に入る唯一の方法は洗礼を受けることです。」と言われ、天国に入れるようキャンプ中に洗礼を受けました。その時から、私は本当のキリスト教徒…

  • どのように悔い改めて再び罪を犯さないかについて、私は実践の道を見つけた

    神様は言われました。「わたしは聖なる者であるから、あなたがたは聖なる者とならなければならない」(レビ記11:45)それらの汚れている人々は主を見ることができず、それでは、絶えず罪を犯している私たち人間は、どのように悔い改めれば、清くなることができるでしょうか。引き続き閲読してください。